キズナアイ 分裂 炎上。 キズナアイの分裂騒動について分かりやすく解説!中の人の顔やVTuberの仕組みなど

【キズナアイ】分裂事件で炎上の真相!4号の同棲疑惑は?業界の闇深さが露見?なぜ?

キズナアイ 分裂 炎上

しかし、ネット上ではNHKがキズナアイを起用することに対して疑問の声が上がり、一時期炎上にもなりかねない大きな騒動にまで発展しました。 また、キズナアイ関連で話題になった事件としてもう1つYouTube上で起きた放送事故騒動があります。 この騒動は、VTuberの虹河ラキというキャラクターの生放送中にまったく無関係のキズナアイの映像がながれ、今まで秘密とされてきたVTuberの撮影方法の一端が流出してしまったのではないかということで話題になりました。 このように、ネットで話題を呼んでいるキズナアイに関連する大きな2つの騒動について何が起きているのかと感じている方のために騒動の内容を詳しくまとめていきます。 それでは、キズナアイが炎上した理由について詳しく解説していきます。 まず、キズナアイについて話題となったの2つの炎上内容は以下の通りです。 NHK特設サイトへのキズナアイの起用や扱いが不適切というTwitterの投稿から炎上• VTuberの虹河ラキの生放送で、関係ないキズナアイの映像が流れる放送事故から炎上 まず、NHK特設サイトのキズナアイの起用の論争は、特設サイトについて太田啓子弁護士から「NHKノーベル賞受賞サイトでこのイラストを使う感覚を疑う」というツイートによるものです。 このツイートが発信されたことが発端となり、太田啓子弁護士のTwitterに様々な賛否の意見が寄せられました。 続いてキズナアイ関連の炎上の原因となったTwitter上での投稿について確認していきます。 NHK特設サイトへのキズナアイの起用や扱いが不適切であるという炎上の発端となるツイートが以下の通りです。 このツイートのみに対してだけでも525個のコメント、1,605回のリツイート、964のふぁぼがされています。 このツイートに関して太田啓子弁護士は国営放送であり国として影響力のあるNHKが、キズナアイに求めた役割が女性をサブ的に利用するような対応に感じられることへの疑問を提起しました。 また、女性蔑視しているビジュアルと取られかねないキズナアイを起用することに関する疑問の2つに対し問題提起したかったようです。 2つ目がTwitterでのキズナアイの議論に反応し、武蔵野大学社会学部の千田有紀教授が翌日にキズナアイに求められる役割は基本的に相槌であり、これは暗に性別役割分業を主張しているため適切でないという記事をYahooニュースで発信しました。 NHKのノーベル賞解説サイトでのキズナアイの動画では男性が多く話し、女性(キズナアイ)はその主張のサポートや意見を広げる補佐をしていることが旧来的な女性像を彷彿とさせるという意見をのせました。 この記事により、ネット上でさらにNHKのノーベル賞解説サイトへのキズナアイの起用についての議論が白熱しました。 このようにキズナアイを使って、弁護士や大学教授など社会的に立場のある有識者が持論を投稿したことがキズナアイに関する炎上騒動を勃発させたのです。 このコンテンツについては、女性(キズナアイ)の相槌が必要以上に多く、その主張のサポートや意見を広げる補佐をしていることが旧来的な女性像を彷彿とさせるという批判的な意見がありました。 まず、コンテンツを見ていくと動画については科学技術振興機構の職員とキズナアイの掛け合いに相槌が多いという印象はあまり受けません。 先生と生徒という設定で進めており、キズナアイが分かりにくい部分を質問してくれているので難しい内容も頭を使わなくても理解できる動画になっています。 その後、動画の下に用意されている以下のような詳細解説の会話形式の記事を読んでいくと、メインとなるコメントは科学技術振興機構の職員が多く、確かにキズナアイの相槌が多いという印象を受ける人もいるようなコンテンツになっています。 キズナアイの打ち合わせ風景がVTuber虹河ラキの生放送に流れたのは2018年11月5日の生放送中のことになります。 そもそも、VTuber虹河ラキとはどの様なVTuberかというと、山佐株式会社がプロデュースしている後輩系VTuberで山佐のサービスのPRなどを行っています。 運営からは「何か面白いことやって、じゃんじゃんPRしてくださいね」という丸投げ状態の中チャンネル運営を背負っているVTuberになります。 虹河ラキはチャンネル登録数が増えないと打ち切りと最初の配信で運営から伝えられており、シビアな環境で配信を続けています。 また、彼女の配信チャンネルであるラキステーションではPR企画の他にゲーム実況などが人気を博しています。 この放送事故が大きな話題を呼んだのはその撮影方法の一端が垣間見えたことにあります。 キズナアイを含めた多くのVTuberの撮影は具体的に説明されてきませんでした。 そもそも、キズナアイはインテリジェンスなスーパーAIを自称しており、人間のことを知り仲良くなりたいということで動画投稿を行っていた経緯があります。 配信内容も体力測定、AL同士の対談、ゲーム実況など様々なことに挑戦してきたなかで、中の人の存在を否定し、あくまでAIとして動画投稿を続けてきました。 そんなキズナアイの裏側が今回放送事故で流れたために大きな話題になりました。 また、キズナアイの打ち合わせの様子が普段のポンコツキャラと違い、とてもまじめで丁寧に対応している姿が流れたことも話題の要因の1つになります。

次の

NHK登場で「キズナアイ」炎上!話題の放送事故と騒動記事まとめ!

