揚げ物 簡単。 オリーブオイルの揚げ物!簡単でヘルシーな美味しいフライのレシピ付き! │ OLIVE

フライパンで揚げ物は簡単!コツや油の量や温度、種類も紹介!

揚げ物 簡単

フライパンで揚げ物はカンタン! まず、気になるのが、 「揚げ物ってメンドくさい…」 という悩みではないでしょうか? 揚げ物は美味しいけど手間がなぁ… という話はよく聞きますよね。 でも、そんな皆さんに朗報です。 フライパンを使えば、 面倒な揚げ物が とてもカンタンにできちゃうんです! 通常、揚げ物は天ぷらナベなどによって 揚げるのが一般的ですが、 フライパンを 使えば油の量を減らして揚げることが 可能な上、片づけも楽チンです。 面倒な作業が少しでも減らせるのは、 忙しくて時間の取れない人にとっても すっごくありがたいですよね! フライパンで揚げ物をする時のコツは? では、実際にフライパンで揚げ物を 揚げる際のコツについて見ていきましょう。 小さく食材を切ることで、 揚げる時間の短縮につながり、 サクサク食感!! に仕上げることができます。 やはりサクサクの揚げ物は、ほっぺたが 落ちちゃうほどに絶品ですからね! また、 揚げる際は多くの食材を 一度に入れすぎないようにしましょう! 一度に沢山入れてしまうと、 油の温度が下がって、せっかく温めた油が 台無しになってしまいますので…。 温度が高くなり過ぎてしまうと、 逆に 焦げてしまう原因になりかねません…。 これが美味しく揚げるための最大のポイント と言ってもいいかもしれません!! どんなに上手に揚げようと努力しても、 揚げ物料理に合ったフライパンでないと、 美味しく揚げるにも限界があるからです。 詳しいフライパン選びのポイントと、 フライパンの種類については、のちほど 詳細をご紹介していきますが、簡単に言うと 深くて厚みのあるフライパン を選ぶことが大切です。 一般的な家庭でよく見られる、 浅いだけでなく薄めい造りのフライパンは、 揚げ物に適していないことが多いので、 おウチのフライパンを使うときには、 ちゃんと確認しておきましょう! しっかり揚げ物と相性の良いフライパンを 選びましょうね! フライパンで揚げ物をするときの油量と温度は? さて、続いては、 フライパンで揚げ物を美味しく揚げるために 非常に重要な油の量と適切な温度について 説明致します! 油量 フライパンで揚げ物をする際の 油量は、 およそ フライパンの底から2cm程度 が 最適だと言われています。 どんなに多くても、 フライパンの半分より 多くは入れないように気をつけましょう! 油を多く入れ過ぎてしまうと、 揚げた際に油の飛び散りが激しくなって しまいますし、加熱にも余計に時間が かかってしまいます。 油ハネは、本気で危ないですからね…。 くれぐれも気を付けましょう。 油の温度 また、美味しく揚げるための適切な油の温度 ですが、これは、 揚げる食材ごとに使い分ける のがベストです! 食材ごとの適切な温度を細かく見ていきましょう。 あまり高くなりすぎてしまうと、かえって 火が通りすぎるので、しっかり温度を守る ことが大切です。 油の温度の計り方 それでは、実際の温度の計り方をここで ご紹介していきたいと思います。 数字として油の温度状況が把握できるので、 一つ持っておくととっても便利ですよ? 最近では、温度計がそのまま菜箸に付いた 画期的な料理グッズもあるので、こういった ものを使うと料理も楽しく、はかどります! 私も欲しいなぁ…なんて思ったり…(笑) 揚げ物に最適なフライパンの種類や材質! 最後に、フライパン選びのポイントを お伝え致します。 揚げ物に向かないフライパンは? まず、揚げ物をする上で向かないフライパン についてですが、 あまりオススメしないのは 「浅くて薄いフライパン」 です。 浅い上に深さもないフライパンで揚げ物をすると ほぼ間違いなく、油ハネによって後片付けが 大変になりますし、何より怖いですよね…。 大切なので何度も言いますが、油ハネは 下手すると大事故になりますから最低でも 「深さ」だけは考慮するようにしましょう! また、厚みのない薄いフライパンだと、 油の温度がコロコロ変わってしまい、 温度調節も難しくなります。 揚げ物に向いたフライパンは? 一方で、揚げ物料理におすすめのフライパン ですが、先ほどとは反対に、 「深みと厚みのあるフライパン」 がオススメとなります! 厚みのあるフライパンを使うことで 温度の変化もある程度カバーできますし、 深みがあるので、当然 油ハネもより防げる ようになります。 では、材質はどうでしょうか? 揚げ物などの油を使った料理では、 テフロンなどのフッ素樹脂加工された コーティングが剥がれたり、劣化したり… といったことはほぼないと言われています。 ただし、 別の使い方をしたり、 空焚きして しまったりすると、 コーティングが消耗 してきてしまうので、 できたら 高温に耐久性 のある、 「セラミック加工」 や 「鉄製のフライパン」 がおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか? これを機に、ご自宅でも美味しい揚げ物料理 に挑戦してみてはいかがですか? 面倒で普段なかなか味わえない揚げ物料理! だからこそ、積極的に挑戦してお子様や 旦那さんの胃袋をガッチリとつかんじゃいましょう! 最後までご覧頂き有難うございました。

