ファイル が 破損 し て いる ため 開く こと が できません。 Word で文書が破損している場合のトラブルシューティング方法

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません

ファイル が 破損 し て いる ため 開く こと が できません

ファイルを開こうとしたとき、このように『ファイルが破損しているため開くことができません。 』と表示されたことはないでしょうか。 インターネットから取得したファイルを編集しようとしたときなどに表示されることがあるのですが、突然表示されたときは驚きますよね。 今回は『ファイルが破損しているため開くことができません。 』と表示された場合の対処方法をご紹介します。 そのファイル、本当に破損しているの? 今回の問題は、インターネットから取得したファイルをサーバ(ネットワークドライブ)上で開こうとした場合に頻発します。 まずはインターネットから取得したファイルをローカル(デスクトップ)などに移動して開いてみましょう。 無事、開くことができた方は安心してください。 セキュリティの設定を変えればサーバでも開くことができます。 本来、サーバ(ネットワークドライブ)上にあるファイルにアクセスする際はエクセルのセキュリティで、『保護されたブラウザ』で開くように設定されています。 サーバ上のファイルは不特定多数の人が編集することができるため、悪さをするマクロなどが埋め込まれている可能性もあります。 そのような場合でも安全に操作してもらうことができるようにセキュリティ設定が用意されています。 ただし、社内ネットワークなどの場合、悪意のあるファイルを作成、および保存する可能性は低いため、以下設定を変更することで対処が可能です。

次の

『ファイルが破損しているため開くことができません。』と表示された場合の対処

ファイル が 破損 し て いる ため 開く こと が できません

5 および 11. 01 アップデートでセキュリティが強化され、PDF ヘッダーをさらに厳密に解析するようになりました。 エラー: 文書が破損しています。 修復できません。 ファイルはサポート対象外のファイルタイプであるかファイルが破損しているため、Adobe Reader では開けませんでした(例えば、PDF ファイルが電子メールの添付ファイルとして送信されたため正しくデコードされなかった)。 カスタマーまたはエンタープライズ IT プロフェッショナルである場合は、適切な環境設定を設定して、マシン上でヘッダー検証を無効にできます。 この設定は、HKCU ではユーザーごとに、または HKLM ではすべてのユーザーについてマシンレベルで行えます。 Mac OS でも、同じ plist(環境設定ファイル)を変更して、同様の方法を使用できます。 AVGeneral キーが存在しない場合は、手動で作成します。 HKLM パスは一般に次のとおりです。 この方法により、ユーザーが管理するマシン上に PDF を表示できます。

