心筋 梗塞 放散 痛。 [121] 胸の痛み…生命に危険な場合

急性心筋梗塞

心筋 梗塞 放散 痛

こんにちは、えりえりです! 俳優の大杉漣さんが心不全でお亡くなりになったとき、 日本中がショックと悲しみに包まれました。 突然襲い掛かる怖い病気は、命にかかわります。 防げるものであれば、未然に防いでおきたいですよね。 大杉漣さんは 「急性心不全」といって心臓の止まった状態が原因で亡くなりました。 原因の病気としては、 動脈硬化のせいで血管が詰まってしまったために 心筋梗塞になったか、 あるいは 不整脈の一種である心房細動のどちらかだろうと言われています。 忙しい毎日を送っていると、ついつい健康管理がおろそかになってしまいます。 また、 ストレスから バランスの悪い食事になったり、お酒を飲み過ぎてしまったり…と、ありがちな話です。 健康と病気について、よく耳にする 「心不全」や「心筋梗塞」について、またちょっと聞きなれない 「放散痛」や「関連通」とは何かについて書いてみたいと思います。 1-1. 1-2. 2-1. 2-2. 2-3. 放散痛とはどんな痛み?どこが痛いの? 心不全でお亡くなりになった大杉漣さんは、具合が悪くなった当日、「 お腹が痛い」と共演者たちにラインを送っていました。 お腹が痛いってどういうこと? お腹といっても、お腹の中には臓器がいろいろとありますよね。 胃や腸がいたいのかな?と一瞬思ったのですが、どこが痛かったのでしょうか。 放散痛の痛みは体のどこに出る?関連痛と同じ? 不整脈や心筋梗塞も、心不全になる前に 「 放散痛」という痛みが体のいろんな部分に生じることがあります。 放散痛とは関連痛の一つで、病気の原因がある部位とはまったく違う場所で起こる痛みのことです。 放散痛を別の呼び方で 関連痛ということがあります。 関連痛にしても、痛みの原因が生じた部位と違う部位に感じる痛みのことですね。 つまり、心臓が悪いのに、腕が痛くなるとかそういうことです。 持病とは関係のない、他の体の部分が痛む。 放散痛で関係ないところがチクチク痛いし。 これは辛い。。。 放散痛や関連痛の痛みは、 みずおち、肩甲骨、腕、背中、胸など痛みはさまざまな場所に生じるんですね。 歯やのどが痛くなる人もいるそうです。 医師によっても見解が異なります。 『背中痛くなるで』 『背中痛くなるわけないで』 など。 もしかすると脇腹も放散痛でありえますよね。 歯が痛いのは我慢できない人が多いかなと思います。 神経につながっていますから、ズキンズキンきたらもうたまらないですよね。 眠れないし、余計な心配しちゃう。 神経抜かなきゃいけないの?とか。 のどが痛くなったら、風邪やウィルスなどを連想して内科や耳鼻咽喉科などへ駆け込むでしょう。 のどの腫れとか診てもらいますよね。 季節性のもので溶連菌とかものどがいたくなって、高熱出ます。 最近だと夏でも溶連菌が流行りますが💦 胸が痛ければ、胸やけか飲み過ぎたかと勘違いするかもしれません。 心臓を疑うのもあるでしょうか。 不整脈とか? それとか、よく 五十肩で痛いとか、 デスクワークのし過ぎで 腰や背中が痛いということはあります。 肩こりはよくあることです。 まさかそれが「放散痛」だと自分で疑うことのできる人って少ないと思います。 脚が痛くなる人もいるらしくて、 筋肉痛や関節痛などを疑ってしまうと思います。 難しいところね。 本人にしか痛みはわからないし。 本人としては痛いんだから、本当に痛いんでしょうね。 放散痛は前兆!見逃さないで! 「お腹が痛い」と訴えた大杉漣さんにしても、 心臓とは関係のない部位が痛かったのですね。 それはご本人にしかわからないですね。 急に痛くなったのだから、一刻も早く病院へいくしかなかったですね。 放散痛といいまして、内臓が悪いと背中が痛くなるんですよ。 知り合いは慢性的な腰痛がガンの放散痛でした。 健康診断みたいな気持ちでいいから軽く診てもらった方が良いです。 時間がない、面倒は言い訳にしないように気を付けないと。 自分は大丈夫っていう根拠のない自信も危ないね。 冬場は患者が最も多いらしく、寒い季節は要注意だそうですよ。 寒いと血圧が上がるし、飲酒量も増えますからね。 夏に比べて体にカロリーをため込んでしまうので肥満にもなりやすいです。 狭心症から心筋梗塞に発展するものもあります。 胸の痛みだけでなく、あご、肩、首も痛くなります。 めまい、冷や汗、呼吸困難を伴うこともあります。 こういった症状は見逃さない方がよいですね。 30分以上続くようであれば、心筋梗塞の疑いがあります。 一日のうちで気を付けるべき時間帯はいつ? 注意したいのは、日中動き回っているときだけでなく、 朝方や深夜などの就寝中の安静時にも充分起こり得るのだということです。 ということは24時間いつも気にかけていなければなりませんね。 普段から健康に気を付けている人でも、いつなるかわからない病気が心筋梗塞や不整脈です。 ちょっとした自分の体の変化を見逃さないことがポイントとなるようです。

次の

急性心筋梗塞

心筋 梗塞 放散 痛

