ミヌエット。 ミヌエットの性格と特徴、値段や飼い方について

愛くるしさ満点の癒し系! ミヌエットってどんな猫?

ミヌエット

【目次】• 猫の品種としての起源も新しく、最初の子猫が産まれたのは1996年です。 ミヌエット(ナポレオン)の生みの親であるジョセフ・スミスは、猫のブリーダーではなく、犬のバセットハウンドのブリーダーでした。 繁殖やドッグショーでのジャッジメントを務めるなど、足の短いバセットハウンドの熱烈な愛好者だったジョセフは、新聞の記事で足の短い猫の「マンチカン」のことを知りました。 マンチカンは手足が短いのが特徴です。 しかし、育種の過程で足が長くなってしまったマンチカンは捨てられてしまい、多くの保護センターに収容されていました。 これを知ったジョセフは「足が長いために捨てられる」という例があってはいけないと考え、自らの手で短足猫の固定化を試みました。 ジョセフは、最初に猫の品種として固定されているペルシャとマンチカンを交配させました。 その子猫をヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛種の猫と交配をさせ、誕生したのが、マンチカンのようにかわいらしい短い足に、ペルシャのようなキレイな被毛を持つ「ミヌエット」です。 TICA(The International Cat Association)に新猫種として公認されましたが、2015年5月より名前が「ナポレオン」から「ミヌエット(Minuet)」に変更されました。 日本国内ではまだ数が少なく、希少種な猫の品種となっています。 見た目のかわいらしさとは異なり、筋肉質でがっしりとしています。 がっしりしている割には体の大きさは小さめで、体重はオスが3~4kg、メスは2~3kgです。 丸い頭をしており、ペルシャほど鼻口部は低くないです。 鼻先には額と鼻のつなぎ目の部分のくぼみがあります。 これは、ミヌエット(ナポレオン)の育種の過程のなかで、ペルシャ系でみられる呼吸器疾患を避けるためといわれています。 また、前足がO脚になるのは好ましくありません。 小さい耳は先端が丸く、全体的に丸くみえます。 ボディタイプは小さめなセミコビーです。 目は大きく、少し離れています。 目の色はブルー、グリーンなどです。 毛質は、ロングヘアとショートヘアがあります。 被毛はダブルコートで抜け毛が多く、ロングヘアの場合ブラッシングは毎日2回程度必要になります。 おもちゃやビニール袋、外の鳥などあらゆるものに興味を示します。 とても活発で、おもちゃで飼い主さんと遊ぶのも大好きですが、1人遊びも大好きです。 多頭飼いにも向いている性格です。 人に対しても怖がらず、人見知りもしないので家に知らない人が来ても仲良くできます。 飼い主さんにとても従順でよく飼い主さんの後をついて行きます。 また、とても賢いため、しつけることが簡単です。 「クリッカートレーニング」などをすることができます。 クリッカートレーニングとは、クリッカーという音の鳴る道具を使って行動をトレーニングする方法で、犬のしつけなどでもクリッカートレーニングをします。 ミヌエット(ナポレオン)はとても賢い猫なので、いろいろなことを学んでくれ、飼い主さんも猫と楽しく遊べます。 ペルシャの性格が「穏やかで物静か」である一方で、マンチカンの性格は「活発で遊ぶのが大好き」な特徴を持ちます。 ミヌエット(ナポレオン)は、人に対しては大変人懐っこく、警戒心が少ないので、家に知らない人が来ても人見知りすることなくすぐに懐きます。 ミヌエット(ナポレオン)の性格が、ペルシャとマンチカンによく似ていることがわかります。 また、短足ではあるものの、全速力でカーブを曲がったり、高いところに登ったりと元気に全力で遊びます。 多頭飼いしている場合は、他の猫たちと取っ組み合いをして遊ぶことも多いです。 ミヌエット(ナポレオン)の飼い方は? 子猫の頃は元気に大暴れするミヌエット(ナポレオン)ですが、成猫になると性格が落ち着いてくる猫が多いようです。 日頃からの食事管理を行わないとすぐに太ってしまい肥満体になる可能性があります。 