ビットコイン 始め方。 ビットコインの始め方

初心者必見!仮想通貨の簡単なやり方と始め方まとめ【コンパクト版】

ビットコイン 始め方

ビットコインの価格が高騰したり、ビットコイン関連のニュースが飛び交うようになり「ビットコインを始めたい!・・・けど始め方が分からない」なんて方も多くいると思います。 今回は完全に初心者の為の「ビットコインの始め方」講座です!• まず何をすべきか? まず、始めに確実にやっておくべきことは「知識」をつけることです! ビットコインとは何か、仮想通貨とは何か。 それを知っているのと知らないのとでは今後起こり得るリスクに対処できるかどうかが変わってきます。 この知識はビットコインにどれくらいの割合の資産をかけるのか、ビットコインのリスクはどのようなものがあるのか、ビットコインを今後自分は利用していけるのか、そんなビットコインを本当に始めるべきか否かの判断材料になります。 これは確実にやっておきましょう! しかし一口にビットコインの知識と言っても何から学べばいいか分からない方は最低限当サイトのの<ビットコインとは>の項目までを読んでおいていただければと思います。 必ずビットコインを始める際は「ビットコインとは何か」「仮想通貨とは何か」「どのようなリスクがあるか」という事だけでも知っておくべきでしょう。 ビットコインを始めよう! 知識がついてきたらまずはビットコインを少額から始めてみましょう! 私もビットコインの知識をほとんどつけずにビットコインを保有しました。 少額、自分の決めた価格からスタートできるのでとりあえずビットコインを購入してから知識をつけていくのもアリだと思います。 ビットコインを始める際に初心者であればまずは「取引所のアカウントを作成する」のが最初にやる事としては適しているでしょう。 ビットコイン取引所とはビットコインを売買するマッチング会場(実際はインターネット上のサイト)です。 株やFXをやったことのある方であればネット証券のようなものですのでイメージがつきやすいと思います。 しかし、全く投資をしたことない方には敷居が高いと思ってしまうかもしれません。 ですが安心してください。 ビットコイン取引所の中には「ビットコイン販売所」なるものがあり、そこでは決められた価格でビットコインを購入することができます。 そこではビットコインを「取引」ではなく商品として「購入」するイメージでビットコインを始める事ができます。 取引所と販売所にも違いはありますのでその知識があると少し得をすることができます。 取引所は国内にも多くあります。 初心者の方は海外取引所はまずは避けましょう。 リスクがどこまで変わるかは見方にもよりますが国内取引所の方がその取引所の情報入手(事件が起こりそう、やキャンペーン情報など)が容易だからです。 私が初心者にオススメしているのが「 GMOコイン」という取引所です。 特に他の取引所が悪いというわけではありませんが、GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットグループが母体で安心感がある事と操作しやすい画面がおすすめする理由です。 それぞれが特徴をもち、様々なサービスを展開しております。 先ほど挙げたGMOコインではなく「マイナーなところを攻めたいぞ!」という方は色々調べてみてもいいかもしれません。 下にその他取引所の紹介ページを貼っておきます。 ここで注意すべきことは、クレジットカードで購入するとかなりビットコイン価格は高いという事です。 これはクレジットカード利用手数料が取引所側にかかるためその分利用者負担として価格に転嫁されております。 また日本円を取引所内アカウントに入金する際の振込み手数料は利用者負担となります。 ですので私がオススメしているのはまず先に「住信SBIネット銀行」の口座を作っておく方法です。 住信SBIネット銀行と提携しているビットコイン取引所は多いので手数料無料で振り込むことが可能です。 ですのでこの方法であれば余計な出費をせずにビットコインを手に入れることができます。 