英 , 関 症状• 胸痛:デルマトームC7-T1への放散痛 PHD. 179。 デルマトームT1-T4への放散痛 IMD. 179• 心筋梗塞の症候 特徴的な疼痛 持続性で、ひどい痛み、典型的には 交感神経による作用 発汗 皮膚が湿って冷たく感じられる 副交感神経による作用 悪心・嘔吐 倦怠感 炎症反応 中程度の発熱 心臓の所見 ギャロップ うっ血性心不全があればも その他 運動異常を伴う膨隆 なら 心膜摩擦音 があれば 収縮期雑音 や心室中隔欠損があれば 肺のラ音 うっ血性心不全があれば 頚動脈の拡大 右室梗塞 身体所見 ST-segment elecation MI HIM. 1533• 不安、不穏、ベットの上で場所を変えたり身体を曲げたりして痛みを和らげようとしている。 四肢の冷感• 多くの患者は最初の1時間は脈拍、血圧、正常• 168• 超急性期:発症直後~数時間 T波先鋭化、非特異的ST上昇• 急性期 :数時間~12時間 特異的ST上昇 上に凸 、R波減高、異常Q波出現• 亜急性期:24時間~1週間 ST上昇は減高、T波が陰転化 :左右対称な陰性T波。 しばしばQT延長を伴う。 全層虚血でのST上昇は対側誘導でST低下が見られる。 心筋梗塞を疑ったら診察は、病歴、心電図変化、心筋マーカーの上昇で行う。 心エコーで心筋壁の障害が認められ、CAGで冠動脈の閉塞または狭窄所見が見られたら確実 YN. C81 治療 初期治療 PHD. 187 ガイドライン1• :治療開始から退院後も継続的に服用。 未分画ヘパリン:冠動脈の開存性を保つ。 :酸素需要減少。 拡張期の延長による障害心筋への灌流を改善。 禁忌:喘息、低血圧、著しい徐脈。 硝酸薬:前負荷・後負荷軽減による心筋酸素需要量低減、冠攣縮の解除・予防、側副路の血流増加。 使用不可:収縮期血圧<90mmHg or 通常血圧より30mmHg以上血圧低下、高度徐脈 <50bpm 、頻脈 >100bpm 、下壁梗塞・右室梗塞合併疑い例 禁忌:勃起不全治療薬服用後24時間以内。 未分画ヘパリン:PCIが施行される場合にはヘパリンをが250を越えるように使用。 tPAを使用した血栓溶解を行った後にはヘパリン48時間投与し、を50-70秒に保つ。 鎮痛薬:塩酸モルヒネ:硝酸薬使用後も疼痛が持続する場合。 再灌流療法• 適応:発症後12時間以内 救急医療パーフェクトマニュアル p. PCI• 血栓溶解薬• CABG 二次予防• 一般療法• 患者教育• 禁煙指導• 食事療法:血圧管理、脂質管理、体重管理、糖尿病管理• 運動療法• 薬物療法• 抗血小板薬• 脂質異常症治療薬• RAA系阻害薬• カルシウム拮抗薬:血圧管理や狭心症が他の薬剤でコントロールできない場合に限る 心筋梗塞発症早期での短時間作用型カルシウム拮抗薬投与による総死亡低下に対する有効性が確認されなかったため。 ,STEMI患者への短時間作用型ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬投与は通常禁忌。 ガイドライン1• ニコランジル• ワルファリン 合併症• :発症一時間以内に起こりやすい。 機械的合併症 NSU. 424 SSUR. 397。 2週間以内に生じうる• 心室中隔を栄養する血流の途絶により中隔の壊死を来たす。 左右シャントを生じ、原疾患である心筋梗塞による心不全を増悪させ、前方不全、すなわち低心拍出量症候群をきたす。 増悪すれば、心原性ショックに陥る。 右室は容量負荷をうけ右心不全をきたすことがある。 症状は苦悶、血液低下、尿量減少を来たし、半数例においては心原性ショックが見られる。 治療は循環が悪化している場合にはドパミン、ドブタミン、ニトログリセリンが用いられるが一時的であり、大動脈内バルーンパンピングによって循環動態を安定させる。 その後、速やかに手術を施行する。 循環動態が安定している例では2-3週間後に手術を行う NSU. 424。 手術は心停止下に左室梗塞部を切開して中隔穿孔部をダクロンパッチで閉鎖する。 虚血性僧帽弁不全症 急性:、慢性:乳頭筋機能不全• 僧帽弁尖の逸脱が起こり急性僧帽弁閉鎖不全症の病態を呈する。 原疾患の心筋梗塞による心不全に加え、急性僧帽弁閉鎖不全症により心原性ショックに陥る。 治療はIABPを挿入して循環動態を安定化後、僧帽弁置換術を行う。 自由壁破裂は左室に多く、健常部と梗塞部位の境界に多い。 病型は急激に大出血するblow-out型とじわじわ出血するoozing型がある。 いずれの場合でも出血による心タンポナーデを来たし、低心拍出量の低下、さらに心原性ショックに陥る。 症状は血圧低下、意識消失、呼吸停止、徐脈、心停止に至る。 治療は直ちにPCPSにより循環の維持を図り oozing型の場合は心嚢穿刺によるタンポナーデの解除を行う 、開胸手術により出血部のフェルトを用いた縫合閉鎖を行う。 2週間以降に生じうる• ガイドライン• 急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン [display] 国試• -I22. 心臓が栄養としている冠動脈が閉塞や狭窄などを起こして血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態 [1]。 通常は急性に起こる「急性心筋梗塞 AMI 」のことを指す。 心臓麻痺・ 心臓発作(ハートアタック、英: Heart attack)とも呼ばれる。 心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群 acute coronary syndrome; ACS という概念が提唱されている。 1 発症形式• 2 原因• 3 症状• 4 発病因子• 5 検査• 1 心電図• 2 心臓超音波検査• 3 Swan-Ganzカテーテル検査• 4 心筋シンチグラフィー• 5 冠動脈造影CT• 6 胸部レントゲン• 7 血液検査• 6 治療• 1 急性期• 2 安定期• 7 合併症• 1 不整脈• 2 心不全• 3 乳頭筋断裂• 4 心破裂• 5 心室瘤• 6 心筋梗塞後症候群(Dressler症候群)• 8 予後• 9 脚注• 10 参考文献• 11 関連項目• 12 外部リンク 発症形式 [編集 ]• 急性心筋梗塞 AMI:Acute Myocardial Infarction :発症から3日以内• 亜急性心筋梗塞 Subsequent Myocardial Infarction :発症から30日以内• 陳旧性心筋梗塞 OMI:Old Myocardial Infarction :発症から30日以上 原因 [編集 ] 冠動脈の血流量減少は、主に動脈硬化などの何らかの要因によって狭窄(きょうさく)を起こすことによる。 