コンビニ 糖 質 オフ。 「夜だけ糖質オフ」は意外な欠点を抱えていた

朝食はコンビニで糖質制限ダイエット&おすすめ低糖質レシピ

コンビニ 糖 質 オフ

低糖質プリンで、1個75g中、糖分は3. 5gでかなり低糖質なプリンです。 10g以下の糖質接種を目標とする糖質カットダイエットの場合、これは安心していただける、うれしいおやつになります。 プッチンプリンは1個78gに13. 6gもの糖分が入っているんですから、どれほど低糖質かがわかるのではないでしょうか。 このプリンの最大の特徴は、甘さは控えめどころか一般的なプリンのような濃厚な甘さがありながら、糖質は低いところです。 さらに、他にはない柔らかさです。 崩れやすく、まるで茶碗蒸しのようだといいます。 また、食物繊維やビタミンE、カリウムなど栄養素も少し含まれています。 「森永乳業 おいしい低糖質プリン 抹茶」 原料には、甘味料のスクラロースやアセルスファムKが含まれていますが、栄養成分表示の糖質の質量には含まれていますが、体に吸収されないタイプの糖質で、実際には、甘味料の重さは差し引いた重さが糖質とうことになりますので、糖質は10. 5gではなく、糖質の総重量はもう少し少なくなるようです。 表面に美しくかかっているバニラクランチや、バニラアイスに何層にも挟んであるストロベリーソースは、全くダイエットに相応しくない代物に見えるのが、面白いところです。 とにかく、値段が1個750円ほどで少々高い分、見た目にも味にも甘い贅沢感がありながら、糖質制限ができる低糖質製品となっています。 「グリコ カロコン チョコモナカ」 カロリーコントロールアイスのモナカシリーズの糖質量は、抹茶あずき味が13. 0g、いちご味が12. 8g、チョコクランチが10. 1gです。 こちらも、砂糖不使用、豆腐仕立て、食物繊維8. 6gで作られています。 モナカの中は、大半がバニラアイスで、片側にチョコクランチが挟んであります。 味は通常のバニラモナカと同じ感じで、濃厚かつさっぱりした味が楽しめます。 値段は1個150円ほどで、イオンには置いてあるところが多いようです。 少し甘さや糖質があってもいいという場合は、モナカシリーズはおすすめです。 チョコクランチが少々糖質が少な目になっています。 「グリコ カロコン バニラソフト」 カロリーコントロールアイスシリーズで最近登場しているソフトクリーム型も人気です。 イオンには置いてあり、コンビニにはほぼ見られないようです。 低糖質アイスではとてもおそらく唯一ともいわれるほど珍しいソフトクリーム型で、話題となっています。 低糖質であることは、糖質7. 1gという驚異的な低さからも納得できます。 通常、バニラソフトは25g以上の糖質が含まれているといいます。 このアイスが低糖質なのは事実です。 さらに、栄養成分表示をみると、食物繊維が12g含まれているので、お腹の掃除もできて、ダイエットに効果のあるアイスといえそうです。 あんこは、日本では伝統的な食材でアンパンは定番の菓子パンですが、あんこは血行や便通をよくするなど、本来、体にもいいんです。 しかも、ブランにも大量の食物繊維が含まれています。 なんといっても、ブラン100g中食物繊維が50gも入っているのですから、驚きです。 ブランという名前は、シリアルなどで目にしますが、ブランとは小麦粉製造過程で小麦粉にならない部分です。 皮部及び胚芽部分とも呼ばれます。 さらに、ブランには、食物繊維やカルシウム、鉄分やマグネシウムなどの便秘にも効く栄養成分が豊富に含まれています。 低糖質、低カロリーでもあり、理想の食材といえます。 そのようなブランのアンパンは、カロリーが1個あたり162キロカロリーで、糖質は13. 5gです。 コンビニ・ローソンの糖質オフ商品3「ブラン・2本入り」 「ブラン・ブランパン牛乳入り・2個入り」 ブランパン2個入り・牛乳入りは、パッケージの表の商品名の横に、ロカボマークが表示され、裏面の栄養成分表示の欄には糖質20. 2gと表示されています。 糖質2. 2gでカロリーは70キロカロリーの「牛乳入り」や糖質2gでカロリーは74キロカロリーの「チーズ入り」など、味のバリエーションもいくつかありますし、糖質オフが楽しく進みそうです。 「ブラン・セサミスティック・2本入り」 ブランのセサミスティック2本入は、ゴマ入りの糖質9. 8g、1本あたり5. 5g、カロリーは258キロカロリーの低糖質パンです。 