取引所でのビットコイン購入手順は以下でご紹介しておりますので参考にしていただければと思います。 スポンサー ビットコインを使用・保管しよう! ビットコイン取引所でビットコインを購入したらもうこれでれっきとしたビットコインユーザーの仲間入りです! しかしこれで終わってはいけません。 ビットコインは少額であればいいかもしれませんが基本的には取引所内に預けっぱなしにしておくのはセキュリティ上推奨されておりません。 参考: 理由はビットコイン自体のセキュリティは高いと言われておりますがビットコインを扱う取引所のセキュリティは人間の行う事なのでやはりリスクが伴うからです。 そこで登場するのが「ビットコインウォレット」というものです。 ビットコインウォレットには大きく分けると2種類あります。 「保管用」と「決済用」です。 初心者に必要な知識は「使い分けがある」という事です。 ビットコインウォレットについては選び方を以下で紹介しているので参考にしてみてください。 ちなみにビットコインで買い物ができるサイト・場所も増えており、更にビットコインからVisaカードにチャージしたりできるカードもあります。 () 2017年7月にはビックカメラ全店でのビットコイン決済導入が発表されました! ビットコイン以外の仮想通貨も学んでみよう! ここまでくればビットコイン初心者としての知識は十分でしょう。 後は持っているだけで価格の変動があるので投資になりますし、上がったところで売り、下がったところで買えばそれだけで利益が出ます。 (トレードなので損をする場合もあります。 トレードは慎重に行いましょう。 ) ビットコインについて理解が深まってくるとブロックチェーンという技術を利用したその他の仮想通貨やサービスにも興味が出てくると思います。 そうなるともっと知りたくなって、興味が出てきてもう仮想通貨とブロックチェーンの虜になっているはずです。 ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれます。 多くの分野で取り入れられようとしているブロックチェーンを学ぶ事でこれからの社会システムについて考察する事ができます。 ブロックチェーンは奥が深いですので調べるととても面白いです。 しかし、ビットコイン以外の仮想通貨やブロックチェーン技術を利用したサービスは今のところビットコイン以上に成功した例はありません。 (ビットコインもまだまだ成功とは言えません。 )ですので特に注意したいのがビットコイン以外の仮想通貨に投資をする場合です。 これは十分にリスクを認識した上で行ってください。 また仮想通貨を装った詐欺も横行しております。 知識をつけることを怠らない事が最も有効なリスク回避です。 まとめ ここでは書ききれないほどビットコインとブロックチェーンは奥が深いです。 今回はビットコインの始め方と称して説明させていただきましたが、情報を追っているだけでも相当興味深く、面白いです。 何を隠そう私も投資をしているというよりもその技術やシステムに魅了された一人です。 ビットコインを「怪しいもの」というイメージだけで切り捨ててしまうのはあまりに惜しい技術です。

次の

【ビットコインの始め方 / 初心者向け】ゼロから学ぶビットコイン投資

ビットコイン 始め方

仮想通貨を大別すると、 「ビットコイン」と、 ビットコイン以外の銘柄 「アルトコイン」に分類されます。 アルトコインには「リップル」「イーサリアム」「ライトコイン」など数多くの銘柄が存在しており、現在でも増え続けているのです。 ビットコインは儲かるの? ビットコインの取引では通貨の価格変動を利用して儲けられます。 たとえば、1単位100円で購入した仮想通貨を、1単位150円に価値が上がったタイミングで売却すれば、50円の利益を出せます。 実際にはなどを支払うため、利益は少なくなりますが、 取引する単位を増やすと得られる利益も増やせるのです。 ビットコインの価格はどうやって決まる? ビットコインの価格は、市場における 「需要と供給のバランス」によって決まります。 簡単にいえば、需要が増加すればそれだけ仮想通貨の価値も上昇するのです。 