るー みっ く アニメ 大 投票。 発表!全るーみっくアニメ大投票 高橋留美子だっちゃ

【NHK】高橋留美子「全るーみっくアニメ大投票」中間結果で天道あかねが11位 歌の4位はめぞん一刻「悲しみよこんにちは」 ★2

るー みっ く アニメ 大 投票

2019年9月17日から、作品・キャラクター・エピソード・歌の4カテゴリーへの投票受付がスタートし、結果は11月にBSプレミアムの生放送で発表される。 「全るーみっくアニメ大投票」は、「全ガンダム大投票」、「全マクロス大投票」、「全プリキュア大投票」に続く、ファン参加型の投票企画。 投票対象は52作品のアニメ、約1,100のキャラクター、約700のTVシリーズのエピソード、約160曲の歌。 2019年9月17日から11月4日まで、 特設サイトにて受付中だ。 なお、特設サイトではスペシャル動画や番組情報も確認可能なので、ぜひチェックしてみてほしい。 86 ID:lUGvrpdT 高橋センセは劇画村塾の出身なんで、 初期の作品ではスターシステムを導入していて 他の作品の主人公が別作品に顔出しまくってるんだよなー。 例えば、途中から原型すらとどめなくなったが、 『うる星やつら』のサクラ先生とツバメは、『めぞん一刻』の響子さんと五代君。 あとは『ダストスパート』の日の丸CIAの局長と『めぞん一刻』の四谷さんとか。 この設定は『めぞん一刻』の作中で割とリアルに受け継がれてるフシがあって、 四谷さんの正体を住人が探るエピソードがあるんだが、含みを持たせたまま結局謎のままで終わる。 四魂の玉が消えてかごめが現代に戻る際、最後の霊力を振り絞って桔梗を復活。 現代に戻ったかごめは特別な力も無くなり、元気無く引きこもり。 ある日寺の倉庫を片付けていると1枚の古い絵が。 そこには犬夜叉と桔梗とその子供達が仲良く寄り添う肖像画。 それを見て「さてと、あたしも頑張んなきゃね!」 くらいのありがちなセリフを発し笑顔で高校に出かけて行くかごめ。 こういうのが良かったあああああ どうしてもかごめとくっつくならせめて、桔梗が昇天した時に魂がかごめに入って かごめ共々桔梗も犬夜叉と一緒になった感じとか…。 久々に読み返したら桔梗が可哀想すぎて夜も眠れない。 93 ID:lFsINubg.

次の

「うる星やつら」「めぞん一刻」…高橋留美子原作のアニメの頂点は? 「全るーみっくアニメ大投票」受付開始!

