九州六大学野球連盟。 九州産業大学 硬式野球部

Wikizero

九州六大学野球連盟

沿革 [ ]• の連盟内組織として創設。 の単独出場権を獲得、九州地区大学野球連盟枠から独立• 春季に2戦先勝の勝ち点制を試験的に導入。 春季に2戦固定の勝率制に戻す。 但し、以前とは異なり引き分け再試合を実施しないこととした。 時期は不明だが2014年春季の時点で既に、引き分け再試合制を復活させている。 運営方法 [ ] 構成 [ ] 固定した6校 対戦方法 [ ]• 春秋でそれぞれリーグ戦を行う• 2回戦総当り• 延長は12回まで。 決着がつかない場合、引き分けとして再試合 順位決定方法 [ ] 勝数の比較により決定する 勝ち数制。 勝ち数と負け数が同数となったケースでは、春季は優勝チームを決定するための、秋季は優勝、準優勝、3位を決定するプレーオフ 順位決定戦 を行う。 それ以外の順位については前季の順位が上のチームを上の順位とすることとしている。 優勝校特典 [ ]• 春季リーグ戦の優勝校はの九州六大学野球連盟代表校として出場権獲得• 秋季リーグ戦の上位3校はの九州六大学野球連盟代表校となり、左記大会で優勝した場合に、九州地区代表として出場権獲得。 試合会場 [ ] 福岡市及び北九州市周辺の各公共野球場で実施されている。 以下に近年主に使用している球場を記す。 、、、、、 近年、春季リーグの開幕戦に限り、と合同によるの開催となっている。 (大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む) 学校 優勝回数 最終優勝 大学選手権 神宮大会 最終出場大会 備考 57 2019年春 30 10 2019年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 50 2017年秋 24 11 2016年 大学選手権 全日本大学野球選手権ベスト4:5回 明治神宮大会ベスト4:2回 旧:八幡大学 6 2018年秋 6 0 2015年 大学選手権 6 2016年秋 5 0 2005年 大学選手権 旧:北九州大学 5 1993年春 2 3 1993年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 1 1958年春 0 0 - 西福戦 [ ] 西南学院大学と福岡大学は福岡を代表する私大であり、リーグ草創期に上位を争っていたことから「西福戦」として両校が応援団などを動員した対抗戦として盛り上げている。 歴代優勝校 [ ] 平成以降の優勝校• (注1):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の九州国際大学。 (注2):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の福岡大学。 脚注 [ ]• それ以前の優勝校は下記を参照。 (全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

(公財)全日本大学野球連盟 役員紹介(平成16,17年度)

九州六大学野球連盟

沿革 [ ]• の連盟内組織として創設。 の単独出場権を獲得、九州地区大学野球連盟枠から独立• 春季に2戦先勝の勝ち点制を試験的に導入。 春季に2戦固定の勝率制に戻す。 但し、以前とは異なり引き分け再試合を実施しないこととした。 時期は不明だが2014年春季の時点で既に、引き分け再試合制を復活させている。 運営方法 [ ] 構成 [ ] 固定した6校 対戦方法 [ ]• 春秋でそれぞれリーグ戦を行う• 2回戦総当り• 延長は12回まで。 決着がつかない場合、引き分けとして再試合 順位決定方法 [ ] 勝数の比較により決定する 勝ち数制。 勝ち数と負け数が同数となったケースでは、春季は優勝チームを決定するための、秋季は優勝、準優勝、3位を決定するプレーオフ 順位決定戦 を行う。 それ以外の順位については前季の順位が上のチームを上の順位とすることとしている。 優勝校特典 [ ]• 春季リーグ戦の優勝校はの九州六大学野球連盟代表校として出場権獲得• 秋季リーグ戦の上位3校はの九州六大学野球連盟代表校となり、左記大会で優勝した場合に、九州地区代表として出場権獲得。 試合会場 [ ] 福岡市及び北九州市周辺の各公共野球場で実施されている。 以下に近年主に使用している球場を記す。 、、、、、 近年、春季リーグの開幕戦に限り、と合同によるの開催となっている。 (大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む) 学校 優勝回数 最終優勝 大学選手権 神宮大会 最終出場大会 備考 57 2019年春 30 10 2019年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 50 2017年秋 24 11 2016年 大学選手権 全日本大学野球選手権ベスト4:5回 明治神宮大会ベスト4:2回 旧:八幡大学 6 2018年秋 6 0 2015年 大学選手権 6 2016年秋 5 0 2005年 大学選手権 旧:北九州大学 5 1993年春 2 3 1993年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 1 1958年春 0 0 - 西福戦 [ ] 西南学院大学と福岡大学は福岡を代表する私大であり、リーグ草創期に上位を争っていたことから「西福戦」として両校が応援団などを動員した対抗戦として盛り上げている。 歴代優勝校 [ ] 平成以降の優勝校• (注1):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の九州国際大学。 (注2):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の福岡大学。 脚注 [ ]• それ以前の優勝校は下記を参照。 (全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

大学野球・九州・沖縄地区

九州六大学野球連盟

沿革 [ ]• の連盟内組織として創設。 の単独出場権を獲得、九州地区大学野球連盟枠から独立• 春季に2戦先勝の勝ち点制を試験的に導入。 春季に2戦固定の勝率制に戻す。 但し、以前とは異なり引き分け再試合を実施しないこととした。 時期は不明だが2014年春季の時点で既に、引き分け再試合制を復活させている。 運営方法 [ ] 構成 [ ] 固定した6校 対戦方法 [ ]• 春秋でそれぞれリーグ戦を行う• 2回戦総当り• 延長は12回まで。 決着がつかない場合、引き分けとして再試合 順位決定方法 [ ] 勝数の比較により決定する 勝ち数制。 勝ち数と負け数が同数となったケースでは、春季は優勝チームを決定するための、秋季は優勝、準優勝、3位を決定するプレーオフ 順位決定戦 を行う。 それ以外の順位については前季の順位が上のチームを上の順位とすることとしている。 優勝校特典 [ ]• 春季リーグ戦の優勝校はの九州六大学野球連盟代表校として出場権獲得• 秋季リーグ戦の上位3校はの九州六大学野球連盟代表校となり、左記大会で優勝した場合に、九州地区代表として出場権獲得。 試合会場 [ ] 福岡市及び北九州市周辺の各公共野球場で実施されている。 以下に近年主に使用している球場を記す。 、、、、、 近年、春季リーグの開幕戦に限り、と合同によるの開催となっている。 (大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む) 学校 優勝回数 最終優勝 大学選手権 神宮大会 最終出場大会 備考 57 2019年春 30 10 2019年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 50 2017年秋 24 11 2016年 大学選手権 全日本大学野球選手権ベスト4:5回 明治神宮大会ベスト4:2回 旧:八幡大学 6 2018年秋 6 0 2015年 大学選手権 6 2016年秋 5 0 2005年 大学選手権 旧:北九州大学 5 1993年春 2 3 1993年 大学選手権 明治神宮大会ベスト4:1回 1 1958年春 0 0 - 西福戦 [ ] 西南学院大学と福岡大学は福岡を代表する私大であり、リーグ草創期に上位を争っていたことから「西福戦」として両校が応援団などを動員した対抗戦として盛り上げている。 歴代優勝校 [ ] 平成以降の優勝校• (注1):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の九州国際大学。 (注2):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位の福岡大学。 脚注 [ ]• それ以前の優勝校は下記を参照。 (全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の