死な ば もろ とも 意味。 万葉集 巻十一 (1)

運命を共にする間柄!「一蓮托生」の意味と使い方とは?

死な ば もろ とも 意味

こうした気遣いは嬉しい。 [夜] ¥6,000~¥7,999 支払い方法 カード不可 サービス料・ チャージ なし 席・設備 席数 30席 (一階。 カウンター5席を含む。 ) 個室 無 二階に広間あり。 貸切 可 禁煙・喫煙 全席喫煙可 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 駐車場 有 お店の裏手に、集合の駐車場があります。 使い勝手は良くない。 空間・設備 掘りごたつあり 携帯電話 au、docomo メニュー ドリンク 日本酒あり 料理 魚料理にこだわる 特徴・関連情報 利用シーン こんな時によく使われます。 備考 混み合っていることが多く、事前に電話予約することを強くお勧めします。 初投稿者 最近の編集者• すし善 関連ランキング:寿司 知床斜里駅.

次の

小学校や子ども会のクリスマス会に!小学生向き簡単な3択クイズ20選!

死な ば もろ とも 意味

・第十二話「今もそれが怖くても、奇跡も魔法も無くっても(後編)」 同時。 リアラも追い詰められていた。 相手の服を操り絞め殺す球体関節人面蜘蛛『 絞布蜘蛛 ( アラクネ )』を間一髪先制の【息吹】で急所の頭を撃ち抜けたのと、『 血滴子 ( アダマス・ハルパー )』の首から下と同じ下半身と両目の代わりに耳が追加で顔に二個付き乳房が巨大な口と化し元々と合わせ三つの口から破壊音波を放つ女怪『 叫餓狂蛇 ( ラミア )』を《作音》を利用し消耗なく倒せたのが最後の幸運。 しかし尚【眼光】を【角鬣】を【宝玉】を全開にし、逆転の為の手掛かりを追いながら 「ミシーヤさんっ! 今、今助けますからっ!!」 魔法少女として操られるミシーヤとの戦いの情勢は極めて不利だった。 操られるミシーヤの体。 リアラやミシーヤの下半身を胴体にある口で丸呑みにして寄生する機会を狙う、『 血滴子 ( アダマス・ハルパー )』の胴と似た五本の腕と巨大な口型の胴で出来たクモヒトデの如き姿の 機怪戎 ( テラスメカニ )『 吸収羅海 ( スキュラ )』。 女性を自らの奴隷とする 欲能 ( チート )で操った女生徒を次々とけしかけてくる如何にもなイケメンといった容姿の『 恋愛 ( ハーレム )の 欲能 ( チート )』。 幾重にも重なる隷従を迫る手を、リアラは必死にはね除け続ける。 そして、先へ進み続ける。 「もう、いい! もういいから、リアラ! お願い逃げて……死なないで、貴方だけでも死なないで!」 自分が悲鳴をあげ、泣き言を言い、罵り、恐れ、喚き、命乞いをする事でリアラの精神力を削ぎ、動きを拘束し、消耗させ殺す為の罠としてあえて思考と発言と表情の自由を許されている。 『 惨劇 ( グランギニョル )』の悪辣な意図を察し、そしてまたあんな事を言ってしまった罪悪感からミシーヤは叫んだ。 自分や『 恋愛 ( ハーレム )』に操られる女生徒の危機を排除する為『 吸収羅海 ( スキュラ )』への攻撃に全力を挙げ、【 息吹 ( レーザー )】の連射で『 吸収羅海 ( スキュラ )』を焼き尽くす間、守ろうとした自分達の攻撃に晒されるリアラに悲嘆し。 「嫌ですっ! 僕がっ、助けたいんだ、今度こそ! これは、僕の意地だから!」 手に手に武器を取り、前後左右から襲いかかる『 恋愛 ( ハーレム )』の『恋人』達、それを迎撃する為に、奇しくも同時のルルヤと同じく両手に双剣を握り、遮二無二振るいながらリアラは叫んだ。 これは僕が、僕の意地で選んだ結果だから。 だからミシーヤが罪に思う事なんて何も無いんだと、誇りを燃やす少年の意気地篭る瞳でミシーヤを見て。 「はは、助ける必要なんてあるかい? 彼女達は皆、幸せに」「黙れ寄生虫!」「!?」「恋愛を麻薬に貶めた売人が! 人の幸せの形を勝手に決めるなっ!」 挑発する『 恋愛 ( ハーレム )』に潔癖な少女の叫びで返答するとリアラは何人かの『恋人』を無力化し、それでもまだ残る『恋人』達を掻い潜り、目指す先へ前進しようとし。 「がっ!? あっ……は、ふふ、下がりなさい、そして残りの『恋人』達を下がらせなさい、『 恋愛 ( ハーレム )』。 ……解放しなければいけない者達に手が届かない事を思い知りながら殺されるほうが、その子の精神は乱れ、より弱体化するでしょうから」 「ミシーヤさん!? っ、『 惨劇 ( グランギニョル )』かっ!」 次の瞬間、不意にミシーヤが息を詰まらせ苦悶の表情を浮かべた。 直後その口から発せられたのは『 惨劇 ( グランギニョル )』の声。 言葉の自由を奪われたのだ。 「奴の出番ですか。 成る程、学園に居る中で、相性的に似合いの死神だ」 その指示に『 恋愛 ( ハーレム )』は即座に従う。 撒き餌や罠や捨て駒の類いとして不完全な情報しか与えられないか何も知らされていなかった『 序列 ( ジョック )』『 不死 ( イモータル )』『 仮想 ( MMO )』『 課金 ( ガチャ )』と異なり、 『弾劾』 ( ウィッチハント )と『 恋愛 ( ハーレム )』はリアラとルルヤを〈引きずり回し消耗させ阻む〉守りの要として、情報を与えないようリアラとルルヤに顔合わせする事を避けるよう指示され、今回の作戦について指導され情報を与えられていたが故に。 「待てっ! 逃げるのか、臆病者! そんなに僕達が怖いかっ!」 