きめ つの 刃 死亡。 【鬼滅の刃】伊之助、善逸、天元さん、死亡・・・・【ジャンプ感想】

鬼滅の刃の死亡・生死不明キャラクター(柱・十二鬼月)一覧!(原作・アニメのネタバレあり)

きめ つの 刃 死亡

この記事の目次• 主要キャラクターの現在状況一覧 最新の動き 最新話の考察はこちら 平和な世界で暮らす子孫が描かれ完結! 舞台は現代東京。 そこでは炭治郎や禰豆子、善逸伊之助たちの子孫が平和に暮らしていました。 戦いで死亡した者たちも転生を果たし、おばみつや胡蝶姉妹も再会。 そして伊之助とアオイの子孫により、ついに 青い彼岸花が全て消滅します。 邪悪な鬼が生まれない、真に平和な世界が訪れたのでした。 204話で物語は戦いの3ヶ月後へ 最終決戦から3ヶ月後、炭治郎は蝶屋敷にて治療を受けていました。 炭治郎の退院が近く、愈史郎や宇髄、煉獄家、義勇や実弥など多くの人が駆けつけます。 一方で産屋敷邸では最後の柱合会議が行われ、鬼殺隊の解散が決定。 解散後に炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の4人は、炭治郎の実家で暮らすことに。 そして最後には、物語が高層ビルの立ち並ぶ現代へと移ります。 鬼化で一時回復するも、どちらも機能停止に。 3ヶ月間治療を受けた後、禰豆子・善逸・伊之助と共に 雲取山の実家で暮らし始める。 生存 鬼化した炭治郎を説得する際に傷を負ったが、大きな後遺症もなく回復。 炭治郎・善逸・伊之助と共に 雲取山の実家で暮らし始める。 生存 無惨戦で左足を負傷していたが完治。 育手である桑島の遺骨を持って、炭治郎・禰豆子・伊之助と共に 炭治郎の実家で暮らし始める。 生存 無惨戦で全身を負傷していたが完治。 蝶屋敷にてアオイの優しさに気づくが、炭治郎・禰豆子・善逸と共に 炭治郎の実家で暮らし始める。 生存 鬼化した炭治郎を救う際に負傷したが、その時の傷は完治し視力も無事。 実弥から鏑丸を譲り受け、鏑丸と共に暮らすことに。 死亡 上弦の壱・黒死牟戦にて、身体を両断され瀕死。 最期には鬼のように身体が崩れていき消滅。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 生存 無惨戦で右腕を欠損。 以前より短髪になっている。 最後の柱合会議で鬼殺隊解散を了承した後、 炭治郎を見舞いに来訪する。 死亡 無限列車編にて、猗窩座と戦い死亡。 炭治郎や善逸、伊之助たちに成長を促す言葉を遺し、大きな影響を与える。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 生存 上弦の陸との戦いで、左目と左手を欠損。 3人の嫁とともに、 炭治郎を見舞いに来訪し、再会を心から喜ぶ。 死亡 上弦の壱・黒死牟戦で、胴体を両断され死亡。 最後まで黒死牟を食い止め、勝利の立役者に。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 上弦の弐・童磨戦にて喰われて死亡。 しかし自身に仕込んだ毒を見舞い、童磨を瀕死に追い込む。 カナヲに人間戻りの薬を託し、精神世界では炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 無惨戦で致命傷を負い、最期の時を伊黒と共に過ごす。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 死亡 無惨戦で両目を失明し致命傷を負い、最期の時を甘露寺と共に過ごす。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 生存 無惨戦で右手の指を欠損。 最後の柱合会議で鬼殺隊解散を了承した後、カナヲに鏑丸を譲り渡し、 再会した禰豆子に元気で生きるよう伝える。 死亡 左足を欠損しつつも無惨の逃亡を幾度となく阻止。 激戦の末死亡するが、 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 産屋敷を襲撃した鬼舞辻無惨を巻き込んで、屋敷ごと自爆し死亡。 死亡 産屋敷を襲撃した無惨へ、人間に戻る薬を投入して抑え込む。 無惨に頭を潰されて死亡するが、 実は老化する薬も加えており、死亡してなお無惨に一矢報いる。 生存 茶々丸とともに炭治郎の見舞いに訪れ、珠世の後を追おうとしていたことに勘付かれる。 その後、行方はわからなくなるが現代編では……? 生存 炭治郎が退院する前日、蝶屋敷に来訪。 炭治郎・禰豆子との再会を心から喜ぶ。 鋼鐵塚蛍 生存 刀鍛冶の里で重症を負うが生存。 炭治郎を見舞いに訪れる。 産屋敷輝利哉 生存 鬼が消えたことに伴い、鬼殺隊の解散を決定。 命を懸けて戦った義勇と実弥に、 深々と頭を下げて感謝の言葉を伝える。 死亡 太陽に灼かれ完全に消滅。 しかし日光に焼かれる前に、炭治郎を鬼化させる。 精神世界で炭治郎の支配を目論むが、失敗に終わり 精神世界に取り残されることに。 死亡 悲鳴嶼、不死川兄弟、時透との戦いで頸を落とされる。 なおも再生するが、自分のおぞましい姿に絶望し、亡き弟・縁壱を想いながら消滅する。 死亡 毒を仕込んだしのぶを喰らったことで弱体化し、最後にはカナヲと伊之助により頸を斬られ死亡。 死亡 義勇と炭治郎と戦い頸を斬られるが復活。 しかし大切な人との回想を経て、自ら消滅することを選び朽ちる。 死亡 半天狗の補填として、現上弦の肆になる。 愈史郎が乗っ取り無限城を操作するが、防ごうとする無惨によって処理される。 死亡 刀鍛冶の里を襲撃するが、炭治郎たちに討伐され死亡。 死亡 半天狗と共に刀鍛冶の里を襲撃するが、時透により討伐され死亡。 死亡 堕姫の補填として、現上弦の陸となる。 無惨の屋敷で鬼殺隊の前に立ちはだかるが、激昂した善逸によりあっという間に討伐される。 死亡 遊郭を調査しに来た、宇髄天元と炭治郎たちにより討伐され死亡。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