この要因には冠動脈部分での粥種の破裂 plaque rupture や攣縮 spasm が深く関係するが、他にも梅毒性動脈炎が起こす冠動脈起始部狭窄、解離性大動脈瘤が冠動脈に進展して起こる閉塞、川崎病などによる冠動脈での血栓(塞栓)形成などもある [1]。 症状 [編集 ] 強い胸部の痛みや苦悶感が生じ15分以上持続するが、虚血状態が解消されなければ数時間以上続く。 顔面蒼白になり、冷や汗、除脈、血圧の低下、脈拍の上昇などを伴い、意識不明に陥ることもある [1]。 左心不全を伴う症例が多く、湿性ラ音が広範囲で聴取できるようになる。 Killipらはこのラ音所見を重症度の判定表にまとめ、これはKillip表と言う [1]。 痛みを感じなくなる原因は、脳血管障害 [5]や糖尿病性神経障害による自律神経障害が多いと考えられている。 自覚症状が無く心筋梗塞の病態が進行するため、発見時には既に重篤な状態となっている場合も多い [6]。 発病因子 [編集 ]• 高コレステロール血症(特に高LDLコレステロール血症)• 糖尿病• 高血圧• 狭心症・心筋梗塞の家族歴• 加齢(男性45歳以上、女性65歳以上)• ストレス• 男性>女性• 痛風(高尿酸血症)• 血液透析• 高ホモシステイン血症• 歯周病 検査 [編集 ] 心電図 [編集 ] 心電図 ECG の所見としては ST上昇 [1]や異常Q波が特徴的であり、これがどの誘導肢に現れるかで梗塞部位や責任血管部位の診断が行える。 もちろんミラーイメージの ST低下も含む [1]。 hyper acute T は臨床所見と組み合わせて判断する。 障害部位 ST上昇誘導 ST下降誘導(Reciprocal image 責任血管 中隔(Septal) V 1, V 2 (-) 左冠動脈前下行枝(LAD) 前壁(Anterior) V 3, V 4 (-) 左冠動脈前下行枝(LAD) 前壁中隔(Anteroseptal) V 1, V 2, V 3, V 4 (-) 左冠動脈前下行枝(LAD) 前壁側壁(Anterolateral) V 3, V 4, V 5, V 6, I, aVL II, III, aVF 左冠動脈前下降枝(LAD)、左冠動脈回旋枝(LCX)、左冠動脈主幹部(LMT) 広汎前壁(Extensive anterior) V 1,V 2,V 3, V 4, V 5, V 6, I, aVL II, III, aVF 左冠動脈(LCA) 下壁(Inferior) II, III, aVF I, aVL 右冠動脈(RCA)、左冠動脈回旋枝(LCX) 側壁(Lateral) I, aVL, V 5, V 6 II, III, aVF 左冠動脈回旋枝(LCX)、左冠動脈主幹部(LMT) 後壁(Posterior) V 7, V 8, V 9 V 1,V 2,V 3, V 4 後下行枝(PDA) 右室梗塞(RV) II, III, aVF, V 1, V 4R I, aVL 右冠動脈(RCA) 心臓超音波検査 [編集 ] 心臓超音波検査(エコー)は、ごく軽度の心筋梗塞を検出する上で心電図や血清生化学検査に勝る簡便で最も有用な検査であり、心筋の壁運動低下を検出することにより診断する [1]。 ただし、心尖部や下壁に限局した梗塞の場合など、明らかな壁運動異常(asynergy)を検出しにくい場合もある。 さらに副側血行路がある場合壁運動異常(asynergy)を呈さず、心電図も異常を示さず診断が困難になる場合も多々ある。 心筋梗塞による MR(僧帽弁閉鎖不全症)の有無の診断にも役立つ。 三尖弁の圧格差(TRPG)を計測することで肺動脈圧を推定することが可能であり、心不全の評価にも役立っている。 すでに壁運動低下部位が薄くなって輝度が亢進していればそれは陳旧性病変である。 Swan-Ganzカテーテル検査 [編集 ] カテーテル検査では、鼠形動脈から差し込んだカテーテルを右心室・心房を経由して肺動脈まで進め、ここでバルーンを用いて間接的に左心房の圧力(肺動脈楔入圧)を計測する方法が取られる。 また、先端から冷水を注入してセンサーを用いた温度測定を行い、血流の量を知る方法もある [1]。 心係数2. 2以下を末端循環不全、肺動脈楔入圧18以上を肺うっ血状態とし、それぞれの区分から重症度を判定し投与する医薬品の種類や治療法を定めている [1]。 心筋シンチグラフィー [編集 ] 心筋梗塞はないか、血流の少ないところはないか、心筋は正常に動いているか、心臓の働きを果たしているかなどを調べる検査。 シンチグラフィーとは、体内に投与したグルコースなど放射性同位体から放出される放射線を検出し、その分布を画像化したもの [1]。 陽電子放射型断層撮影法 PET と呼ばれる [1]画像診断法の一つ。 腫瘍(がん)や各種臓器の機能の診断にも使われる。 また、核種の組織親和性を利用して、異所性胃粘膜の検出、甲状腺や唾液腺の検査にも使われる。 心筋梗塞の部位はテクネチウム-99mピロリン酸を取り込み、逆に正常な心筋はタリウム-201を取り込む性質を持つ。 これを利用しシンチグラフィーを行えば心筋梗塞の進展具合を確認できる [1]。 冠動脈造影CT [編集 ] 近年、医療機器の発達により、ごく少数施設のみではあるものの、64列マルチスライスCT MDCT による冠動脈病変の評価が可能となりつつある。 心臓カテーテル検査よりも簡便で、入院や複雑な合併症なども少ないため、今後は多用される可能性が高い。 ただし、心拍数や不整脈の影響を受ける、ステント内部の評価が困難であるなど、まだ万人の評価が可能とは言えず、今後の技術的発展が待たれる分野である。 胸部レントゲン [編集 ] 胸部のX線検査は、心筋梗塞に対する特異的な所見は得られないが、重症度の判定や動脈瘤を除くための診断に用いられる [1]。 