亀戸 温泉。 ジェクサー・フィットネス&スパ亀戸 |駅ちかスポーツクラブ【ジェクサー・フィットネスクラブ】

錦糸町・亀戸・新小岩の岩盤浴 おすすめ情報|レッツビューティ

亀戸 温泉

東京都江東区、江戸川区周辺の日帰り温泉 ・ SPA ・ スーパー銭湯 ・ 温泉 ほか 主な銭湯 豊洲・木場・深川・砂町・大島・葛西・船堀・平井・小岩等 東京都江東区、江戸川区周辺の日帰り温泉 ・ SPA ・ スーパー銭湯 ほか 主な銭湯 豊洲・木場・深川・砂町・大島・葛西・船堀・平井・小岩等 住所 TEL 東京都江戸川区東葛西9-3-51 03-3687-1126 交通 ・ 東京メトロ東西線葛西駅より徒歩20分 都営バス 葛西21系統バス なぎさニュータウン経由、 ウシャハイム南葛西行・葛西臨海公園駅行 約15分乗車、 東葛西8丁目下車。 ・ JR京葉線葛西臨海公園駅より徒歩40分 又は、都営バス 葛西21系統バスなぎさニュータウン経由、 コウシャハイム葛西駅行約20分乗車、東葛西8丁目下車 ( 本数少 ) 日帰り温浴施設 江戸川区葛西地区の露天風呂付スーパー銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区船堀1-2-1 03-3878-4126 交通 ・ 都営新宿線船堀駅より、徒歩5分 ・ JR総武緩行線・快速線 新小岩駅より送迎バス ( 三菱銀行UFJ前より ) ・ 東京メトロ東西線西葛西駅より送迎バス ( 南砂町・日本橋寄、3番街側ガード下より ) 天然温泉使用 宿泊可能 健康ランド 天然温泉使用の大浴場ほか、カラオケや釣掘、卓球等レジャー設備あり。 1日楽しめ,、宿泊も可能です。 住所 TEL 東京都江東区青海2-57 03-5500-1126 交通 ・ ゆりかもめテレコムセンター駅より徒歩7分 ・ りんかい線東京テレポート駅より送迎バス8分乗車 ・ JR東京駅・品川駅より、送迎バス少数あり 天然温泉使用 宿泊可能 日帰り温浴施設 東京・お台場にて、2003年春より親しまれてきた 天然温泉使用の日帰り温泉です。 レトロ調な館内で楽しめます。 住所 TEL 東京都葛飾区奥戸4-2-1 03-5654-2611 交通 ・ JR総武線新小岩駅南口より送迎バス約7分乗車 ・ 京成本線・押上線青砥駅より送迎バス約15分乗車 ・ JR常磐緩行線 ( 東京メトロ千代田線直通 )金町駅南口 京成金町線京成金町駅付近より送迎バス約30分乗車 ・ JR常磐緩行線 ( 東京メトロ千代田線直通 ) 亀有駅南口より送迎バス約30分乗車 天然温泉使用 宿泊可能 健康ランド 広大なお風呂がおすすめ!! 東京都葛飾区に湧出した天然温泉を使用した温浴施設で、宿泊も可能です。 住所 TEL 東京都江戸川区船堀7-3-13 03-3689-1854 交通 都営地下鉄新宿線船堀駅より、徒歩12分 天然温泉使用 銭湯 当地の地下100mから湧出する天然温泉を使用した温泉銭湯です 重炭酸ソーダ、及びメタ珪酸系の湯質で温泉法に基づき認定されました。 住所 TEL 東京都江戸川区船堀2-11-16 03-3689-0676 交通 都営地下鉄新宿線船堀駅より、徒歩7分 天然温泉使用 銭湯 江戸川区船堀にて、天然温泉を使用した銭湯です。 露天風呂あり、数種の浴槽があります。 住所 TEL 東京都江戸川区船堀3-12-11 03-3680-5611 交通 都営地下鉄新宿線船堀駅より、徒歩8分 天然温泉使用 銭湯 天然温泉使用!! 