【鬼滅の刃 143話感想】しのぶさん、死亡か・・・・・・・

きめ つの 刃 死亡

おしながき• 柱の数 上弦の参である猗窩座は、炎柱である杏寿郎を殺害しています。 そして童磨は、当時の花柱であった胡蝶カナエと、蟲柱の胡蝶しのぶを殺害。 ここに、不吉な予兆が出ていたのです。 猗窩座が殺した柱は一人。 童磨が殺した柱は二人。 段々と数が増えていっています。 そこに黒死牟の、柱を三本斬るシーンがあったのですから、流れ的に黒死牟が柱を三人殺害するといった、考察ができてしまいました。 しかし、黒死牟が殺した柱は無一郎のみ。 じゃあこの話はもう終わり。 となるはずなのですが、もしもこの流れが続いていたとしたら。 ないとは思いますが、一応考えてみましょう。 主要キャラ 今回改めて考えたのは、黒死牟が主要キャラを何人殺したかについてです。 黒死牟が殺したのは、無一郎と玄弥の二人。 そう考えると、猗窩座が一人、童磨が二人、黒死牟が二人。 ただ、もう一人縁壱という人物も、黒死牟との戦いで死亡しています。 縁壱は黒死牟に殺されたわけではなく、立ったまま老衰するという最期を迎えています。 ここをどう考えるか。 今回はあえて、それぞれの戦いの中で死亡したキャラの数という、無理やりな括りで考えてみましょう。 そうすると、猗窩座が一人、童磨が二人、黒死牟が三人。 無理やりですが、こうなります。 では、ここからが本題。 無惨との戦いはどうなるのか。 そこも考えてみましょう。 最終決戦 最終決戦で亡くなってしまった主要キャラは、珠世・蜜璃・小芭内・悲鳴嶼さん。 まだ確定ではないものの、202話の時点では四人となっています。 猗窩座一人、童磨二人、黒死牟三人、無惨四人。 無理やりではありますが、綺麗に数が並んだので、これより先は数が増えないということを、願いたいところです。 しかし、直近の炭治郎の鬼化によって、少し状況が変わってしまいました。 ここも考えようによるのですが、無惨から炭治郎にバトンタッチされたことで、ここから五人の主要キャラが、亡くなってしまうことになる。 いや、さすがにそれはないと思います。 炭治郎は人を殺せない…はず。 ただ一つ怖いのは、亡くなってきた主要キャラを、人間に限定した場合の話です。 珠世は鬼なので除外すると、無惨が殺したのは三人。 もう一人候補が出てきてしまいます。 それは誰か。 200話の表紙の右側にいた、炭治郎。 考えられるのはそこだけでしょう。 炭治郎は人を殺さないけど、死んでしまう可能性はあるということです。 まとめ的なもの 今回の考察は、結構無理やりでした。 こういった予想は、まず当たることはありません。 意味深柱絵も、結局意味がなかったものとなりましたし、あらかじめそういった伏線を張っているということは、結構少なめなのかなと。 ただ、200話の表紙だけは、明らかに生と死でわかれていますので、そこがまだ継続されているのかどうか。 そこは気になるところです。