そのため、適度な運動が必要となります。 遊ぶことが大好きな性格なので、しっかりと運動ができる環境を整えてあげましょう。 動くおもちゃや上下運動ができるキャットタワーなどがおすすめです。 飼い主さんがたくさん遊んであげないと、猫にストレスがたまってしまい病気になることもあります。 飼い主さんはできるだけ猫と楽しく遊んであげるようにしましょう。 つめみがき設置スペースや隠れ家スペース付。 自立心があるので、1匹でも留守番をすることができます。 でも、いきなり1匹での長時間の留守番は甘えん坊のミヌエット(ナポレオン)には不安になるので、はじめの留守番は時間を短めにしてください。 徐々に留守番をする回数や時間を増やすことで慣れさせていきましょう。 長毛のダブルコートは毛質が大変柔らかく、特にロングヘアには毛玉ができやすいので、毎日のブラッシングとコーミングが必要です。 ロングヘアのミヌエット(ナポレオン)はブラッシングだけでは十分に毛をとかせません。 コームを使ったブラシのコーミングが必要になります。 コーミングは抜け毛取りと同時に、毛玉をほぐすこともできます。 コーミングブラシの粗目と細目を使い分けてコーミングするととてもキレイな毛並みになります。 ブラッシングを嫌がる猫もいます。 そういう時は、クリッカートレーニングなどを行えば、嫌がらずにブラッシングをすることができます。 ショートヘアの場合は週1~2回のブラッシングが必要です。 飼い主さんは猫と遊ぶ時間をつくるといいでしょう。 また、ミヌエット(ナポレオン)はあまり鳴きません。 しかし、鳴くことで猫の要求が通った場合は賢い性格なので、鳴くと要求が通ると覚えてしまいます。 そうなると頻繁に鳴くようになるので飼い主さんは気をつけましょう。 運動を嫌がったり、息苦しそうにしている症状を見逃さないようにしてください。 「腎機能低下」も起こりやすい病気です。 症状は主に多飲多尿なので、毎日の尿のチェックをするようにしましょう。 その他、マズルが比較的低いので、呼吸器系の疾患にもかかりやすいといわれています。 何かおかしいと思ったら、すぐに動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。 成猫の値段は子猫の時よりやや安い値段で購入できます。 毛色や顔立ちで値段に幅があるようで、毛色が、白色・茶色系が特に希少色として高い値段で取引されています。 希少種ということもあり50万円に近い値段がついたこともあります。 ミヌエット(ナポレオン)はまだ国内流通が少なく、一般的なペットショップではなかなか見る機会がありません。 数は少ないですが、国内にはミヌエット(ナポレオン)のブリーダーがいます。 ミヌエット(ナポレオン)の購入を考えている方は、ブリーダーでの購入となることが多いようです。 元々、希少種でブリーダーが少ないために高い値段でしたが、近年の人気上昇により安定の供給が見込まれれば、もう少し値段が安くなる可能性があります。 ペットの専門店コジマでの参考価格は、20万円~30万円程度となっているようです(2019年12月現在)。 呼吸器疾患を避けるためにも「マズルが低すぎない」子猫を選ぶことも大切なポイントです。 購入を考えている方は、ペットショップにミヌエット(ナポレオン)がいるか問い合わせてみたり、ブリーダーに早めに連絡を取りいつ頃に出産するのか、値段はどれぐらいなのかなどの情報をあらかじめ聞いておくといいでしょう。 ミヌエット(ナポレオン)まとめ ミヌエット(ナポレオン)は飼い主さんとたくさん遊ぶことでストレス発散や運動不足解消にもなります。 運動不足になると肥満体になり、病気になることもあります。 ミヌエット(ナポレオン)はとても賢い性格の猫の品種です。 飼い主さんは是非クリッカートレーニングを行ってみてください。 クリッカートレーニングで飼い主さんとのコミュニケーションも取れて、猫はとても楽しいと思います。 甘えん坊で遊び好きな性格なので、飼い主さんはたくさん遊んであげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の