キズナアイ 分裂 炎上

息をのみました。 この絵…、動くぞ! いや、二次元の絵がなめらかに、かわE状態(きちんとした美少女の体を保ち)のまま自由に動いてるッ!!! 技術がすばらしいと、しかも声は生身の人間だなんて、悪魔的だッッ。 それによって自分の時間に余裕ができるようになり、活動の幅を広げたり ネームバリューを高めるという意味でもyoutubeを活用することは とても効果的ですね(上から目線(笑 動画をみていたら 今のこの混沌した世の中で家にいる人たちに元気を与えるために始めました。 だいたいこんな感じのことを言っていました。 分裂騒動です。 発端は2019年の5月25日に公開されたこの動画です。 キズナアイが4人いるとの紹介• 4人いるのだから新しいことにチャレンジし、進化することについて• 表現方法が変わったら"わたし"は"ワタシ"?というテーマで、キズナアイをLive 2Dやアニメ風で表現し、姿、表現が変わっただけでは自分は自分、変わることはないと明言• キズナアイと認識する定義について(キズナアイたらしめるものとは何か• 4人それぞれに違うキャラ付け、しゃべり方するとどう感じるか• 声を変えると発言に重みが出るか検証して、声を変えると自分の幅も広がると結論付けた• これまでを振り返り多様性を求めることによって可能性を広げられる• 新しいことに挑戦、チャレンジしたい• ついに2人目のキズナアイが誕生• 続けて3人目も誕生 といった感じになっています。 後から見ると、すべてが不穏なものに感じてきますね。 視聴者に少しずつ分裂に対する 抵抗感を減らすために… 詳しくみてみると• 1話から2話が導入部。 これから何か起こるぞと匂わせる• 4話から6話。 視聴者と運営のキズナアイに対する認識の齟齬(食い違い)を矯正する。 運営にとっては全てがキズナアイだと。 たとえ姿かたち、声、キャラが変わったとしても。 それを視聴者にも理解してほしいといった内容でした。 7話から8話、このことを踏まえたうえで新しい取り組みをする• よく考えられてますね! これ以降、たびたび分裂キズナアイたちが動画にも出始めるようになりました。 その反面、オリジナルがでてくる回数の減少。 タイトルだけではどのキズナアイか判別できない。 などの問題がありました。 (全員見た目は同じで声だけが違うため 本人から説明がなされる 6月30日(キズナアイの誕生日)にあったA. Party! というイベントでは、 1号(オリジナル)が今回の分裂騒動について、 私が消えることはない と胸の内を明かしました。 察するに様々な葛藤があったようです。 そしてここで中国語が話せる4号が紹介されました。 キズナアイの未来を暗示しているのか しかし7月22日に公開されたミュージックビデオの「Sky High」 はぁ? — クリス🍁 yochris72 10月4日、中国語のできるキズナアイ4号がビリビリ動画に上げた動画では、 「 台湾省」、尖閣諸島の「魚釣島」を中国読みの「 釣魚島」と表記されている 地図を出したことで大炎上しました。 「台湾省」とは台湾を中国の一部であるとする表記で、 台湾の蔡英文総統が 既に独立国家である。 と発言したように、台湾に住む人は、台湾は 中国の一部ではないと考えているために炎上したと考えられます。 また、 「釣魚島」とは尖閣諸島の「魚釣島」のことで、 そもそも日本の固有の領土であるため、この中国表記は おかしいですね。 どうやら この4号は中国のネットイースという企業の傘下にあるようで、 activ8が11月30日に出した声明文では 中国で活動する绊爱(Kizuna AI)につきましては、中国の別法人が運営するバーチャルタレント事務所「哎咿多(アイード)」がすべてのプロデュース・サポートをしてまいります。 より とのことで、完全に運営元の手を離れて活動しているようです。 vtuber界の礎を築き上げてきた人物。 しかし自分自身によってその足場は脆くも崩れ去ってしまった。 この先、 ファンの心のもやもや、不安を払拭することはできるのでしょうか? 追記:分身に新モデル適用で一件落着か.

次の

キズナアイが引退?分身の炎上で中身がどうなるか解説!