東京都江戸川区船堀にて、露天風呂付、お食事処ある銭湯です。 住所 TEL 東京都江東区北砂6-14-8 03-3644-7418 交通 ・ 都営新宿線 大島駅 A5出口 より徒歩11分 ・ JR総武緩行線駅 亀戸駅 南口より徒歩25分 又は 亀戸駅 北口より都営バス東陽町駅前行 約15分乗車、北砂6丁目下車 ・ 東京メトロ 東西線 東陽町駅 1番出口付近バス停より 都営バス亀戸駅前行 約15分乗車、北砂6丁目下車 銭湯 東京都江東区北砂にて 1957年創業の歴史ある 銭湯 です。 男女浴室共 露天風呂あり、一部の浴槽で炭酸泉を使用してます。 住所 TEL 東京都江東区三好1-2-3 03-3641-9436 交通 ・ 東京メトロ半蔵門線 ・ 都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅 A3口より 徒歩5分 ・ 都営地下鉄新宿線 森下駅 A6口 より徒歩10分 ・ 東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅 6番出口より 徒歩15分 銭湯 江東区深川地区の 清澄・森下界隈にある半露天風呂付銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区上篠崎2-12-16 03-3679-3722 交通 都営地下鉄新宿線篠崎駅北口より徒歩10分 露天風呂付 銭湯 江戸川区 上篠崎地区の露天風呂付 銭湯です。 2013年夏 改築にてリニュアルオープンしました。 住所 TEL 東京都江戸川区東小岩5-1-3 03-3659-8160 交通 ・ JR中央総武緩行線 小岩駅より徒歩8分 ・ 京成線 京成小岩駅より徒歩20分 ・ 京成線 江戸川駅より徒歩18分 銭湯 JR小岩駅より徒歩圏の場にて 鉄道模型ジオラマを公開している銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区西小岩1-6-16 03-3673-4126 交通 ・ JR総武緩行線 小岩駅北口より徒歩8分 ・ 京成線 京成小岩駅より徒歩25分 銭湯 小岩界隈にて軟水を使用した銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区北小岩7-4-16 03-3658-5378 交通 ・ 京成線 京成小岩駅より 徒歩8分 ・ 北総線 新柴又駅より 徒歩18分 ・ JR中央総武緩行線 小岩駅より徒歩32分 露天風呂付 銭湯 京成小岩駅徒歩圏! レトロさ漂う露天風呂付銭湯です。 亀戸駅から徒歩圏の場にビル内にあります。 住所 TEL 東京都江東区枝川1-6-15 03- 3645-0862 交通 ・ 東京メトロ有楽町線 豊洲駅 4番口より徒歩10分 ・ ゆりかもめ 豊洲駅 南口より徒歩12分 ・ JR京葉線 潮見駅 より徒歩20分 銭湯 江東区豊洲地区より徒歩圏の銭湯です。 人工の炭酸温泉が好評を頂いてます。 住所 TEL 東京都江戸川区平井4-23-2 03-3681-6803 交通 JR総武中央緩行線平井駅南口より徒歩5分 銭湯 江戸川区平井4丁目にて良質な井戸水を薪で沸かしたレトロな銭湯です。 脱衣室に池のある縁側あり風情があります。 