2本入りなのがうれしいところで、分けて食べたり小腹をちょっと満たしたりできます。 「ブラン・バタースティック・2本入り」 ブランのバタースティック・ほんのり甘いデニッシュ 2本入り も、1本当たり糖質8. 6gと低糖質商品です。 一般的なスティックパンが糖質15gから20gだそうですので、半分以下です。 食物繊維も4. 2g配合されています。 さらに、生地は小麦粉だけではなく植物性たん白やイヌリンが入っているおかげで低糖質になっているようです。 味はバター風味の濃厚なデニッシュで、あっさりというよりも甘さがあります。 低糖質でもこってりした甘いものを食べたいときに便利です。 コンビニ・ローソンの糖質オフ商品4「ブラン・スイートチョコロール」 ブランのスイートチョコロール・クーベルチュールチョコは、スイートチョコレートやバターがしっかり入っていながら糖質12. 3gの、ダイエッターにはありがたい商品です。 さらに、発酵バター入りの油脂も入った、バター風味のデニッシュでもあります。 ブランの記事ではありますが、ふすまも控えめに入っているようです。 クーベルチュールチョコレートのカカオ比率は35%以上、カカオバターは31%以上という事で、カカオバターが多く含まれ甘いチョコレートになっています。 通常、チョコクロワッサンと言えば、バターもチョコもたっぷりで高カロリー、高糖質のイメージではないでしょうか。 実際に、平均的な糖質量は25gから40gほどになります。 コンビニ・ローソンの糖質オフ商品5「ブラン・総菜パン」 「ブラン・ピザトースト」 ブランのソーセージデニッシュは、惣菜パンでは低糖質な糖質量12. 7gの低糖質商品です。 ローソンの人気シリーズといわれているブランを使用しています。 体に良い栄養分がたくさん入っており、特に食物繊維が豊富だそうです。 こちらのデニッシュソーセージにも12. 7gほど入っています。 ブラン・ソーセージデニッシュは、植物性たん白やイヌリン、オーツブラン、大豆粉などを配合したデニッシュ生地で、健康にとても配慮されています。 パリッと歯ごたえの良いソーセージも満足できる食べごたえがあるものです。 他のブランにも入っているものがありますが、バターが入っていて風味もいいんです。 「ブラン・プルコギピザパン」 ブランのプルコギピザパンは惣菜パンでブランシリーズの1つです。 プルコギは、牛肉や人参、玉ねぎを醤油などで絡めた韓国料理です。 ピザと合わさった、うれしいプルコギピザはローソン以外でもピザ専門店などで流行していますが、マヨネーズや白ゴマなどのトッピングがあっても、低糖質で楽しめるのです。 しかも、ブランの生地なので、糖質量は13. 8gしかなく、食物繊維は7. 3g入っています。 カロリーは195キロカロリーです。 ブランシリーズにはピザパンやソーセージデニッシュなどの総菜パンが人気ですが、その中でもがっつりしたプルコギ使用は目立ちます。 お肉は良質なタンパク質を含んでいるといわれており、栄養バランスもばっちりでしょう。 値段も1個160円とお安いです。 一般的なプルコギピザは1人分の糖質が30gほどあります。 また、こちらも、オーツファイバー、オーツブラン、米ぬかなどが入っているそうです。 とても低糖質にこだわっているのが分かります。 そして、ブランやふすま、オーツ麦などが苦手な場合、こちらを選べば、プルコギの風味がほとんどでブランが気にならないといいます。 ブランが苦手な人にもおすすめできる商品になっています。 コンビニ・ローソンの糖質オフ商品6「ブランのくるみパウンドケーキ」 トッピングにはイタリアントマトのソース、ブラックオリーブ、ベーコン、ブロッコリー、ピーマン、ナチュラルチーズが使われています。 糖質量が1個あたり18. 4gと、ピザにしてはとても低糖質な総菜パンです。 一般的な総菜パンの糖質量が30gほどですが、それよりもかなり少なく済みます。 ピザロールには食物繊維が4. 1gも入っているのも人気の理由です。 ピザは高カロリーの代名詞、と考えていた人におすすめできるのです。 ソースはトマトソースで、意外なほど濃厚です。 また、トッピングにもトマト、さらにベーコンやチーズといった高カロリーになりがちな食材が乗っていますが、低糖質なので安心していただけますし、栄養バランスもとれています。 コンビニ・ローソンの糖質オフ商品11「大豆粉の厚焼きパンケーキ」.

