四柱推命 2021。 宿命天中殺ー生月中殺を持つ人の宿命ー

トランプアメリカ大統領の運勢を2期目まで四柱推命で鑑定

四柱推命 2021

スポンサーリンク 2021年の総合運 2021年のあなたの運勢は、新しいことにチャレンジすることでどんどん上昇していきます。 前から興味を持っていることを始めてみたり、キャリアアップのために、特に語学に関する資格勉強を始めることで思ったとおりの成果を挙げることが可能です。 少し自分にはハードルが高いのではないかという程度の高い目標を掲げても、努力した分だけどんどんと力になっていきますので、得られる成果と共に自分に自信がついていく年です。 ただし、逆に燻ってしまうとその分だけ運気が低迷してしまいます。 やればできる年になりますから「考えるならまず行動」をモットーに動いてみてください。 2021年の金運 2021年のあなたの金運は、好調なのは2021年の秋以降になります。 9月までは臨時収入が入ってもその分支出が増えて手元には残りません。 お付き合いで行かなければならない飲み会やイベント事で出費が嵩んでしまいますので、油断をしているとどんどんお財布の中が空っぽになっていき、貯金にまで手をつけなければならない事態に陥ってしまいます。 だからといって、お付き合いを疎かにして人間関係に溝を作っても損をしてしまいますから、秋までは日頃から節約を心がけ、臨時収入が入ってもなるべく貯金に回すようにしてください。 そのお金があとで必ず役に立ちます。 スポンサーリンク 2021年の仕事運 2021年のあなたの仕事運は、人に指示される前に自分がどう動くべきか先々のことを考えて行動できるかどうかが運気上昇のカギです。 言われたとおりのことをこなすだけでは、それ以上の向上を望むことができません。 2021年は現状に甘んじずに上を目指してもいい時期です。 仕事に積極性を持つことで上司から注目をされるようになりますし、同僚からの信頼も厚くなるでしょう。 そのために必要な知識を積極的に身に付けたるために勉強したり、わからないことは頼りになる先輩にどんどん説明を求め、やる気を全面に出した前向きな姿勢で取り組んでください。 その結果が実を結び、下半期に大きな仕事を任されることになります。 2021年の恋愛運 2021年のあなたの恋愛運は、出会いの多い年になります。 あなたにとってはいつもとは違う胸を騒がせる一年です。 自分の直感を信じてこの人だ!と思った人には積極的にアプローチをしていくのが吉。 もしダメでもまたすぐ次の出会いが待っていますので、前のめりの姿勢でどんどんアタックしていきましょう。 特定の恋人がいる場合には、そうとわかっていながらあなたにアタックしてくる男性が現れます。 特に昔の恋人や懐かしい友人に再会することで交際を申し込まれる機会があり、大いに悩むことになるでしょう。 ですが、今現在お付き合いしている人は心からあなたを信頼していますので、それを裏切ってしまうと後悔が大きくなります。 正しい選択ができるように、一時の感情に振り回されないように冷静さを保ってください。