たとえば、仮想通貨に関する よいニュースがあれば、急激にビットコインの価値を上げるときがあります。 一方で、ネガティブなニュースが発生すると仮想通貨はその価値を下げてしまうのも事実です。 たとえば代表的なものでは 「マウントゴックス事件」や 「the DAO事件」、2018年1月の 「コインチェックのハッキング事件」はメディアでも大々的に取り上げられました。 ビットコインは100円程度から買える いま一番安い取引額は? 2019年9月現在で、買えるビットコインの最低額は約110円です。 ビットコインは、BTCという単位で示されます。 現在、 1BTC=約100万円で取引されています。 2017年には1BTC=240万円まで価格が上昇した時期もありました。 初めて購入する人は、1BTCの単位でしか購入できないと思っている人がいるかもしれません。 しかしビットコインにはBTCよりも小さい単位があり、理論上546satoshi以上の取引ができます。 まだ546satoshiと言われてもよくわからないですよね。 ビットコインで使われている主な単位のBTC、mBTC、satoshiについて解説していきます。 【始める前の基礎知識】ビットコインの取引単位は? BTC 1Satoshi =1億分の1BTC=0. 004円(2019年2月現在) 「satoshi」は、ビットコインを表す最小単位です。 ビットコインを開発したと言われている中本哲史氏に敬意を表して、 最小単位としてSatoshiが使われているのです。 ビットコインの裁定取引額は546satoshiからとなっていて、546satoshi以下は「ダスト」と言われ、取引できません。 取引所によってビットコインを取引できる単位は変わる? によって取引できる最低の単位が変わります。 下に取引所の例をあげます。 BITPoint(BITPoint) 0. 0001BTC Zaif(ザイフ) 0. 001BTC bitbank. cc(ビットバンク) 0. 0001BTC GMOコイン 0. 0001BTC DMM Bitcoin 0. 001BTC 【ビットコインの始め方基礎】ビットコイン(BTC)の取引を始める(購入する)方法 「 ビットコインで儲けたい けど難しそう」 「 損をするのが怖い」 「 どこで何を買えばいいの?」 仮想通貨の取引って何から始めたらいいかわからないですよね。 1年前に仮想通貨に興味を持った私も、 まず何から手を付ければいいかわからずとても困っていました。 投資経験もなかったので 大損をするイメージも持っていました。 しかしいざ取引を始めてみると 思ったよりもかんたんに取引ができたのでビックリしたことを覚えています。 ただ当然リスクはあるので、この記事では自分の 資産を守りながら取引をする方法を紹介します。 ビットコイン(BTC)の始め方実践編:3つのステップで簡単取引 ビットコインの取引の始め方は、とてもシンプルで通貨の購入まで3ステップで完了できます。 ちなみに初心者にオススメの仮想通貨の取引所はです。 一度流出事件がありましたが、マネックスに買収された後に金融庁に認可されています。 またアプリが圧倒的に使いやすく、投資初心者ならコインチェックで取引に慣れるのがオススメです。 以下の記事では、の選ぶポイントを紹介しています。 より詳しく知りたい人はチェックしてみてください。 今さらビットコインの取引を始めても(購入しても)儲かるの? ビットコイン投資を今から初めても儲かるとは断言できません。 なぜなら、ビットコインが大きく話題になったのは 2017年末から2018年の年始にかけてで、2019年現在は一時の盛り上がりと比べたら下火の状況にあるからです。 またビットコインの代表でもあるビットコインは、 1BTC=230万円の価格を付けていましたが、2019年1月現在はその5分の1の39万円台まで下落しています。 しかしビットコイン市場はまだまだ 成長の余地がある市場で、充分に儲けるチャンスはあります。 以下の記事で ビットコイン取引の将来性について整理しました。 