るー みっ く アニメ 大 投票

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年11月)• はなどを用いてください。 ( 2018年11月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2018年8月) 発表! 全ガンダム大投票 ジャンル 出演者 金子貴俊、小松宏司 製作 プロデューサー 村中祐一 柏木敦子、土橋圭介 (制作統括) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 23:30(第1部) 23:45 - 24:45(第2部) 番組年表 前作 続編 関連番組 『 発表! 全ガンダム大投票』(はっぴょう! ぜんガンダムだいとうひょう)は、で放送された「」をテーマとした特別番組。 概要 [ ] 2017年の「」に続くアニメ投票企画。 ガンダムシリーズ40周年を記念し作品・キャラクター・メカ()・アニソン(ガンダムソングス)の4ジャンルで2018年2月までの映像56作品、登場キャラクター2000以上、モビルスーツなどメカ900種以上、アニソン200曲以上のデータベースを作成、2018年3月2日から4月20日まで人気投票「全ガンダム大投票 40th」を実施。 同投票の結果発表を中心に声優による生アフレコなどを行いながらシリーズの魅力を取り上げる。 アニメベスト100投票の大反響を受けての新たな投票企画として特定のアニメジャンルの投票企画も考案されたものの 、アニメ100年と遜色のないものとして40年間の単一シリーズという共通項で議論がしやすいことからガンダムシリーズを題材とすることとなった。 公開後には形式の間違いや投票対象外であるアニメ以外の作品からの項目がないなどの意見が寄せられたが 、アニメベスト100とは違い多数の複数回投票が不可能なものの最終的に想定を超える総計100万票以上(1,740,280件)が寄せられた。 出演者 [ ]• 司会:、(NHKアナウンサー)• ゲスト:、、、 、 、、• スタジオ声優ゲスト:、、、(磨りガラス越しで出演)• ボイスメッセージ:• 電話出演:、• VTR出演:、 放送時間 [ ]• 本放送:BSプレミアム 2018年5月5日 21:00 - 23:30(第1部)、23:45 - 24:45(第2部)• 再放送: 8月16日 23:55 - 3:43(枠内 第1部23:58 - 2:28、第2部2:36 - 3:36)• 本編前後と第1・2部間に・ゲストによる番組概要や反響の紹介を挿入。 出演者• 司会:(NHKアナウンサー、歴史秘話ヒストリア初代案内役)• 出演:富野由悠季、氷川竜介、福井晴敏• 放送時間• 本放送:BSプレミアム 2018年4月2日 0:00 - 1:00• 再放送:総合テレビ 4月12日 23:55 - 1:00(枠内)、4月16日 0:40 - 1:40 セカンドの美学 〜シャア・アズナブル〜 主役を凌ぐ人気を誇る2番手の魅力をファンや関係者に徹底取材する番組として、シャア・アズナブルの魅力を取り上げる。 出演者• 出演:池田秀一、古谷徹、、、• 語り:• 放送時間:BSプレミアム 2018年4月28日 23:45 - 0:45(再放送:7月15日 1:15 - 2:15) リクエストランキング企画「アニソンランキング部」の番外編として番組独自のガンダム楽曲ランキング「裏ガンダムソングスランキング」を実施し4月7日から4月20日までリクエスト楽曲と好きなキャラクターを番組サイトにて募集し、5月12日放送では大投票特番でのガンダムソングス上位10曲のフルサイズ音源と裏ガンダムソングランキング最終結果を紹介。 裏ガンダムソングランキング1位には「シャアが来る」が選ばれた。 CDアルバム [ ] 『 GUNDAM SONG COVERS』 の リリース 2019年8月7日 録音 2019年 () チャート最高順位• デイリー2位(アルバム)• 週間3位(オリコンアルバム)• 2019年8月度月間5位(オリコンアルバム)• 2019年年間70位(オリコンアルバム)• 週間3位(オリコン合算アルバム)• 週間1位(オリコンアニメアルバム)• 2019年8月度月間1位(オリコンアニメアルバム)• 2019年年間12位(オリコンアニメアルバム)• 週間5位()• 週間4位( Top Albums Sales)• 2019年年間67位(Billboard Japan Top Albums Sales of the Year) ミュージックビデオ - 2019年8月7日にから『 GUNDAM SONG COVERS』のタイトルで、によるガンダム主題歌のカバー・アルバムが発売された。 これは、ガンダム40周年記念に加え、本番組の「ガンダムソングス・ランキング」で森口の楽曲「水の星へ愛をこめて」「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」の2曲がランクインしたことを受けて企画された。 「ガンダムソングス・ランキング」上位10曲を、森口がカバー(うち自身の2曲はセルフカバー)したものを収録、このうち6曲はゲストミュージシャンを迎えてアレンジやレコーディングが行われている。 また、ボーナストラックとして、森口による『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』主題歌「宇宙の彼方へ」のオリジナル音源も収録される。 通常版は初回プレス分のみスリーブケース仕様。 また数量限定生産盤はジャケットイラストをLPレコードサイズに拡大したLPサイズダブルジャケット仕様で、LPサイズのブックレット、オリジナルステッカー、紙ジャケットCDケースを封入している。 販売初週で2万5000枚超を売り上げ、2019年8月19日付け週間アルバムランキングでは3位を獲得した。 これは森口自身としては過去最高位を記録しただけでなく、ベストアルバム『Eternal Songs』(1991年6月21日発売、同年7月1日付で10位)以来28年2カ月ぶりのトップ10入りとなり、女性アーティストとしてはトップ10入り最長インターバル期間を記録している。 同年11月16日には企画賞を受賞したことが発表された。 一連の好評を得たことにより、2020年初夏に第2弾となる『GUNDAM SONG COVERS 2』を発売することが決定、アルバム特設サイトで選曲のための投票を実施し、結果発表はガンダム公式YouTubeチャンネルで行うことになっている。 収録曲 [ ] タイトル 作詞 作曲 編曲 時間 1. 「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」 西脇唯、緒里原洋子 5:13 4. 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」 時乗浩一郎 5:13 5. 「めぐりあい」 井荻麟、売野雅勇 井上大輔 時乗浩一郎 4:22 9. 「宇宙の彼方で [Bonus Track]」 服部隆之 5:33• コミックナタリー 2018年3月2日• GUNDAM. INFO 2018年5月6日• GUNDAM. INFO 2018年4月9日• NHK BSオンライン 2018年4月24日• ,GUNDAM. INFO,2019年6月13日• ,ORICON NEWS,2019年8月16日• ,ねとらぼ,2019年8月16日• ,まんたんウェブ,2019年11月16日• ,まんたんウェブ,2019年12月30日• ,音楽ナタリー,2020年1月24日 関連項目 [ ]• - 2017年から2018年にかけて日本の国産アニメーション公開100周年を記念してNHKで放送されたシリーズ企画。 こちらでも視聴者投票企画が行われた。 外部リンク [ ]• - NHK•

