無料のマージャンゲーム。 麻雀無料ゲーム 13選!高品質版11選!初心者必見!

麻雀無料ゲーム 13選!高品質版11選!初心者必見!

無料のマージャンゲーム

麻雀フラッシュ(登録不要の麻雀ゲーム) (公式ページ) ゲーム紹介・レビュー パソコン麻雀ゲーム 登録なし。 即遊びたい人におすすめです コンピューター相手のみの対戦ですので、さくさく打てます。 初心者の練習には最適です。 コンピューターとの対局に慣れてきましたら、本気の麻雀を楽しめるオンライン麻雀「」などをプレイしてみることをお勧めします。 正式サービスのプレイ画面の充実さや、オンライン対戦の楽しさが分かるかと思います。 操作 左クリックだけでほとんどの操作ができます。 接続 コンピューターとの対戦なので早いです。 登録の注意点 登録なし。 ゲームサイトの特徴 麻雀フラッシュの画面はにまとめてあります。 動画編集ソフトのフラッシュで作られたゲームであり、ダウンロードもいらないので、手軽にプレイできます。 フリーゲームなのが不思議な位きれいな画面です。 麻雀フラッシュを製作したサイトでは他にがあります。 そちらはソーズだけを扱い必ず一色手になる面白いゲームです。 (公式ページ).