次の

宿命天中殺ー生月中殺を持つ人の宿命ー

四柱推命 2021

2020年という年が、どんな特長の一年になるのか? 何に気をつけて過ごしたらよいのか? 多くの方にとって興味のあるテーマだと思います。 そこで今回は、2020年の運気の特長について、十干十二支、「世」という時間の単位に目を向けて記事を書いてみました。 2020年の年干支【庚子】で読む 2020年の年干支は【庚子】になります。 天干が【庚】、地支(十二支)が【子】の組み合わせです。 【庚】には「更新、革新、自分自身をふりかえる」などという意味があります。 くわえて【子】は、十二支の始まりでもあることから「新たなサイクルの始まり」という意味があります。 以上から、2020年は新たなサイクルの始まりを意識して、誰もが自らをふりかえり、アップデートすることが求められる一年です。 時間の単位「世」「運」の干支で読む 今回、この記事を書くにあたり、注目したのが「運」「世」という時間の単位です。 四柱推命は「年」「月」「日」「時」という4つの時間の単位を干支(かんし)に置きかえて読む占いです。 この「年」「月」「日」「時」という単位以外にも「元(げん)」「会(かい)」「運(うん)」「世(せ)」「分(ふん)」「秒(びょう)」という単位があります。 これらの時間の単位は、中国は宋の時代の儒学者である 邵 雍(しょうよう)による『皇極経世書』という本に書かれています。 個人の運命を四柱推命で読む場合は、「年」「月」「日」「時」という4つの時間の単位(四柱)を使って読みます。 世の中を取り巻く運気を読むには、これより上位の時間の単位を見る必要があると考えました。 そこで着目したのが「一世(30年)」「一運(360年)」という時間の単位。 そして、これらに付随している干支です。 一世の干支【乙亥】、一運の干支【甲戌】 一世の干支は【乙亥(きのとい)】、一運の干支は【甲戌(きのえいぬ)】になります。 一世の干支【乙亥】は2014年から、一運の干支【甲戌】は1684年から始まり、いずれも2043年までつづきます。 今回、これを書き進めながら興味をそそられたのは、「一世」と「一運」の干支の切り替わり時期が〝2045年問題〟として注目されているシンギュラリティの時期とほぼ重なる点です。 「シンギュラリティ」とは、技術的特異点の意味。 「シンギュラリティ」とは、人工知能(AI:artificial intelligence)が発達し、ついに人間の知性を超えることによって起こる私たちの生活上の変化を表した概念のこと この「シンギュラリティ」が訪れる時期が、30年周期の「一世」、360年周期の「一運」の干支の切り替わり時期と重なる。 これは、干支学の視点から見てもたいへん興味深く感じられます。 一世【乙亥】から見た2020年の運気は? やや専門的な説明が長くなりました。 一世の干支【乙亥】と、今年の干支【庚子】で、2020年の運気を読んでみます。 一世の干支【乙亥】と2020年の干支【庚子】との関係は、【乙】にとっての【庚】で【正官】となります。 2020年の全体運は、通変星【正官】で読みます。 四柱推命で個人の運気を見るときは、通常「日」の天干を軸として見ます。 ただし、世の中の世相を見るときには、「世」の天干を軸に見ていきます。 ちなみに、一族のつながりが強かった唐の時代の李虚中の占術は、一族の運を見る「年」の天干を軸に運命鑑定をしていました。 2020年の全体運の特長と過ごし方のアドバイスは、次のとおりです。 以上、2020年【庚子】の運気について、30年周期の「一世」という時間の単位も採り入れて書いてみました。 使命を見極める一年にしよう さまざまな分野で「二極化」や「格差」が課題にあがっている時代です。 現代の格差は「行動格差」。 インターネットのおかげで、すでに必要な情報は求めれば無料で手にできる、恵まれた時代を生きています。 行動に移すか? 先送りするのか? 「実行する」の一択しかない、そう思っています。 2020年の運気の特長を示す通変星【正官】は使命やお役目を表す星でもあります。 「自分以外の人びとや、世の中のために何ができるか?何を与えられるのか?」 この考え方で行動できるかどうかが重要になる。 2020年の過ごし方の具体的なアドバイスにそう書きました。 GIVEの時代です。 四柱推命ブログ鑑定を通じ、ひとりでも多くの方に「自分の運命と調和すること」「自立してお互いにささえあうこと」の大切さを伝えていきたいと思います。 今回の記事は、四柱推命の師匠、浅野太志先生の知見と助言を受けてまとめました。 浅野先生、お忙しいなかお力添えをありがとうございました(感謝) 四柱推命を実際に学んでみたい方へ。 浅野太志先生の講座をご紹介します。 くわしく以下の公式サイトをご覧ください。 >>> 最後までお読みくださりありがとうございました。 【庚子】の時代は、2020年2月4日(立春)から始まります。 素晴らしい一年になりますように!.

次の

女帝 小池百合子 の秘密と都知事選の行方を四柱推命でひもといてみた!

