ホテル 禁煙 アイコス。 旅先で困らないために。電子たばこは禁煙ルームで吸ってもいいのか、実際にホテルに質問してみた。

iQOS(アイコス)は禁煙席や禁煙エリアで吸えるのか?

ホテル 禁煙 アイコス

近年の禁煙ブームの影響を受け、タバコの業界では「アイコス(iQOS)」「グロー(glo)」「プルームテック(Ploom TECH)」といったいわゆる電子タバコが、どこに行っても売り切れ続出という空前のメガヒットを記録している。 私はこの電子タバコの愛好者の1人として、常々思っていることがあった…。 それは、アイコスなどの電子タバコは、禁煙室では吸えないのか? ということ。 普通の紙巻きタバコとは違い煙もでないし、問題ないように思うのだが…。 なので、ネット検索でいろいろ調べてみたが、いまいちはっきりとした結論が出ていない…。 であるならば、直接聞いてみよう!ということで、よく行くカフェにメールで直接問い合わせてみた! 「アイコス」「グロー」「プルームテック」とは? 検索するといろんなサイトで書かれているので、詳細は割愛するが、要はタバコ葉を燃やす普通の紙巻きタバコとは違い、タバコの葉を燃えないギリギリの温度で加熱し、その際に発生するタバコの香りと味を含んだ 蒸気を吸って楽しむというもの。 「プルームテック」のみ、「アイコス」「グロー」とは多少仕組みは異なるが、蒸気を吸うということは共通している。 そのため、「アイコス」「グロー」「プルームテック」は、次のメリットがある。 と、いいことだらけで、禁煙ブームの昨今において、まさに喫煙者の強い味方である。 喫煙室で吸えるのか? 「アイコス」や「グロー」、「プルームテック」を禁煙室で吸えないの? と思ったのは、上記に記したように、これらは共に煙ではなく蒸気を発生させるため、普通のタバコのようにモクモクと強い匂いの煙もでず、受動喫煙は限りなくゼロに近い。 そのため、周囲の人に迷惑をかけることもないのでは? と思ったから。 それに、私自身、服や持ち物にタバコの匂いがつく、煙の充満した喫煙室が嫌いだから!というのも大きな理由の1つ。 だったら吸うな! といわれるかもしれないが、それでも吸いたくなるのが喫煙者の性というもので…。 そこで、ネットで調べたいくつかのサイトでは、以下のようなことが書かれていた。 「正式に許可がおりてない場合は、 控えたほうが無難」• 「ある店では、アイコスは 吸ってもいいという場所もある」 また、アイコスの公式サイトでは、次のように書かれている。 iQOS使用者の皆様へ iQOSの使用については、たばこ製品の使用に関する各地のルールに従って頂きたいと思います。 一部の自治体では、紙巻きたばこの喫煙が禁止されている路上の場所であってもiQOSの使用が認められています。 また、事業者によって、禁煙のスペースでもiQOSの使用が認められている場合もあります。 ただし、これらの場合においても、使用される際には常に、周りの人、特にお子様に十分にお気遣いいただくようお願い申し上げます。 どうです? 完全にダメ!ってわけではなさそうじゃないですか! ならば聞いてみた! 喫煙者のなかには、喫煙したいからちょっと休憩がてら喫茶店に入ろうって人も多いのではないでしょうか! 私も含めてですが、特に外回りしているサラリーマンの方など、お値段もリーズナブルですし、チェーン展開している喫茶店をよく活用している人も多いと思います。 【質問内容】 最近、アイコスやグロー、プルームテックなど、様々な電子タバコが出ており、 これらは共通して、煙がでないし(蒸気はでる)、ほとんどニオイがしません。 そのため、周囲の人に迷惑や不快感を与えることはないように思うのですが、 これらの電子タバコは禁煙室や禁煙スペースで吸えるのでしょうか? 【各社の回答】 (個人情報などいろいろな兼ね合いから、メール本文から一部改変しております。 お書きいただきました通り、周囲のお客様への影響という面では少ないものと思いますが、禁煙席をご利用のお客様に、ご理解を頂く必要があり、その点では、課題があると考えております。 これは、電子タバコ等であっても、周りのお客様からは喫煙している行為として見られること、電子タバコか否かの判断は見た目には判断が難しいこと、電子タバコ等であっても、フレーバーがある種類もあり、臭いに敏感な方には不快に感じる方がいらっしゃることによるものです。 残念…。 今後、アイコスなど電子タバコのユーザがますます増え、電子タバコというものが世間にもっと浸透し、周囲に害のないものだと認知されていけば、禁煙室でも吸える日がくるかもしれません。 OTQ.