住所 TEL 東京都江戸川区平井6-42-11 03-3612-1004 交通 JR総武中央緩行線平井駅北口より徒歩7分 銭湯 平井駅北口方面にあるビル内銭湯です。 森林浴ミストが売りです。 住所 TEL 東京都江戸川区平井4-19-7 03-3681-3240 交通 JR総武中央緩行線 平井駅より徒歩8分 銭湯 平井駅南東の場に位置する宮作りの銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区平井2-18-12 03-3681-6403 交通 JR総武中央緩行線 平井駅より徒歩8分 銭湯 平井2丁目のビル2Fにある銭湯です。 ソファー・テレビの置かれたロビーあります。 住所 TEL 東京都江戸川区平井1-14-1 T. Mビル1F 03-3684-8211 交通 JR総武中央緩行線平井駅より徒歩12分 銭湯 JR総武線平井駅から徒歩圏の場にある銭湯です。 日替わり薬湯が好評を頂いてます。 住所 TEL 東京都江東区北砂6-7-3 03-3645-0934 交通 ・ 都営新宿線大島駅A5口より徒歩10分 ・ 東京メトロ東西線 南砂町駅より徒歩22分 銭湯 都営新宿線大島駅から徒歩圏、丸八通り沿の銭湯です。 住所 TEL 東京都江戸川区西葛西1-7-3 03-3680-0942 交通 ・ 東京メトロ東西線 西葛西駅北口より徒歩20分 又は 南口より 都営バス (新小12系)統 新小岩行乗車。 小島下車 ・ 都営地下鉄新宿線 船堀駅南口より 徒歩25分 又は 都営バス (新小12系)西葛西駅前行乗車。 小島下車。 銭湯 西葛西駅~船堀駅 中間付近に佇む銭湯です。 住所 TEL 東京都葛飾区新小岩3-8-14 03-3651-2931 交通 JR総武快速線・緩行線 新小岩駅南口より 徒歩9分 銭湯 JR新小岩駅南口から徒歩圏の場のハイツ内にある銭湯です。 住所 TEL 東京都江東区北砂3-25-8 03-3631-5268 交通 ・ 都営地下鉄新宿線 西大島駅 A4口より、徒歩15分 ・ 都営地下鉄新宿線 大島駅 A1口より、徒歩20分 ・ 東京メトロ東西線 東陽町駅 4番口より、徒歩20分 銭湯 トリコロール柄の天井や竹藪壁画の浴室が特徴!! 砂町銀座から徒歩圏の下町風情漂う老舗銭湯です。 住所 TEL 東京都江東区東砂8-20-16 03-3644-1771 交通 ・ 東京メトロ東西線 南砂町駅 2A出口、もしくは3出口 より徒歩15分 ・ 都営新宿線 東大島駅より徒歩30分 銭湯 江東区東砂の江戸川至近にある銭湯です。 創業は 戦前の昭和5年( 1930年 )。 男女とも脱衣室に縁側あります。 住所 TEL 東京都江東区潮見2-8-6 03-5653-8111 交通 ・ JR京葉線潮見駅東口より徒歩2分 ・ JR京葉線・東京メトロ有楽町線・リンかい線新木場駅、 および、東京メトロ東西線東陽町駅3番出口より共に徒歩22分 ホテル デイユースプラン アパホテル内にある露天風呂付大浴場はデイユースプランにて使用できます。 ランチ・客室利用と浴室使用セットでご案内します。 住所 TEL 千葉県浦安市日の出7-3-12 047-304-4126 交通 ・ JR京葉線新浦安駅より、送迎バス約5分、徒歩約30分 ・ 東京メトロ東西線浦安駅より、送迎バス約20分 天然温泉使用 SPA 宿泊可能 水着ゾーンあり、足湯あり。 レトロな雰囲気を再現したテーマパーク的な温泉施設です。 