血液検査 [編集 ] トロポニン トロポニンTとIは非常に特異度が高く、発症3時間以上経過した心筋梗塞の診断に役立っている [1]。 ただし腎不全患者などでは心筋のダメージと関係なくTnT、H-FABPともに陽性になることがあることが知られている。 CK-MB 心筋特異性が高い。 また心筋の障害(壊死)の程度を反映する [1]。 特異的でないが必ずみられる所見として、一番最初に上昇する白血球 [1]、AST(GOT)、LDH、CK、ミオシン軽鎖 の上昇があり、それぞれ上昇し始めた時期は発症時間の予測に役立つ。 一般的な血液検査で異常を来す時間は、白血球 2〜3時間、CK 2〜4時間、AST 6〜12時間、LDH 12〜24時間、CRP 1〜3日、ESR 2〜3日である。 治療 [編集 ] 急性期 [編集 ] 絶対安静が原則である。 発症後急性期には致死的不整脈が容易に起こり死亡する危険性が非常に高い。 また、虚血の時間が長引くほど心筋の死滅が進み心機能の不可逆的低下が進行していく。 発病を疑った際は患者から目を離さず直ちに救急車を要請すること、患者の意識が消失し脈拍を触れない際には躊躇せず心臓マッサージを行うことが必要である。 機能的な心停止に陥った際には3〜5分以上の無処置は社会復帰率をほとんど0にしてしまう。 救急隊の到着を待たず直ちに救命処置(心臓マッサージなど)に掛かる必要がある。 心筋梗塞は、心筋に対する相対的・絶対的酸素供給不足が原因であり、安静にして酸素吸入を行う。 また鎮痛および体の酸素消費低下目的で、モルヒネを投与する場合もある。 急性期には心筋梗塞の病巣拡大を防ぐことが最大の目的となる。 一般的に「モルヒネ」「酸素吸入」「硝酸薬」「アスピリン内服」などが中心に行われ、Morphine, Oxygen, Nitrate, Aspirinの頭文字をとって「MONA(モナー)」という名称で心筋梗塞の応急処置(First Aid)として知られている。 発症6時間以内の心筋梗塞の場合、積極的に閉塞した冠動脈の再灌流療法を行うことで、心筋の壊死範囲を縮小可能である。 これに限らず、発症から24時間以内の症例では、再灌流療法を行う意義が高いとされる。 大別してカテーテル的治療 PTCA, PCI を行う場合と、血栓溶解療法 PTCR があり、国により、保険により、医師の判断により治療方針が分かれていることがある。 日本では、PCIの可能な施設も多く、急性期であればPCIが行われることが多い。 ただし、動脈を介した検査・処置であることから合併症も多い。 特に心電図上STの上昇が見られた場合、如何に早くPCIを行うかが重要であるが、救急搬入後直ちに同療法を行える体勢を取っている病院は、心臓病治療の先進国である米国でも僅かである [8]。 狭窄部位が3つ以上であった場合などに、緊急冠動脈大動脈バイパス移植術 CABG が行われる施設もある。 PCI と CABG を比較すると PCI では25〜30%再狭窄を来すとされていたため、1枝病変であっても CABG に優位性があるという説もある。 しかし、2004年から薬剤溶出性ステント Drug-eluting stent, DES が保険適応となり、PCI の成績向上が期待されている。 安定期 [編集 ] 急性期にインターベンションが成功すると、比較的予後は保たれることが多い。 安定期には安静、内服加療が中心となり、疾患の特徴上糖尿病、高血圧、高脂血症などが併存することが多いため、これらに対する検査・治療、患者教育などが中心となる。 インターベンション不成功例、発症から時間が経過していた例などは下記の様な合併症を生じることが多い。 合併症 [編集 ] 狭窄が生じた冠動脈の部位と発生からの時間で大まかに分別される。 不整脈 [編集 ] 心筋梗塞による急性期の死亡の多くは発症後の不整脈による。 急性期24時間以内に最も多く発生し、心筋梗塞の死因の第1位である。 期外収縮 ほとんどに合併する。 心室細動 左冠動脈 LCA 梗塞で特に前壁梗塞に生じやすい。 発症後数時間以内に生じるものが多い。 致死的な合併症である。 房室ブロック 右冠動脈 RCA 梗塞の結果として伝導経路が障害されると起こる。 洞房結節そのものが障害されると Sick Sinus Syndrome SSS をおこしうる。 心不全 [編集 ] 頻度は低いが、心不全は発症すると死亡率が高い。 Swan-Ganzカテーテルで心機能を評価する Forrester分類に応じ、対症的に治療する。 乳頭筋断裂 [編集 ] 発症数日後に生じることが多く、右冠動脈 RCA 梗塞の下壁梗塞に生じることが多い。 たいていは発症すると重篤な僧帽弁閉鎖不全を伴い、心不全の原因となる。 治療として CABG をおこなう場合は、同時に僧帽弁置換術をおこなうこともある [9]。 心破裂 [編集 ] 心筋が壊死し、心臓の血圧に耐えられずに外壁が破裂する症状。 基本的にこれが起こると失血と心タンポナーデによって即死となる場合が多く、助かることは難しい。 因みに右心室と左心室の間に穴が開くことを心室中隔穿孔という。 心室瘤 [編集 ] 心室瘤は、左冠動脈前下降枝 LAD 梗塞の結果として心尖部に生じることが多い。 心筋梗塞治療後も遷延する ST上昇の原因の一つである。 破裂しやすく、心タンポナーデの原因となる。 心筋梗塞後症候群(Dressler症候群) [編集 ] 発症数週間後に生じる自己免疫性心外膜炎。 予後 [編集 ] 発症すると致死率は20%と非常に高い。 そのほとんどは急性期に生じる不整脈を合併した例である。 発症後48時間以内の致死率が特に高いため、それを乗り切れば救命できる確率も高くなる。 脚注 [編集 ] [ ヘルプ]• 146-153、II. 循環器疾患を深く学ぼう、A. 