リンクス 不知火。 【デュエルリンクス】不知火対策型ブラックマジシャン!ブラマジデッキレシピ【勝率77%でキングへ】

【デュエルリンクス】不知火デッキのレシピと回し方・対策【遊戯王】

リンクス 不知火

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスの不知火(しらぬい)デッキレシピです。 不知火デッキ、不知火召喚獣のおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方や注目ポイント、対策カード 弱点 を紹介しています。 除外をトリガーに発動する下級モンスターの効果を活用し、アンデットシンクロを大量展開しよう。 KCGTおすすめ不知火構築 メイン 20 12 2 6 - - - - エクストラデッキ モンスターカード 枚数 必須 2 1 2 2 3 2 魔法カード 枚数 必須 2 罠カード 枚数 必須 2 2 2 エクストラ 枚数 必須 2 1 1 1 1 不知火デッキの採用おすすめスキル 所持キャラ スキル名 《》の特殊召喚を1ターン目から行う事ができるため、非常に相性が良い。 不知火デッキの注目ポイントと回し方 不知火デッキの注目ポイント 下級モンスターでチューナーを特殊召喚 不知火デッキの要はチューナーモンスターの《》だ。 早い段階で妖刀-不知火を墓地に送るために、特殊召喚召喚を狙える下級モンスターはデッキに複数枚採用しよう。 攻略Point! 弩弓部隊は相性バツグン! 相手のカードを破壊しつつ、不知火モンスターを墓地へ送れる《》は相性がとても良い。 《弩弓部隊》を使うことで、フィールドに残ってしまった《妖刀-不知火》を墓地へ送りつつ、相手フィールドカードを破壊できる。 攻略Point! 序盤は《》を墓地に送る事に重点を置こう。 中盤以降は敵の展開を妨害して、高打点シンクロモンスターの特殊召喚を目指そう。 不知火デッキの必須・相性の良いカード紹介 必須カード紹介 カード名 説明 アンデット族をリリースすることで、デッキから守備力0のアンデット族チューナーをリクルートできる。 自身が除外された場合は「不知火」を帰還させることも可能。 デッキの展開の要となるモンスター。 召喚成功時に手札およびデッキからを特殊召喚できる。 1枚からシンクロ召喚が狙える強力モンスターだ。 このデッキの軸となるチューナーモンスター。 墓地から除外することで新たなシンクロモンスターの特殊召喚が可能だ。 その他相性の良いカード紹介 カード名 説明 召喚成功時に「不知火」を手札・墓地から1体特殊召喚。 自身が除外された場合は相手の表側表示カードを1枚破壊。 不知火デッキの弱点と対策カード 不知火デッキの弱点 墓地利用を封じよう! 「不知火デッキ」は墓地のカードを除外・特殊召喚して戦うため、スキル「」を使って墓地利用を封じれば、大量展開を抑制することができる。 相手の使用キャラがイシズの場合には、相手とのライフ差に注意しよう。 不知火デッキへの対策カード一覧 カード名 説明 お互いの墓地からの除外と特殊召喚を封じる。 対「不知火」以外にも有効に働く場面が多い強力なフィールド魔法。 相手モンスターをフリーチェーンで裏側表示にできるため、「不知火」のシンクロ召喚を封じられる。 底なし落とし穴と比較して好きなタイミングで発動できる点が優秀。 相手モンスターを裏側表示にしてロック。 基本的な用途はカナディアと同じで、かつ相手のモンスターゾーンを圧迫できる。 召喚されたタイミングでしか発動できない点がやや使いづらい。 不知火デッキの評価・ユーザーレビュー.

