仮面うつ病。 仮面うつ病(全身症状・部分的症状)

[事例1

仮面うつ病

基本的に仮面うつ病は、 の一種と考えられています。 但し仮面うつ病ではうつ病に特徴的な落ち込み症状が本人の自覚としてもそこまで強くなく、病院受診時にも 身体的症状の訴えの方が優先されていることが多いのです。 特に、頭痛や肩こりや胃腸症状は多く、症状が継続しているが 「疲れのせい」として最初は見過ごされてしまっていることも多いのです。 また心療内科・精神科においては、患者さんのこれまでの経緯や症状などの様々な背景を元に 総合的な診断が求められる疾患が仮面うつ病・うつ病の特徴なのです。 特に、仮面うつ病の身体疾患の多くは、日常生活の質を下げてしまう程ひどく、うつ病に自律神経失調症の合併なども考えられることもあるために、 採血や心電図などの検査設備もある心療内科や精神科の受診と相談が特にお勧めです。 なぜ、仮面うつ病は心の症状に気が付きにくいのでしょうか? 本人の抑うつ症状や落ち込みの自覚が弱かったりすることは、実は仮面うつ病の方に多いとされている、 「自分に対して厳しい」「我慢強い」「完璧主義」「周囲との体裁を特に整えようとする」といった意識が働いた傾向が多いと考えられます。 そのために、自分の心の中の気持ちに対して、「落ち込みややる気の低下は、気のせいだ」「そういう考えは疲れているだけだ」「別に困っているほどの強さの気持ちの症状ではない」などど、 自己判断や我慢、更には無自覚のうちに病状と判断していない部分が関わっているとも考えられます。 そのために、本人の病識が得られるのには少し時間がかかるだけではなく、日常のストレス負荷に対しても、耐え忍ぼうとしてしまうために、 知らないうちに仮面うつ病・うつ病が悪化しすぎてしまうこともあるのです。 仮面うつ病と診断されたらどうしたらよいのでしょうか? 特に仮面うつ病は、うつ病と同じ治療法に効果があり、心理療法やカウンセリング、また必要に応じて薬物療法である抗うつ薬・SSRIなどが治療法として挙げられます。 もし、うつ病と診断された場合は、治療介入が早ければ早いほど治療期間が短く、また薬物治療を開始している方は、服薬量も少なく治療をすることができますので、「 もしかして、、仮面うつ病かも」とお思いの方は心療内科・精神科へご受診くださいませ。