住所 TEL 千葉県市川市上妙典1554 047-329-6711 交通 ・ 東京メトロ東西線原木中山駅東口 バスロータリーから送迎バス約12分 ( 営業日は毎日運行 )。 ・ 東京メトロ東西線妙電駅から送迎バス約20分 ( 日曜日運休 )。 ・ JR総武緩行線・武蔵野線・ 東京メトロ東西線・東葉高速線西船橋駅より送迎バス約20分 ( 日曜日運休 )。 ・ JR総武緩行線本八幡駅南口より送迎バス約20分 ( 土曜日・日曜日は運休。 祝日は運行。 京成八幡駅~JR本八幡駅南口は徒歩10分です )。 ・ JR京葉線二俣新町駅下車徒歩25分。 天然温泉使用 日帰り温浴施設 塩化ナトリウム系の天然温泉使用した 日帰り温泉です。 プール ・ ジム等、スポーツ施設併用、千葉県市川市公営の施設です。 住所 TEL 千葉県松戸市下矢切115 047-312-4126 交通 ・ 北総線 矢切駅前 ・ JR総武緩行線・総武快速線市川駅北口より、 京成バス松戸駅行・松戸車庫行 バス約15分乗車、 矢切駅前下車 ・ JR常磐緩行線 ( 東京メトロ千代田線直通 ) ・ 常磐快速線、新京成線松戸駅西口より、 京成バス市川駅行 約15分乗車、 矢切駅前下車 ・ 京成線国府台駅より、 京成バス松戸駅行バス約7分乗車、 矢切駅前下車 日帰り温浴施設 北総線矢切駅前にて親しまれてきた日帰り湯です。 露天風呂のイベント湯がおすすめです。 東京都江東区、江戸川区周辺の日帰り温泉 ・ SPA ・ スーパー銭湯 ・ 温泉 ほか 主な銭湯 東京都江戸川区 温泉 東京都江戸川区 温泉 東京都江戸川区 SPA 東京都江戸川区 日帰り温泉 東京都江戸川区 温泉銭湯 東京都江戸川区 スパ 東京都江戸川区 スーパー銭湯 東京都江戸川区 日帰り湯 東京都江戸川区 温泉 日帰り 東京都江戸川区 温浴施設 東京都江戸川区 日帰り入浴 ホテル 東京都江戸川区 日帰り入浴 旅館 東京都江戸川区 日帰り入浴可能 旅館 東京都江戸川区 日帰り入浴できる 旅館 東京都江戸川区 銭湯 東京都江戸川区 銭湯 江戸川区 温泉 江戸川区 温泉 江戸川区 SPA 江戸川区 日帰り温泉 江戸川区 温泉銭湯 江戸川区 スパ 江戸川区 スーパー銭湯 江戸川区 日帰り湯 江戸川区 温泉 日帰り 江戸川区 温浴施設 江戸川区 日帰り入浴 ホテル 東京都江戸川区 日帰り入浴 旅館 江戸川区 日帰り入浴可能 旅館 江戸川区 日帰り入浴できる 旅館 江戸川区 銭湯 江戸川区 銭湯 東京都江東区 温泉 東京都江東区 温泉 東京都江東区 SPA 東京都江東区 日帰り温泉 東京都江東区 温泉銭湯 東京都江東区 スパ 東京都江東区 スーパー銭湯 東京都江東区 日帰り湯 東京都江東区 温泉 日帰り 東京都江東区 温浴施設 東京都江戸川区 日帰り入浴 ホテル 東京都江東区 日帰り入浴 旅館 東京都江東区 日帰り入浴可能 旅館 東京都江東区 日帰り入浴できる 旅館 東京都江東区 銭湯 東京都江東区 銭湯 船堀 大島 小岩 篠崎 瑞枝 一之江 小岩 京成小岩 北小岩 レジナ幼稚園 亀戸 葛西 西葛西 砂町 南砂町 東洋町 お台場 有明 北砂 千石 西大島 東大島 江戸川 荒川 南砂 東陽町 門前仲町 豊洲 潮見 新木場 菊川 森下 清澄 清澄白河 平井 錦糸町 毛利 東京メトロ東西線 JR総武線 東京メトロ半蔵門線 国道14号 蔵前橋通り 新大橋通 温泉 銭湯 スーパー銭湯 日帰り湯 日帰り入浴 ホテル 温浴施設 日帰り入浴可能 旅館.

