風疹 の 追加 的 対策。 風しんの追加的対策業務について

風しん追加的対策について(対象:昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方) 新潟市

風疹 の 追加 的 対策

京都市に住民登録がある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性 ただし,予防接種は風しん抗体検査の結果,陰性の方(抗体のない方)のみが対象です。 クーポン券の送付状況や発行方法については,「6 クーポン券の発行」をご確認ください。 詳細については,「」のページをご覧ください。 主要な抗体検査方法と,定期接種の対象となる基準(陰性の基準) (1)協力医療機関に事前に予約のうえ,下記に記載する持参物を準備し,抗体検査を受けます。 その場合クーポン券が必要です。 本予防接種においては,クーポン券を「協力医療機関」に持参していただくことにより,無料で風しん抗体検査及び風しん第5期定期接種を受けることができます。 クーポン券の送付状況は下記の表に記載しています。 昭和37年4月2日~昭和41年4月1日生まれの方,クーポン券を紛失された方で再発行を希望される場合は, 下記申請フォームでの申請や郵送申請を行っていただくことで,随時クーポン券を発行します。 申請からクーポン券の発行までに概ね2週間程度かかりますので,ご了承をお願いします。 なお,他市町村から京都市に転入された方は,申請いただかなくても転入月の翌月にクーポン券を送付しますので,お急ぎの場合のみ申請をお願いします。 クーポン券の有効期限は,原則「発行された年度の3月31日まで」です。 京都市のクーポン券の送付状況について 郵送で申請される場合は,郵送申請用の申請書を下記よりダウンロードし,記入していただいたうえで,医療衛生企画課まで郵送をしてください。 同一世帯以外の方が代理申請をされる場合は,委任状を作成し,添付をお願いします。 なお,委任状については,添付している様式によらず,任意の様式を使用することができます。 任意の様式を使用される場合は,「京都市風しん抗体検査・予防接種クーポン券交付申請に係る権限を代理人に委任します。 」と記載し,本人の住所・氏名・押印・生年月日,代理人の住所・氏名・生年月日を記載してください。 【申請書の郵送先】 〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65番地 京都朝日ビル2階 京都市医療衛生企画課「風しん担当」 行 本事業の対象者は働き盛りの男性であり,医療機関に行く時間をつくりづらいことから,職場の健康診断と同一機会に風しん抗体検査を実施できるような仕組みが設けられています。 実施の可否等については,健診を委託されている医療機関とご相談ください。 抗体検査を健診の際に実施される場合は,クーポン券が必ず必要となります。 対象となる方から個別にクーポン券を集めることが困難である場合等は,事業者様から対象となる従業員の方のクーポン券を一括申請していただくことができます。 ただし,申請にあたっては,ご本人の同意が必要となりますので,必ず同意を取っていただいたうえで,申請を行っていただくようお願いします。 【申請の流れ】• 対象者のリスト一覧(項目:対象者の漢字氏名,カナ氏名,生年月日,住所地)と 依頼文を作成していただき,医療衛生企画課宛てに郵送をお願いします。 リストを元に医療衛生企画課でクーポン券を作成します。 リスト等が到着してから 概ね2週間程度かかります。 ご了承をお願いします。 クーポン券を簡易書留にてご担当者様宛てに郵送させていただきます。 【申請書類の郵送先】 〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65番地 京都朝日ビル2階 京都市医療衛生企画課「風しん担当」 行.

