ご確認させていただきたく存じます。 「~したく。」という表現について

「ご確認いただき」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご確認させていただきたく存じます

「書類を確認したいのですが、よろしいですか」「こちらで確認したいのですが、可能でしょうか」「一度確認したいです」などの使い方をします。 「確認したい」は、「したい」という自分の感情を伝えるニュアンスがあります。 「したい」というニュアンスを伝えることはできませんが確認すると相手に伝える場面では「確認する」の敬語表現である「確認いたします」を使う場合も多いです。 「こちらで確認いたします」「書類を確認いたします」「一度、こちらで確認いたします」などの使い方をします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 「確認したい」は、こちらの感情を伝える表現ですのでこのままの形では尊敬語にすることができません。 「確認したいようだ」を尊敬語にすると「確認なさいたいご様子だ」になります。 「確認したい」を丁寧語にすると「確認したいです」あるいは「確認したいと思う」を敬語にして「確認したいと思っています」になります。 謙譲語にすると「確認したいと存じます」あるいは「確認できればと存じます」になります。 使い方 「書類を一度確認したいと思っていますので、お持ち願えますでしょうか」「一度、実物を確認したいのですが、着払いでお送りいただけないでしょうか」などの使い方をします。 確認させていただきたい 「確認したい」は「確認したいです」とだけ言う事もありますが、これだけで使うのではなく、文中で使うことが多いです。 「こちらで確認したいのですが、よろしいでしょうか」「一度、確認したいのでお持ちいただけますか」などの使い方をします。 メールでの使い方 「確認したいので一度資料をお送りいただけますでしょうか」「問題ないとは存じますが、念のために確認しておきたいので一度お越し願えますか」などの使い方をします。 お客様への使い方 相手の利益になることを相手の許可のもとで行う場合は「確認させていただきたい」を使うのが適切です。 「パソコンが壊れてしまったので修理して欲しい。 費用の見積もりをして欲しい」「一度そのパソコンの状態を確認させていただきたいのですが、可能ですか。 状態を見た上でお見積りさせていただきます。 見積もりは無料です」などの使い方をします。 相手の許可を得ていなかったり、相手の利益にならないような場面では「させていただきたい」は使いません。 「そちらで買った商品に不具合が生じたんですが」「ご迷惑をおかけしております。 一度、状態を確認したいのですが、よろしいでしょうか」などの使い方をします。 「確認したい」は目上の人に使っても大丈夫か 「確認」は自分が全体像を把握できている事柄に対してしか使うことができない表現です。 目上の人の仕事や行動は目下の人には全体像を掴むことができない、と考えるのが一般的です。 このため、目上の人に対して「確認したい」という言葉を使う場合は、何を確認したいのかを明確に伝える必要があります。 「提出した書類の数字をもう一度確認したいのですが、よろしいでしょうか」「先ほどお会いした方の名前を確認したいのですが、名刺を見せていただいてもよろしいでしょうか」などの使い方をします。 見せていただきたい 確認したいものが資料やデータなどの場合は、「確認したいのですが」と言ってもよいですが、確認するために目上の人が管理しているものを「見たい」という場合は「確認したい」ではなく「見せていただきたい」という敬語表現を使った方が丁寧な印象になる場合もあります。 「資料を見せていただきたいです」「書類の形式を掴みたいので、参考になるようなものを見せた頂けたらと思うのですが」などの使い方をします。 拝見させていただけないでしょうか 「見せてもらえないか」の謙譲語は「拝見させていただけないでしょうか」です。 何かを確認したい、という気持ちがあり、目上の人が管理しているものを見せてもらう必要がある場合は、「拝見させていただけないでしょうか」と言うと丁寧です。 「今作っている書類で確認したい部分があるのですが、資料を拝見させていただけないでしょうか」「過去のデータを拝見させていただけないでしょうか」などの使い方をします。 「確認したい」を敬語表現するときの例文 「確認したい」には色々な言い回しがあります。 「確認させていただきたく存じます」「確認させていただけますでしょうか」など、それぞれの敬語表現が持つニュアンスと使い方をご紹介いたします。 確認させていただきたく存じます 「確認させていただきたく存じます」は、「確認させてほしい」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてほしい」は相手の許可のもとで相手の利益になることを行う場面で使う表現ですので、「確認させていただきたく存じます」も相手の許可のもとで相手の利益になるようなことを行う場面で使います。 「書類に不備がないか心配です。 見てもらえないですか」「承知しました。 こちらで確認させていただきたく存じます。 一度お送り願えますか」などの使い方をします。 確認させていただけますでしょうか 「確認させていただけますでしょうか」も「確認させてほしい」を謙譲語の形で敬語にした表現にあたります。 相手の許可のもとで、相手の利益になるような確認をする場面で使います。 「パソコンを壊してしまったように思う。 新しいものを買おうと思っているのですが」「新しいものを購入される前に、今お使いのものを修理できるかどうか一度確認させていただけますでしょうか」などの使い方をします。 ご確認いたします 「ご確認いたします」は「確認する」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 非常によく使われる敬語表現です。 「確認したい」とは違い、「したい」というこちらの気持ちを伝えるニュアンスはありません。 事務作業や、確認することが当然であるような場面では「確認したい」ではなく「確認する」の敬語表現である「ご確認いたします」を使うのが自然です。 「免許証をご確認いたします」「書類が完成しましたら、こちらにお持ちください。 ご確認いたします」などの使い方をします。 あらためさせていただきます 封筒の中身を確認したり、受け取った金銭の金額を確認する場面では「ご確認いたします」という場合もありますが「あらためさせていただきます」という敬語表現を使うこともあります。 「中をあらためさせていただきます」「金額をあらためさせていただきます」などの使い方をします。 「確認したい」の敬語表現を使いこなそう!.