次の

亀戸天神裏(東京都)の赤線跡や繁華街を歩く

亀戸 温泉

亀戸と言えば学業でおなじみのさんでおなじみだが、亀戸天神裏は昔 赤線 があった場所としてもおなじみだ。 赤線跡と言っても現在は完全に住宅街になった等、全くその色が見られない地域も少なくなく、この亀戸も例外ではなかった。 しかし、「」によればかつてはカフェーが800件も連ねていたとか。 今回は下町の天神様として親しまれている亀戸天神裏手にひろがっていた遊里跡をレポいたします。 公をお祀りしている亀戸天神、創建は寛年(1663)まで遡ります。 周囲に参拝客目当ての料理店などが出店し、これらが後の花街形成の由来になったようです。 明治38年(1905)に天神裏に三業地が開かれ『城東花柳街』が誕生します。 昭和5年(1930)時点で芸妓屋89軒、芸妓236名、料亭11軒、4名、待合79軒を数えたといいます。 一方のカフェー街ですが、で焼け出された浅草の銘酒屋業者がこの地に移転してきます。 その結果、元から居た業者と合わせて約800軒という一大カフェー街が形成されることになります。 震災から6年後には、なんと1000軒以上に膨れ上がりピークを迎えます。 主な客は周辺の大工場に勤める若い労働者で、簡単に安く遊べるということで大層繁盛していたようです。 と言う訳で亀戸天神裏、もとい周辺を散策した時の写真を公開して行きたい。 4の夜ともなれば参拝客の方も落ち着き、参拝しやすくなっていた。 送信者 亀戸天神裏通り 立て看板 1 裏通りを歩くと早速目にしたのがこの立て看板。 周囲が暗いだけにより一層雰囲気を際立たせる。 送信者 天神湯サウナ お次は街角の銭湯の写真より。 年期の入った雰囲気がまた歴史を感じさせる。 送信者 送信者 古めかしい住宅街 亀戸天神裏はこのように古めかしい建物も数多く点在していた。 送信者 立て看板 2 「家に限っては危険です」と言う表現がまた奥ゆかしい看板。 送信者 「翼術」と書かれた建物 昔何かのお店で使われていた事を伺わせる、「翼術」と書かれた建物。 送信者 送信者 古めかしい民家 とは程遠いが昔を感じさせる建物の写真。 ドア付近の扇の穴が又時代を感じさせる。 送信者 周辺の通り 周辺の通りを撮影したもの。 送信者 80円からお買い求めができる自動販売機 自販機の絵が可愛らしい80円からの自動販売機。 送信者 駅周辺の路地裏 最後に紹介するのは駅周辺の路地裏の様子。 写真からでは分かりにくいが、亀戸はホルモンでも有名で、ホルモンのお店が大盛況であった。 2013. 4撮影 2013. 5編集 送信者 送信者 関連記事• RyuichiXP.

次の

墨田区の銭湯 大黒湯(押上温泉)|東京スカイツリーが見える下町の銭湯

亀戸 温泉

亀戸日勝映画劇場 亀戸スカラ座 Kameido Nissho Kameido Scala 市場情報 消滅 略称 亀戸日勝、亀戸スカラ 本社所在地 〒136-0071 3丁目61番18号 設立 (亀戸電気館) 前後 (亀戸昭和館) 7月 (亀戸劇場) (亀戸日活・スカラ座) 事業内容 映画の 代表者 支配人 小沢純一 主要株主 関係する人物 特記事項: 略歴 1910年代 亀戸電気館開館 1981年 閉館 亀戸日勝映画劇場(かめいどにっしょうえいがげきじょう)は、かつて存在した日本のである。 正確な年代は不明だが1910年代のには(現在の)に 電気館(でんきかん)として開館、のちに 亀戸電気館(かめいどでんきかん)と称した。 1930年(5年)前後に同町内に開館した 亀戸昭和館(かめいどしょうわかん)とともに傘下に入ったが 、末期ので全焼・閉館した。 戦後は1951年(昭和26年)7月、 亀戸劇場(かめいどげきじょう)として復興 、1964年(昭和39年)には建替えられて 亀戸日活劇場(かめいどにっかつげきじょう、のちに 亀戸日勝映画劇場と改称)、 亀戸スカラ座(かめいどスカラざ)として改めて開館した。 1981年(昭和56年)にはいずれも閉館した。 