次の

【NHK】高橋留美子「全るーみっくアニメ大投票」中間結果で天道あかねが11位 歌の4位はめぞん一刻「悲しみよこんにちは」 ★2

るー みっ く アニメ 大 投票

「全るーみっくアニメ大投票」の再放送はある? 【 】 作品、キャラクター、エピソード、歌の各カテゴリーの全投票結果、発表です。 なお、MCは最近ツイッターで「俺がNHKだ」と宣言する西川貴教さんです。 しかしながら・・・ この「アニメ大投票」企画、過去「ガンダム」「マクロス」「プリキュア」と名だたる人気作品がスペシャル企画されてきました。 それらの再放送はあったの?と、ちょっと調べてみましたよ! 「発表!全ガンダム大投票」の再放送は? 2018年5月にNHK BSにて放映された『 発表!全ガンダム大投票』は 約3カ月後の8月中旬に地上波NHK総合にて再放送されています。 え…3ヶ月ってー長いやん! と思っちゃいますよね~; でもBSで見れなかった人が地上波だったら!という方には嬉しい再放送でした。 NHKオンデマンド• U-NEXT それぞれ加入すればNHK作品の「見逃し番組」を視聴できるものですが・・・ まずはこの『全るーみっくアニメ大投票』がアーカイブに上がってくるのか?というところですよね。 ちなみにNHKオンデマンドで検索をかけてみましたが今のところ「全ガンダム大投票」や「全るーみっくアニメ大投票」はアップされてないようでした。 再放送・・・待つしかないのかな; 「全るーみっくアニメ大投票」最終投票結果は! 【全るーみっくアニメ大投票】生放送終了直後に収録スタジオで。 掟やぶりの激闘篇!! 3位:第180話 ダーリンのやさしさが好きだっちゃ めぞん一刻 1位:第96話 この愛ある限り! 一刻館は永遠に…!! 2位:第94話 やったぜ! 五代くん決死のプロポーズ!! 3位:第95話 ああ感動! ちょっとヘン!! 3位:熱闘編113話 大変!あかねが入院した 犬夜叉 1位:完結編26話 明日へ 2位:第58話 すべては桃源郷の夜に 後編 3位:第48話 出会った場所に帰りたい! 原作は連載で読んでたけどアニメ版は見てなかった。 うる星やつらとめぞん一刻は見ていてずっとその世界に浸っていたいと思える作品。 週刊と隔週(最後は週刊)で同時連載、20代で完結させる作品だと終わらせた高橋留美子先生は凄すぎる。 変わらぬ声帯を維持されているのも本当に驚きです! そして・・・やはり原作者の「高橋留美子伝説」が語り伝えられていますね。 「27時間で週刊マンガの連載1本分を描きあげた異様なスピード」とか「コンテを描かずに次ページに移る時にそのページのコマが閃く」とか・・・ まさに「マンガ」を描くために生まれてきたようなレジェンドです。 個人的総評&感想 『全るーみっくアニメ大投票』公式サイトの投票結果ページで作品ジャンルにおいては上位6位まで「グラフ」のアイコンをクリックすると投票世代の数値を可視化できます。 面白いのは30代よりも20代の投票が多かったこと。 兄弟姉妹や親がファン?だったことで観ていた投票者が入れているのかもしれませんね。 男性よりも女性の投票者が多かったのは意外でした。 男女比ですでに 女性が7割。 これを多いと見るか? 年代別の主力20~40代の女性ファンがマメにこの企画をチェックし忘れずに投票した・・・ということも要因かもしれませんね。 るーみっく作品の男性ファン、もっと多い気がしますもの。 まとめ 今回のNHKBS企画『全るーみっくアニメ大投票』も大盛況でしたね! 昨年の「ガンダム」も今年に入っての「マクロス」「プリキュア」と…なかなか心憎い人気作品を持ち出してくるNHKさん。 次の企画がもう気になりますね! その前に・・・ぜひ、今回の『全るーみっくアニメ大投票』の 再放送日程を早く決めていただきたいところです。 前振りの「歴史秘話アニメヒストリア」は2回の再放送がありました。 ぜひ、この「全るーみっく」も2回はやってほしい! 昨年の「全ガンダム」が5月BSにて放送、そして地上波での再放送が8月でしたので・・・3カ月後?来年2月?ええー せめて、 正月特番あたりで~来て欲しい; またその辺りの情報が入り次第、こちらでもアップしますね! 投票結果、ファンの方の感想なども~なかなか面白かったですね! 「そうそう、やっぱり!」 「えー?それ、それ来る!?

次の