次の

京都市:風しんの追加的対策(抗体検査・定期予防接種)について

風疹 の 追加 的 対策

風しんの追加的対策の目的・趣旨 風しんは感染力が強い感染症で、飛沫感染により人から人へ感染します。 妊娠中の女性が風しんに感染すると、生まれてくる子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群(CRS)が生じる可能性があり、風しんが流行すると天性風しん症候群の発生も増加する傾向が見られます。 風しんの感染を防ぐにはワクチン接種による抗体の獲得が有効とされています。 現行の制度においては、公的な予防接種を受ける機会が2回設けられていますが、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性(2018年2月現在39~56歳)には予防接種の機会は与えられていませんでした。 この年代を中心に風しんの抗体を持たない者が一定数存在している状況が現在も続いています。 そして、2018年7月以降、特に関東地方を中心に風しんの患者数が増加しており、患者の多くは30代から50代の男性となっています。 また、訪日客の増加が予想される2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間中に、国内で流行している感染症の感染が拡大するおそれがあることから、早急に感染予防の対策を講じる必要もあります。 このような状況に鑑み、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象とし、公的な予防接種を1回受ける機会を設けることになりました。 今後の風しんの発生及びまん延を予防するためには、当該世代の男性の抗体保有率を速やかに上昇させる必要があることから、平成34年(令和4年)3月31日まで(3年間)の時限措置として行うこととなりました。 2013~2017年のデータを基に2019年2月に算出された抗体保有率(HI抗体価1:8以上)は79. 6%であり、そこから5%以上の引き上げを目指します。 これを達成するには、抗体検査約480万人・定期接種約100万人が必要になります。 風しんの追加的対策のポイント• 予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施します。 ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けてもらいます。 抗体検査も全国で原則無料で実施します。 事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備します。 クーポン券の送付対象者 初年度(2019年度)は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性(約646万人)に対しては、2019年度中に居住地の市区町村からクーポン券が送付されました。 2年目送付対象の昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性に対しては、2020年3月以降、順次クーポン券が発送されています。 早く入手したい方は、希望すれば住民票のある市区町村で発行してもらえます。 クーポン券の券種は「抗体検査券」、「予防接種予診券(予診のみ)」、「予防接種券」の3種類で、それぞれが国保連提出用、医療機関控え、本人控えの3枚綴りとなっています。 風しんの抗体検査の対象者 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日(1962年4月2日から1979年4月1日)までの間に生まれた男性 過去に風しん抗体検査を実施した結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明している者、風しんの予防接種を受けた記録がある者、検査で証明された風しんの罹患歴のある者は、今回改めて風しんの抗体検査を行う対象ではありません。 風しんの予防接種(第5期定期接種)の対象者 「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日(1962年4月2日から1979年4月1日)までの間に生まれた男性」のうち、 「風しんに係る抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体がないことが判明した者」 風しんの予防接種に使用されるワクチン 風しんの第5期定期接種では、原則として「乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)」が使用されます。• 第1期定期接種(1歳)• 第2期定期接種(小学校就学前の1年間)• 第3期定期接種(中学1年生:13歳) 2008年(平成20年)4月1日から5年間の特例措置• 第4期定期接種(高校3年生:18歳) 2008年(平成20年)4月1日から5年間の特例措置• 第5期定期接種(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性) 2019年(平成31年)4月1日から3年間の特例措置• mhlw. pdf).

次の

風しんの追加的対策業務について

風疹 の 追加 的 対策

受けるのは今! クーポン券を配布中! 昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様へ あなたと、これから生まれてくる世代の子どもを守るために 風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう! 風しんが今も流行しています。 風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。 また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。 昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様に、お住まいの自治体から、原則無料で風しんの抗体検査と予防接種を受けていただけるクーポン券をお送りしています。 この年代の男性の皆様には、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあります。 この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください! STEP2:風しんの抗体検査を受ける(無料) 検査は、健康診断等か、お近くの医療機関で、採血して行います。 結果が分かるまでに数日かかる場合があります。 1) 健康診断の機会に受ける• 勤め先の健康診断の際に、抗体検査を受けられる場合があります。 (詳しくは勤め先の担当者へ)• 人間ドックの際にも抗体検査を受けられる場合があります。 (詳しくは受診する医療機関へ)• 検査の際に、クーポン券をご持参ください。 (2) お近くの医療機関で受ける場合• 全国の4万か所以上の医療機関(診療所など)で、検査を受けることができます。 クーポン券は全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。 (検査を受けられる曜日など、受診する医療機関へご確認ください。 検査の際に、クーポン券とお住まいの住所が確認できる書類をお持ちください。 STEP3: 検査の結果を聞き、免疫がない場合は風しんの予防接種を受ける• 検査結果は、検査を受けたところで確認してください。 (健康診断の結果とともに通知される、検査を受けた医療機関に問い合わせる など)• 風しんへの免疫がなかった方(十分な量の抗体がなかった方)は、予防接種を受けてください。 検査の結果、十分な抗体があった方、予防接種は不要です。 ・全国4万か所以上の医療機関(診療所など)で、予防接種を受けることができます。 クーポン券は、全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。 (接種を受けられる曜日、ワクチンを予約する必要があるかなど、受診する医療機関へご確認ください。 ・予防接種を受ける際に、クーポン券と本人確認書類をお持ちください。 2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。 特に抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、• 予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施• ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施• 事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備 報道発表等•

次の