沿革 [ ]• 1910年代 - 亀戸電気館開館• 1930年前後 - 亀戸昭和館開館• 1930年代 - 亀戸電気館が 亀戸松竹館と改称• 1940年前後 - 亀戸松竹館が 亀戸映画劇場と改称• 1945年3月10日 - で全焼・閉館• 1951年7月 - 亀戸劇場開館• 1964年 - 建替え、 亀戸日活劇場・ 亀戸スカラ座開館• 1970年前後 - 亀戸日活劇場を 亀戸日勝映画劇場と改称• 所在地 : 3丁目61番18号 、現在の「」(カズン株式会社本社)の位置• 開館当時の3丁目257番地、のちの東京府亀戸町3丁目257番地 、東京都江東区亀戸町3丁目256番地• 経営 :• (亀戸昭和館、1930年前後 - 1945年)• 西子興業 (西子平太郎、亀戸劇場、1951年 - 1964年 )• 支配人 :• 峰村政信 (1940年代 )• 西子順一 (1951年 - 1960年前後)• 赤羽俊次 (1960年前後 - 1964年 )• 三枝三郎 (1964年 - 1968年前後 )• 谷口稔 (1968年前後 - 1969年)• 小沢純一 (1969年 - 1974年前後)• 井上美見 (1974年前後 - 1978年 )• 小沢純一 (1978年 - 1981年 )• 亀戸スカラ座 : 408名(1964年 - 1981年 ) 亀戸電気館 [ ]• 所在地 : 東京府東京市城東区亀戸町3丁目168番地• 開館当時の東京府南葛飾郡亀戸町3丁目168番地• 経営 :• 大和田晋三郎 (1926年 )• 大和久邇惣吉 (1927年 - 1929年 )• 亀戸電気館合資会社 (1929年 - 1930年 )• 簱興行 (1930年前後 - 1945年)• 支配人 : 田中金次郎 (1929年 - 1940年代 )• 構造 : 木造• 大正年間を通じて、近辺には、同館のほか、同町6丁目(通称・五の橋。 現在の亀戸六丁目)、3丁目164番地、八右衛門字石丸517番地にそれぞれ「電気館」という映画館があり、それぞれ同館同様に、五の橋電気館(興行系統は)、大島電気館(興行系統は)、砂町電気館(興行系統は)と称した。 当時の同館の興行系統は東亜キネマで、に入るとそれに松竹キネマが加わり、1929年(昭和4年)には松竹キネマのみの上映館になった。 観客定員数は351名、経営は大和田晋三郎あるいは大和久邇惣吉であるとされ 、のちに会社組織化し、亀戸電気館合資会社となった。 1930年(昭和5年)前後の時期、おなじ亀戸町3丁目の十三間道路(、現在の)沿いに 亀戸昭和館(亀戸町3丁目257番地)が開館している。 同館を経営したのが、当時、大字975番地(現在の東京都2丁目)に平井館(のちの)を経営していた簱興行のであった。 おなじころに亀戸電気館も簱興行の傘下に入り、1930年代には 亀戸松竹館と改称、1940年代に入るとさらに 亀戸映画劇場に改称している。 亀戸近辺は、1932年(昭和7年)10月1日、南葛飾郡全域が東京市に編入され、城東区になっている。 簱栄吉は、1940年代までに平井館および同2館のほか、に池袋日勝映画館(のちの、一丁目743番地)、に(三丁目53番地)、小岩松竹館(のちの、三丁目1861番地)、(現在の)に三光館(一丁目285番地)、に(一丁目261番地)、に中島常設館(3丁目55番地)、に(2丁目3057番地)と、同館を含めて10館の映画館を経営していた。 1942年(昭和17年)には第二次世界大戦による戦時統制が敷かれ、日本におけるすべての映画が同年2月1日に設立された社団法人映画配給社の配給になり、すべての映画館が紅系・白系の2系統に組み入れられるが、同年発行の『映画年鑑 昭和十七年版』によれば、亀戸昭和館が紅系二番館、亀戸映画劇場が紅系四番館である。 当時の亀戸昭和館は、支配人が峰村政信、観客定員数が432名であり、亀戸映画劇場は、支配人が田中金次郎、観客定員数が489名であった。 大戦末期の1945年(昭和20年)3月10日、で同地区は壊滅、同2館も全焼、閉館・更地になった。 他地区に関しても、簱栄吉はほとんどの映画館を戦災で失っている。 戦後 [ ] 跡地現況(、2014年撮影)。 1947年(昭和22年)3月15日、城東区はと合併して江東区となった。 亀戸地区は空襲の爪痕が深く、にある同年のによれば、同2館の跡地は更地のままである。 