ビットコイン(BTC)は少額から取引できる ビットコインの取引は、 1000円程度の少額から取引できます。 ビットコインで1億円以上儲けた「億り人」が注目されることが多いので、大量の資金が必要なイメージがありますが、実際はそんなことはありません。 ビットコイン取引で有名なコインチェックであれば、 0. 001BTC=500円から取引が可能です(2019年4月現在)。 安全に仮想通貨を始める(購入する)3つの方法 仮想通貨の取引はかんたんに始められることは理解いただけたかと思います。 しかし、せっかく登録したがハッキングにあってしまい、取引ができなくなってしまうリスクも考えなくてはいけません。 おそらく 自分のお金が返ってこない不安に襲われてしまうでしょう。 しかしリスクを理解したうえで、取引をしていたら何も不安になることはありません。 この項目では、安全に仮想通貨の取引をする3つの方法を紹介します。 セキュリティのしっかりした取引所を選ぶ セキュリティ対策が行われている取引所を選ぶ必要があります。 なぜなら、過去にも仮想通貨の流出事件が多く起きているからです。 とくに有名なのが、コインチェックという取引所から 巨額の通貨・NEMが流出した事件です。 仮想通貨はのおかげでセキュリティ性能が高いことが強みなのですが、 取引所のセキュリティに弱点があるとハッキングにあう恐れがあります。 仮想通貨の取引所を選ぶならセキュリティ対策をしっかりと行っているところを選びましょう。 ビットコインの取引所は複数登録をする また 複数の取引所に登録してリスクを分散する方法があります。 なぜ複数の取引所に登録する必要があるかというと、取引所のサーバーが落ちてしまった場合や、ハッキングにあってしまった場合でも、預け先を複数にしていたら不安になることはないからです。 ビットコイン専用のウォレットを用意する また、ビットコインには ウォレットという保管場所もあります。 ウォレットとは、英語でお財布を意味する言葉なのですが、文字通りビットコイン をお財布のように保管・管理することができます。 詳しく知りたい人は以下の記事でウォレットについて確認してみてください。 ビットコインのほかに、どんな仮想通貨を買えばいいの? 安全に取引をする方法は理解できたかと思います。 しかし仮想通貨は種類も多く、何を買えばいいかわからないですよね。 「 ビットコイン、イーサリアム、リップル?……はなんとなく知っている 」 「とりあえずビットコインを買っておけばいいんでしょ?」 これらの疑問に答えるために、以下の記事での仮想通貨を整理しました。 通貨についてもっと知りたいという人はぜひ記事をチェックしてみてください。 副業でビットコイン取引を始める もしあなたが今なら、以下の記事がオススメです。 大学生でビットコイン取引を始める もしこれを読んでいるあなたがなら、以下の記事がオススメです。 ビットコインの始め方 買い方 まとめ 仮想通貨の始め方について理解はできましたか? 仮想通貨の取引はかんたんに始められることや、リスクについても把握できたかと思います。

次の

ビットコインボルト(BTCV)とは?仕組み・特徴・評判・購入よりお得な始め方を徹底解説

ビットコイン 始め方

大学生の皆さんも、周りの友人でも投資をしている人たちが何人かいることも珍しくないのではないでしょうか。 でも、いざ暗号資産 仮想通貨 投資を始めようと思うと、『何を知っておいて』『何に注意して』『どう始めればいいか』わからないですよね。 この記事では以下の点について、 まだ投資経験のない学生の方に向けて暗号資産 仮想通貨 投資の基礎から口座開設方法、税金・確定申告の注意点をわかりやすく説明します。 『投資が初めてで不安な方』『知識がなくて損をしたくない方』『借金をしたくない方』正しく理解をして始めましょう。 そもそも仮想通貨(ビットコイン)投資とは ビットコイン投資とは、ビットコインを買ったり売ったりして利益を出すことです。 簡単に言うと、• ビットコインを買って• 買った時の値段より高く売る• 利益が出る これができれば、ビットコイン 仮想通貨 で稼ぐことができます。 