目指し、走りながら、逃がすまいと咄嗟に、ここまで念入りに封殺しようとは余程此方の力が脅威なのか、と無理筋と知りながらも挑発するリアラに対して、『 惨劇 ( グランギニョル )』は不快げに、そして愚者に真理を判る様に噛み砕いて教授する手間に辟易するような表情で、ミシーヤの後退を止めずに嘯いた。 「何を馬鹿な。 唯単に捻り殺す事が不可能だとでも? 貴方達を嬲り殺す理由はたった二つ。 一つは貴方達の力を奪って殺し、その力でもっと、もぉっと沢山の人間に惨劇を演じさせる為。 もう一つは、死こそが此の世で唯一絶対の真実だからよ」 魔法で身体能力を強化した『恋人』達に左右から支え抱えられ後方に跳躍する『 恋愛 ( ハーレム )』。 『 惨劇 ( グランギニョル )』が操るミシーヤの体も後方に跳躍し、助けられぬ距離へ消えていく。 「そう、死こそが絶対の事実にして現実。 どんな人間も死ぬ。 絶対に死ぬ。 民族も、国家も、理想も、宗教も、正義も、地球上の全て、太陽系の全て、銀河系の全て、宇宙の全ては死に絶える。 死以外のこの世の何物にも意味はなく、死んだ者はそれ以上死なないのだから、私達転生者もまた死ねば今度こそ死ぬのだから、唯、死だけが絶対。 故に意味があるのは死だけ、死こそが常に勝利するのだから、崇めるに足るのは唯それだけ。 死の無い物語、死なない物語には意味がなく、物語の中の人物が、私達と違って清らかで美しく死なないなんてことは、到底是認できない。 許せない。 認められない。 死なせずにおるものか。 唯、絶対の死という物を、凄まじく素晴らしく飾り崇め奉り描く。 それこそが意味で、それ以外、何もない。 だから、貴方の死も、とびきり念入りに描きたいだけよ」 そう悪魔払いの呪文でも唱える如く押し付けがましく嘯き消え行くミシーヤの姿から発せられる『 惨劇 ( グランギニョル )』の声。 それを受け継ぐように、すれ違い前に出る、一人の 欲能 ( チート )行使者。 殺しの要として、完全な情報を与えられ、秘せられていた切り札が。 「俺としては、死にも意味があるとは思わんが。 お前達が掲げる正義や理想を、否定する、否定せずにはおれん。 この世に尊いもの等何も無いと言う所迄は、一緒だ。 故に『 惨劇 ( グランギニョル )』の命に従い、お前を殺し否定する。 この『 否定 ( アンチ )の 欲能 ( チート )』が」 ぬらりと現れたのは、渇きかけた血の様な臙脂色の詰襟服を纏い、打刀を帯びた陰気な剣客といった容姿の 欲能 ( チート )行使者だった。 その胸には幾つも護符を連ねた首飾りが酷く不釣り合いに、故にこそ明白なる害意の手段としての意図を込められ不気味に輝いていた。 ……その瞬間、リアラは、絶望的な状況に呻いた。 「ふーっ、ふーっ……どうした、終わりか……?」 「ええ。 〈武活動〉の参加者は、それで終わり。 流石に大したものね」 同時刻。 再び校庭。 迷宮の如き体表の模様を変化させ光学迷彩を行う、筋肉の異常肥大した肉体と、雄牛とジャクソンカメレオンと人間を混淆した如き醜悪な頭部、斧型に肥大癒着した骨爪を併せ持つ 機怪戎 ( テラスメカニ )『 貪猛斧牛 ( ミノタウロス )』。 その猛襲を防ぎ、避けていればその『 貪猛斧牛 ( ミノタウロス )』の斧爪をもろに誤爆されていただろう、直前まで自分と戦わせられていたかつて薬液から庇った獣人の少年をその胸にかき抱き攻防、一瞬のそれで得た手傷で眉間に血を伝わせ、ルルヤは心臓に捩じ込まれた剣諸共地響き立てて倒れる『 貪猛斧牛 ( ミノタウロス )』を背に、少年を地面に寝かせながら凄んだ。 「だけれども。 無力化された魔法少女達は攻撃され続ける。 諦めてもいいけどその場合、貴方の信仰へのダメージはどうなるかしら。 その内難易度をあげるために一般生徒も攻撃対象に含めていくつもりだけど。 ああ、あくまで不可能難事にはしないわよ? 無理ゲーなんて詰まらないわ。 じわじわと、自己回復手段に消耗が上回る速度で難易度を上げてあげる」 「資産ですから浪費は駄目ですが、今回は適切な投資ですからね。 許容範囲内ならば、構いませんよ『 惨劇 ( グランギニョル )』。 ええ、ええ。 そういうわけで〈 長虫 ( バグ )〉、死ぬ迄貴方の業務は増え続けますとも」 死神の如き死の贈与の耽溺者たる『 惨劇 ( グランギニョル )』だけでなく、『 経済 ( キャピタル )』までもルルヤの威圧を跳ね除ける。 それは『 経済 ( キャピタル )』の認識において金と企業とが死の運命程に絶対的な存在であり、その己の世界観を1ミクロンも疑っていない事の証明だった。 「いいや。 この騒ぎも何れ終わるさ。 〈【 真竜 ( シュムシュ )の息吹】よ、【月】の属性よ、強く猛く今こそ満ち、大いなる祖や数多の先達の竜身が放つ息吹が如く在れ……! 〉」 だがルルヤもまた諦めず、『 貪猛斧牛 ( ミノタウロス )』に双剣の片方を突き刺し空いた片掌に、最大規模の力で【息吹】を蓄積。 より深く 真竜 ( シュムシュ )と繋がり術を行使する為の精神集中として、呪文を詠唱する…… ( 『透冥兜』 ( アイドス・キュネエ )の無敵防御は貫通可能だ、やってみる価置はある!) リアラに教えてもらった、説明会の時に転校生が放った攻撃魔法を無効化した存在、『そこに存在している事を知られていない場合如何なる攻撃に対しても無敵』という力を持つ髑髏と水母を合成した透明の 機怪戎 ( テラスメカニ )ごと敵首魁、特に怪物を産み続ける『 惨劇 ( グランギニョル )』を痛撃すべく! 「ほほう。 大きな投資に打って出るようですね。 皆さん、業務命令です。 攻撃に参加しなさい。 この分では、貴方達も巻き込まれて無駄死にですよ?」 