ミヌエットの大きさや体重、性格まで徹底解説!マンチカンとの違いは?

ミヌエット

「ミヌエットの体重はどれくらいあって、どんな性格を持つ猫なの?」 「ミヌエットを飼うときの注意点や先天性の病気は何?」 「ミヌエットにおすすめのキャットフードは何?」 ミヌエットは以前、ナポレオンと呼ばれていましたが、「フランスのナポレオン皇帝やフランス国民に失礼にあたるのでは?」という意見があり、2015年5月に改名されました。 ミヌエットは、マンチカンとペルシャ猫を掛け合わせて生まれた猫種で、胴長短足の愛らしい体型を持つ猫ちゃんです。 ただ、ミヌエットは鼻が低すぎず、手足が短いという共通点があるものの、毛の長さや毛色が様々で他の猫と見分けがつきにくいことから猫種として認めない団体もあります。 特徴1:平均体重は2~4kg!!• 特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん!• 特徴3:平均寿命は12~14歳くらい!• 特徴4:毛色や毛の長さのバリエーションが豊富!• 特徴5:家族にするなら15~30万円くらいの値段が相場! まずはミヌエットの5つの特徴をご紹介します。 ミヌエットを家に迎えたい方は、ミヌエットの特徴を把握しておきましょう。 特徴1:平均体重は2~4kg! ミヌエットは小型猫に分類されており、大人になると雄猫で3~4㎏、雌猫で2. 2~3. 4㎏になります。 小柄な猫ちゃんですが、意外にも筋肉質な体型です。 そのため、運動不足や食事管理を怠るとすぐに肥満になるため、 定期的な体重管理が必要です。 特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん! ミヌエットは、成猫になると体長が40cm前後まで大きくなります。 一般的な成猫の体長が45cmなので、やや小さい体型になります。 でも、ナポレオンと呼ばれていただけあり、綺麗な顔立ちと筋肉質な体型から、見た目が大きく見える猫ちゃんです。 特徴3:平均寿命は平均寿命は12~14歳くらい! ミヌエットの平均寿命は12~14歳くらいです。 一般的な猫の平均寿命は15歳なので、他の猫よりもやや短くなっています。 寿命が短い原因は2つあり、「先天性の病気があること」・「肥満になりやすいこと」です。 先天性の病気は防ぎようがありませんが、肥満は健康管理で防ぐことができます。 ミヌエットの寿命は飼い主の健康サポートにかかっていると言っても過言ではないでしょう。 特徴4:毛色や毛の長さのバリエーションが豊富! ミヌエットは毛色や毛の長さのバリエーションが豊富な猫種です。 ペルシャ猫とマンチカンを掛け合わせて生まれたミヌエットは混合種のため、様々な毛色や毛の長さの猫ちゃんがいます。 でも、白と黒の毛色のミヌエットは珍しく、子猫の場合高い値段で売買されます。 毛の長さはペルシャ猫の血を受け継いでいるため、長い毛の猫ちゃんが多いですが、短い毛の猫ちゃんもいます。 特徴5:家族にするなら15~30万円くらいの値段が相場! ミヌエットを家族として迎えるのであれば、15~30万円の値段がかかります。 日本ではあまり流通していない品種のため、主な入手方法はブリーダーです。 ミヌエットは、白や黒の毛色が出現するのが珍しく、黒や白の毛色の子猫は50万円ほどの値段がつくこともあります。 ミヌエットは小型猫で手足が短い愛らしい体型が特徴的な猫です。 でも、 意外にも筋肉質な体型で骨格もがっちりしています。 ミヌエットはまだ育種中で、猫種として認めない団体もあるため、日本で飼っている人はまだ少ないのが現状です。 ミヌエットを飼う時に注意したい点• 運動できる広いスペースで飼う• スキンシップはブラッシングで!• キャットフードの与え過ぎに注意する ミヌエットは人懐っこく甘えん坊な性格で、賢い一面もあります。 そのため、初めて猫を飼う人にも飼いやすい猫種で、一般的な猫と同じような飼い方で問題ありません。 小柄ながら筋肉質な体型のため、運動不足になるとすぐに肥満になってしまいます。 運動するのが大好きなので、広いスペースで思いっきり遊んであげるようにしましょう。 キャットタワーなどを用意すると飼い主が留守の間も遊んでくれますよ。 ミヌエットは甘えん坊な性格ですが、抱っこされるのが苦手な猫ちゃん。 