むしろ世の中的にはまだまだ早い方です。 ビットコインは2017年12月に1BTC=238万円まで上昇しました。 現在(2020年3月18日時点)コロナショックの影響を受け1BTC=50万円台まで価格を落としました。 今始めておけばまだまだ利益を得る可能性や余地もあります!(ビットコイン投資に参加する人がさらに増えれば増えるほど、ビットコインの価値は上がっていきます) また、 ビットコインや暗号資産 仮想通貨 自体は新しい考え方。 知識や情報をこのタイミングで得ておくことで、就職活動や将来の役に立つことも多いにあります。 3つのはじめ方のポイントを説明します。 何だか高そうだなぁと感じるかもしれません。 そんなに大金がないと思う学生の皆さん安心してください。 ビットコインはかなり小さな単位から購入することができます ビットコイン投資を始めるのに必要な金額は、最低で500円から投資が可能です。 もし余裕があれば、1万円から5万円程度を最初の投資額としてスタートできれば十分です。 アルバイトと飲み会節約ですぐにスタート もしアルバイトをしていればバイト代から1万円くらい捻出しましょう。 投資すれば、数年後プラスになる可能性は十分あり得ます。 貯めた資金を一気に投資に回すのではなく、 買うタイミングを分散して長期的に投資すればリスクも分散され利益も狙えるでしょう。 ポイント2:暗号資産 仮想通貨 投資初心者は、まずはビットコイン BTC 購入がおすすめ まずはビットコインから購入するのがおすすめ! 暗号資産 仮想通貨 は、ビットコインだけではありません。 ライトコインやイーサリアム、リップルと言った他の通貨の名前を聞いたことがある人も多いでしょう。 ただ、初めて購入する人にはビットコインをおすすめしています。 理由としては、• 一番信頼性の高い通貨で価値が全くなくなることがないこと• 他の暗号資産 仮想通貨 を購入する時の基軸通貨であること• 他の通貨に比べて手数料が安く手に入ること• 時価総額が高いため、他の通貨と比べ比較的価格が安定している 他のコインを購入するにしても、まずビットコインから始めておいて損はありません。 ポイント3:FX取引ではなく、現物取引から始めること 現物取引ではじめること! この後、詳しく説明しますが、必ず、現物取引で投資を始めてください。 信用取引では始めないでください。 信用取引とは、通常、「暗号資産 仮想通貨 FX」・「レバレッジ」などと呼ばれているものです。 取引所でシンプルに購入することを現物取引と言います。 この後、現物取引での始め方を説明するので安心してください。 ポイント4:積立投資の長期運用でリスクを抑える 取引所によっては、毎月自動で積立をしてくれる「自動積立投資」ができる取引所もあります。 暗号資産 仮想通貨 、ブロックチェーン技術は今後期待されており、将来的にみれば価格が上がる可能性が高いです。 自動積立は 毎月一定額を自動で積立することができ、リスクを抑えて投資することができます。 少額投資も可能で相場も気にせず手間も掛かりませんので、初心者の人にはおすすめの投資法です。 ビットコインはインターネット上の取引所で購入をします。 取引所にユーザー登録をして、本人確認書類の提出入金をするだけでビットコインの投資を始められます。 登録自体は 15分程度で完了し実際に投資が行えるようになるまでは一週間ぐらいですみます。 今日、口座を開設して明日から一週間ぐらいでバイトで資金を貯めて来週には投資を始めましょう。 学生で20歳以上の場合の口座開設手順 20歳以上の方はこちらのステップを選んでください。 (20歳以下の未成年の学生は読み飛ばしてください。 ) 登録自体は15分もかからずに完了してしまいます。 