看護師 ボーナス 2020。 【2020年看護師(公務員)の冬のボーナス】年齢ごとの支給額を公開します|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

【看護師のボーナス大公開】都道府県ランキングや勤続年数での平均、モデルケースも

看護師 ボーナス 2020

画像はイメージです 日本医療労働組合連合会が加盟する医療機関を対象に今年の夏のボーナスについて労働組合が調査を行ったところ、調査対象の3割の医療機関でボーナスの減額が行われていたことが判明した。 さらに東京女子医科大学病院では今夏のボーナスは全額カットとされ、400人以上の看護師が退職の意志を示していることが報道で明らかとなり、世間は騒然となった。 同組合はボーナス減額などによる医療従事者の退職が相次ぐことによって「医療崩壊につながる」と危惧している。 日々感染リスクに脅かされながら働いているにもかかわらず、ボーナス減額となってしまった大きな理由は、新型コロナウイルス感染を憂慮した受診控えにあるという。 「コロナ患者を受け入れている病院ほど、ほかの疾患に悩まされている高齢者らがコロナウイルス感染を恐れて受診を控えることによって、患者数が減っている傾向が強い。 また、コロナ病棟では、一人の患者に対して多くの医療スタッフが携わることとなり、病床も確保しなければならないため、そのコストも負担になります。 こうしたジレンマもあって、新型コロナの感染者を受け入れたことで、経営難に陥るケースは珍しくありません。 待合室で井戸端会議な状況見たことある」と今までは高齢者層が過剰に医療を受診しすぎていたのではないかといった声が多くあがった。 ここ数年、日本の概算医療費は最高額を更新しており、すでに40兆円を超えている。 この多額の医療費は現在の高齢化社会において財政圧迫の原因にもなっていた。 しかし今までの高齢者らの通院がすべて「不要不急」だった訳ではないだろう。 各地の医師協会はコロナ禍の「受診控え」による持病の悪化を懸念している。 コロナを必要以上に恐れず、適切なときに適切な処置をするよう、広く呼びかけている。 (浜野ふみ).