「!!」「は、はい!」「くそっ、いくぞっ!」「うぉおおっ!」 『 惨劇 ( グランギニョル )』が指を閃かせ追加の怪物を召喚する中、『 経済 ( キャピタル )』の声に弾かれ配下 欲能 ( チート )行使者達が突貫した。 ルルヤの竜術の最大出力の恐ろしさは、巨人達を投げ飛ばした衝撃で彼らにも想像がつくが故に。 だがそれ以上に、後方で督戦する『 経済 ( キャピタル )』『 惨劇 ( グランギニョル )』両名を恐れたように。 「「「「「「GEOOOOOOORRRRRRRG!」」」」」」 再出現した『 蛮殺暴鬼 ( バルバロイ )』の群れを引き連れ突撃する転生者達。 対するルルヤは片手が【息吹】最大出力発動準備に塞がり、フットワークは無力化した魔法少女達を守る為制限される。 これなれば、と、転生者達は思った。 それでも、と、ルルヤは誓った。 「はぁあっ!」「G!?」「E!?」「O!?」「R!?」「G!?」 襲撃する『 蛮殺暴鬼 ( バルバロイ )』第一陣を、先手を打ちルルヤは蹴散らした。 電光石火の刺突で一匹目の喉笛を、薙ぎ払いで二匹目の頸動脈を、宙返りしての蹴りで三匹目の頭蓋骨を粉砕、無力化した魔法少女を跨ぐような体勢で守りながら、【咆哮】最大出力発動準備で塞がった掌ではなく肘で四匹目の肋骨を圧し折り心臓に叩き込み、逆の手で握った剣で五匹目の胴を両断! 「『固有魔装・ 魔 ( マ )グナム』!」 ぶっ散らばる死体の隙間を縫うように、魔弾がルルヤを襲った。 アメフト防具風の 『超人英雄』 ( セミデウスエクスマキナ )を魔法的攻撃手段として『 惨劇 ( グランギニョル )』から追加で与えられた『 序列 ( ジョック )』が、拳銃型の魔法装備から発射した攻撃だ。 一見して銃撃、だが実際は魔法攻撃。 脳筋に見えて狡猾な事に、跳躍して『 序列 ( ジョック )』は発射していた。 上から撃ち下ろす弾道、魔法故銃撃より反射が困難とはいえ逸らす事は容易だが、逸らせば流れ弾が地面に転がる無力化した魔法少女達に着弾する危険性がある。 「小癪なっ!」「その隙ぃっ!」「貰ったっ!」 故にルルヤは咄嗟に剣で魔弾を防いだ。 反動で受けた剣が上に弾かれる。 同時、仕掛ける転生者二人。 『 不死 ( イモータル )』は鋭く切り込んだ。 『如何なる傷でも死ぬ事の無い』己の 欲能 ( チート )が 真竜 ( シュムシュ )の力の前には発動せぬ事を承知の上だが、『 不死 ( イモータル )』の力で勝ち続ける事でかき集めた大量の魔法装備と戦闘経験で得た技は通じる筈と。 『 仮想 ( MMO )』は『 不死 ( イモータル )』を掻い潜るように回り込んで攻めた。 頭の中にゲームのコントローラーとそれを操作する指捌きを想像し、『自分の体を自分が最もやりこんだゲームのMMORPGと同じ様に操作制御できる』 欲能 ( チート )を発動。 だが、弾かれた剣の動きに同調するように仰け反って『 不死 ( イモータル )』の斬撃をルルヤは防いだ。 『斬斬振』による上からの刃の攻撃範囲外だったバストの下の布地が切り裂かれ、【鱗棘】が切っ先を弾いて特有の宝石じみた煌めきを散らした。 魔剣は的確に当たれば手傷になりうるが、 機怪戎 ( テラスメカニ )の過剰極まりない殺傷力に比べれば【鱗棘】と当たる角度を体捌きで調整する事で弾くことは可能。 鎧による防御の基本だ。 同時、脇から攻める『 仮想 ( MMO )』の斬撃を、相手が剣を振る腕に腕をぶつけ止めた。 即座に腕を絡め、肘と手首の関節を極めてやる。 そして。 「だがっ、踏み込みが無謀すぎだっ!!」「なっ、ぎゃあああっ!! !」 死地に飛び込み続け得た『 不死 ( イモータル )』の武は、 欲能 ( チート )があったからこそ出来た、それがなければ締まりの無い代物に過ぎぬとルルヤは喝破し、喝破に初めて気付かされた『 不死 ( イモータル )』の武人気取りが剥がれた恐怖と絶望が滲んだ顔に剣を叩きつけ。 「関節技は初めてか? 温い戦場に居たようだな」「は、離せっ、げぶっ!?」 関節技等の概念が無いゲームでの反射神経が自慢だった『 仮想 ( MMO )』が、どれだけ素早く反射的に動けてもどうしようもない固められた想定外の状態に自慢の反射神経も吹っ飛んで狼狽し、常人並みに落ちた思考速度で漸く魔法を使う事に思い至った時には、言葉を叩き付け固めるのと反対側の手の剣でルルヤは『 仮想 ( MMO )』を貫いていた。 「Fucking biiiiiitch!! !」 「丁度いい。 貴様にも、返礼をくれてやる!」 品も語彙も無い母国語で喚き散らしながら、生き残りの『 蛮殺暴鬼 ( バルバロイ )』を激突で弾き飛ばし突貫する『 序列 ( ジョック )』。 再び飛来する 『弾劾』 ( ウィッチハント )の『棍棒』を叩き落としながら、蹴り飛ばされた借りを返してやるとルルヤは気力を振り絞る為に猛り笑った。 『 序列 ( ジョック )』の突撃の威力はそれまで戦った如何なる 機怪戎 ( テラスメカニ )にも勝るとも劣らなかったが…… DANN! ZUNN! ……ZDOM!! 一足一剣、それで勝負はついた。 『 序列 ( ジョック )』の足が少女達を踏み潰す前に、ルルヤは鋭く地を蹴り踏み込んだ。 タックルでは顔面に膝を食らうと見て拳を振りかぶる『 序列 ( ジョック )』。 ルルヤは雑で大振りなその拳を見切り、 足を踏み出し『 序列 ( ジョック )』の足に絡め払い、巨躯の拳を背負う様に懐に飛び込み、顎下から脳髄まで剣を突き上げ、釣針の様に引っ掛け刺殺しながら投げ飛ばしたのだ。 