スキンシップをするときは、ふわふわな毛をブラッシングしてあげると喜びます。 毛球症の予防にもなりますので、一石二鳥ですね。 また、運動するから…と言ってキャットフードの与え過ぎは肥満の原因となりますので、ご注意ください。 気をつけておきたい病気• 肥大心筋症(ひだいしんきんしょう)• 多発性のう胞腎• 呼吸器疾患 ミヌエットはペルシャ猫の遺伝子を持っているため、先天性の 「肥大型心筋症」と 「多発性のう胞腎」という2つの病気にかかりやすいと言われています。 これら2つの病気は、残念ながら予防や完治ができず病気が進行すると死に至る危険もあります。 ただ、早期発見・治療により病気の進行を遅らせ、寿命を延ばすことは十分に可能です。 健康でも定期的な検診を怠らないようにしましょう。 また、ミヌエットは小型猫に多く見られる 呼吸器疾患にかかりやすい猫種です。 呼吸器疾患は主に感染症が原因で起こるので、ワクチン接種や感染した猫との接触を避けるなどして予防するようにしましょう。 グランツがミヌエットにおすすめな3つの理由• 筋肉質な体型を維持する動物性たんぱく質が38%配合!• 脂肪が18%と低カロリー!• 心臓や腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸を配合! ミヌエットは小柄でありながら筋肉質な体型をしています。 筋肉は脂肪を燃焼するため、肥満になりやすいミヌエットにとって筋肉維持は重要です。 当サイトのでも上位に位置している「」は、ミヌエットの筋肉を維持するための動物性たんぱく質が38%も配合されており、かなりおすすめのキャットフードになります! 良質なキャットフードの動物性たんぱく質含有量は30%前後なので、40%近く入っているグランツキャットフードならば、ミヌエットの筋肉質な体型維持にも十分対応できますね。 また、脂肪含有量も18%と低カロリーなため、ミヌエットの肥満防止にも効果があります。 さらにグランツキャットフードは、心臓や腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸を配合しています。 これは、先天性の「肥大型心筋症」と「多発性のう胞腎」の病気になりやすいミヌエットに是非とってもらいたい栄養素の1つです。 トコトコ歩く姿は何度見ても癒されますね。 体型は同じでも、性格がそれぞれ違うのが面白いですね。 でもどちらかというと胴長短足の猫ちゃんは 甘えん坊が多いようです。 マンチカン、ミヌエットは小型猫、エキゾチックショートヘアは中型猫なので、猫種によって大きく違います。 ですが、どの猫種も筋肉質で骨格ががっちりしているため、抱っこすると重く感じる猫ちゃんが多いようです。 また、これら3種の猫はペルシャ猫を祖先に持っているため、先天性の心臓病や腎臓病にかかりやすく、一般的な猫よりも寿命が短くなっています。 3種の中でも毛色や毛の長さのバリエーションが一番豊富なのは、ミヌエットで、他の2種にはない魅力です。 まとめ• 小型猫なので成猫でも40cmほどの大きさ!• マンチカンとペルシャ猫の混合種のため様々な毛色の猫ちゃんがいる!• ペルシャ猫の遺伝子を持っていることから肥大心筋症・多発性のう胞腎にかかりやすい!• 筋肉質な体型だけど運動量が少ないと肥満になりやすい!• 人懐っこく甘えん坊だけど抱っこが苦手だからスキンシップはブラッシングで! 短い手足に整った顔立ちのミヌエットは人懐っこく甘えん坊な性格のため、初めての人や小さな子供のいる家庭でも飼いやすい猫種です。 ペルシャ猫とマンチカンの混合種のため、一口にミヌエットと言っても様々な毛の長さや毛色の猫ちゃんがいます。 そのため、純血種として見分けがつきにくいとの理由でミヌエットを認めない団体もあります。 ペルシャ猫の遺伝を引き継いでおり、先天性の肥大心筋症・多発性のう胞腎にかかりやすく、寿命が短い傾向にあります。 また、感染症にかかると呼吸器疾患になりやすいのも注意したいところです。 ミヌエットと長く一緒にいるためにも、定期的な検診と体重管理で健康をサポートしてあげましょう。 ミヌエット ナポレオン の里親情報!【無料で譲り受けることもできます!】 里親情報のあるサイト名 公式URL ペットのおうち ネコジルシ.