虚血性心疾患、心筋梗塞• 30 1993 No. 8 P680-687• 39 1989 No. 6 P715-717• 34 1997 No. 4 P285-291• 58 1991 No. 1 P74-85• wakunaga. html• "Reducing the door-to-balloon time for myocardial infarction with ST-segment elevation. " NEJM. 2006 Nov 30;355 22 :2364-5. Epub 2006 Nov 13. PMID 17101618• 30 1998 No. 2 p. 91-96 参考文献 [編集 ]• 編集:小室一成、編集協力:川名正敏 萩原誠久 中村文隆 吉田勝哉 『講義録 循環器学』 メディカルビュー社、 2006年、第1版第2刷。 ISBN 4-7583-0056-9。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 心筋梗塞に関連するカテゴリがあります。 虚血性心疾患• 狭心症• 心電図• 動脈硬化• 循環器学• 二次救命処置• LOX-index 外部リンク [編集 ]• 急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン PDF 日本循環器学会• 国立循環器病研究センター• 心筋梗塞、狭心症-その予防と治療• 心筋梗塞が起こったら• 心筋梗塞二次予防ガイドライン 日本心臓財団 この項目は、 医学に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. overview of the acute management of st elevation myocardial infarction• criteria for the diagnosis of acute myocardial infarction• risk factors for adverse outcomes after st elevation myocardial infarction• overview of the acute management of unstable angina and non st elevation myocardial infarction• overview of the non acute management of st elevation myocardial infarction Japanese Journal• 女性の 急性心筋梗塞患者と待機的経皮的冠動脈インターベンション患者の退院前後の活動リズム変化--2症例の考察• 安原 由子,谷岡 哲也,川西 千恵美 [他]• 香川大学看護学雑誌 15 1 , 1-7, 2011-03• PCI後の状態により選択し発行する 急性心筋梗塞電子化クリティカルパスの試み• 近藤 泰三,望月 盈宏• 日本医療マネジメント学会雑誌 11 4 , 236-240, 2011-03• 症例報告 急性大動脈解離に伴う血圧低下により冠血流障害をきたし, 急性心筋梗塞を併発したと考えられた1例• 泊 咲江,齊藤 俊彦,南本 祐吾 [他]• 日本心臓病学会誌 6 1 , 87-94, 2011-02• 冠動脈インターベンション治療 急性心筋梗塞患者のQOL評価--健康日本人と患者間の比較• 柴山 健三• 椙山女学園大学研究論集 自然科学篇 42 , 131-140, 2011• Related Links• 心筋梗塞の前兆 胸の痛み 呼吸困難 吐き気・嘔吐 左手小指の痛み 肩や背中の痛み 冷や汗 心筋梗塞のサイン「胸の痛み」の特徴 1.広範囲 点ではなく、広範囲に痛みが広がる 2.圧迫感 チクチクではなく、押されたような圧迫感• 急性心筋梗塞(きゅうせいしんきんこうそく)~初期の対応が生死を分ける~ 社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科部長 中尾 浩一 急性心筋梗塞は心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が突然つまる病気。 心筋梗塞(急性心筋梗塞陳旧性心筋梗塞)とはどんな病気か 狭心症 きょうしんしょう 、心筋梗塞などの虚血性 きょけつせい 心疾患は、心臓を養う冠動脈の動脈硬化 どうみゃくこうか により血管の内腔が狭くなり、血液の流れが制限... 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。 58歳の男性。 を主訴に来院した。 現病歴:午前11時ころ、庭仕事中に頸部に放散する前胸部圧迫感を初めて自覚した。 2分以上続き冷汗も出現するため、看護師をしている妻に助けを求めた。 居間にいた妻が駆けつけたときに橈骨動脈の拍動は微弱であり、冷汗を伴う前胸部圧迫感も続くため救急車を要請した。 午前11時15分に救急車が現場に到着した際、胸部症状はかなり改善していた。 直ちに搬送が開始され、午前11時30分に病院に到着したときには症状は完全に消失していた。 既往歴:36歳時に十二指腸潰瘍。 家族歴:父親が胃癌のため76歳で死亡。 現症:意識は清明。 身長 168cm、体重 72kg。 体温 36. 心音と呼吸音とに異常を認めない。 腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。 神経学的所見に異常を認めない。 検査所見:採血時間:午前11時32分 血液所見:赤血球 455万、Hb 12. 0以下。 血 液生化学所見:総蛋白 7. 6~6. 心電図 別冊No. 13 を別に示す。 続いて行った心エコー検査で左室の前側壁から心尖部にかけて収縮の低下を認めた。 予想される病態として正しいのはどれか。 a を認める。 b は否定できる。 c が障害されている。 d は再開している。 