次の

夏のボーナス削減、医師や看護師がストライキ「とにかく破れかぶれ」「全国の現場に伝えたい」 船橋二和病院

看護師 ボーナス 2020

民間の俺たちも下がっているんだから公務員も一律給料を下げるべき!! それが 「コロナ」と闘っている・いた公務員の看護師、医療従事者でも? 公務員の給料を下げる事は正義か? 不況になると公務員の給料を一律に下げようとする人々が必ず出てくると思います。 これは大きな間違いであり、もっと言ってしまえば保健所や市役所などコロナ対応に追われて頑張っている職員だって数多くいる。 仮に公務員の給料を一律に下げてしまった場合や予算削減をした場合には、コロナは急激に拡大すると思う。 もっと突っ込んだ事を言えば、一般の民間病院はコロナの影響により病院に患者が来なくなった。 そして現に経営状態が急激に悪化しています。 看護師や医師、事務員等の給料が支払えずボーナスをカットするところが本当に多かった。 さらには月の給料までの減額される始末。 東京女子医科大学では看護師の夏ボーナス・今後の給料もカット。 これに対して約400名の看護師達が希望退職をする旨を出している。 初耳かもしれませんが、 実は国立病院機構は公務員ではありません。 でも名前に国立と付くから国家公務員と思われがちな事も事実。 そもそもなぜ、今回の内容に公務員の事が出てくるかと言えば、 「国立病院機構って公務員なんでしょ?」、「給料貰い過ぎだよね」、「民間よりも安定していて良いよね」、「血税だからしっかりとサービスしろ!! 」とあまりにも皮肉的な内容を言われる事が本当に多い。 皆さんに一つ考えて欲しい事があります。 それは「公務員だから」、「財源は血税だから」、「公務員は給料が高いから」という理由で不況になったら 一律で給料やボーナスをカットすると言う思考は大変危険であるという事。 福祉・医療・治安などの社会的に必要な部門、さらには末端でコロナと闘っている人達の給料まで下げてしまう事は更なるコロナ拡大を広げてしまう危険性がある。 現にコロナの影響でボーナスを下げられた民間病院ではモテベーションの低下から多くの退職者が出ている。 削減された国立病院機構のボーナス 実は 3. 11(東日本大震災)の際に国立病院機構のボーナスが復興財源として、公務員に合わせて減っていた時期がありました。 かなりのブーイングでしたが。 今回のコロナ問題に関して 看護師を含めて 救急隊員、自衛隊、警察、介護士、保健所、保育士の公務員の方々は本当に頑張って働いて下さったと思います。 そんな日々の最低限の生活を支えてくれている人の給料を下げては駄目。 と、言うよりもコロナ感染のリスクがある最前線で闘っていた人の給料は絶対に下げては駄目。 特に福祉や医療、公共機関に関わる職種は国が間に入っても何とかするべきだと思う。 国立病院機構って誰が運営しているの? 国立病院機構って頭に「国立」って書いてあるから国が運営している国立病院でしょ? 間違って解釈している人がいますので、まずはここから説明します。 国立病院機構とは? 元は 「旧日本軍病院」や 「ハンセン病・結核病院」だった病院を国が戦後に統合して、グループ化した団体。 財政の見直し、健全化に伴い2004年から国の管轄下から独立。 独立法人として出来た国内最大級の病院グループ。 (厚生労働省からは独立している) 現時点で全国に142カ所あり、 財源に関しては公務員の様に 国民からの税金で成り立っている訳では無い。 給料面・待遇面に関しては過去の公務員給料を元にしている。 ただそれだけで、公務員なんかでは決してない。 財源は決して血税なんかではない!! 名前に国立がついているだけで、看護師含めて医師や事務はみんな民間並みに「コスト削減」、「ホスピタリティー」を意識して頑張っています。 民間に近い。 因みに、国立病院機構の中に 「国立高度医療センター」 と呼ばれる 癌や感染症、精神疾患など一定の分野に特化した専門病院もある。 多少手当などが違いますが母体は一緒だと思って頂いて大丈夫です。 公務員の給料体系だから給料は高いでしょ? たまに何も知らない人が「公務員の給料体系なんだから給料高いんだろ?」、 「血税で飯を食っているんだから手厚く看護しろ!! 」 など無茶を言う人がいますが… 仮に立場が公務員だったとしても、 公務員は完全に年功序列だから「年数を重ねなければ」給料なんて上がらない (キャリア公務員なら別かもしれないが) なんなら、看護師なんて基本的に体力勝負だから若い女性しかいない。 若い女性しかいないのでは無く、いられないのが現実。 女性だから、結婚とか出産の関係で大体が30歳前には辞めていく。 しかも、 50代で眠さと闘いながら毎週夜勤して体重が自分よりも重い患者を介助、 さらに理不尽に怒られながら下の世話もして。 働き過ぎて腰はヘルニア、さらに立ち仕事だから足が浮腫む。 足の血管が浮き出たりする。 これが意味する事を分かりますか? つまり、あなたの事を看ている若い看護師の給料なんて 世間一般に考えられているよりも低い。 トータルの生涯年収で考えて、ようやくコスパに見合う程度。 40歳を越えた辺りでようやく人並みの給料になる(介護士さんなんてもっと大変かもしれませんが) ハッキリ言うと、 若い時だけの看護師なら他の病院の方が断然に給料は良い。 稼げるぞ!! 笑 国立病院機構や公務員系の病院は薄給だけど安定しているだけ!! 因みに僕は一般の会社勤務ですが、 国立病院機構及び公立病院に勤める嫁の看護師友人達のリアルな話を聞いて一般企業に比べて給料が安いと思います。 話がズレましたが笑 公務員の給料体系は若い時は安いし、それを真似した国立病院機構の看護師の年収も安い。 そして、根本的に国立病院機構職員は公務員ではない! 国立病院機構のボーナスは3. 11の時には下がっていた 3. 11の東北大地震の時にも、実はボーナス(賞与)が下がっていたのを知っていますか? 震災直後は 3. 9カ月分になっています。 (今現在は 4. 2~4. 9カ月分になっていますが。 いくら復興には、お金・財源が必要かもしれないけど。 震災の時に時に頑張ってくれている自衛隊とか消防、警察の人とかの分も一律で下げてしまうってどうなのか? もしかしたら現地の職員には 「危険手当」とかあるかもしれないけど。 仕事の割に薄給で、常に頑張って訓練とかして危険地帯で頑張っている人に対してする事ではないと思うんですよね。 公務員の給料を下げるなら、まずは国会議員から なぜか国会議員を下げると、同じ国家公務員まで下げる風潮があるけれど。 それは違うと思います。 上でも書きましたが公務員の年収は、一般企業に比べて給料の伸び率も低い。 不況の時だけ一般の公務員叩きは良くないと思う。 仮に公務員の給料が羨ましいと言うのであれば、自分も公務員になれば良かったのでは? と、常々思うのですが。 また話がズレてしまいましたが。 笑 「とりあえず公務員は使えない、悪」 な考えはやめた方がいい! 確かに一部にはいます。 (どこにでも) でも景気が悪くなれば、とりあえずみんなも苦しんでいるんだから 「 一律 ボーナス下げろ!! 」は、考え方が単純だと思ってしまう。 公務員でも末端で薄給で激務の中で頑張っている人達だって沢山いるわけだし。 それに、 何で公務員の人件費を削減して財源を作ろうとするのだろうか? それよりも給料を渡すから、もっと頑張って解決策を探し出してくれるような人材を確保した方が良いのではないかと思ってしまう。 コロナと闘う看護師のボーナスを下げたら起こる結末 ハッキリ言えば、今のままだと看護師の 「大量退職が出る」と思う。 なぜならばコロナの影響により給料削減と劣悪な職場環境に対して「モテベーションが保てない」現象が現実に起こっているから。 2020年6月30日には、某大学病院で実際に400名の看護師退職者が出ようとしている。 そして、最終的に看護師離れが起きます。 と、言うよりも確実に起こりつつある。 TVだと、 「医療従事者は患者さんへの使命感で頑張っています」なんて事が盛んに報道されています。 マスクも防護服も不足して命を脅かされながら頑張り、 さらに給料まで下げられてしまったらどう思うか。 確実にモチベーションが下がり、待遇面に不満を持った退職者が出てくると思います。 つまり、 「医療崩壊」が起こりかねない。 ごめんなさい、愚痴になるかもしれませんが。 でも、看護師はコロナの時期は自分への感染リスクもある中で本当に頑張って患者を看ている。 看護師だけではなく救急隊や保健所職員、警察官、保育士、介護職員だって。 時には差別も受けながら頑張っている。 だからこそ待遇面を上げられないのであれば、せめても現状維持だけでも大切な事だと思います。