次の

車の中でアイコス(IQOS)を吸うと臭いが残る?レンタカーの禁煙車は?

ホテル 禁煙 アイコス

(写真=PIXTA) 法令化が直前に迫った受動喫煙防止法。 嫌煙ムードの中で、最近脚光を集めているのがIQOS(アイコス)、VAPE(ベイプ)などの電気式加熱型たばこだ。 まるで本物のたばこのような外観をした、バッテリーとカートリッジで構成される喫煙具である。 使い方は、カートリッジにたばこ葉や香料などをペースト状にしたカブセルを組み込み、加熱し蒸発させ吸引する。 同様のものとしてこれまで電子たばこがあったが、大きな違いは加熱式たばこは実際にたばこの葉を使用している点。 葉たばこのニコチンなどを吸引できるので、たばこ本来の味わいや刺激を得ることができる。 また実際に使用する際にも火の必要がないので安全、吸い殻が出ないので灰皿も必要ない、などの点が評判を呼び、愛飲家の人気を広げている。 匂いが周りに広がることが少なく、副流煙も少ないので健康被害も少ない。 などなど、まさにいいとこずくめ、の新たしい喫煙具なのである。 ちなみにiIQOS(アイコス)とは、フィリップモリス製の加熱たばこのブランド名で、テレビで紹介されたことをきっかけに、今回のブームに火が付いた。 VAPE(ベイプ)は加熱式たばこを総称する言い方だが、とくにJTブランドを指すことが多い。 それ以外のほとんどの加熱式たばこは輸入製品。 ちなみに現在のJTブランドの名は、「Ploom TECH」(プルームテック)だ。 「Ploom TECH」はこれまでネット販売が中心だったが、2017年6月から都内での販売も開始されることで、加熱たばこのブームが文字通り加熱することが予想される。 今後はiQOSとPloom TECHが、加熱たばこ人気を牽引していくことだろう。 ところで、加熱式たばこはどこでも利用できる、だから使用場所に制限はない、となるはずだが、では実際のところどうなのか。 主な飲食チェーン店やコーヒーショップなどに、加熱型たばこに関して喫煙の可否をたずねてみた。 ・ ・ 大手飲食チェーンに聞いてみた結果 調査したのは牛丼店(吉野家、松屋、すき屋)、ファミレス(ガスト、ジョナサン、ロイヤルホスト、サイゼリヤ、デニーズ)、コーヒーショップ(スターバックス、ドトール、タリーズ)、カラオケボックス(JOYSOUND、シダックス、ビッグエコー)。 喫煙・分煙の現状や今後の対応などについても調べてみた。 結果は、以下の表のとおり。 大手牛丼チェーン店はいずれも以前から全店24時間禁煙であり、現状では加熱たばこでも対応は同じとのことだった。 一部で分煙席を用意している店舗もあるが、基本的には全面禁煙である。 吉野家にはお酒の飲める「吉呑み」という業態もあるが、喫煙の際には、たばこも電子たばこも加熱たばこも、専用の喫煙スペースを利用することになる。 ファミリーレストランは、現状では店内で喫煙、禁煙スペースを分けている分煙対応が多い。 ただしコーナーを設けているだけの分煙だと、喫煙席のたばこの煙や匂いが禁煙席まで漂ってきてお客の不評を呼びかねない。 このためチェーンによっては、ランチタイムや午後5時まで、あるいは土日は禁煙といった対応をしている。 また喫煙コーナーをガラスで囲ったり、強力な空気清浄機を備えたりと、いろいろと努力をしているようだ。 ただし加熱たばこからといって、特別対応はしていないとのこと。 またロイヤルホストなどは全店24時間禁煙なので、当然ながら加熱たばこも使用不可である。 喫茶店では、以前から24時間全店禁煙のスターバックスは、当然ながら加熱たばこも不可。 ただし室外は喫煙可、これは従来と同じだ。 ドトールはコーナーや階を分けることで分煙を進めているが、禁煙席における電子たばこや加熱式たばこの使用に関しては、明確な方針を立てていないとのこと。 裁量は個々の店舗に任されており、「他の客が喫煙と誤解してトラブルに発展することが懸念される」場合には、店員から使用を止める、あるいは喫煙席に移動することを促される。 利用者は素直に従いたい。 タリーズは以前から壁やガラスで仕切った喫煙エリアを設置するなど徹底した分煙を実現しているが、加熱式たばこに関してはこちらも従来と同様に使用禁止とのこと。 煙も匂いない加熱式たばこだが、せっかくの新機能も喫煙部屋での使用では身体中にたばこの匂いがついてしまいそうだ。 カラオケ店に関しては。 現在ではほとんどのチェーン店で専用の禁煙部屋が用意されている(一部ない店舗もある)。 通常の部屋だとたばこの匂いがこもるので、たばこ嫌いの人は24時間禁煙の専用部屋があるのはありがたい。 ただし禁煙部屋では加熱たばこでも使用不可とのこと。 ニコチンの味が恋しくなったら、店舗内にある喫煙所(一部)、または外で使用することになる。 現状ではエチケットとして、将来は同席も? 話題を集める受動喫煙防止法への対応に関しては、いずれの社も「今後の動向を見守りつつ行政の指導に従う」との立場だった。 様々なメリット点が注目されている加熱たばこだが、たとえ健康被害が少なくても、外観があくまでもたばこであるため、なかなか特別扱いはしてくれないようだ。 現状では、利便性に加えて、回りに迷惑をかけることが少ない、といったエチケット面で密かな満足を得つつ、使用していくことになりそうだ。 ただしあるチェーン店では現在、某大手喫煙具メーカーと共同で喫煙席での加熱式たばこの利用を検討しているという話を聞くこともできた。 今後の展開に予断はできないが、加熱式たばこが普及し、市民権を得ることができれば、喫煙者も禁煙者も同じテーブルでお茶や食事を楽しむことができる日が訪れるかもしれない。 今後の動向に注目したい。 (ZUU online 編集部) ・ ・•