「っ、はぁ、はぁっ…… 拙 ( つたな )いな。 『 功夫 ( カンフー )』のほうが、倍は強かったぞ!」 正に足払いの借りを足払いで返して息荒く言い捨て、ルルヤは遂に【息吹】の発射体勢に入った。 『弾劾』 ( ウィッチハント )は『棍棒』を飛ばしてきたが結局突撃はしなかった。 したくても能力的に出来なかったろうが。 むしろ逆に、『 圧殺刺 ( ファランクス )』を置いて『 惨劇 ( グランギニョル )』と『 経済 ( キャピタル )』目掛けて走り、助けてくれと叫んでいた。 他の四人と違い代替が難しい分断と相互監視の手段の一つと見なされていた故に、事前に情報を知らされる時にそのような行動が許されていたか。 「(だがいずれにせよ、逃しはしない!)【 真竜 ( シュムシュ )の】っ……!」 「惜しいですねえ、その戦闘力。 まあ、私の物にするのですが、残念ながら貴方が幾ら振るっても無駄です。 その攻撃、通じると思いますか? 何を勝利の希望としているのですか? 傷だらけの体で。 孤軍奮闘で。 誰も彼もが私達に従っているのに」 それに対し『 経済 ( キャピタル )』は余裕の表情で嘲弄した。 魔法とは信仰と心の力なれば、心乱せば力も乱れる。 ルルヤは心を乱すまいとした。 それによる動揺を強引にねじ伏せながら、ルルヤは【息吹】を最大出力発動! 「く……ぁう!?」 ZZZDDOOOOOOOOOOOOOOOONNNNNNNNMM!! !! 『 軍勢 ( ミリタリー )』の使った火砲を複数束ねた様な大炸裂音にかき消されそうな苦鳴をあげ、リアラは放送室隣の空き教室に転がり込み、倒れ込み、机と椅子を倒し、血の跡を引きずり何とか立ち上がった。 裂かれたスカートから露わな太股に切傷が走る。 「無駄だ。 あれしきでは 十弄卿 ( テンアドミニスター )は殺せん。 ましてやお前等、俺相手でも何も出来はしない。 夢見がちな魔法の力等、正義という戯言同様、何にも通じはしない」 リアラがボロボロになりながらもそれでも駆け込んだ先、その後を追い、轟音の源であるルルヤの攻撃とリアラの力を軽侮しながらも、用心深くうっそりとした様子で『 否定 ( アンチ )の 欲能 ( チート )』は空き教室に入った、鞘から抜かれ油断無く構えられた日本刀と、首から下げられた多数の護符が窓から入る光を受けて牙のように輝いた。 「この世界の魔法の基本は、自己の認識能力と精神力で擬似的にそれを模倣する 錬術 ( れんじゅつ )以外、世界を構成する意思である神々や精霊や魔に心の力とやらで繋がり、それらが有する世界法則へ接続し改編する許可を借り受ける事で発動する。 その接続はそれらの存在と個人の一対一の紐帯や契約によって成立する故に、この世界に《魔法を防御する魔法》はあっても《魔法行使を禁じ打ち消す魔法》は極めて困難だ。 《対象への魔法行使能力の付与を停止する》事を認めさせる為に、《同じ存在と契約した複数の高位聖職者や多数の敬虔な信徒の同意》を必要とする。 そして 真竜 ( シュムシュ )の術は 欲能 ( チート )やそれ以外の力による魔法消去をも打ち消す。 つまり理論上お前達二人しか信徒の無い 真竜 ( シュムシュ )の術を止める手段は存在しない」 リアラもよく知った 混珠 ( こんじゅ )の法則。 それをいちいち言い聞かせるように呪うように心をへし折ろうとするように、念入りに繰り返し、『 否定 ( アンチ )』は、だが、と言った。 「俺の 欲能 ( チート )は、実に微弱で他愛もない。 『他者を貶める目的に限定した少しばかりの事象改変』。 だが、お前達にとって俺は死神だ。 魔法の法則と俺の 欲能 ( チート )が偶然噛み合った唯一無二の相性優位。 古、 真竜 ( シュムシュ )自身が作った、公式な 魔竜 ( ラハルム )の発生以前に存在した 真竜 ( シュムシュ )の背教者を罰する為作られた最初で最後の破竜護符。 世界に唯一残された 真竜 ( シュムシュ )の術を破る 魔法装備 ( アーティファクト )、それを 欲能 ( チート )で手に入れ制御した。 これでのみ貴様等の力を封じる事が出来る。 最早お前には、奇跡も魔法もありはしない!」 「っくうっ!?」 魔法を封じた事を態々説明し力を奪うだけでなく心も折ろう、心を折る言葉の最中に攻撃し奇襲までも行おう、念入りに悪意で煮詰めた攻撃を、竜術を失ったリアラは必死に既に形成済み故に残った二振りの剣で受けようとし、出来なかった。 混珠 ( こんじゅ )で二年間武を必死に習得した今のリアラよりも、地球に居た頃から慣れ親しんでいたのか『 否定 ( アンチ )』の剣術は更に鋭い。 刀が二の腕を裂き、セーラー服を大きく裂き、その下のビキニアーマーの一部を、乳房に傷は無いが容赦なく際どいところまで切り砕いた。 凄まじい剣力。 それでもルルヤならば、竜術を無効化されても武術のみで勝利できたかもしれぬが、リアラにはそこまでの技量は無い。 「っ、奇跡も、魔法も、無くっても……っ」 だが、絶望的な戦況を告げられても、リアラは屈しなかった。 必死に足掻く。 間合いを取り、避け、防ごうとするリアラを、否、終わりだ、無駄だ、と『 否定 ( アンチ )』が呪った。 防御力も回復力も奪われ、服も裂かれた余りにも頼りない肌も露なリアラの肢体に、呪詛が纏わり付く。 (ん、うあっ!? 気持ち悪い、熱い、痛い、何……これは……!?) 『お前も人殺しだろ……』『竜術さえ無ければお前なんざ……』『運が良かっただけ、今ここに俺らが居れば……』『竜の威を借りやがって足手まといが……』『無効化に頼ったくせに……』『いい子ぶっても、お前も欲も闇もある人間だろうが……』 「魂はとうに消滅しているが、お前達が倒してきた転生者達の怨恨と否定の念はまた別と、法則を歪め呼び出すのも俺の力だ。 