次の

麻雀天聖

無料のマージャンゲーム

「麻雀」GAMEDESIGNで採用されているルール 「麻雀」GAMEDESIGNではタイトル横に記載されているルールが採用されています。 麻雀初心者の方には聞き慣れないものもあると思うので簡単に紹介しておきます。 東南戦と東風戦 一般的に定着しているゲームの単位は半荘(東南戦)となります。 【東】や【南】は大きなくくりで場と呼ばれ場は4ゲーム(局)1組で構成されています。 つまり 東南戦とは東場の4局、南場の4局、親が合計で8回流れるとゲームが終了するルールとなります。 これに対して 東風戦とはこれの半分で親が4回流れたら終了になる短期決戦のルールとなります。 NPC相手だと、打ち筋が単調になり飽きが早いので、これは東風戦で丁度良い気がします。 喰いタン、後付けあり 俗に言う「ありあり」ルールの事です。 喰いタンの「喰い」とは副露のことを指します。 つまり喰いタンとは副露してもタンヤオが成立することを意味します。 ただし、喰いタンは極端に手が速く進む場合があるのでグループによっては禁止してる場合があります。 次に「後付け」についてですが、麻雀で和了するためには必ず1飜以上の役が必要になってきます。 「後付け」とはこの役を面子を構成していく上で先に確定できていないことを指します。 具体的には以下のような牌姿です。 これは、20符2翻で子の場合は1300点(400点/700点)、親の場合2000点(700点オール)となります。 これが一般的な平和+メンゼンツモのルールです。 「麻雀」GAMEDESIGNではこの一般的なルールを採用しています。 ただしピンフには 【平らな和了(あがり)=符点が付かない】といった意味があり、ここから派生したローカルルールに 「ピンフ+ツモの形の和了はツモのみにする」といったものがあります。 これはどういうことかと言うと、【ピンフ=符点が付かない和了】なのであれば、ツモ点の2符が付くのはおかしい。 ツモ点の2符をつけるのであればピンフは認めないといったところから来ています。 この場合、このローカルルールを採用する場合は平和+ツモの場合ピンフが消失するので、ツモのみとなります。 具体的な点数で言うと30符1翻となるので、子の場合は1000点(300点/500点)、親の場合は1500点(500点オール)となります。 十三不塔が成立する条件は、親は配牌時に、子は副露が入っていない第一ツモの時に4面子1雀頭のうちの 4面子に一切の順子・刻子・搭子が含まれていないことが条件となります。 要はものすごく悪い手のことですね。 ただし雀頭は必要。 これが成立するとローカルルールでは満貫や役満が適用されることがありますが、ローカルルールなので確定した取り決めはありません。 「麻雀」GAMEDESIGNでは十三不塔は無しとなっています。 流し満貫なし 流し満貫は特定のプレイヤーの 河に捨てられた牌の全てが老頭牌+字牌、つまりヤオチューハイであれば成立するローカル役の一つとなります。 ただし、ヤオチューハイを一度でも副露されると流し満貫は不成立。 当然自身で副露をしても不成立となります。 三連刻(サンレンコー)・四連刻(スーレンコー)なし 喰い替えとは、 すでに完成した面子(順子や刻子)を副露し面子から溢れた牌を直後に打牌する行為のことを指します。 喰い替えは「あり」とするのが一般的なルールで「なし」とするのがローカルルールとなります。 4人リーチ続行 4人リーチは別名、四家立直(スーチャリーチ)と言い、一局の間に4人のリーチが成立した状態のことを指し、4人目のリーチが成立した時点、つまり4人目のリーチ宣言牌で誰もロンできなかった場合はその時点で途中流局となります。 「麻雀」GAMEDESIGNでは「4人リーチ続行」となっているので、四家立直(スーチャリーチ)でも途中流局とはせずにそのままゲームを続行することになります。 複数ロンなし(頭ハネ) 複数ロン、つまりダブロン(ダブルロン)やトリロン(トリプルロン)といった具合に1つの打牌で複数の和了者がでてしまうことを指します。 これを禁止するのが頭ハネです。 頭ハネは特定のプレイヤーの打牌で複数の和了が出てしまった場合、放銃したプレイヤーを除いて 一番ツモ番が早いプレイヤーの和了のみを認めるルールとなります。 パオ、責任払い無し 【包(パオ)=責任払い】は大三元・大四喜・四槓子の3つの役満を 確定させる副露をさせたプレイヤーにペナルティーを課すというものです。 具体的に言うと以下のような牌姿。 既に と が副露され晒されています。 ここで を誰かが捨てると、東家は をポンして大三元が確定してしまいます。 この時大三元を確定させてしまう打牌、 を捨ててしまったプレイヤーに責任払いが適用されます。 当然の話ですが、メンゼンで手を進められているとどの役を狙っているかわからないので、役満を確定させてしまうような牌を副露させても問題ありません。 要は、「見え見えの役満手に危険牌をふってはいけません。 」というのが包の根幹となっています。 ペナルティーの内容は、無関係の第三者が大三元に放銃してしまった場合は、支払う点数を包適用者と折半。 東家が自力のツモで大三元を和了した場合は、包適用者が全点数を支払うことになります。 「麻雀」GAMEDESIGNではこの責任払いのルールは無しということになっています。 7700点=満貫 これはそのままですね。 子の30符4飜の7700点は満貫の8000点とわずか300点の差しかない近似値なので、子が30符4飜で和了したら満貫の8000点にしましょうというものです。 箱割れで半荘終了 箱割れとは、「ハコ」「ドボン」「飛ぶ」等様々な呼び名がありますが、要は持ち手がマイナスになったことを意味します。 つまり箱割れで半荘終了というのは、誰か一人でも点数がマイナスになるとその時点でゲーム終了することを意味します。 ローカルルールでは、ハコ下と言って点数がマイナスになってもマイナス分の点数を借金としてそのままゲームを続行するルールもあります。 「麻雀」GAMEDESIGNで点数計算の練習を!! 正直麻雀上級者がじっくりと腰を据えてするには少し物足りない麻雀ゲームですが、初心者や中級者にとっては、完全無料でできる麻雀ゲームとして十分楽しむことができると思います。 特に麻雀を始めたばかりの超初心者の方にはかなりおすすめです。 「麻雀」GAMEDESIGNで麻雀の大まかな進め方や手役の確認を時間をかけてゆっくり確認することができます。 中でも特に 麻雀初心者や中級者の方に活用していただきたいのが「麻雀」GAMEDESIGNを使った点数計算の練習です。 「麻雀」GAMEDESIGNは対人ゲームではないので任意の場所でゲーム画面を止めることができます。 (NPCの打牌等は不可)。 ですので、コンピューターも含めて誰かが和了すると点数表示直前に画面を静止させることが可能です。 まずは手役の点数を頭で数えてから点数を表示させると、麻雀ゲームを楽しみながら点数計算の練習をすることができます。 「麻雀」GAMEDESIGNの進め方を含めて流れを見ていきます。 「麻雀」GAMEDESIGNでは別ページでミニ麻雀を楽しむことができます。 ミニ麻雀は2面子1雀頭で和了とするその名の通り麻雀の簡素番です。 ワンズは使用せず、ピンズとソウズ・字牌のみでゲームを進行していきます。 副露がなければ摸打たったの9回となります。 ミニ麻雀のルール ミニ麻雀では以下のルールが採用されています。 親が4回流れるとゲームが終了する「東風戦」。 喰いタンあり、後付けありの「ありあり」。 ノーテン流局での「親流れ」。 七対子ならる「四対子は無し」。 リンシャン牌が2枚しか無いため、「二槓成立での途中流局」。 ミニ麻雀の特徴 とにかく、手牌の数が少ないのでものすごいスピードでテンパイします。 当然ですが、簡単にチンイツやホンイツをつくることも可能で、ダブリーや2~3巡目でリーチなんてことも頻繁に起こります。

