日向坂で会いましょう オードリー。 日向坂46・渡邉美穂、『オードリーのANN』を「あえて聴かない」理由

坂道⊿3番組の中で「日向坂で会いましょう」が断トツ面白いのはなぜか

日向坂で会いましょう オードリー

オードリーのファンこそ「日向坂で会いましょう」を見るべき、という事を色々な人に話しているのですがnoteに書いた方が早いので書きます。 僕はオードリーが大好きなのですが、現在レギュラー出演しているテレビ番組をほとんど見ていません。 それでも自分がオードリーが大好きだと言える理由はラジオを毎週聴いているからです。 そしてなぜテレビを見ずにラジオばかり聴いているのかというとラジオが面白すぎてこの面白さを出せるのはこの空間しかないと思っているからです。 当然、ラジオにはラジオの顔テレビにはテレビの顔があります。 クイズ番組のMCをしたり動物番組に出ている人が、夜中には相方にビンタしたりお茶をかけたりしているのも、テレビ用のオードリーとラジオ用のオードリーがあるから成り立っているという事になります。 そして僕が好きなのはラジオのオードリーです。 悪ふざけや悪ノリを延々と続け暴言や暴力が飛び交い、ご本人たちがきっとやりたいであろうお笑いを完全に体現しているその空間が堪らなく好きなのです。 その姿を見ているとテレビに出ている姿が(勝手な主観、余計なお世話ですが)窮屈そうに見えてしまう。 (そんな事全部わかった上でやっているのでしょうが) それが良い、悪いではなく、やはり好きな人たちには好きなお笑いをやってほしい、それが出来ないならわざわざ見るほどでもない、というわけでテレビのオードリーをほとんど見ていないのです。 (関係ないけど、とんぱちオードリーをまた見たい) しかし、そこに風穴をあける番組が現れました。 それが日向坂46が出演、オードリーがMCを務める「日向坂で会いましょう」です。 その系譜として始まった「日向坂で会いましょう」(当初は「ひらがな推し」でした)を僕は最初は「新しく出てきたアイドルを知るために見よう」という気持ちで見始めました。 高校の時にAKBINGOにどハマりしていた僕にとってこの手の番組のメインは「アイドル」でした。 より正確に言うなら「アイドルが様々な事に挑戦して普段は見れない姿を見る」事です。 歌って踊る姿を見るだけでは出し切らない各々の個性を番組で見て、いわゆる推しを見つける。 それがアイドル番組のあるべき姿です。 芸人MCはお兄ちゃん的なポジションとしてアイドルの可愛さや個性を出させてあげるために、おいしいところを振ってあげて目立たせる、そういう構図が基本的なものになります。 「日向坂46で会いましょう」も最初はそういうコンセプトで始まったはずです。 僕も「あのオードリーがアイドルと絡んだらどういう感じになるのだろう」という興味で見続け、そのうちに好きなメンバーもできて「良いアイドル番組」として楽しんでいました。 何となく「普通のアイドル番組とは違うな」と薄々は感じ始めていたのですが、個人的に決定的だったのは今年の2月に放送された「キン肉マンを習得する」という回でした。 「メンバーが全く世代ではないのに番組でオードリーがキン肉マンの例えをしてくる」というくだりがそれ以前に何回かあったのですが(アイドル番組でそれをやるのもすごい話ですが)、この回では遂にメンバーにキン肉マンの事を理解してもらうという企画が行われたのです。 アイドルが覚えたてのキン肉マンの例えに懸命に食らいつき「ウォーズマンか!」などと言っている姿にオードリーの二人が笑っている姿が印象的でしたが、その時僕はラジオのオードリーの姿を見たような気がしました。 (ラジオでもキン肉マンの例えは頻出しています) 様々な企画を経てバラエティ能力が異常に発達している日向坂46のメンバーに対しオードリーも周りのことなど気にせず笑いでぶつかっているように思えたのです。 企画や表示されるテロップがお笑い番組寄りになっているのも、スタッフがそういう空気感を感じたからではないかと思っています。 元々、アイドル番組は古き良きバラエティ番組の側面があります。 芸人がひと昔前にやった事を改めてアイドルがやる。 その上で可愛い姿を見せる。 というのが本来のアイドル番組の目的のはずですが、日向坂で会いましょうはそのバラエティ番組をアイドルの側面ではなくお笑いの側面を見せて表現しているため、今ではほとんどない「純粋なお笑い番組」になってきています。 呼応するかのようにオードリーもMCとしてお伺いを立てる、という感じではなく、アイドルを立たせつつ自分達もお笑いをしているように思えてきました。 見たかったオードリーを毎週見る事ができています。 今、オードリーが純粋なバラエティを一番やっているのはもしかしたら「日向坂で会いましょう」かもしれません。 ただのアイドル番組ではなく、お笑い好きの人は「オードリーが毎週、純粋なバラエティをやっている」という感覚で見てもなんの問題もないと思います。 オードリーがお笑いをやって可愛い女の子もいて言うことなし。