e が血栓により閉塞している。 70歳の男性。 労作時の息切れを主訴に来院した。 現病歴:4年前にに対し摘出手術が施行され、病理検査でと診断された。 2年前に肺転移に対して2か月間が投与され、その後病変の増大はない。 1か月前から倦怠感があり、数日前から労作時の息切れを自覚するようになった。 ここ3か月で3kgの体重増加がある。 既往歴:45歳から高血圧症で内服加療。 飲酒は機会飲酒。 家族歴:母親は肺癌で死亡。 現症:意識は清明。 身長 172cm、体重 63kg。 体温 36. 眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。 頸静脈の怒脹を認めない。 胸骨正中切開の手術瘢痕を認める。 呼吸音に異常を認めない。 腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。 四肢末梢に冷感を認めない。 両側下腿に浮腫を認める。 検査所見:血液所見:赤血球 399万、Hb 11. 血液生化学所見:総蛋白 6. 4以下 、心筋トロポニンT 0. 14 基準 0. CRP 0. 動脈血ガス分析 room air :pH 7. 心電図で高電位とV5、V6の軽度ST低下を認める。 1年前の心エコー検査は正常である。 症状の原因として最も考えられるのはどれか。 68歳の男性。 胸痛のため来院した。 6か月前からを自覚するようになった。 胸痛は2~3分持続し、安静で軽快した。 身長162cm、体重60kg。 血液所見:赤血球507万、Hb15. 血清生化学所見:総蛋白7. 冠動脈造影写真と運動負荷直後および4時間後のタリウム心筋SPECT垂直面長軸断面像を以下に示す。 診断はどれか。 問診 S• 6か月前から• 胸痛は2~3分持続し、安静で軽快• 身体所見 0• 身長162cm、体重60kg。 検査 O ]] - [[• ・年齢• 45 men• 55 women• ・高脂血症• LDL 140• TG 150• HDL 40以下• ・喫煙• 3大 4大リスク• 精神的、肉体的ストレス• 家族歴• LAO• 左をつけて盗ると是骨外左に来る。 RAO• 右をつけて盗ると背骨が右に来る。 前下行枝は中核市がわしゃわしゃ出ているやつ。 シンチは前壁と心尖の虚血を示唆している。 不安定APは積極的な治療を要する。 1 新規発症狭心症• 2 1日3回以上で発作がおこる。 3 安静時狭心症• 年齢、家族歴、cho高値• 対角枝は• 治療法で左主幹部へのカテーは禁忌である。 危険な手技である。 経験が必要。 CABGの適応• ・LMT50以上。 ・高度な三枝病変。 ・病変部の長さが1cm以上。 ・末梢枝のrun offが良好。 ・PCIをした後の再狭窄。 ・左室機能がよいこと。 ・左室拡張末期圧が20mmHg以上。 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。 67歳の男性。 胸部圧迫感を主訴に来院した。 現病歴 : 50歳時から高血圧と糖尿病とを指摘され近医で投薬を受けている。 5時間程前労作中に強い胸痛を自覚した。 胸痛は20分程で消失したものの胸部圧迫感が持続するため救急外来を受診し入院した。 心電図の異常を指摘されたことはない。 既往歴 : 特記すべきことはない。 現症 : 身長165cm、体重78kg。 皮膚は冷たく湿潤している。 頚静脈の怒張はない。 心雑音はなく、肺野でラ音を聴取しない。 腹部に特記すべき所見はなく、下肢に浮腫を認めない。 検査所見:尿所見:蛋白 - 、糖1+。 血液所見:赤血球530万、Hb15. CRP0. 3以下。 来院時の心電図と緊急で行われた冠動脈造影写真とを以下に示す。 最も考えられるのはどれか。 25歳の女性。 呼吸困難を主訴に来院した。 昨夜から前胸部不快感が出現し、本日、呼吸困難が出現したため受診した。 既往歴に特記すべきことはない。 妊娠歴はない。 最終月経は2週間前。 意識は清明だが表情は苦悶様。 体温 36. 四肢末梢の冷感を認める。 口唇にチアノーゼを認める。 頸静脈の怒張を認める。 呼吸音は両側でwheezesとcoarse cracklesとを聴取する。 腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。 血液所見:赤血球 482万、Hb 14. 血液生化学所見:総蛋白 6. CRP 2. 心筋トロポニンT陽性。 動脈血ガス分析 room air :pH 7. 仰臥位のポータブル胸部エックス線写真 別冊No. 8A 、心電図 別冊No. 8B 及び心エコー図 別冊No. 8C を別に示す。 最も可能性の高い疾患はどれか。 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。 54歳の男性。 冷汗を伴う胸痛を訴え、救急車で搬送された。 現病歴 : 5か月前から労作時に胸痛を自覚していた。 胸痛は5分間持続し、安静で消失した。 2週前から頻度が増し、安静時にも出現するようになった。 4時間前から冷汗を伴う胸痛が持続している。 既往歴 : 10年前から高脂血症を指摘されていた。 家族歴 : 兄が40歳で突然死。 機会飲酒。 現症 : 意識は清明。 身長166cm、体重75㎏。 顔貌は苦悶様。 心音ではIII音を聴取する。 呼吸音は正常。 腹部は平坦で、軟。 下腿に浮腫を認めない。 検査所見 : 尿所見:蛋白 - 、糖 -。 血液所見:赤血球450万、Hb14. 血清生化学所見:総蛋白6. CRP1. 来院時の心電図を以下に示す。 診断はどれか。 48歳の女性。 食欲低下と倦怠感を主訴に来院した。 5日前から感冒様症状と食欲低下があり、市販薬を内服して寝込んでいた。 昨日から倦怠感が強くなり、さらに今朝になって呼吸困難やふらつきも生じたため受診した。 