次の

マンチカン ミヌエット

ミヌエット

「ミヌエットの体重はどれくらいあって、どんな性格を持つ猫なの?」 「ミヌエットを飼うときの注意点や先天性の病気は何?」 「ミヌエットにおすすめのキャットフードは何?」 ミヌエットは以前、ナポレオンと呼ばれていましたが、「フランスのナポレオン皇帝やフランス国民に失礼にあたるのでは?」という意見があり、2015年5月に改名されました。 ミヌエットは、マンチカンとペルシャ猫を掛け合わせて生まれた猫種で、胴長短足の愛らしい体型を持つ猫ちゃんです。 ただ、ミヌエットは鼻が低すぎず、手足が短いという共通点があるものの、毛の長さや毛色が様々で他の猫と見分けがつきにくいことから猫種として認めない団体もあります。 特徴1:平均体重は2~4kg!!• 特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん!• 特徴3:平均寿命は12~14歳くらい!• 特徴4:毛色や毛の長さのバリエーションが豊富!• 特徴5:家族にするなら15~30万円くらいの値段が相場! まずはミヌエットの5つの特徴をご紹介します。 ミヌエットを家に迎えたい方は、ミヌエットの特徴を把握しておきましょう。 特徴1:平均体重は2~4kg! ミヌエットは小型猫に分類されており、大人になると雄猫で3~4㎏、雌猫で2. 2~3. 4㎏になります。 小柄な猫ちゃんですが、意外にも筋肉質な体型です。 そのため、運動不足や食事管理を怠るとすぐに肥満になるため、 定期的な体重管理が必要です。 特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん! ミヌエットは、成猫になると体長が40cm前後まで大きくなります。 一般的な成猫の体長が45cmなので、やや小さい体型になります。 でも、ナポレオンと呼ばれていただけあり、綺麗な顔立ちと筋肉質な体型から、見た目が大きく見える猫ちゃんです。 特徴3:平均寿命は平均寿命は12~14歳くらい! ミヌエットの平均寿命は12~14歳くらいです。 一般的な猫の平均寿命は15歳なので、他の猫よりもやや短くなっています。 寿命が短い原因は2つあり、「先天性の病気があること」・「肥満になりやすいこと」です。 先天性の病気は防ぎようがありませんが、肥満は健康管理で防ぐことができます。 ミヌエットの寿命は飼い主の健康サポートにかかっていると言っても過言ではないでしょう。 特徴4:毛色や毛の長さのバリエーションが豊富! ミヌエットは毛色や毛の長さのバリエーションが豊富な猫種です。 ペルシャ猫とマンチカンを掛け合わせて生まれたミヌエットは混合種のため、様々な毛色や毛の長さの猫ちゃんがいます。 でも、白と黒の毛色のミヌエットは珍しく、子猫の場合高い値段で売買されます。 毛の長さはペルシャ猫の血を受け継いでいるため、長い毛の猫ちゃんが多いですが、短い毛の猫ちゃんもいます。 特徴5:家族にするなら15~30万円くらいの値段が相場! ミヌエットを家族として迎えるのであれば、15~30万円の値段がかかります。 日本ではあまり流通していない品種のため、主な入手方法はブリーダーです。 ミヌエットは、白や黒の毛色が出現するのが珍しく、黒や白の毛色の子猫は50万円ほどの値段がつくこともあります。 ミヌエットは小型猫で手足が短い愛らしい体型が特徴的な猫です。 でも、 意外にも筋肉質な体型で骨格もがっちりしています。 ミヌエットはまだ育種中で、猫種として認めない団体もあるため、日本で飼っている人はまだ少ないのが現状です。 ミヌエットを飼う時に注意したい点• 運動できる広いスペースで飼う• スキンシップはブラッシングで!• キャットフードの与え過ぎに注意する ミヌエットは人懐っこく甘えん坊な性格で、賢い一面もあります。 そのため、初めて猫を飼う人にも飼いやすい猫種で、一般的な猫と同じような飼い方で問題ありません。 小柄ながら筋肉質な体型のため、運動不足になるとすぐに肥満になってしまいます。 運動するのが大好きなので、広いスペースで思いっきり遊んであげるようにしましょう。 キャットタワーなどを用意すると飼い主が留守の間も遊んでくれますよ。 ミヌエットは甘えん坊な性格ですが、抱っこされるのが苦手な猫ちゃん。 