次の

iQOS(アイコス)は禁煙席や禁煙エリアで吸えるのか?

ホテル 禁煙 アイコス

つまりハワイでは、禁煙の客室、全室禁煙のホテルでは、アイコスなどの電子タバコを吸うことはできない。 ベランダ(バルコニー)では吸える? 客室が禁煙ならベランダ(バルコニー)でも禁煙としてるホテルがほとんど。 ベランダなら大丈夫だろうという軽い気持ちでタバコを吸わないようにしたい。 臭いが周囲に広がり、隣の部屋などから通報されればトラブルの原因にもなりかねない。 一部のホテルでは、ベランダ(ラナイ)に限り喫煙できる客室を用意している。 全室禁煙のホテル ハワイでは大手ホテルグループ、ホテルチェーンが、屋内や多くの人が利用する場所を中心にほぼ全面禁煙としているホテルもある。 アウトリガー• シェラトン• ウェスティン• マリオット アウトリガー ワイキキをはじめハワイ各島でホテルやコンドミニアムを展開しているアウトリガー。 ほとんどの場所が電子タバコを含めて禁煙となっている。 ハワイ州では新禁煙法(2006年11月16日施行)により、非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的として州及びカウンティが定める公共の場所が全面禁煙となりました。 当ホテルでは客室、バルコニー、プールサイド、ロビー、通路、レストラン、建物の出入口より6メートル圏内、すべての場所において禁煙とさせていただいております。 同法令は、非喫煙者を受動喫煙による危険から守ることを目的としたもので、電子タバコ・加熱式タバコを含むすべてのタバコについて、公共の場および職場での喫煙さらに各ホテル内で指定された場所以外での喫煙が禁止となっています。 シェラトン・ワイキキでは喫煙所を設け、すべての客室を含むホテル施設内を全面的に禁煙とさせていただいております。 一部の客室ではバルコニーに限り、喫煙が許可されている。 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの客室は全面禁煙です。 但し、タパタワーの一部の客室に限り、バルコニーでの喫煙が許されています。 マウイ島、カウアイ島にホテルやコンドミニアムを展開するアストン。 全室禁煙としており、ベランダでも通常のタバコ、電子タバコを吸うことはできない。 2006年11月16日に施行された新禁煙法に伴い、アストン・ホテルズ&リゾートのコンドミニアム、ホテルの客室はすべて禁煙となりました。 ラナイ(ベランダ)での喫煙も禁止されております。 喫煙可能なエリアはコンドミニアム/ホテルによって異なりますので現地にてご確認ください。 禁煙エリアで喫煙された場合には高額な罰金課せられますのでご注意ください。

次の