暗号資産 仮想通貨 取引所の登録に必要なもの• スマホまたはパソコン(インターネット環境)• 運転免許証またはパスポート 取引所登録からビットコイン購入までの4ステップ• 取引所でメールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録をする• 個人情報の登録をする+ 本人確認書類の画像(写メ)をアップロードする• 郵便物を受け取る• 入金をして購入する 18歳、19歳など20歳未満の未成年の場合の口座開設手順 原則、未成年は暗号資産 仮想通貨 投資が行えないことが国内の取引所では一般的です。 ただ、国内事業者のうち、です。 未成年の場合は保護者の承諾書が必要なので少しだけフローが異なります。 20歳以下の未成年の方はこちらのステップを選んでください。 スマホまたはパソコン(インターネット環境)• 親権者の承諾書 親権者との続柄確認書類 親権者の本人確認書類 取引所名 未成年の取引 必要なもの 承諾書 なし• 20歳未満、75歳未満 なし なし• 20歳以上 なし なし• 取引所登録からビットコイン購入までの5ステップ• 取引所でメールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録をする• 個人情報の登録をする+ 本人確認書類の画像(写メ)をアップロードする• 保護者の承諾書を郵送する• 郵便物を受け取る• 入金をして購入する ビットコインの本人確認【学生証は身分証として使えないので注意】 学生証は本人確認書類としては使えません。 どの取引所でも使えないので注意しましょう。 運転免許証かパスポート、保険証であれば大体どの取引所でも使えるので、いずれかを準備してください。 取引所名 学生証 本人確認資料 ダメ• 運転免許証• パスポート• 在留カード• 特別永住者証明書• 運転経歴証明書• 住民基本台帳カード• マイナンバー個人番号カード ダメ• 運転免許証• パスポート• 個人番号(マイナンバー)カード• 健康保険証(カード型)• 健康保険証(紙型)• 年金手帳• 福祉手帳• 印鑑登録証明書• 住民票の写し在留カード• 特別永住者証明書 ダメ• 在留カード• 運転免許証• マイナンバーカード• 日本国パスポート・ビザ あるいは、• 健康保険証と住民票 大学生におすすめの暗号資産 仮想通貨 取引所3選 ビットコインを購入して暗号資産 仮想通貨 投資を行うためには、取引所の口座を開設する必要があります。 しかし、多くの暗号資産 仮想通貨 取引所・販売所の中からどの取引所を選べばいいか分からない。 という学生さんもいらっします。 初めての暗号資産 仮想通貨 投資をする方であれば、「 初心者にも使いやすいサービスか」「 情報量は多いか」といった点に着目すると良いでしょう。 ここでは大学生におすすめの暗号資産 仮想通貨 取引所を厳選紹介します。 始める前に正しく理解しておかないといけない重要な注意点を説明します。 この3つの注意点を押さえておけば、トラブルや借金になったりすることはないです。 安心して投資を始めましょう。 レバレッジや暗号資産 仮想通貨 FX、FXと呼ばれています。 自分が持っているお金以上の金額を投資することができる方法で、持っている現金以上の損を出す可能性があります。 友達から1万円程度借りるぐらいであればいいです。 ただ、知らない大人やサラ金、奨学金からお金を借りて始めると返済の目処が立たなくなるリスクがあります。 これはビットコイン投資に限ったことではないですが注意しましょう。 利益が出たら注意 あまり税金について意識したことがないと思うので、以下の2点だけ覚えておけばトラブルになりません 38万円以上の利益が出たら税金を払う ビットコインの投資で38万円以上利益が出た時は税金を払う必要があります。 アルバイトの収入とは関係ないので、気にする必要はありません。 翌年の3月に税金を納めないといけない 38万円以上の利益が出ることはわかりました。 確定申告をして税金を納めないといけないのですが、忘れてしまわないか不安かもしれません。 基本的に一年間の申告を翌年の3月に行います。 そのため2018年の間に投資をした結果38万円以上の利益が出たら、2019年の3月に税金を納めます。 不安な場合は税理士に依頼をしてしまいましょう。 だいたい3万円から高くても5万円程度で確定申告を丸投げすることができます。 