スキンシップをするときは、ふわふわな毛をブラッシングしてあげると喜びます。 毛球症の予防にもなりますので、一石二鳥ですね。 また、運動するから…と言ってキャットフードの与え過ぎは肥満の原因となりますので、ご注意ください。 気をつけておきたい病気• 肥大心筋症(ひだいしんきんしょう)• 多発性のう胞腎• 呼吸器疾患 ミヌエットはペルシャ猫の遺伝子を持っているため、先天性の 「肥大型心筋症」と 「多発性のう胞腎」という2つの病気にかかりやすいと言われています。 これら2つの病気は、残念ながら予防や完治ができず病気が進行すると死に至る危険もあります。 ただ、早期発見・治療により病気の進行を遅らせ、寿命を延ばすことは十分に可能です。 健康でも定期的な検診を怠らないようにしましょう。 また、ミヌエットは小型猫に多く見られる 呼吸器疾患にかかりやすい猫種です。 呼吸器疾患は主に感染症が原因で起こるので、ワクチン接種や感染した猫との接触を避けるなどして予防するようにしましょう。 グランツがミヌエットにおすすめな3つの理由• 筋肉質な体型を維持する動物性たんぱく質が38%配合!• 脂肪が18%と低カロリー!• 心臓や腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸を配合! ミヌエットは小柄でありながら筋肉質な体型をしています。 筋肉は脂肪を燃焼するため、肥満になりやすいミヌエットにとって筋肉維持は重要です。 当サイトのでも上位に位置している「」は、ミヌエットの筋肉を維持するための動物性たんぱく質が38%も配合されており、かなりおすすめのキャットフードになります! 良質なキャットフードの動物性たんぱく質含有量は30%前後なので、40%近く入っているグランツキャットフードならば、ミヌエットの筋肉質な体型維持にも十分対応できますね。 また、脂肪含有量も18%と低カロリーなため、ミヌエットの肥満防止にも効果があります。 さらにグランツキャットフードは、心臓や腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸を配合しています。 これは、先天性の「肥大型心筋症」と「多発性のう胞腎」の病気になりやすいミヌエットに是非とってもらいたい栄養素の1つです。 トコトコ歩く姿は何度見ても癒されますね。 体型は同じでも、性格がそれぞれ違うのが面白いですね。 でもどちらかというと胴長短足の猫ちゃんは 甘えん坊が多いようです。 マンチカン、ミヌエットは小型猫、エキゾチックショートヘアは中型猫なので、猫種によって大きく違います。 ですが、どの猫種も筋肉質で骨格ががっちりしているため、抱っこすると重く感じる猫ちゃんが多いようです。 また、これら3種の猫はペルシャ猫を祖先に持っているため、先天性の心臓病や腎臓病にかかりやすく、一般的な猫よりも寿命が短くなっています。 3種の中でも毛色や毛の長さのバリエーションが一番豊富なのは、ミヌエットで、他の2種にはない魅力です。 まとめ• 小型猫なので成猫でも40cmほどの大きさ!• マンチカンとペルシャ猫の混合種のため様々な毛色の猫ちゃんがいる!• ペルシャ猫の遺伝子を持っていることから肥大心筋症・多発性のう胞腎にかかりやすい!• 筋肉質な体型だけど運動量が少ないと肥満になりやすい!• 人懐っこく甘えん坊だけど抱っこが苦手だからスキンシップはブラッシングで! 短い手足に整った顔立ちのミヌエットは人懐っこく甘えん坊な性格のため、初めての人や小さな子供のいる家庭でも飼いやすい猫種です。 ペルシャ猫とマンチカンの混合種のため、一口にミヌエットと言っても様々な毛の長さや毛色の猫ちゃんがいます。 そのため、純血種として見分けがつきにくいとの理由でミヌエットを認めない団体もあります。 ペルシャ猫の遺伝を引き継いでおり、先天性の肥大心筋症・多発性のう胞腎にかかりやすく、寿命が短い傾向にあります。 また、感染症にかかると呼吸器疾患になりやすいのも注意したいところです。 ミヌエットと長く一緒にいるためにも、定期的な検診と体重管理で健康をサポートしてあげましょう。 ミヌエット ナポレオン の里親情報!【無料で譲り受けることもできます!】 里親情報のあるサイト名 公式URL ペットのおうち ネコジルシ.

次の