次の

Photoshop でのファイル復元のトラブルシューティング

ファイル が 破損 し て いる ため 開く こと が できません

エラー事例• 【ケース 1】ディレクトリーが壊れているので、私はそれを削除しようとしたのですが、「 エラー 0x80070570:ファイルまたはディレクトリーが壊れているため、読み取ることが出来ません。 」というメッセージで削除できません。 どうしたらよいのでしょうか?• 【ケース 2】私みたいにUSBや外付けHDDを使っている人も多くいると思います。 しかし、ある日突然「 ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」というエラーメッセージが出ます。 USBや外付けHDDへのアクセスができなくなります。 ドライブがパソコンに認識されますが、未フォーマットと表示されます。 容量が0バイトになるので困ります。 【ケース 3】とにかく、ページ保存してた新聞社の記事(htmlファイル)をHDDに移そうとしたら、「 ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」といった警告が表示された。 何度か繰り返してもダメ。 USBコードを接続し直しても、PCを再起動してもダメ。 最初は、その記事ファイルに問題があるのだと思ってたけど、HDD側のフォルダが壊れてるらしい。 早速、ネットであちこち見てみると、要するに可能性が高いらしい。 上記のようなエラーが出ると、HDDなどのストレージへのアクセスができなくなってしまいますが、中のデータはまだ生きています!トラブルを直せば再びデータにアクセスできます。 次はこのエラーが発生する 原因および発生時の 対処方法を詳しく紹介したいんです。 考えられる原因 ドライブに保存されているデータはインデックス部とデータ部の2つに分けます。 「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」のエラーが発生する場合、 ファイルシステムのインデックス部が破損していることがほとんどです。 つまり、データはほとんど無傷で保存されている可能性が高く、データの保存場所を格納したインデックス(目次)部分に問題があり、ファイルシステムが壊れるだけなのです。 では何の原因でファイルシステムが破損してそのエラーが発生しますか?詳細は以下のとおりです。 特に、ドライブへ書き込み中に抜いてしまったら間違いなくエラーになります。 USB機器を取り外す時は「安全な取り外し」を利用したほうが間違いありません。 目安としては、データ容量が80%を超えるとトラブルが起きる可能性が出てきます。 数週間前からレスポンスが悪かったり、データを開こうとしてエラーになったという前兆がある場合は故障している可能性があります。 異常があるかなと思ったら特に注意して早くデータをバックアップしておいたほうがいいです。 ファイルシステムなどのパーティション情報は、特定の場所に保存されます。 この場所に不良セクタが含まれていると、オペレーティングシステムはデータにアクセスできなくなります。 この場合は、エラーも表示されます。 ご覧のように、このエラーが起こったドライブは、ほとんどの場合、実際に壊れて使えなくなるわけではありません。 その中身を識別するためのデータが破損するだけだなので、適切な方法でエラーを修復して、読み取り不可のドライブを再び利用できるようになる確率が高いです。 ソリューション 1. ディスクチェック ディスクをチェックしてファイルシステムを修復するために、ここでは、、または、3つの方法を提供しています。 ファイルシステムのインデックスは、通常、Windowsによって管理されているものです。 従って、インデックスを修復するツールも、Windowsに用意されているのは当然です。 Windows Xpや7の場合、「 チェックディスクのオプション」にチェックを入れ、「 開始」をクリックします。 ヒント:ただし、自動的に修復するのではなく、途中の流れを自分で確認したい場合、「 ファイルシステムエラーを自動的に修復する」のチェックボックスは空欄のままで開始すればいいです。 また、前にも言ったようにファイルシステムに問題が発生する直接の原因として、不良セクタが挙げられます。 すべて不良セクタが原因になっているわけではありませんが、不良セクタが発生すると、ファイルシステムに影響を与える可能性が極めて高いです。 そのため「 不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れて、不良セクタをチェックし、修復するのは必要です。 画面のように、「 このドライブをスキャンする必要はありません」というメッセージが出ることもありますが、念のためドライブをスキャンしてみましょう。 このようにチェックが完了すれば、ファイルシステムのインデックスが修復され、今まで通りチェックするドライブにアクセスできるようになるはずです。 上述のGUIによる「チェックディスク」でもいいんですが、理想的には、コマンドプロンプトから「chkdsk」を実行したほうがいいです。 修復オプションの選択肢が多いし、また修復の過程を確認でき、ファイルシステムの現状を確認できるからです。 この方法を使うと、エラーがあっさり直ることもあります:• ステップ 1. ステップ 2. コマンドプロンプトで壊れたドライブ(内蔵ハードディスク、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置)を対象としてCHKDSKコマンドを実行します。 【補足】chkdskの修復オプションには、様々なものがあります。 