次の

【鬼滅の刃考察】黒死牟が最強にヤバすぎたw【能力技・月の呼吸】【戦闘力・正体まとめ】【継国厳勝】【こくしぼう】

きめ つの 刃 死亡

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】お館様が自爆した理由は? 産屋敷耀哉は、 自分の妻と二人の子供と一緒に自爆していましたが、無惨はこの大きなバク以外にも 罠があることや、柱たちがすぐ近くまで迫っていることを察知します。 無惨は思い違いをしていました。 産屋敷という男は完全に常軌を逸している。 何かを仕掛けてくるとは思っていたが、これ程とはと無惨は思っています。 爆薬の中にも無数の細かな撒菱のようなものが入っており、殺傷能力が高められています。 それはわずか一秒でも無惨の再生能力を遅らせるためのものであり…そのほかにもまだあると無惨はあたりを見渡します。 柱がこちらに向かってきていることももちろん感じていましたが、それだけではないもっと別の何かを産屋敷は用意しているのだと警戒します。 産屋敷は自分自身をおとりとして使ったのです。 無惨に対しての、怒りや憎しみ、そして強い殺意を産屋敷は隠していたのです。 そのことは驚嘆に値すると無惨は思っています。 そしてこの爆発は妻と子どもは承知していたのかと無惨は考えましたが…考えることをやめてしまいます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】なぜ家族も一緒に巻き込んだ? 家族である妻と子供二人を巻き込んでの自爆。 数日前から無惨が屋敷に来ることを察知していたので、 妻や子供を避難させることは簡単なことだったと思います。 現に 跡継ぎの男の子はその場にはいませんでした。 きっと家族を巻き込んでの自爆は、 屋敷を突き止められてしまったからではないかと思います。 無惨に対しての対抗策のようなものも考えていました。 自分自身を囮にて、柱たちに無惨を倒してもらおうといていたのです。 自爆は無惨を倒すためではなく 柱たちを集めるための時間稼ぎではないかと思われます。 産屋敷の考えていた通りに、無惨が屋敷にやってきてその時に妻と子供が二人いることに気がつきます、 跡継ぎの男の子はいなかったので、どうして他の子供を巻き添えにしなくてはいけなかったのか、妻や子供は納得していたのだろうかと考えてしまいます。 たぶん無惨が狙っているのは、 産屋敷耀哉一人の命だと思います。 でも子孫を残さないように皆殺しにするかもしれませんね もし一人の命だけならば、産屋敷が一人でいて、無惨が来た時に自爆すればそれでよかったのだと思います。 それをわざわざ妻や子供のことを巻き込む人だとは思えないので、何か訳があったのではと思います。 無惨が現れた時、産屋敷一人だったとすれば、病気の産屋敷を一人置いて家族はなにをしているのだということになります。 それは、無惨がやってくることを産屋敷が察知していて、何らかの対策をしていると感づかれてしまいます。 