もし40万円の利益が出たら、5万円で依頼しても、35万円は確保できます。 税理士に依頼してしまった方が手間を考えると安心できます。 大学生の暗号資産 仮想通貨 に関するよくある質問!税金、確定申告には注意しよう 大学生の暗号資産 仮想通貨 に関するよくある質問をまとめ、いくつか次に挙げてみました。 その質問にひとつずつ回答し、内容をわかりやすく、解説していきます。 暗号資産 仮想通貨 の収入はどの時点の金額を計上すればいい? 利確の時点で発生します。 利確とは「利益確定」を意味し、投資で利益を得るときは必ず利確しなければなりません。 暗号資産 仮想通貨 の場合は、購入した暗号資産 仮想通貨 が購入時より値上がりし、値上がりした状態で売却すると、その差額分の利益が発生します。 例えばビットコインの場合、1BTC100万円で購入したものが、1BTC110万円に値上がりし、値上がりした状態で売却すると、10万円分の利益を得るというものです。 これを利確と言い、 10万円分の利益を得たら、その10万円分の利益を計上しなければなりません。 反対に、購入した暗号資産 仮想通貨 が値上がりしたにも関わらず、利確しないままそのまま保有し続けた場合は、利益を計上する必要はありません。 確定申告をせず納税しないとどうなる? 延滞税などの罰則が科せられます。 延滞税は簡単に説明すると、納付期限までに税金を収めなかったら発生します。 税率は7. 参照: しかし、延滞税だけでなく、 加算税が発生する可能性も否定できません。 加算税とは、確定申告期間内に申告しなかった、または本来の所得より少なく申告した場合に発生する税金です。 加算税には• 過少申告加算税• 無申告加算税• 不納付加算税• 重加算税 の4種類があり、その中で重いのは重加算税です。 参照: 暗号資産 仮想通貨 でどれくらい稼ぐと親の扶養から外れる? 暗号資産 仮想通貨 の売買で年間38万円以上稼ぐと、親の扶養から外れます。 なぜかというと、暗号資産 仮想通貨 で得た利益は雑所得に分類され、基礎控除に入るからです。 暗号資産 仮想通貨 で年間38万円以上稼ぎそうな場合は、 ご両親にその事実を伝えることをおすすめします。 一方、アルバイトなどで得られる給与所得についてですが、これは別の問題となります。 給与所得には基礎控除とは別に給与所得控除65万円が適用されます。 簡単に説明すると、• 詐欺被害に合わないためにはどうすればいい? その場合、 金融庁公認の取引所を利用することです。 初心者のうちは草コインに手を出さないことを心がけます。 金融庁公認の取引所についてですが、まずはこちら「」をご覧ください。 一覧には、取引所を運営する業者の名前と、業者が扱っている暗号資産 仮想通貨 が掲載されています。 ビットコインだけでなく、アルトコインの名前も明確に掲載されているので、取引所を選ぶ際の参考にはおすすめと言えるでしょう。 草コインについてですが、明確な定義はありません。 簡単に説明すると、• あまり知られていない無名のアルトコイン• 時価総額ランキングの中間か下位• ほとんどが海外取引所しか扱われていない• 詐欺コインも含まれている こうなります。 お勧めしない理由は、上記に記載した箇条書きが理由だからです。 大学生の暗号資産 仮想通貨 投資まとめ この記事のまとめ• 暗号資産 仮想通貨 の儲け方には「現物取引」「レバレッジ取引」がある• 「現物取引」は低リスク・低リターン• 「レバレッジ取引」は高リスク・高リターン• 初心者はまず1-5万円で「現物取引」を開始しよう• 手数料が安く、安心して投資できるおすすめの取引所は「」 今すぐビットコインを買いたいという方は、こちらから「 」へ登録しましょう。 この記事を読んでいる人は、ビットコイン投資をこれから始めてみたい、と思っている学生さんだと思います。 ビットコインは買いたいと思った時が買い時です。 また、この 年末にかけて価格が上がってきた時に買っておけばよかったなぁと思わないように、小さな金額でいいので今すぐ始めてみてください。

次の