次の

その肩こり、うつ病が原因?自覚のない「仮面うつ」に注意|なお整骨院

仮面うつ病

うつ病は落ち込みやイライラなど精神症状が強く出るように思われがちですが、精神症状があまり表面に出ないこともあります。 たとえば、身体に不快な症状があって病院で検査をしたのに、どこにも異常はないといわれてしまったというようなケースは、仮面うつかもしれません。 この記事では、早めに対処しておきたい仮面うつについて解説します。 仮面うつの症状と特徴|身体症状が多く表れる 仮面うつとは、身体症状のほうが精神症状よりも強く出るうつ病のことです。 身体症状が強く出ているというよりも、精神症状がほとんど見られないといったほうが良いかもしれません。 不眠やめまい、全身倦怠感、肩こりなどの症状が中心で、うつ特有の精神症状が表面に出ていないことから仮面うつ病と呼ばれます。 仮面うつというと、通常のうつ病とは別のもののように感じられるかもしれませんが、程度が軽いというだけで同じうつ病です。 几帳面で我慢強い性格の人や完璧主義の人がなりやすいといわれています。 精神症状が現れても無意識のうちに気のせいだと思い込もうとしたり、我慢して乗り越えようとしたりする傾向があるからです。 女性に多く見られるというのも特徴の1つだといえます。 特に、家庭での家事や育児が中心という生活をしている女性に多く見られる病気です。 普段の生活の中にストレスの原因となり得るものがあっても、程度が軽いと気付きにくいものです。 軽いストレスとなるものがあると、常にかかることになります。 精神症状の自覚がないまま悪化し、通常のうつになってしまうこともあるので注意が必要です。 仮面うつのはじまりは気が付きにくい 仮面うつは精神症状が表に出ないので、初期段階でうつ病だと気付くのはかなり難しいといえます。 いつ頃から身体症状が出始めたのかということはいえるかもしれませんが、いつからが仮面うつの症状なのかは区別がつきません。 ですから、初期段階で仮面うつを想定して専門医を受診するというのは無理があります。 身体症状に応じた診療科を受診して、検査を受けることになるでしょう。 身体症状に応じた検査の結果、その部位には異常がないということがはっきりしてから、精神科や心療内科を受診することになります。 身体症状の出ている部位に異常がある場合は、その部位の治療が先に行われるので、仮面うつであることには気付くことができません。 別の症状に応じた検査を行い、異常がないとわかったときに初めて仮面うつだという気付くことになるでしょう。 仮面うつ症になりやすい人は、無意識のうちに、精神症状の自覚を拒む傾向があります。 そのため、仮面うつに気付くのはある程度症状が悪化してからになるのが普通です。 仮面うつ・うつ病のセルフチェック 仮面うつはうつ病の初期段階ですから、表面には出ていなくても、一般的なうつ病と同様の精神症状が潜んでいます。 自分で無意識のうちに精神症状の自覚を拒んでいる可能性があるので、うつ病のセルフチェックをしてみましょう。 隠れている精神症状に気付けるかもしれません。 セルフチェックは下記の項目について行います。 それぞれ、「はい・いいえ」ではなく、「常に・しばしば・ときどき・いいえ」の4段階の中から該当するものを選びましょう。 全身に倦怠感がありますか• 音がうるさいと感じますか• 気分が落ち込んだり重苦しく感じたりしますか• 音楽を聴いたとき楽しいと感じますか• 特に朝は無気力だと感じますか• 他人との議論に集中できますか• 肩こりや首筋のコリがひどいと感じますか• 頻繁に頭痛がありますか• よく眠れず、早朝に目が覚めてしまいますか• 事故に合ったりケガをしたりしやすいほうですか• 食欲がなく、おいしいと感じられないですか• テレビを見ながら楽しいと感じますか• 息苦しさや胸の苦しさを感じますか• のどに違和感がありますか。 喉の奥に詰まりを感じますか• 自分の人生は面白くないと感じますか• 仕事にやる気が起こらず、効率も上がらないと感じますか• これまで現在と同様の症状が起こったことがありましたか• 自分は元来仕事熱心で几帳面だという自覚がありますか このチェックリストの答えから、自分で仮面うつかどうかを判断するのは難しいかもしれません。 しかし、セルフチェックを行うことで、医師の診察を受ける際に、自分の症状を的確に伝えられるようになります。 ひとりでなんとかしようと思わず病院へ うつ病は自然治癒するようなものではありません。 症状が軽くても適切な治療が必要です。 ましてや仮面うつは、精神症状を自覚しづらいという特徴があります。 自分だけの力で何とかできるようなものではありません。 早めに専門医を受診することが大事です。 そのためには、気になる身体症状が現れた時点で症状に応じた科を受診し、その部位には異常がないということを知るのが近道だといえます。 何かおかしいと感じたら躊躇せず、まずは病院に行きましょう。 先延ばしにするほど、不快な症状が悪化してしまいます。 症状が進めば、それだけ治るのも遅くなるので、気付いた時点で何らかの科を選んで受診するようにしましょう。 たまには力を抜いて心の声に耳を傾けよう 仮面うつを発症しやすい人は、精神症状の自覚を避けようとする傾向があります。 自分ひとりで何とかしなければ、完璧に物事を行わなければいけないなどと思う必要はありません。 頑張りすぎると心が疲れてしまいます。 たまには力を抜いて、心が発している声にも耳を傾けましょう。 そうすれば、辛いと感じたとき、すぐに病院へ行きやすくなります。