俺にとっては力となり、お前にとっては、嫌な物だろう? 正義の味方を気取っても、恨みも糾弾も批難も逃しはしない」 肢体を拘束する程の力はないが、固まりかけの血のようなどろどろした 霊体 ( エクトプラズム )が、忌まわしく、おぞましく、厭らしくリアラの肢体を舐め、酸のような苦痛を齎す。 『 否定 ( アンチ )』は、嘲笑した。 「そうだ、正義の味方が勝つ物語等無い、正義等無い! それが現実だ!」 悪鬼の笑みで、刃を弄ぶように振るい続ける『 否定 ( アンチ )』。 セーラー服はもうずたずたで、その下の胸と腰をおおう部分だけの下着替わりに付けたビキニアーマー部品が殆ど露、白い肌に赤い筋が幾重にも走る。 「正義の反対はまた別の正義、即ちこの世に絶対の正義も悪も無い。 屑共を殺して、自分だけが正義と粋がったか? お前もまた殺人の罪を犯しているのに? ナアロ王国にも王国の法がある。 その法に乗っ取ればお前は罪人だ。 正義の味方こそ、この世で最も汚らわしい犯罪者。 お前はそれだ。 欲能 ( チート )行使者を狩ると思い上がった、 欲能 ( チート )に対してだけ圧倒的に効果的な、また別のチートの如き力で思い上がった屑に過ぎん。 お前もまたチートなのだ、悪なのだ、屑なのだ! あらゆる正義の味方と同じく、貶められなければならぬ欺瞞だ! 全く変わらん、この世に清らかなる者等存在せん、貴様もまた、おぞましい屑だ!」 リアラは切り裂かれ、呻き、喘ぎ、必死に急所への直撃を避けながら後退。 音立てて机や椅子を蹴倒しながら。 壁に背が付く。 最奥、行き止まり。 追い詰められた。 「奇跡等無い! 現実的戦力差が全てだ! 人は肉体限界に縛られた弱く醜い存在! 痛がれ! 恐れろ! 竦め! 理想を捨て、命乞いし、無様に死ぬ、それが人間だ!」 最早リアラを徹底的に否定したと止めを刺すべく『 否定 ( アンチ )』は構え、リアラは…… 「ふーっ、ふーっ、ふーっ……」 校舎屋上施設粉砕による爆煙が晴れていく中、険しい表情で掌を突き出したまま荒く息をつくルルヤの額を、血に混じって汗が伝った。 体に残ったボロボロのセーラー服の残骸が、爆風に一瞬激しくはためいた後、血を吸った重さでだらりと垂れた。 四肢から【息吹】の付与の黒い揺らめきが消え、突き出された手が下がり、膝が崩れ落ち、るのを、反対側の手が、剣を杖のように地面に突いて堪えた。 煙が晴れた。 『弾劾』 ( ウィッチハント )に見捨てられた『 圧殺刺 ( ファランクス )』と、破壊され姿を消せなくなった 『透冥兜』 ( アイドス・キュネエ )の粉々の残骸が校庭にぶちまけられていた。 「うふふふふふ……」「あっはっは、いやあ見事! 見事な一撃、見事に無意味!」 その向こうで、『 惨劇 ( グランギニョル )』と『 経済 ( キャピタル )』は笑っていた。 屋上と最上階の天井は完全に吹き飛んでいた。 完全すぎて下に居た生徒に天井が落下する事も無い程に。 無論生徒達を巻き込む筈も無いルルヤがそれ程の威力を込めて【息吹】を放ったのだ。 だが……それが、防がれたのだ。 「成る程、並の 欲能 ( チート )行使者等所詮唯の異能者。 その程度は幾らでも殺せる強さだ」 両名とも空中に浮かび、その片腕を異形へと変じていた。 『 経済 ( キャピタル )』の右腕は、黄金の巨腕と化して翳されていた。 その手の周りに幾つもの魔法武器と魔法盾が浮いていた。 そしてその手の表面に苦悶の表情を浮かべた老若男女様々の人間の顔が浮かび上がり呪文を紡ぎ、普通の魔法使いならば全生命力を使い尽くし死にかねぬほどの防御魔法を、無造作に複数多重に展開していた。 『 惨劇 ( グランギニョル )』の片腕は混沌とした忌まわしい肉の触手と化し、防御は『 経済 ( キャピタル )』の一手で十分と、 『弾劾』 ( ウィッチハント )をつかんで雑に攻撃範囲外の安全地帯へ放り投げていた。 「貴方は超人です。 ですが、私達 十弄卿 ( テンアドミニスター )はそれを上回る言わば超神。 欲能 ( チート )の究極、『 取神行 ( ヘーロース )』。 神を越える神、現実世界の主人公となる力! 素晴らしい! 私の会社と労働への愛が力となる!」 愛の成就を誇るがごとく、歓喜を爆発させる口調で『 経済 ( キャピタル )』は叫んだ。 「そう、世界の現実を、何が正しく勝利で価値があるのかを定義する力。 彼の前で彼より会社と経済を愛さない者は全て彼に屈し、私の前で私程死を惨劇で飾る事を愛さない者は私に必ず破れ去る。 正確に言えば全人格における特定のあり方への執着の割合の比較で全てが決するようになるというルールを、敵対に対しあらゆる阻害を無視し自動発動し全てに強制する。 それが『 取神行 ( ヘーロース )』の共通能力、『 邪流 ( ジャンル )』。 身体の超越存在化、固有の 欲能 ( チート )の超進化、それら『 取神行 ( ヘーロース )』の力の一つにすぎませんが、この力は本来絶対です。 時と天空を外より支配する神でも、己が覇で世界を塗り潰しその中心に座す神でも、現実を思うが侭改変し黒く塗り潰す神でも、その光で全てを照らす究極の星神であろうとも、『 取神行 ( ヘーロース )』で無い、それだけで屈する。 自分の属する世界の法則の中でどれ程最強を誇ろうが、これは『他の世界の法則を否定する力』なのだから。 ……本来ならば異能を打ち消す力でも逆にかき消せて当然なのだけど、 真竜 ( あなた )がこれに耐えられるのは、かつて《精霊の争いあう世界》、《この混ざりあった世界が今のように一つの宝珠に固まらず、複数の世界の癒着だったころ》、他の精霊が敷く別々の固有世界法則を打倒して《神々の世界》へと変えた、定められた主神交代の周期を満たしたのではなく神話そのものを作り上げた、私達とはまた別の《他の世界法則を打倒する存在》だから。 けれど、貴方は力を 真竜 ( シュムシュ )から借りているだけ。 借りて使う気力がつきれば、たちまち飲み込まれて、それで終わり!」 『 経済 ( キャピタル )』の言葉を『 惨劇 ( グランギニョル )』が補足する。 世界を己が最高存在として勝利君臨する運命に塗り潰す力の理、即ち言わば相手の力が億だろうが兆だろうが無量大数だろうが零を掛ければ零になるという世界ごとの法の無視、あらゆるチートという物に共通する最も究極的かつ根源的な醜悪の本性を。 そして、それに抗ってきたリアラの力の由縁と限界を。 そして、邪悪に牙を剥いた。 「そう。 その力、何時尽きますかな? ふふ、それに対し、私の力は遥かに膨大だ。 どれ程戦闘力のある英雄も、社会的な絡め手で屈服させれば、これこの通り。 私の会社に、私の金に屈した者は、この腕に浮かぶ魔法使い共の様に、これらの魔法武器の使い手達のように、借金で首を縊っても、その能力と活力の全ては私の物になる。 見せてあげましょう!!」 『 惨劇 ( グランギニョル )』の言葉に反応する暇も与えず『 経済 ( キャピタル )』が叫んだ。 その姿が、変わる! 「この手に取らん神の行い、我こそこの世の主人公! 金こそが神。 経済こそが救済。 会社こそが社会。 苦痛こそが普通。 労働こそが 君主 ( ロード )。 社長こそが首長。 人は景気と社会と会社の細胞、等しく敬服し社畜し過労死し支えよ! 配置よりはみ出たる者は、歯車に食まれ贄となれ。 之 ( これ )こそが我が 現実 ( リアル )なり! 『 取神行 ( ヘーロース )』、『 暗黒黄金 ( ゴールデン ) ・ 贄食会社 ( モレク )』!」 悍ましい全世界絶対 暗黒 ( ブラック )企業化宣言の詠唱が始まると同時に、黄金の奔流がその身を包み込んだ。 砕けた校舎の残骸が巻き込まれ粉砕される攻性防壁。 隙の無い変身終了後にその場に降臨したのは、古代環地中海世界の一部で信仰された生贄を食らい都市の繁栄を齎す神、モレクの名を冠する超越存在。 双角を宿す黄金、人に倍する屈強な長身の、抽象的な人型の神像! そして『 惨劇 ( グランギニョル )』も変身。 触れる者全て溶かす毒血奔流がその姿を覆い隠す! 「この手に取らん神の行い、我こそこの世の主人公! あははうふふと 外なる神 ( アウターゴッド )は、哀れな登場人物を、安楽椅子より嘲笑う。 狂狂 ( くるくる )、 狂狂 ( くるくる )、賽を転がし。 くすくす、くすくす、さらば捨て駒! 狂え、砕けろ、首括れ。 無様を曝せ、豚の様に 屠殺さ ( ほふら )れろ、ぶち撒けられろ臓物を。 此の世は戦場なのだから、ご都合主義など死んじまえ。 美しい者を引き摺り下ろし、憂さを晴らしに引き毟ろう。 之 ( これ )こそが我が 現実 ( リアル )なり! 『 取神行 ( ヘーロース )』、『 狂死遊戯・ ( キーパー・ザ・ ) 痴愚物語 ( アザトース )』!」 毒血の向こうから一瞬姿を現したのは、蠢き沸騰する狂乱の肉塊。 恐怖として楽しむ為に、登場人物が悍ましく惨たらしく狂気に陥るのを楽しむ為に生み出された悪しき 神話体系 ( クトゥルー神話 )の神アザトースを象った肉が一瞬後収縮変形し、目に痛い七色の貝殻が寄せ集まり触手が繋いだ人に倍する背丈の辛うじて人型だが緑に光る眼を持つ非人間的な顔を持つ姿へと変形。 盲目痴愚 ( アザトース )の〈理性ある〉化身、ザーダ=ホーグラを象り自我と思考能力を保ったのだ。 直後、二色の『邪流』が最大出力で噴出した。 死と金の力に学園にいた 混珠 ( こんじゅ )人全員が平伏させられた。 ルルヤは、 「い、や、だっ!! 屈する、もの、かぁっ!! !」 叫んだ。 四肢に再び黒い【息吹】が、微かだが宿った。 ルルヤは 平伏 ( ひれふ )さなかった。 「《勇者》を目指しているのよね、そういえば。 果たしてどこまで《勇者》でいられるかしら? 成りかけの勇者なら、勇気による魔法増加も限りはあるのよね?」 混珠 ( こんじゅ )の《勇者》は称号、職業ではない。 だが勇者たらんとする者には共通の力がある。 精神力が魔法の燃料となる 混珠 ( こんじゅ )の法則による必然、勇気という精神力を持つ者はより魔法を多く使えるという事。 歴史伝承に詠われる魔王退治の勇者達は無限に近い魔法を用い己を強化し超人とした。 その力はかつて過去最強の勇者と魔王の極大の一撃同士の激突で大地を切り裂き、〈草海半島〉を〈千切れ半島〉と〈草海島〉に分断した程だ。 だがそれには足らぬと嘲る『 惨劇 ( アザトース )』! 「人を勇気づけるために、目指し、名乗っているが。 私はそこまで勇者の資質がある訳じゃない。 足りない物も余計な物も沢山あって、そんな自分の未熟さが怖かった。 けど、今もそれが怖くても……怖い事を我慢する事が勇気だ。 私より弱くても戦うリアラが、私に見せてくれた」 それに対し、確認するように、刻み込むように、己を定義付けるように、ルルヤは呟いた。 勇気を燃やす最後の気力が竜術を維持し、土下座に満ちた異常な世界へ呑まれるのを拒む。 そして。 ざっ、と、校庭の砂に音を立てさせて。 ルルヤが一歩を踏み出した。 この状況でも、尚。 