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

ご確認させていただきたく存じます

「いただく」と「頂く」の違い 「いただきたく存じます」と「頂きたく存じます」ひらがなと漢字、この違いについて解説いたします。 漢字で「頂く」と書くのは「飲む」や「食べる」など、動詞として使うときだけです。 例えば出されたコーヒーを飲むときは「コーヒーを頂く」という表現になります。 また、もしお中元などでコーヒーをもらったときは「コーヒーを戴いた」と漢字が変わりますのであわせて覚えておくと良いでしょう。 ひらがなで「いただく」と表現するときは、何かをしてもらうときやさせてもらうとき、補助動詞として活用する場合です。 例えば、今回のテーマである「いただきたく存じます」も「連絡 して欲しい」または「調査 させて欲しい」など、連絡や調査、様々な動詞につく補助動詞としての「いただく」というと表現なので、漢字ではなくひらがなを使います。 「いただきたく存じます」の使い方 この表現は、目上の人やお客様などに対して敬意を示すためにつかう尊敬語のため、同僚や後輩などには使いません。 例えば「調査を進めて欲しいと思います」と伝えたいときは「調査を進めていただきたく存じます」という表現を使います。 もし、「調査を進めさせてもらいますが良いですか?」とお伺いを立てるときは「調査を進めさせていただきたく存じますが、よろしいでしょうか?」という表現を使うと良いですね。 「~をしていただきたく。 」という表現 メールなどで「~をしていただきたく」という表現をする人がいますが、これは間違いです。 社内の独特なルールとして使う会社もありますが、敬語を使うべき相手に対して言葉を省略したメールを送信するのはとても失礼なことです。 社内ルールで決まっている会社などでは仕方ないケースもあるかもしれませんが、相手が社外の人の場合は正式な表現を使いましょう。 「させていただきたく存じます」という表現 「~させていただく」という表現に関しては、そのほとんどの場合は「~いたします」など他の表現を使った方が自然です。 ただし、明らかに相手の意に反する結果になってしまったときや、相手の同意や許可が必要なときは「~させていただく」を使っても間違いではありません。 例えば、「早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は上司に許可を得るためなので正しい使い方です。 分かりやすくするために、一度「~させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 この場合は、「ご返信いたします」という表現が妥当です。 「~させていただく」という表現が多いと、へりくだった表現のつもりが逆に失礼に思われ、クドくなることもあるので注意してください。 「いただきたく存じます」の類義語や言い換え 次に、「いただきたく存じます」の類義語をいくつかご紹介します。 これは何かをして欲しいとお願いするための表現なので、.

次の

「~したく。」という表現について

ご確認させていただきたく存じます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の