そのことを避けるため、 妻と子供がいて、柱の護衛がないことを教え無惨に油断をさせたかったのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】お館様の心に残る名言 「 永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり、不滅なんだよ」 「 これを否定するためには、否定する側もそれ以上のものを差し出さなければならない」 「 十二鬼月を倒しておいで、そうしたら皆に認められる、炭治郎の言葉の重みが変わってくる」 「 わかるか、これは兆しだ。 運命が大きく変わり始める。 この波紋は広がってゆくだろう。 周囲を巻き込んで大きく揺らし、やがてはあの男のもとへ届く」 「 鬼舞辻無惨、お前は必ず私たちの代で倒す。 」 「 君は必ず自分を取り戻せる無一郎」 「 刀は振ってみたけれど、すぐに脈が狂ってしまって十回もできなかった。 叶うことなら私も君たちのように体一つで人の命を守れる 強い剣士になりたかった」 「 杓子定規にものを考えてはいけないよ無一郎。 確固たる自分を取り戻したとき、君はもっと強くなれる」 「 寂しくはないよ、私ももう長くは生きられない。 近いうちに杏寿郎やみんなのいる、黄泉の国へ行くだろうから」 「 君たちが捨て駒だとするならば、私も同じく捨て駒だ。 鬼殺隊を動かす駒の一つに過ぎない。 私が死んだとしても何も変わらない、私の代わりはすでにいる」 お館様の名言を集めてみました。 説得力のある力強い言葉がたくさんあります。 その中には、 優しく癒される言葉もあり、お館様の人柄が滲み出た発言が印象に残ります。 スポンサーリンク まとめ 鬼殺隊を束ね、鬼舞辻無惨を敵対している産屋敷家の97代目当主産屋敷耀哉。 わずか23歳で人生の幕を閉じてしまいました。 自らを囮にし、妻や子を道ずれにして…。 多分 生まれた時から、無惨を倒すことだけを考えて生きてきたのだと思います。 それなのにどうして穏やかで、思いやりのある人に育ったのでしょう。 柱たちが、屋敷が爆破されている音を聞き、屋敷に向かっている顔を見れば、どんなにお館様がみんなに好かれていたのかがよくわかると思います。 鬼舞辻無惨と同じ血筋だったのだけあり、お館様と無惨の顔はそっくりです。 苗字は違っていますが、無惨が改名している可能性がないわけではないので、きわめて近い血筋ではないかとも考えてしまいます。 年齢的にはとても離れているので、そんなことはないと思いますが。 無惨のために呪われていて、30歳までも生きられないなんて、生まれた時から寿命まで決められている…そう考えると無惨と対峙した時のお館様は、どうしてあんなに平静を保つことができたのだろうかと思ってしまいます。 人生をかけて、それだけのために生きてきたと言っても過言ではない敵とはなしているのです。 憎くてたまらないのではないのでしょうか。 それとも自分の仕掛けた罠に、ようやく自分から飛び込んできた。 あとは 自分の育ててきた可愛い鬼殺隊が、必ず仕留めてくれると気持ちが高揚していたのでしょうか。 本当は、無惨が倒されるところをこの目で見て、倒してくれた隊士たちをねぎらいたかったのだと思います。 もちろん妻や子供も道連れにしたかったはずはありません。 鬼殺隊が、無惨を倒しお館様に報告できますように。 鬼のいない世界が早く来ますように。

次の