次の

『日向坂で会いましょう』が面白い理由とは?オタ歴7年の僕が徹底分析

日向坂で会いましょう オードリー

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で扱われたことをきっかけに今世間で「春日語」が話題になっている。 これは、オードリー・春日俊彰による造語だ。 日常的に使っているというこの造語に、視聴者からも大きな注目が集まった。 そんな春日語であるが、実はいち早く紹介していたのが日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』および、けやき坂46時代の前身番組『ひらがな推し』(どちらもテレビ東京)だ。 『ひらがな推し』が放送開始されたばかりの頃、「オードリーと距離を縮めよう」回で行われたオードリークイズで、春日語というワードが番組初登場。 「うまい刺身。 春日語で何?」という問題が出題され、高本彩花が唯一正解し(なお、正解は「うましみ」)、また柿崎芽実は不正解だったものの、「よしお、小島よしお」(春日語で許可を出す意としての「いいよ」)と回答。 春日は、彼女たちが「春日語」を知っていたことに喜び、同放送をきっかけに日向坂46との距離は一気に縮まっていく。 日向坂46『ソンナコトナイヨ』(通常盤) その後も、番組内に春日語は何度も登場し、日向坂メンバーは次第に春日語の楽しみ方をマスター。 なかでも富田鈴花はブログで「オブです!! 」(春日語:「よろしく」)と使うなどして、すっかり使い慣れている様子だ。 すっかりメンバーに愛されている春日。 そこで今回は「日向坂46と春日の関係性」について振り返ってみたい。 番組当初は彼女たちに対しあまり関心がないような素ぶりを見せていたが、今や夫婦でライブに訪れ、メンバーが登場した瞬間に湧き上がった観客の歓声に「こんな応援されてんだ」と涙を流したことを明かしている。 「彼女たちは強い」と日向坂46を絶賛し、すっかりおひさま(日向坂ファンの呼称)と化していることから若林を心配させている。 番組は基本、春日のボケに対しメンバーがツッコミを入れ、トークを回す若林がその様子を嬉しそうに見ているというのが定番。 いじられキャラとして打たれ強い春日、些細なことでも拾ってトークを広げていく若林によって、メンバーが伸び伸び発言できている。 同番組は、日向坂のバラエティ面に大きく影響を与えているといえるだろう。

次の

オードリー X 日向坂

日向坂で会いましょう オードリー

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で扱われたことをきっかけに今世間で「春日語」が話題になっている。 これは、オードリー・春日俊彰による造語だ。 日常的に使っているというこの造語に、視聴者からも大きな注目が集まった。 そんな春日語であるが、実はいち早く紹介していたのが日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』および、けやき坂46時代の前身番組『ひらがな推し』(どちらもテレビ東京)だ。 『ひらがな推し』が放送開始されたばかりの頃、「オードリーと距離を縮めよう」回で行われたオードリークイズで、春日語というワードが番組初登場。 「うまい刺身。 春日語で何?」という問題が出題され、高本彩花が唯一正解し(なお、正解は「うましみ」)、また柿崎芽実は不正解だったものの、「よしお、小島よしお」(春日語で許可を出す意としての「いいよ」)と回答。 春日は、彼女たちが「春日語」を知っていたことに喜び、同放送をきっかけに日向坂46との距離は一気に縮まっていく。 日向坂46『ソンナコトナイヨ』(通常盤) その後も、番組内に春日語は何度も登場し、日向坂メンバーは次第に春日語の楽しみ方をマスター。 なかでも富田鈴花はブログで「オブです!! 」(春日語:「よろしく」)と使うなどして、すっかり使い慣れている様子だ。 すっかりメンバーに愛されている春日。 そこで今回は「日向坂46と春日の関係性」について振り返ってみたい。 番組当初は彼女たちに対しあまり関心がないような素ぶりを見せていたが、今や夫婦でライブに訪れ、メンバーが登場した瞬間に湧き上がった観客の歓声に「こんな応援されてんだ」と涙を流したことを明かしている。 「彼女たちは強い」と日向坂46を絶賛し、すっかりおひさま(日向坂ファンの呼称)と化していることから若林を心配させている。 番組は基本、春日のボケに対しメンバーがツッコミを入れ、トークを回す若林がその様子を嬉しそうに見ているというのが定番。 いじられキャラとして打たれ強い春日、些細なことでも拾ってトークを広げていく若林によって、メンバーが伸び伸び発言できている。 同番組は、日向坂のバラエティ面に大きく影響を与えているといえるだろう。

次の