キズナアイ 分裂 炎上

突如始まった分裂企画の提案者だと言われている人物。 そして、 今回の炎上には中国をメインに活動する4号が主な原因として関係しています。 徐々にオリジナルのキズナアイの動画投稿が減っていく その後、キズナアイが4人に分裂した影響で、徐々にオリジナルのキズナアイの動画投稿の頻度が減りました。 2019年7月7日:ゲーム記録から オリジナルのキズナアイが最後にマリオメーカー2を遊んだ日と推測されている 2019年7月11日:キズナアイのゲームチャンネル『A. Games』に 3号の初ソロ動画をアップ。 以降は3号の動画投稿が基本に。 2019年7月19日:メインチャンネル『A. Channel』に3号のソロ動画が初アップ。 これ以降、 ゲームチャンネルだけでなくメインチャンネルも3号の動画がメインに。 2019年7月25日:キズナアイとコラボした『参天製薬』の広告をキズナアイのTwitterがリツイート。 この 広告には3号が出演。 このあたりで、オリジナルのキズナアイの活動休止などの憶測が飛び交い始めます。 ファンは、この分裂企画の目的を• 多様性• 仕事を分担する この2つだと考えていましたが、真相は違うのではないかと疑い始めます。 疑念を持っていたファンが関係者のSNS投稿を見て激怒 キズナアイの声優である春日望さんが 7月26日にしたツイートの文章。 嫌な大人や馬鹿な人に負けたくないし流されたくない。 同じになりたくない。 自分を目や感性を信じろ。 正解ばっかりは選べないけど、頑張ってきたことは残るって、つながるって信じろっ。 自分もコンテンツも守りきりたい頑張れ。 がんばれできる!!!!うええ このツイートは投稿後、間もなく削除されました。 春日望さんは、このツイート以外にもキズナアイ分裂企画が公表された頃の時期から「何か裏で年単位で頑張って動いている」という内容のツイートをしています。 そして、その2日後の 7月28日、副島雄一氏がFacebookに以下の内容を投稿。 物事に対する責任の目線が違いすぎて、話が噛み合わない。 向こうは「自分なりの責任」を精一杯背負ってるつもりになってるんだけど、 ・残業したくない ・土日はやりたくない ・報酬は人並み以上に欲しい ・権限は欲しい ・でも能力はあまり高いものを求められても困る ・リターンが確定するまで、リスクは負いたくない でも責任を持ってやるから、役員になりたい、、、と。 役員とかそういうんじゃないから。 こういうタイプに限って自己評価が高くて、自分が賢いと思ってるパターンが多いから困る。 ここで、これまでに溜まっていたファンの不満が爆発してしまいました。 そのサーリアさんと分裂企画の提案者と言われている副島雄一氏の同棲疑惑が浮上します。 浮上した理由は以下の2つのSNS投稿。 この写真に写っている猫が同じ猫であると判断し、サーリアさんと副島雄一氏の同棲疑惑が浮上しました。 ここで問題となったのが、• サーリアさんは2019年春にActiv8に入社し、すぐにキズナアイ4号の声優に抜擢• 副島雄一氏は騒動の発端となった分裂企画の発案者と言われていること この2点です。 つまり、 副島雄一氏がキズナアイの分裂企画を提案したのは、サーリアさんをキズナアイの声優としてデビューさせるという私的な目的の為だったのではないか、と考えられたわけです。 sirolog. ゲームチャンネルで3号がしていた生放送のコメントが荒れます。 3号は生放送中にいくつかコメントに対する返答をしましたが、ファンは納得出来ていないようでした。 少し日にちが空いて 8月8日。 Channel』の登録者数が激減。 登録者数100万人を目前にして、2日間で約5万人が登録を解除しました。 この投稿は、先日の一斉登録解除に対してのものだそうです。 この投稿を引用して、サーリアさんの声優アカウントにファンらしきアカウントがリプライで送信した文章。 裏垢でキズナアイ 1号)ファンを京都アニメーションの放火犯と一緒とツイートしてるね^^ このファンアカウントのリプライによって、この中国語投稿がオリジナルのキズナアイのファンを罵倒した内容だということが広まります。 オリジナルのキズナアイが生配信で説明 この4号声優サーリアさんの投稿が発覚して数時間後にオリジナルのキズナアイが『緊急LIVE配信』と題して生配信を開始。 動画に出演していなかった理由を「1ヶ月間、イベントに向けた練習をしていた」と説明しました。 しかし、その説明は今回の炎上の根本的な解決にはなっていません。 まとめ では、最後にここまでの内容を踏まえた上で、箇条書き形式で内容をまとめます。 2019年5月25日にアップされた動画で突如キズナアイが分裂• 徐々にオリジナルキズナアイの出演が減っていき、ファンの間で憶測が飛び交う• 春日望さんと副島雄一氏のSNS投稿でファンが激怒• SNS投稿から4号声優サーリアさんと副島雄一氏の同棲疑惑が浮上• ファンによる登録解除運動で10万人以上が登録を解除• サーリアさんの裏垢と思わしきアカウントの投稿が火に油を注ぐ形で炎上 今回の騒動に直接的に関係した部分はざっとこんなところですが、全ての経緯などを含めると単純な炎上よりも周辺情報が多い為にわかりづらいケースですね…。 ただでさえ突然分裂して疑念を持っているところに、いきなり現れた関係者同士が同棲しているらしき情報。 さらに、裏垢でのオリジナルキズナアイのファンに対する投稿。 まぁ経緯を追ってみると、炎上してしまうのも無理はないと思いましたね…。 ちょっと懸念しているのは、世間には「キズナアイが炎上」というワードだけ広まり、キズナアイ自体のイメージが下がってしまうことですね。

次の