四柱推命 2021

2020年の運勢 壬にとって、2020年は、 「自信溢れる達成期」となります。 仕事運、恋愛運、金銭運、全て普通です。 目標を達成出来る時期となります。 努力が実を結ぶことで、自信にも溢れます。 自信に溢れるので、更なるチャレンジをしてみても良いでしょう。 好奇心が旺盛となるので、やりたいことが見つかるでしょう。 生活は落ち着き、発展性は少なくなります。 2020年は、長年の多忙期を終え、小休止のような時期なのです。 余裕がある時期なので、自分を見つめ直すことにも吉です。 また、様々なことに興味が沸きます。 技芸・学術・芸術など、様々なことに縁があるでしょう。 趣味やプライベートが充実した一年となります。 自身の興味に従ってみましょう。 注意点 物事を達成出来る時期なので、自信が溢れ自尊心が強くなります。 協調性は弱く、自己主張が激しくなるのです。 また、自信満々なので、周囲が見えなくなることもあるでしょう。 周囲と衝突する恐れもあるので、気をつけましょう。 周囲に配慮することで、人脈もつけられます。 もともと、運勢は強く、達成期なので、周囲から尊敬される時期です。 周囲を味方にしておくことも良いでしょう。 (2020年の運勢については、こちらで詳しく解説しております。 ) 2021年の運勢 壬にとって、2021年は、 「頭が冴える年」です。 仕事運、恋愛運、金銭運全て安定です。 2021年も引き続き、落ち着いた年となります。 発展性は少ないですが、大きな失敗はしない時期です。 運勢は低下します。 気力・活力に恵まれず、思うように動けなくなります。 また、何でも考えすぎる時期なので、行動力は低下します。 この時期は、無理に行動力を上げなくても大丈夫です。 頭が冴え、思考力に優れる時期なので、そちらでカバーしましょう。 知識や新しいことは、すぐに吸収できる時期です。 勉学に吉な一年です。 思考力が優れ、考えが大人っぽくなります。 目上、年上の方と話している方が落ち着くでしょう。 目上や年上の方と話す時は、壬の考えをきちんと伝えましょう。 優れた思考力が認められ、味方となってもらえるはずです。 目上や年上の方との交流は、思わぬ恵みをもたらすでしょう。 注意点 運勢はピークを過ぎたので、徐々に焦りを感じるかもしれません。 しかし、焦りは禁物です。 落ち着いて、多少控えめに過ごす時期です。 周囲は壬の実力を理解しているので、恩恵は受けられます。 与えられたことに一生懸命行ったり、 自身は指導的立場に回った方が良いです。 何事もバランスを意識すると良いでしょう。 2022年の運勢 壬にとって、2022年は、 「自我が強くなる時期 」となります。 仕事運はやや悪く、恋愛運は普通、金銭的はやや悪いです。 自我が強くなる時期です。 自身の考えがはっきりし、自身の目標のため行動し始めます。 何かをスタートすること、行動することが吉な一年です。 周囲との関係はトラブルが予測されます。 周囲の気持ちや、求めていることは、壬自身は理解出来ます。 しかし、強い自我のせいで、自らの意見を曲げない傾向があります。 妥協も出来ない時期なので、周囲へ厳しくすることも予測できます。 結果的に、周囲は壬を恐れることもあるでしょう。 周囲への配慮を心掛け、思いやりを持って接すると良いでしょう。 気持ちをくみ取り、周囲の理解者となりましょう。 人脈を手にし、恩恵を受けられるでしょう。 注意点 アドバイス 自由を求める傾向にあります。 自身が環境や人などに縛られることを嫌います。 時に、自由欲求が暴走し、全て放棄する恐れがあります。 定期的にリフレッシュしましょう。 感受性、アイデア力に優れる時期なので、創作活動に励むことも一つの手です。 2023年の運勢 壬にとって、2023年は 「楽をしたい時期」となります。 仕事運、恋愛運、金銭運全てやや悪いです。 2023年は何かと楽をしたい時期となります。 考えがまとまらなかったり、気力・活力が湧かなかったりします。 何事も集中しづらく、気持ちが散漫になります。 2023年は、何か目標を持ちましょう。 何でも構いません。 目標がないと、楽な方へ流れ、結果何も残らない一年となります。 周囲の邪魔は入りにくい時期となります。 何事も淡々と打ち込みやすい時期なのです。 一度、頑固な目標を決めると、淡々と達成に向かうことが出来るでしょう。 注意点 金銭面では、特に注意が必要です。 楽をしたい気持ちから、ギャンブルにはまりやすい時期となります。 運勢は弱く、勝つことは期待出来ません。 散財する恐れがあります。 また、壬は器が大きいので、小さいことは気にしません。 言い換えると、ルーズでもあるということです。 お金にルーズな故に、トラブルによる出費も予測されます。 金銭面は、常に注意が必要でしょう。 2024年の運勢 壬にとって、2024年は、 「楽しみ溢れる安定期」です。 仕事運は普通、恋愛運、金銭運は良好です。 苦労が少ない一年でしょう。 誠実さが増すので、運勢は安定します。 また、喜び事が多く訪れ、充実する一年となるでしょう。 楽しい出来事が壬を明るくします。 明るく充実している壬の姿に、周囲は魅力を感じます。 恋愛面では、異性からのアプローチを期待出来ます。 恋人、友達と良い関係を築くことが出来るでしょう。 人間関係にも恵まれた時期です。 仕事面では、些細なミスが重なる恐れがあります。 しかし、ミスしても周囲が助けてくれるでしょう。 周囲の恩恵を受けられる時期です。 万事良好で幸せ事多い一年でしょう。 注意点 努力は継続しにくい時期です。 受験など、努力を要することがある場合、モチベーションを上手く保ちましょう。 自分なりのモチベーションを見つけられると大丈夫です。 オススメは、自分なりの楽しみを見つけ、モチベーションにすることです。 2024年は、楽しいことにコミットする傾向が強いからです。 まとめ 壬の直近5年間の運勢は 2020:自信溢れる達成期 2021:頭が冴える年 2022:自我が強くなる時期 2023:楽をしたい時期 2024:楽しみ溢れる安定期 感想 壬はエネルギーが非常に大きい十干です。 2022、2023年はエネルギーが更に大きくなり、暴走の恐れがあります。 この時期にセルフコントロール出来るかが鍵に思えます。 関連記事 壬の性格を知りたい方はこちらから。 以上となります。

次の