次の

糖質制限に強いコンビニと言えばローソン!ローソンでおすすめの糖質オフ商品|糖質オフ!糖質制限ダイエットブログ

コンビニ 糖 質 オフ

イチゴドーナツ 186kcal 糖質 10. 6g メープルドーナツ 186kcal 糖質 10. 0g 紅茶ドーナツ 156kcal 糖質 9. 9g 食物繊維が4~5g もあるのは素晴らしいですが、糖質だけを見れば微妙ですね・・・ 小麦粉だけでなく大豆粉を混ぜて、エリスリトールで甘みを出すことで糖質を抑えているようですが、やはり、これで糖質二ケタは少々厳しいですかね。 50%オフと言っても、ドーナツなんて元々が糖質の塊みたいなもんですからね・・・ まぁ、文句ばかり言ってないで、食べてみましょう。 ssilvia(シルビア)糖質50%オフドーナツ イチゴドーナツ 実食・レビュー イチゴなんか長い間食べてないなぁ~ と思いながら袋を開けますと、イチゴの風味が鼻を突きます。 『イチゴの風味が鼻を突く』って、 いい意味だと思います? 悪い意味だと思います? 残念ながら悪い意味です・・・ いちごの甘みの中に酸味のあるさわやかな風味でなく、若干気持ち悪くなるような人工的な、やりすぎた感の強いいちごの風味です。 まぁまぁ、糖質が少ないんだから贅沢は言ってられないと齧りついてみると・・・ 食物繊維を多く含む食品特有のボソボソ感はあまりなく、しっとりとしています。 口の中の水分を持っていかれる感じもなく、食感は普通のドーナツと変わりはありません。 最初のイメージが悪かったせいもあってか、意外と満足しちゃいました。 ssilvia(シルビア)糖質50%オフドーナツ 紅茶ドーナツ メープルドーナツ レビュー 後日、紅茶ドーナツとメープルドーナツも食べたのですが、紅茶ドーナツは、イチゴドーナツと同様に紅茶の風味がきつく、私は少し苦手な感じでした。 しかし! 個人的な意見ですが、オーソドックスなメープルドーナツは、大当たりでした! やっぱり、シンプル イズ ベスト というやつですかね。 ですが、やはり 糖質が10gもあるというのは、ちょっと厳しいですかね・・・ 自分へのご褒美くらいに考えるのがいいかもしれませんね。 まとめ ssilvia(シルビア)糖質50%オフドーナツ の総評 厳密に糖質を制限している場合だと、厳しい数字には違いありませんが、軽く糖質を抑えたいという方にとっては、かなり優秀な商品だとは思います。 何と言っても、低糖質スイーツにありがちなボソボソ感がなく、しっかりしたスイーツとして楽しめるドーナツです。 セブンイレブンでも、扱っている店舗もあれば扱っていない店舗もありますので、見つけた際には一度食べてみて下さい。 私のお勧めは、 断然メープル味です。 また、私が一番うれしかったことは、このドーナツを見つけたこと以上に、セブンイレブンも低糖質商品に力を入れてきてくれたということですね。 このようにコンビニ間、企業間での競争が始まり、今でもまだ割高な低糖質商品が安くなっていけばいいですね。 みなさん、やっと時代が追い付いてきましたよ!!!.

次の

ダイエット中に!コンビニお菓子・スイーツ105選|低カロリー、低糖質など市販のおすすめ一挙まとめ (6/9)

コンビニ 糖 質 オフ

6枚切り1枚あたり 糖質27g~30g のものが多く、• 平均すると、6枚切り1枚あたり 糖質28g でした。 厚さ別に見ると、以下が目安になります。 ブラン(小麦ふすま)、全粒粉、ライ麦、くるみなどが入っている食パンは上記より低糖質の傾向があります。 レーズン入りの食パンは上記より高糖質の傾向があります。 中には「1枚あたり糖質1. 9g」の超低糖質な食パンもあったので、後述で紹介します。 よく見かける!定番食パンの糖質 「店でよく見る、あの食パンの糖質はどれくらい?」 定番食パンの糖質をまとめました。 1枚あたり糖質30. 3g 【原材料】小麦粉(国内製造)、ライ麦加工品(ライ麦、食塩)、砂糖、バター入りマーガリン、はちみつ、パン酵母、食塩、小麦たんぱく、醸造酢、玄米粉、米粉 ランキングまとめ• 糖質1. 糖質4. 糖質6. 糖質7. 糖質13. 糖質16. 糖質18. 糖質20. 糖質25. 糖質26. 普通の食パンが「6枚切り1枚あたり糖質28g」ほどなので、糖質制限中には20g以下のものを選びたいですね。 糖質制限にオススメの食パン ここまでで、糖質の低い食パンを紹介してきました。 買いやすさ、糖質量、安さ、などを考慮した個人的なオススメは以下です。 パスコ 低糖質ブラン食パン (1枚あたり糖質7. 8g) これより低糖質な食パンは1000円以上します。 近くで売っている店があるなら、これが安くて低糖質でオススメ。

次の