次の

【2020年看護師(公務員)の夏のボーナス】年齢ごとの支給額を公開します|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

看護師 ボーナス 2020

日本医労連が傘下の労働組合を通じた調査で、医療機関354のうち約35%が看護師らの今年夏の賞与(ボーナス)を昨夏より引き下げるとの回答を組合側に示していることが14日、分かった。 東京都内の2医療機関が賞与支給はないと回答していたことも判明。 新型コロナウイルスの感染者対応で生じたコスト増や一般患者の受診控えなどによる経営悪化の影響とみられる。 東京女子医大の教職員でつくる労組によると、大学側は経営悪化を理由に、労組に対し賞与ゼロと通知した。 約30億円の赤字が主な理由だが、その一方で、大学の理事会が今年4月に、6億2000万円の予算をかけて理事室を本部棟から新校舎である彌生記念教育棟に移転させる工事を承認したとの話が職員の間では流れている。 コロナ禍の中、こうした経営への反発も相まって、都内の系列病院も含めて全体の約2割に相当する400人の看護師が退職を希望しているという。 大学は共同通信の取材に「回答を控える」とコメントした。 組合発行の「組合だより」では「仮に400人が辞めても何とか回るのでは。 最終的にベッド数に見合った看護師を補充すればいいこと」などと大学側が回答したとされ、物議を醸している。 医労連によると、13日時点で賞与の回答があった医療機関は約400。 そのうち、支給月数ベースで昨年と比較可能な354機関をみると、約35%の122機関で引き下げると回答した。 回答書には「法人始まって以来の損失金」(福島県の病院)、「4~5月で30億円近いマイナス」(都内の病院)、「現状のままだと、かつて経験したことのない経営危機に直面する」(沖縄の病院)といった記述もあり、医療機関の深刻な財政状況がうかがえる。 日本病院会などの調査では、前年と比較ができる1203病院のうち、4月は3分の2に当たる66・7%(前年同月45・4%)が赤字だった。 医労連の担当者は「医療提供体制を維持するため国の財政支援が必要」と話している。 政府は今月22日にスタートさせる観光支援事業「Go To キャンペーン」に1兆6794億円の予算をかけるほか、6月に成立した第2次補正予算で10兆円の予備費も計上している。 まずは医療支援を優先してほしいとの声は多い。

次の