次の

揚げ物鍋の人気おすすめランキング20選【安い・小さいサイズ・IH対応も紹介】

揚げ物 簡単

この記事の目次• 揚げ物のやり方がわからない初心者さんはまずは道具を用意しよう 料理の初心者さんに、揚げ物はハードルが高いでしょうか? 揚げ物に必要なキッチン道具を揃える事も大切 揚げ物をする鍋 揚げ物なので深さふがあるタイプで、面積が広いものがいいでしょう。 油がはねて飛び散るのを防いでくれます。 フライパン これも同じく深めのものがオススメです。 電気フライヤー ヘルシーで最近人気がありますね。 温度の加減が自動で出来たり、フタがついたタイプもあります。 油はねが怖い!という方にオススメですよ。 料理にはかかせない菜箸 普通の箸より長めになっていますので、揚げ物には欠かせませんね。 網じゃくし 油に残った揚げカスをすくい取ります。 目は細かいほうがいいでしょう。 揚バット 揚げ物が揚がったら、取り置きます。 新聞紙やチラシを敷いておくと後片付けがラクになります。 一般的に必要とされるものを紹介しましたが、絶対になくてはならない!というワケではありません。 揚げ物のやり方について。 初心者が気になること Q. 油の交換時期はいつですか? A・回数よりも油の状態を見て決めます。 色が黒っぽくなったら捨てるという人が多かったです。 油は、一回でも使うとトランス脂肪酸が出ますので気になる!という方は毎回交換するといいでしょう。 一度使った油は、こしたり野菜のクズを素揚げすることで多少キレイに使うことが出来ます。 油はなにを使ったらいいの? A・決まりはありませんので、好きな油を使っていいでしょう。 サラダ油や米油やオリーブオイルを使う人もいます。 香りや揚げた時の仕上がりが変わります。 米油はアッサリとしてカラッと揚がります。 またごま油を混ぜるとカラッとするそうです。 衣につけるパン粉は生パン粉と乾燥パン粉、どっちがいい? A・一人暮らしの場合は、乾燥パン粉をオススメします。 理由は賞味期限が長いのと、値段の安さです。 また油を吸いにくいので、健康を考えるならオススメです。 揚げ物のやり方とは?初心者が気をつけるポイント 揚げ方には、衣をつけて揚げる揚げ方と、そのまま揚げる素揚げの方法があります。 素揚げについて 食材は、ナスやししとうやかぼちゃなどが多いですね。 素揚げにすると仕上がりが美しく、素材そのものの味を楽しめます。 また揚げるだけでいいので、手軽にできそうです。 衣揚げについて 唐揚げやフライや天ぷらです。 揚げる食材に、小麦粉・とき卵・パン粉・天ぷら粉・片栗粉などをつけて揚げます。 魚や肉はもちろん野菜も美味しくいただけます。 どちらも揚げるときにはコツがあります。 油の中に一回に具材をたくさん入れないこと! たくさん入れてしまうと油の温度が一気に下がってしまいますので注意してください。 揚げカスはしっかりすくうこと! 入れたままにいておくとどんどん焦げてしまい、他の揚げ物にもくっついてしまいます。 揚げ物ができるようになると料理の幅が広がる!やり方をマスターしよう 揚げ物や焼き物、煮物について• 焼き物・・・表面がしっかり焼けますので、中までじっくり火を通したい料理にはむいていません。 煮物・・・料理に時間がかかります。 揚げ物・・・食材を高温で揚げることで中まで火ご通り調理時間も短縮されます。 揚げ物の特徴とは? 高温の油に入れることで、食材の水分は衣の中に閉じ込められています。 なので、外はカラッとしていて中はジューシーな美味しさが詰まっています。 フライドポテトなどの素揚げにも同じことがいえます。 揚げ物が上達するコツは温度管理にある 揚げ物には、揚げる食材や調理方法によって温度管理が大事になります。 揚げ油の温度は「高温」「中温」「低温」などと聞いたことはありますね。 低温・・・150~160度• 中温・・・170~180度• 高温・・・180度以上となっています。 低温で揚げたい食材は、鮮やかな野菜の色を残したい野菜。 中温で揚げたい食材は、から揚げやトンカツです。 高温で揚げたい食材は、コロッケや魚系のてんぷらです。 温度を判断する方法は? よく「菜箸を入れてみる。 」「衣を落としてみる。 」などの方法があります。 菜箸を入れてみるという方法ですが、鍋の底に菜箸がつかないように差し入れます。 そこから出てくる泡で判断します。 泡がポツポツ出る状態・・・150度以下• 細かい泡が出る状態・・・160~170度• 菜箸全体からブワーっと泡が出る状態・・・180度 となっています。 大体の目安になりますよ! またたくさん色んな具材を揚げるときには、順番も考えるといいでしょう。