「まだまだ元気一杯のつもり? 数発殴れば使い尽くしそうな勇気だけど」 それを見て、嗜虐的な声音で『 惨劇 ( アザトース )』は言った。 これが折れる所を見たい、と。 「殴るより、この言葉のほうが効くわよね。 ……リアラちゃん、死んだわよ」 笑い、断言する。 ルルヤが、目を見開き、息を呑んだ。 『 惨劇 ( アザトース )』は触手を向け、沢山並んだ教室の窓の内一つを示した。 凄まじい量の血で真っ赤に塗られた窓を。 「うちの『 否定 ( アンチ )』はね、誰かが綺麗だ大切だと思っているものは、台無しにせずにいられないアンチの鑑。 だから貴女の大事なリアラちゃんも、竜術を『否定』され、実力差でなす術もなく、ふふ。 それを知ってもまだ、勇者でいられるかしら?」 窓を見上げルルヤの表情が蒼褪めた。 油の切れかけた灯の様に、すうと【息吹】が小さく縮んでいく。 (そんな) 【宝玉】 文通 ( チャット )で呼びかけて……反応が、無い。 (まさか) どころか、リアラと【宝玉】の接続が感じられない。 そして。 (リア、ラ……嫌、嫌だ、そんな、もうこれ以上、また、失うのはっ……) ルルヤの心に、復讐開始以来初めて、怒りを上回る量の恐怖と悲しみの思いが溢れた。 無論ルルヤも武人、その可能性は、覚悟していたが……覚悟を上回る衝撃だった。 まだ長いとは言えぬ共に闘うの日々だったが、思いは、絆は、ルルヤ自身の覚悟を上回る程の速度で、育っていたのだ。 【息吹】が完全に燃え尽き、ルルヤの心が砕け散りそうになった…… そのとき。 かがやける、しろいりゅうがまいおりた。

次の

毒を食らわば皿まで

死な ば もろ とも 意味

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 577• 研究社 新和英中辞典 605• Weblioビジネス英語例文 10• Weblio Email例文集 2881• Weblio英語基本例文集 218• 場面別・シーン別英語表現辞典 28• 浜島書店 Catch a Wave 1415• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 32• 英語ことわざ教訓辞典 60• JMdict 6• Eゲイト英和辞典 477• 最強のスラング英会話 2• 英語論文検索例文集 201• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 54• 斎藤和英大辞典 1548• 科学技術論文動詞集 51• 法令用語日英標準対訳辞書 4• 日本語WordNet 2005• コンピューター用語辞典 390• EDR日英対訳辞書 2059• Tanaka Corpus 2250• 日本法令外国語訳データベースシステム 1957• FreeBSD 367• Gentoo Linux 262• JM 681• NetBeans 577• PEAR 298• Python 487• XFree86 306• 愛知県総合教育センター Classroom English(教室英語集) 6• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 32216• 京大-NICT 日英中基本文データ 46• 官公庁発表資料• 金融庁 2177• 財務省 1503• 特許庁 3369• 特許庁 543173• 経済産業省 5815• 厚生労働省 1024• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 21• イギリス伝承童謡『マザーグースのこもりうた』 1• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 3• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 24• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 28• Jack London『火を起こす』 15• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 37• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 42• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 20• Mary Lamb『お気に召すまま』 14• JULES VERNE『80日間世界一周』 140• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 8• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 13• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 10• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 15• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 39• Oscar Wilde『わがままな大男』 5• JACK LONDON『影と光』 23• O Henry『ハーレムの悲劇』 13• Ouida『フランダースの犬』 46• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 56• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 25• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 30• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 38• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 111• James Joyce『エヴリン 「ダブリンの人々」より』 3• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 4• Conan Doyle『黄色な顔』 24• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 10• Frank Baum『オズの魔法使い』 102• Landor『カール・マルクス Interview』 14• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 119• Wells『タイムマシン』 79• Charles and Mary Lamb『真夏の夜の夢』 17• Henry『賢者の贈り物』 6• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 1• Oscar Wilde『幸福の王子』 5• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 60• O Henry『最後の一枚の葉』 9• O Henry『二十年後』 5• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 162• Ambrose Bierce『不完全火災』 2• Virginia Woolf『青と緑』 1• Virginia Woolf『弦楽四重奏』 3• O Henry『心と手』 3• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 7• Ambrose Bierce『死の診断』 6• O Henry『警官と賛美歌』 4• Ambrose Bierce『男と蛇』 7• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 48• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 110• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 87• James Joyce『土くれ』 6• James Joyce『姉妹』 8• James Joyce『カウンターパーツ』 7• James Joyce『小さな雲』 21• James Joyce『二人の色男』 12• James Joyce『アラビー』 1• James Joyce『恩寵』 28• James Joyce『遭遇』 10• James Joyce『死者たち』 45• James Joyce『下宿屋』 11• James Joyce『レースの後に』 10• James Joyce『痛ましい事件』 8• James Joyce『母親』 9• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 11• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 85• Lewis Carroll『亀がアキレスに言ったこと』 4• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 22• John Stuart Mill『自由について』 174• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 54• Thorstein Veblen『所有権の起源』 18• Robert Louis Stevenson『宝島』 201• United States『独立宣言』 3• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 149• Edgar Allan Poe『暴露させる心臓』 12• Edgar Allan Poe『約束』 18• Lawrence『馬商の娘』 15• Lawrence『プロシア士官』 29• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 22• Chesterton『少年の心』 16• Plato『クリトン』 27• Melville Davisson Post『罪体』 39• Shakespeare『ヴェニスの商人』 18• Michael Faraday『ロウソクの科学』 46• 電網聖書• ヨハネの第一の手紙 9• ヨハネの第二の手紙 2• ペトロの第一の手紙 6• ペトロの第二の手紙 10• 使徒行伝 81• ヘブライ人への手紙 18• ヤコブからの手紙 9• ヨハネによる福音書 61• ルカによる福音書 82• マルコによる福音書 50• マタイによる福音書 83.

次の