既往歴、生活歴および家族歴に特記すべきことはない。 身長 160cm、体重 50kg。 心音は。 両下胸部にcracklesを聴取する。 血液所見:赤血球 495万、Hb 14. CRP 2. 来院時の心電図 別冊No. 9A を別に示す。 その後、完全房室ブロックが出現し、一時的ペースメーカー留置とともに冠動脈造影を行った。 冠動脈造影像 別冊No. 9B を別に示す。 最も疑われる疾患はどれか。 79歳の男性。 のため搬入された。 10年前から高血圧症、脂質異常症および2型糖尿病で加療中である。 1年6か月前にを発症し、の完全閉塞に対しカテーテル治療を施行された。 数日前から労作時の息切れを自覚し、数時間前から安静時にも強い呼吸困難を生じたため救急搬送された。 意識は清明。 両側の胸部にcoarse cracklesとwheezesとを聴取する。 4以下。 胸部エックス線写真 別冊No. 5A と心エコー図 別冊No. 5B とを別に示す。 呼吸困難の原因として考えられるのはどれか。 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。 59歳の男性。 4時間持続する前胸部痛のために搬入された。 現病歴: 1か月前から階段を上がった際に前胸部絞扼感を自覚した。 安静にすると消失するので放置していた。 本日早朝に前胸部絞扼感で覚醒した。 しばらく我慢していたが次第に増強してきた。 既往歴: 5年前から高血圧で降圧薬を服用している。 現症: 意識は清明。 身長168cm、体重82kg。 体温36. 冷汗を伴い、四肢は冷たい。 心雑音はないが、奔馬調律を聴取する。 呼吸音に異常を認めない。 腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。 下肢に浮腫を認めない。 血液所見:赤血球480万、Hb15. 800、血小板48万。 血清生化学所見:総蛋白7. 心電図を以下に示す。 診断はどれか。 76歳の女性。 、およびの定期受診のため来院した。 5年前にと診断され、を受けている。 以後、胸痛発作はないが、階段や長く歩いたときにを感じている。 頸静脈の怒張を認めない。 左側臥位で IV音を聴取する。 呼吸音に異常を認めない。 両側の下肢に軽度の浮腫を認める。 本日の心電図 別冊 No. 16 を別に示す。 患者への説明として適切なのはどれか。 a 「脈が速すぎるようです」• b 「左脚ブロック]]が認められます」• c 「心房細動]]の状態になっています」• d 「高血圧によるが認められます」• 次の文を読み、 65-67の問いに答えよ。 75歳の男性。 で入院中である。 現病歴: 2週前にとのため搬入された。 救急室でを施行され、に入院となった。 既往歴: 53歳からで内服加療中。 60歳からで内服加療中。 生活歴:長男夫婦と同居。 妻が5年前にのため死亡。 家族歴 :父親が。 入院後、人工呼吸器管理が長期にわたったため、本日を行い、引き続き人工呼吸器管理を行った。 1時間後にアラームが鳴ったため駆けつけると、人工呼吸器のモニターで気道内圧が上昇しており、患者のは怒張していた。 この時点で考えるべき病態はどれか。 2つ選べ。 72歳の男性。 2日前にのため入院し、緊急のを受けた。 術後の経過は良好であり、今朝は食事を全量摂取した。 午前中に冠動脈疾患集中治療室 CCU から一般病棟に移る予定であった。 主治医と会話中に患者が突然胸部不快感を訴え、その直後に意識を消失した。 呼びかけに反応がなく、頸動脈の拍動を触知しない。 この時のモニター心電図 別冊No. 27 を別に示す。 直ちに行うべきなのはどれか。 2つ選べ。 b の静脈内投与• c の留置• 48歳の男性。 激しい背部痛と胸部絞扼感で来院した。 5年前から、健康診断で高血圧と脂質異常とを指摘されていたが、医療機関を受診していなかった。 本日、午前6時ごろに突然、激しい背部痛が出現し様子をみていたが、胸部絞扼感も出現してきたため、家族の運転する車で来院した。 意識は清明。 体温 36. 顔面は苦悶様で発汗が著明。 可能性の高い疾患はどれか。 2つ選べ。 胃の内容物をはき出す現象。 胃または腸内容が食道を経て口腔より吐出される現象。 嘔吐中枢• 延髄網様体中の迷走神経背側核付近• 第4脳室底の化学受容体誘発帯 嘔吐中枢の近傍に存在するもの• 呼吸中枢、血管運動中枢、消化管運動中枢、唾液分泌中枢、前庭神経核 随伴症状• 発汗、唾液分泌、顔面蒼白、脈拍微弱、徐脈、頻脈、血圧の動揺、めまいなど 症状の出現形式と原因の所在• 突然の嘔吐:中枢性• 消化器症状を伴う:末梢性 嘔吐に関わる経路 IMD. 351• 背側神経背側核近傍 への直接刺激 脳圧亢進、循環障害• 肺動脈内腔に1次性に形成された血栓により閉塞された病態を肺血栓症、静脈系から肺動脈へ流入した物質により肺動脈が閉塞された病態を肺塞栓症という。 両者をまとめて肺血栓塞栓症と呼ぶが、臨床的には肺塞栓症が大半である。 肺動脈の閉塞により末梢肺組織が出血性壊死に陥ったものを特にと呼ぶ。 発症率は人口 10万人に対して 2. 8人 1996年統計。 男女比は1:1. あらゆる年齢層に発症するが、60-70歳代がピーク。 産婦人科• 卵巣癌の術前に最も多い。 参考3 産科• 産褥期、特に帝王切開術を経た患者に多い。 G10M. 318 症状• 特徴的発症状況:安静解除直後の最初の歩行時、排便・排尿時、体位変換時。 検査 参考1• スクリーニング検査• 一般検査:• 胸部単純X線写真• 動脈血ガス分析• Dダイマー• 経胸壁心エコー• 画像検査• 肺動脈造影• 肺シンチグラフィ 換気, 血流• MRA• 経食道心エコー 診断• 頻呼吸、頻脈、低酸素血症、胸痛など肺血栓塞栓症が疑われる症状があれば、酸素投与、ルート確保、血液検査 動脈血液ガス検査 、胸部XP、胸部CT、12誘導心電図を速やかに施行する。 