次の

仮面うつ病(全身症状・部分的症状)

仮面うつ病

概要 女性プログラマー(26歳)は、従業員500人規模のソフトウェア会社の優秀なプログラマーでした。 性格は几帳面で責任感が強く、頼まれたら断れずについ何でも仕事を引き受けてしまうところがありました。 これらはうつ病になりやすい典型的な性格です。 ある年、私事で悩みがあり、数人のグループで開発していたソフトの担当分に遅れが出始めました。 毎晩11時近くまで残業し、睡眠時間を3~4時間に切詰めて仕事をしていました。 納期が迫っていることから焦りもあり、ベッドに入ってもなかなか寝つかれない日々が続きました。 そんな中、同じグループ内の年上の男性社員から仕事の遅れの件で強い口調で叱責されました。 これがきっかけとなって、めまい・吐き気・頭痛・眼の奥が痛い・腰痛・疲れがとれない・息苦しいなどの症状があらわれました。 特に、息苦しいという症状は出勤途上に強くなり、通勤電車に乗ると息が詰まりそうで怖いと感じるほどになりました。 どうにか出社して仕事をしていましたが、能率が上がらず落ち込んでいるのを上司が気づいていました。 会社ではメンタルヘルスの重要性がよく認識されていましたので、この段階で社長から嘱託産業医に相談がありました。 社長・上司との相談の結果、1)グループのメンバーから外すこと、2)業務を1人でできる仕事に替えること、3)納期を気にせずにできる仕事にすること、などの対応をとりました。 また、強い責任感が災いして、仕事を放棄した形にすると却って症状の悪化を招くと考えられたため、4)本人が同意するなら休養させる方針で臨みました。 数日後の面談で、本人は、「先日まで多忙でした。 懸案だった仕事のほうは仲間に引き継いでもらい、私はそのシステムのネットワーク化に関する仕事を一人でしています。 仕事は自由裁量でできるところがあって随分楽になりましたが、相変わらず出社する時が辛い」と話していました。 環境は改善されているものの症状が解消されていないため、精神科医を受診していただくことになりました。 精神科医の診断は「仮面うつ病」で抗うつ剤を処方され、1か月間休養するよう指示されました。 1か月後に改めて面談した時には前回に比べて明らかに落ち着いていました。 その後も定期的に受診され、症状の増悪はみていません。 ポイント 1. 仮面うつ病 本事例の症状は1)全身倦怠感、2)めまい、3)腹部・消化器症状(吐き気)、4)頭痛(眼の奥が痛い)、5)他の部分の疼痛(腰痛)、6)呼吸困難感、及び、後に自覚されてきた7)咽頭部違和感 などに整理できますが、いずれも仮面うつ病の身体症状です。 一般に「うつ病」では、抑うつ気分、焦燥感、気力の減退、自信喪失・自責感、興味や関心の低下、集中力減退、自殺念慮などの精神症状がみられますが、「仮面うつ病」ではこのような精神症状がほとんど認められないのも特徴です。 職場の課題 一般にシステムエンジニアやプログラマーは長時間労働に陥っていることが多いため,うつ病を発症する危険度は高いと考えられます。 本事例では長時間残業で睡眠時間3~4時間になっていました。 睡眠不足とそれに伴う心身の疲労が発症に拍車をかけた可能性はあります。 職場のメンタルヘルス対策としての「4つのケア」の中でも「ラインによるケア」が重要であるとされていますが、本事例ではまさに「ラインによるケア」が奏功してメンタルヘルス不調者の早期発見につながったといえます。 また、会社が比較的規模が小さく、社長自ら社員とのコミュニケーションを欠かさなかったことも好結果をもたらしました。

次の