同2館を経営した簱興行がまず復興に取り組んだのは、1946年(昭和21年)10月開館の日勝映画劇場(豊島区池袋1丁目743番地)、1947年7月開館の五反田劇場(品川区五反田1丁目261番地)、1949年(昭和24年)12月開館の(市川市3丁目132番地)、そして小岩映画劇場(江戸川区小岩町3丁目1815番地)も1950年(昭和25年)には復興・開館している。 亀戸昭和館の跡地に 亀戸劇場として映画館が復興し、開業したのは1951年(昭和26年)7月であった。 同館の開館時は、西子平太郎の個人経営、支配人は西子順一、で観客定員数300名、興行系統は・・日活の邦画混映館であった。 その後、1960年(昭和35年)前後には松竹・の混映館になった。 1964年(昭和39年)には、もともと簱興行のものであった同地(亀戸昭和館の跡地)に、同社がの建物を新築、1階にの封切館 亀戸日活劇場(347名)、2階に新たに松竹洋画系(SYチェーン)の封切館 亀戸スカラ座(408名)を開館した。 当時の「SYチェーン」には、、、、、、、、五反田劇場、等が加盟していた。 日活は経営困難のため1969年(昭和44年)の売却(のちに買戻し)、1971年(昭和46年)にはが退陣、同年11月にはの製作・配給に踏み切るが 、この前後の時期に、簱興行は、亀戸日活劇場を 亀戸日勝映画劇場と改称、日活や東映のアクション映画の二本立・三本立興行を行った。 亀戸スカラ座は、開館以来、一貫して洋画上映館であった。 1981年(昭和56年)には、両館いずれも閉館した。 閉館後は「」になったが、その後2003年(平成15年)3月末で閉館し 、2004年(平成16年)9月末に「」が開業するとともにカズン本社も同地に置かれ、現在に至る(2014年)。 脚注 [ ] []• 464-465,467. 651,654,656. 249-252. 558-559,561. 10-30,33,40,43. 448-450,452,455,459. 9,13,17,25. 1, 6. 31-32. 年鑑[1951], p. 328,332-333,339. 294. 、、2014年4月2日閲覧。 [2006], p. 、、2003年3月、2014年4月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『日本映画年鑑 大正十三・四年』、、、1925年発行• 『日本映画事業総覧 昭和二年版』、、1927年発行• 『日本映画事業総覧 昭和三・四年版』、国際映画通信社、1929年発行• 『日本映画事業総覧 昭和五年版』、国際映画通信社、1930年発行• 『映画年鑑 昭和十七年版』、日本映画協会、1942年発行• 『映画年鑑 昭和十八年版』、日本映画協会、1943年発行• 『映画年鑑 1951』、、1951年発行• 『映画年鑑 1955 別冊 全国映画館総覧』、時事通信社、1955年発行• 『映画年鑑 1956 別冊 全国映画館総覧』、時事通信社、1956年発行• 『映画年鑑 1961 別冊 映画便覧』、時事通信社、1961年発行• 『映画年鑑 1964』、時事通信社、1964年発行• 『映画年鑑 1964 別冊 映画便覧』、時事通信社、1964年発行• 『映画年鑑 1965 別冊 映画便覧』、時事通信社、1965年発行• 『映画年鑑 1967 別冊 映画便覧』、時事通信社、1967年発行• 『映画年鑑 1975 別冊 映画便覧』、時事通信社、1975年発行• 『映画年鑑 1977 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1977年発行• 『映画年鑑 1979 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1979年発行• 『映画年鑑 1981 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1981年発行• 『東京名画座グラフィティ』、、、、2006年9月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 昭和毎日()• - 1947年・1963年時点の航空写真()• - 2013年7月時点の同館跡地 (・).

次の