可能であれば、ベットサイドエコーで右心不全徴候、特に右室が左室を圧排していないかどうか確認する。 Dダイマーが高値であれば、PTEの尤度を上げることができる。 下肢のcompression testが陽性であれば、有無を言わさず胸部造影CTをやるしかない。 速やかに検査が可能であり、確定診断が可能なのは胸部造影CTである。 鑑別診断 胸痛や呼吸困難を来す疾患が鑑別となる。 、、、COPD急性増悪、、、、、 合併症• 急性右心不全• 突然死• ショック 治療• 方針:呼吸管理 酸素投与 、循環管理 昇圧薬 ドパミン、ドブタミン、ノルエピネフリン• 抗凝固療法:ヘパリンから始め、ワルファリンの内服を開始。 抗血栓溶解療法:右心不全例 抗凝固療法に加えてウロキナーゼやtPA を投与• 急性循環不全 カテーテルインターベンション、外科的血栓摘除術• 経皮的心肺補助装置:循環が保てなくなった場合 ガイドライン 参考• 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2009年改訂版) [display]• 学際領域の診療 Interdisciplinary Practice 肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症 - 日産婦誌• E.婦人科疾患の診断・治療・管理 10.10)深部静脈血栓症・肺塞栓症 - 日産婦誌61巻11号• 「 英 , , 同 関。 鑑別疾患 診断エッセンシャルズ新訂版 救急疾患• その他• 、、、、、、筋骨格性胸痛 胸鎖関節炎、胸筋・研付着部痛、肋軟骨痛、肋骨肋軟骨移行部痛、 鑑別診断 DIF. 皮膚:• 筋肉:、、、、、• 肋骨・肋軟骨:、、、、、、• 胸膜:肺炎に伴う、、、、。。 肺 :、悪性腫瘍 転移性、原発性 、、• 心膜:、、、、腫瘍性心膜炎 、• 心筋:、、、 less severe pain やによる炎症の場合激しい痛みを生じる• 食道:、、、、• 縦隔:、胸骨下甲状腺炎、 ふつう、それほど痛くない• 大動脈:、、• 胸椎:、脊索腫瘍、、、、、、、、• 脊髄:、、、腫瘍、、• 関連痛:、、• 頚部の神経圧迫:、、頚椎の• 圧迫されるような痛み:狭心症、心筋梗塞• 刺すような痛み:心膜炎、胸膜炎、肋間神経痛 胸痛と呼吸困難 参考1• 8 torr - PaO2 normal below 20 Torr Chest XP: Heart echography: 参考• [第一世代]:ISA有• [第二世代]:ISA無• [第四世代]:有用な特性• などの、、II度以上の、、 高血圧治療ガイドライン2009。 C-57• 気管支喘息、心原性ショック、高度の徐脈、レイノー症候群、妊娠、 、 、代謝性アシドーシス、異型狭心症 平滑筋拡張が求められる病態、酸素供給を減らせない病態では使ってはいけないということ? 注意• 突然休薬すると離脱症候群として、狭心症や高血圧発作が生じることがある 高血圧治療ガイドライン2009。 各論 慢性心不全• 「 同 関 、 : 約 13,300 件 : 約 22,100 件 検査• 心電図 QB CBR vol. 3 p. 1533• 多くの患者は最初の1時間は脈拍、血圧、正常•

次の

放散痛とは?そのメカニズムや原因や症状を知ろう!関連痛との違いは?

心筋 梗塞 放散 痛

心筋梗塞は前兆として右肩や左肩が痛くなる放散痛があります。 左肩だけに症状を感じるという方もいますし、右肩だけのこともあるでしょう。 でも、胸が締め付けられるような感覚に加えて、こうした痛みの刺激が生じることが特徴です。 特に左肩、左腕に痛みが出やすいと言われています。 スポンサーリンク 【生活改善からリスクを下げる】 心筋梗塞は 生活習慣が大きく関係する病気です。 コレステロール値が高い傾向にあるのであれば、運動や食生活など、改善すべき部分を見つけてコントロールを行いましょう。 すると、血液の数値は大きく改善できるはずです。 放散痛を感じる右肩や左肩を放置していると、やがては心筋梗塞のリスクが押し寄せてきます。 なってしまってからではどうすることもできないかもしれないため、未然に防ぐということが大切です。 【医師の指導から改善を考える】 右肩や左肩の放散痛を感じるようになったのであれば、医師に現状を把握してもらい、少しでも 心筋梗塞のリスクが存在するのであれば、発症に至らないような予防策を講じましょう。 生活改善によって大きく状態が好転することもあるので、日頃の配慮が実を結ぶのも特徴です。 病気に悩まない体を作るためにも、放散痛への対策はきちんと立てましょう。 【まとめ】 心筋梗塞は放散痛といって、 右肩や左肩など、心臓とは距離のある位置に不具合が生じるのが特徴です。 ほかにも頭痛や歯痛など、あらゆる場所がいつもとは違った状況に追いやられるため、それを放置することなく、医師の適切な判断を仰ぎましょう。 スポンサーリンク 心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険 心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。 どうしても制限されてしまいます。 しかし、生命保険に加入することが出来ます。 この保険の種類を引受緩和型保険と言います。 一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。 加入することが出来ます。 一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。 オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。 もちろん相談は無料です。

次の