次の

麻雀無料ゲーム 13選!高品質版11選!初心者必見!

無料のマージャンゲーム

「麻雀」GAMEDESIGNで採用されているルール 「麻雀」GAMEDESIGNではタイトル横に記載されているルールが採用されています。 麻雀初心者の方には聞き慣れないものもあると思うので簡単に紹介しておきます。 東南戦と東風戦 一般的に定着しているゲームの単位は半荘(東南戦)となります。 【東】や【南】は大きなくくりで場と呼ばれ場は4ゲーム(局)1組で構成されています。 つまり 東南戦とは東場の4局、南場の4局、親が合計で8回流れるとゲームが終了するルールとなります。 これに対して 東風戦とはこれの半分で親が4回流れたら終了になる短期決戦のルールとなります。 NPC相手だと、打ち筋が単調になり飽きが早いので、これは東風戦で丁度良い気がします。 喰いタン、後付けあり 俗に言う「ありあり」ルールの事です。 喰いタンの「喰い」とは副露のことを指します。 つまり喰いタンとは副露してもタンヤオが成立することを意味します。 ただし、喰いタンは極端に手が速く進む場合があるのでグループによっては禁止してる場合があります。 次に「後付け」についてですが、麻雀で和了するためには必ず1飜以上の役が必要になってきます。 「後付け」とはこの役を面子を構成していく上で先に確定できていないことを指します。 具体的には以下のような牌姿です。 これは、20符2翻で子の場合は1300点(400点/700点)、親の場合2000点(700点オール)となります。 これが一般的な平和+メンゼンツモのルールです。 「麻雀」GAMEDESIGNではこの一般的なルールを採用しています。 ただしピンフには 【平らな和了(あがり)=符点が付かない】といった意味があり、ここから派生したローカルルールに 「ピンフ+ツモの形の和了はツモのみにする」といったものがあります。 これはどういうことかと言うと、【ピンフ=符点が付かない和了】なのであれば、ツモ点の2符が付くのはおかしい。 ツモ点の2符をつけるのであればピンフは認めないといったところから来ています。 この場合、このローカルルールを採用する場合は平和+ツモの場合ピンフが消失するので、ツモのみとなります。 具体的な点数で言うと30符1翻となるので、子の場合は1000点(300点/500点)、親の場合は1500点(500点オール)となります。 十三不塔が成立する条件は、親は配牌時に、子は副露が入っていない第一ツモの時に4面子1雀頭のうちの 4面子に一切の順子・刻子・搭子が含まれていないことが条件となります。 要はものすごく悪い手のことですね。 ただし雀頭は必要。 これが成立するとローカルルールでは満貫や役満が適用されることがありますが、ローカルルールなので確定した取り決めはありません。 「麻雀」GAMEDESIGNでは十三不塔は無しとなっています。 流し満貫なし 流し満貫は特定のプレイヤーの 河に捨てられた牌の全てが老頭牌+字牌、つまりヤオチューハイであれば成立するローカル役の一つとなります。 ただし、ヤオチューハイを一度でも副露されると流し満貫は不成立。 当然自身で副露をしても不成立となります。 三連刻(サンレンコー)・四連刻(スーレンコー)なし 喰い替えとは、 すでに完成した面子(順子や刻子)を副露し面子から溢れた牌を直後に打牌する行為のことを指します。 喰い替えは「あり」とするのが一般的なルールで「なし」とするのがローカルルールとなります。 4人リーチ続行 4人リーチは別名、四家立直(スーチャリーチ)と言い、一局の間に4人のリーチが成立した状態のことを指し、4人目のリーチが成立した時点、つまり4人目のリーチ宣言牌で誰もロンできなかった場合はその時点で途中流局となります。 「麻雀」GAMEDESIGNでは「4人リーチ続行」となっているので、四家立直(スーチャリーチ)でも途中流局とはせずにそのままゲームを続行することになります。 