詳細については、下記ページを参照にしてください。 ここで問題なければ、修復過程が表示されて、最後に「 ファイルシステムを修正しました。 」と表示されます。 これはすべてのファイルが元通りになることを意味します。 ヒント:もちろん、 Windows10と Windows8. 1のユーザーは、キーボードの「 Windows」ボタンと「 x(エックス)」ボタンを同時に押してメニューから「 Windows PowerShell 管理者 (A)」をクリックすることでWindows PowerShellを使い、修復を試すこともできます。 こういう時、強力な - AOMEI Partition Assistant Standard(無料版)を試してみることができます。 1/8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPなどに対応します。 ディスクとパーティションをうまく管理できます。 例えば: ディスクの不良セクタチェック、 パーティションチェックのほか、 パーティションのフォーマット、削除、リサイズ、移動などもできます。 また、NTFS to FAT32変換器などの機能も備えます。 この頼もしいフリーソフトはシンプルな手順でパーティションのエラーをチェックできます。 さらに、そのにアップグレードしたら、「パーティションを復元」「パーティションを拡張」「OSをSSDに移行」などもっと高度かつ柔軟な機能を使用することができます。 購入前にこちらからアドバンス版の 体験版を無料でダウンロードしてすべての機能をプレビューし、すべての操作をシミュレートできます。 特別な割引で無料版または体験版を完全版にアップグレードしたいなら、~ AOMEI Partition Assistant Standardでディスク上のパーティションをチェックする手順は次のとおりです:• ステップ 1. このソフトをインストールして起動します。 ステップ 2. エラーをチェック、修復する適切な方式を選択して「 はい」をクリックします。 ステップ 3. 完了すると「 はい」をクリックします。 ソリューション 2. パーティションフォーマット 上述の方法で不良セクタを検出しなくて「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」エラーをまだ直さない場合、フォーマットは、最終手段として使用されることもあります。 フォーマットを実行すると、容量0バイトと表示される問題を解決できますが、データがすべて消えてしまうので、事前にパーティションを他の場所にコピーするか、またはデータ復旧ソフトで重要なデータを救出したほうがいいと思います。 【補足】データ復旧ソフトを使用して必要なデータを救出し、その後にディスクをフォーマットすることができますが、データ受け入れ用の別ハードディスク(復旧させたいデータと同じ容量、またはそれよりも容量が大きい空のHDD)を用意する必要があるため、データ復旧ソフト+新しいハードディスクという代金が出費になるかもしれません。 本当に最後の手段というわけです。 壊れたドライブを右クリックし、「 フォーマット」を選択します。 必ず 「 クイックフォーマット」のチェックをはずしてから「 開始」を押してください。 フォーマットは恐ろしく時間がかかります。 補足: 「 ディスクの管理」で読み取り不可のパーティションをフォーマットすることもできます。 Windows内蔵ツールの欠点を補って、パーティションのフォーマットを正常に実行することができます。 ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動して、問題のあるパーティションを右クリックして「 パーティションをフォーマット」を選択します。 ステップ 2. 必要に応じて、ひとつのファイルシステムを選択してから「 はい」をクリックします。 ステップ 3. こうしたら、エラーが発生したディスクが再び使えるようになります。 HDD、特にリムーバブルドライブをしっかりとしてください。 できるだけ損傷されたり破壊されたりしないようにしてください。 ハードディスクは、ウイルスに侵入される可能性があり、特に不明なPCに接続されている場合です。 アンチウイルスプログラムをインストールし、定期的に更新する必要があります。 さらに、信頼されていないUSBドライブをPCに挿入しないでください。 ドライブには恐ろしいウイルスが含まれているかもしれません。 USBポートから抜くたびに、通知バーの「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックしてUSBドライブを取り出してください。 バックアップは常にデータ損失を防止するための一番選択です。 そうしたらエラーが発生してもデータをいつも簡単に復元できるので、何も心配することはありません。 備えあれば憂いなしです。 ファイルとパーティションの復元または修復が何より先です。 まとめ 「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」というメッセージが表示され、特定のファイルやフォルダを開けなくて、最悪ドライブ全体にアクセスできなくなることがあります。 これはデータそのものが壊れているのではなく、データにアクセスするための仕組み(ファイルシステム)にエラーが起きてドライブが開けなくなってるということです。 この時、エラーが発生する実際の原因と状況により、本記事に述べたデータバックアップ&復旧、ディスクチェック、パーティションフォーマット、何らかの対処法を行う必要があります。

次の