次の

【デュエルリンクス】魔妖が来るときいて予習

リンクス 不知火

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスの不知火(しらぬい)デッキレシピです。 不知火デッキ、不知火召喚獣のおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方や注目ポイント、対策カード 弱点 を紹介しています。 除外をトリガーに発動する下級モンスターの効果を活用し、アンデットシンクロを大量展開しよう。 KCGTおすすめ不知火構築 メイン 20 12 2 6 - - - - エクストラデッキ モンスターカード 枚数 必須 2 1 2 2 3 2 魔法カード 枚数 必須 2 罠カード 枚数 必須 2 2 2 エクストラ 枚数 必須 2 1 1 1 1 不知火デッキの採用おすすめスキル 所持キャラ スキル名 《》の特殊召喚を1ターン目から行う事ができるため、非常に相性が良い。 不知火デッキの注目ポイントと回し方 不知火デッキの注目ポイント 下級モンスターでチューナーを特殊召喚 不知火デッキの要はチューナーモンスターの《》だ。 早い段階で妖刀-不知火を墓地に送るために、特殊召喚召喚を狙える下級モンスターはデッキに複数枚採用しよう。 攻略Point! 弩弓部隊は相性バツグン! 相手のカードを破壊しつつ、不知火モンスターを墓地へ送れる《》は相性がとても良い。 《弩弓部隊》を使うことで、フィールドに残ってしまった《妖刀-不知火》を墓地へ送りつつ、相手フィールドカードを破壊できる。 攻略Point! 序盤は《》を墓地に送る事に重点を置こう。 中盤以降は敵の展開を妨害して、高打点シンクロモンスターの特殊召喚を目指そう。 不知火デッキの必須・相性の良いカード紹介 必須カード紹介 カード名 説明 アンデット族をリリースすることで、デッキから守備力0のアンデット族チューナーをリクルートできる。 自身が除外された場合は「不知火」を帰還させることも可能。 デッキの展開の要となるモンスター。 召喚成功時に手札およびデッキからを特殊召喚できる。 1枚からシンクロ召喚が狙える強力モンスターだ。 このデッキの軸となるチューナーモンスター。 墓地から除外することで新たなシンクロモンスターの特殊召喚が可能だ。 その他相性の良いカード紹介 カード名 説明 召喚成功時に「不知火」を手札・墓地から1体特殊召喚。 自身が除外された場合は相手の表側表示カードを1枚破壊。 不知火デッキの弱点と対策カード 不知火デッキの弱点 墓地利用を封じよう! 「不知火デッキ」は墓地のカードを除外・特殊召喚して戦うため、スキル「」を使って墓地利用を封じれば、大量展開を抑制することができる。 相手の使用キャラがイシズの場合には、相手とのライフ差に注意しよう。 不知火デッキへの対策カード一覧 カード名 説明 お互いの墓地からの除外と特殊召喚を封じる。 対「不知火」以外にも有効に働く場面が多い強力なフィールド魔法。 相手モンスターをフリーチェーンで裏側表示にできるため、「不知火」のシンクロ召喚を封じられる。 底なし落とし穴と比較して好きなタイミングで発動できる点が優秀。 相手モンスターを裏側表示にしてロック。 基本的な用途はカナディアと同じで、かつ相手のモンスターゾーンを圧迫できる。 召喚されたタイミングでしか発動できない点がやや使いづらい。 不知火デッキの評価・ユーザーレビュー.

次の

冥界龍ドラゴネクロ採用!芝刈りで墓地アドを取りまくる不知火デッキが楽しすぎる!【遊戯王デュエルリンクス】

リンクス 不知火

こんばんは、つるぎと申します、よろしくお願いします。 不知火1週間ずっと触り続けて思った事とデッキ構築論書いていこうと思います。 初日 最初に触っていた不知火はこの構築でした。 このデッキ構築を使用し感じていた事は初動が少なすぎてバックしか引かない。 デッキ内のチューナーが少ないせいで後半になるにつれデッキパワーが低くなる。 聖遺物が思ったより使い辛い。 隠者が1枚しかないせいで底無しの落とし穴を食らった不知火を処理出来ない。 この辺のデッキ構築の悪さが目立ち勝率はいまいちでした。 2〜3日目 次に使ったのはこの構築で動けるパターンを増やす為に隠者とを増やし、序盤中盤罠で耐えて終盤にライフを奪い取る事を目標としてデッキを構築しました。 安定感はあるのですが初手でスタートしてしまうとアド損が気になり、先攻だと一方的にカード枚数の差で負けてしまう、妖刀を思ったように墓地に送れない等、気になる事が多くデッキを作りなおしました。 4〜6日目 初動が武部3枚だと足りなかった為、隠者もついに3枚にしてしまいました。 この時点で勝つ為展開パターンで 墓地隠者、妖刀の状態で隠者+妖刀で刀神、隠者で妖刀呼び出して戦神、戦神効果で刀神除外して相手の場のモンスターの打点が2000以下ならワンキル 妖神+の2400+1800でワンキルなどワンキルパターンを自分の中でパターン化し、なるべく早く試合を終わらせれるように心掛けていました。 この構築だとエネコンが優秀で隠者で出した妖刀を相手ターンにライフを守りつつ墓地に送れるので使い勝手かなり良かったです。 また妖刀を2枚採用したおかげで試合中盤以降でも粘り強く戦えました。 ルは試しに採用してみたのですが読まれないという点で優秀で先攻で立てた妖神を守るのに活躍してくれましたが、1枚でいいかなという感じでした。 今日 初動は隠者と武部フル投入 は3枚は流石に過剰だったので2枚に抑え、チューナーも3枚耐性にし、デッキ自体はかなり強くなりました。 試合していて感じた事はコズミックサイクロンが流行りすぎていて、後攻からコズミック+罠を超えていく場合、コズミック先打ちから入る場合2分の1からスタートするのが嫌だったので禁じられた聖槍を採用し、ピンポイントで罠抜けれるようにしたおかげで結構良い感じに罠を超えやすくなりました。 罠も時間稼ぎ用で最低限だけ積んで先攻後攻どちらも満遍なく戦える構築を目指しました。 ただ、初動複数同時とチューナーを手札に抱えたくないのでデッキ枚数21枚にして誤魔化している所もあります。 暗闇を吸い込むマジックミラーもこのデッキだと強いですが大会用じゃないので今回は採用していません。

次の