複数ロンなし(頭ハネ) 複数ロン、つまりダブロン(ダブルロン)やトリロン(トリプルロン)といった具合に1つの打牌で複数の和了者がでてしまうことを指します。 これを禁止するのが頭ハネです。 頭ハネは特定のプレイヤーの打牌で複数の和了が出てしまった場合、放銃したプレイヤーを除いて 一番ツモ番が早いプレイヤーの和了のみを認めるルールとなります。 パオ、責任払い無し 【包(パオ)=責任払い】は大三元・大四喜・四槓子の3つの役満を 確定させる副露をさせたプレイヤーにペナルティーを課すというものです。 具体的に言うと以下のような牌姿。 既に と が副露され晒されています。 ここで を誰かが捨てると、東家は をポンして大三元が確定してしまいます。 この時大三元を確定させてしまう打牌、 を捨ててしまったプレイヤーに責任払いが適用されます。 当然の話ですが、メンゼンで手を進められているとどの役を狙っているかわからないので、役満を確定させてしまうような牌を副露させても問題ありません。 要は、「見え見えの役満手に危険牌をふってはいけません。 」というのが包の根幹となっています。 ペナルティーの内容は、無関係の第三者が大三元に放銃してしまった場合は、支払う点数を包適用者と折半。 東家が自力のツモで大三元を和了した場合は、包適用者が全点数を支払うことになります。 「麻雀」GAMEDESIGNではこの責任払いのルールは無しということになっています。 7700点=満貫 これはそのままですね。 子の30符4飜の7700点は満貫の8000点とわずか300点の差しかない近似値なので、子が30符4飜で和了したら満貫の8000点にしましょうというものです。 箱割れで半荘終了 箱割れとは、「ハコ」「ドボン」「飛ぶ」等様々な呼び名がありますが、要は持ち手がマイナスになったことを意味します。 つまり箱割れで半荘終了というのは、誰か一人でも点数がマイナスになるとその時点でゲーム終了することを意味します。 ローカルルールでは、ハコ下と言って点数がマイナスになってもマイナス分の点数を借金としてそのままゲームを続行するルールもあります。 「麻雀」GAMEDESIGNで点数計算の練習を!! 正直麻雀上級者がじっくりと腰を据えてするには少し物足りない麻雀ゲームですが、初心者や中級者にとっては、完全無料でできる麻雀ゲームとして十分楽しむことができると思います。 特に麻雀を始めたばかりの超初心者の方にはかなりおすすめです。 「麻雀」GAMEDESIGNで麻雀の大まかな進め方や手役の確認を時間をかけてゆっくり確認することができます。 中でも特に 麻雀初心者や中級者の方に活用していただきたいのが「麻雀」GAMEDESIGNを使った点数計算の練習です。 「麻雀」GAMEDESIGNは対人ゲームではないので任意の場所でゲーム画面を止めることができます。 (NPCの打牌等は不可)。 ですので、コンピューターも含めて誰かが和了すると点数表示直前に画面を静止させることが可能です。 まずは手役の点数を頭で数えてから点数を表示させると、麻雀ゲームを楽しみながら点数計算の練習をすることができます。 「麻雀」GAMEDESIGNの進め方を含めて流れを見ていきます。 「麻雀」GAMEDESIGNでは別ページでミニ麻雀を楽しむことができます。 ミニ麻雀は2面子1雀頭で和了とするその名の通り麻雀の簡素番です。 ワンズは使用せず、ピンズとソウズ・字牌のみでゲームを進行していきます。 副露がなければ摸打たったの9回となります。 ミニ麻雀のルール ミニ麻雀では以下のルールが採用されています。 親が4回流れるとゲームが終了する「東風戦」。 喰いタンあり、後付けありの「ありあり」。 ノーテン流局での「親流れ」。 七対子ならる「四対子は無し」。 リンシャン牌が2枚しか無いため、「二槓成立での途中流局」。 ミニ麻雀の特徴 とにかく、手牌の数が少ないのでものすごいスピードでテンパイします。 当然ですが、簡単にチンイツやホンイツをつくることも可能で、ダブリーや2~3巡目でリーチなんてことも頻繁に起こります。

次の