次の

一人暮らしの揚げ物をもっと簡単に作る方法。手軽に楽しむために

揚げ物 簡単

フライパンで揚げ物はカンタン! まず、気になるのが、 「揚げ物ってメンドくさい…」 という悩みではないでしょうか? 揚げ物は美味しいけど手間がなぁ… という話はよく聞きますよね。 でも、そんな皆さんに朗報です。 フライパンを使えば、 面倒な揚げ物が とてもカンタンにできちゃうんです! 通常、揚げ物は天ぷらナベなどによって 揚げるのが一般的ですが、 フライパンを 使えば油の量を減らして揚げることが 可能な上、片づけも楽チンです。 面倒な作業が少しでも減らせるのは、 忙しくて時間の取れない人にとっても すっごくありがたいですよね! フライパンで揚げ物をする時のコツは? では、実際にフライパンで揚げ物を 揚げる際のコツについて見ていきましょう。 小さく食材を切ることで、 揚げる時間の短縮につながり、 サクサク食感!! に仕上げることができます。 やはりサクサクの揚げ物は、ほっぺたが 落ちちゃうほどに絶品ですからね! また、 揚げる際は多くの食材を 一度に入れすぎないようにしましょう! 一度に沢山入れてしまうと、 油の温度が下がって、せっかく温めた油が 台無しになってしまいますので…。 温度が高くなり過ぎてしまうと、 逆に 焦げてしまう原因になりかねません…。 これが美味しく揚げるための最大のポイント と言ってもいいかもしれません!! どんなに上手に揚げようと努力しても、 揚げ物料理に合ったフライパンでないと、 美味しく揚げるにも限界があるからです。 詳しいフライパン選びのポイントと、 フライパンの種類については、のちほど 詳細をご紹介していきますが、簡単に言うと 深くて厚みのあるフライパン を選ぶことが大切です。 一般的な家庭でよく見られる、 浅いだけでなく薄めい造りのフライパンは、 揚げ物に適していないことが多いので、 おウチのフライパンを使うときには、 ちゃんと確認しておきましょう! しっかり揚げ物と相性の良いフライパンを 選びましょうね! フライパンで揚げ物をするときの油量と温度は? さて、続いては、 フライパンで揚げ物を美味しく揚げるために 非常に重要な油の量と適切な温度について 説明致します! 油量 フライパンで揚げ物をする際の 油量は、 およそ フライパンの底から2cm程度 が 最適だと言われています。 どんなに多くても、 フライパンの半分より 多くは入れないように気をつけましょう! 油を多く入れ過ぎてしまうと、 揚げた際に油の飛び散りが激しくなって しまいますし、加熱にも余計に時間が かかってしまいます。 油ハネは、本気で危ないですからね…。 くれぐれも気を付けましょう。 油の温度 また、美味しく揚げるための適切な油の温度 ですが、これは、 揚げる食材ごとに使い分ける のがベストです! 食材ごとの適切な温度を細かく見ていきましょう。 あまり高くなりすぎてしまうと、かえって 火が通りすぎるので、しっかり温度を守る ことが大切です。 油の温度の計り方 それでは、実際の温度の計り方をここで ご紹介していきたいと思います。 数字として油の温度状況が把握できるので、 一つ持っておくととっても便利ですよ? 最近では、温度計がそのまま菜箸に付いた 画期的な料理グッズもあるので、こういった ものを使うと料理も楽しく、はかどります! 私も欲しいなぁ…なんて思ったり…(笑) 揚げ物に最適なフライパンの種類や材質! 最後に、フライパン選びのポイントを お伝え致します。 揚げ物に向かないフライパンは? まず、揚げ物をする上で向かないフライパン についてですが、 あまりオススメしないのは 「浅くて薄いフライパン」 です。 浅い上に深さもないフライパンで揚げ物をすると ほぼ間違いなく、油ハネによって後片付けが 大変になりますし、何より怖いですよね…。 大切なので何度も言いますが、油ハネは 下手すると大事故になりますから最低でも 「深さ」だけは考慮するようにしましょう! また、厚みのない薄いフライパンだと、 油の温度がコロコロ変わってしまい、 温度調節も難しくなります。 揚げ物に向いたフライパンは? 一方で、揚げ物料理におすすめのフライパン ですが、先ほどとは反対に、 「深みと厚みのあるフライパン」 がオススメとなります! 厚みのあるフライパンを使うことで 温度の変化もある程度カバーできますし、 深みがあるので、当然 油ハネもより防げる ようになります。 では、材質はどうでしょうか? 揚げ物などの油を使った料理では、 テフロンなどのフッ素樹脂加工された コーティングが剥がれたり、劣化したり… といったことはほぼないと言われています。 ただし、 別の使い方をしたり、 空焚きして しまったりすると、 コーティングが消耗 してきてしまうので、 できたら 高温に耐久性 のある、 「セラミック加工」 や 「鉄製のフライパン」 がおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか? これを機に、ご自宅でも美味しい揚げ物料理 に挑戦してみてはいかがですか? 面倒で普段なかなか味わえない揚げ物料理! だからこそ、積極的に挑戦してお子様や 旦那さんの胃袋をガッチリとつかんじゃいましょう! 最後までご覧頂き有難うございました。

次の