冬の風に思わずくしゃみをした。 冬の風の季語一覧(冬の季語)

くしゃみ、鼻水が続いたら、もしかして寒暖差アレルギーかも?風邪との違いは?対策方法は?(search.applylikeapro.comサプリ 2018年11月24日)

冬の風に思わずくしゃみをした

寒くて長い冬が... ようやく終わりを迎える頃... 菜の花の香りが... 風にのせて僕の鼻先をくすぐってきた... 思わず大きなくしゃみをして... 春の夕映にできた僕の長い影を見たとき... 幼かったあの頃をふと思い出す... ~思いつきおまけ短編集~ 「夢幻の世界へ御招待」 第一話 僕の名は「田中幸彦」40歳 妻、子供2人 万年ヒラの商社サラリーマンだ... 毎日毎日忙しくて.... 時間の流れを忘れて生きていると... 夢や目標を持ち... 未来へ向かって足早に歩いている足を... なんとなく辞めたくなる時がある... 逃げられない社会で... 重い責任をいくつも背負い... 必死に這いつくばって生きていくことが... 本当に僕の幸せなんだろうか... 僕の子供の頃の夢は... 野球選手だった... だけどそんな夢も叶うはずもなく... 見積書と報告書がたくさん詰まった安物のカバンを片手に... 硬いコンで舗装された歩道を走って... 得意先のへと向かい... ひたすら赤の他人に頭を下げる毎日が続いてく... 田中の心の叫び ちっ!馬鹿野郎が.... ! それぐらいわかってんだよ... ! この頭でっかちのハゲ!! まったくよ... ! こいつの嫁の顔がどんなのか... 一度拝んでみたいもんだぜ... ! 僕はまた... 深々とお辞儀をして... ロビーの入り口を出る... そしてまた... 次の得意先のへと向かって走ってく... こんな人生... 疲れた... 何もかも忘れて何処か遠くへ逃げたいよ... とうとう情けない弱味を口走ってしまった僕... その時だった... 合同庁舎の駐車場に咲いている... 満開の桜が... 風に乗せてハラハラと舞い散り... 僕はまるで... 映画のワンシーンのような桜吹雪に包まれた... 綺麗だなぁ... もう桜が散り頃の季節になっていたのか... 僕は走っている足を止め... ゆっくりと目を閉じた... すると... ? ここは... 僕が再び目をあけた時.... 目の前に広がるのは... どこまでも広く続いてくだんだん畑に... 深々と緑溢れる山々... 一本の細い田んぼのあぜ道の真ん中に立っている僕は... 生まれ育った故郷にいたんだ... あ!僕の体が... !! 学生服に身をまとい... 頭には学生帽... 肩掛けカバンを下げている... どうなってんだ... !? 中学生に戻ってるじゃないか!! 田中く~~~ん!! 待ってよ~~~~!! え.... ? 誰か女子中学生が僕の方へと駆けつけてくる... ハァハァ... 田中くん、一緒に帰ろう! え.... 誰だよ... って!・・・おいっ!! お前・・・! 確か2年の時同じクラスだった... 「深沢ゆきえ」じゃねえかよっ!! 深沢 「そ~だよ? 私、深沢ゆきえだよ、今さら何言ってんの?田中くんったら変なの!」 田中 「お.... 確か山中と結婚したはずなのに.... 」 深沢 「山中くん? やだー!なんで私が山中くんと結婚しなきゃならないのよ!? 私... 山中くんなんて... 大っ嫌い!!」 田中 「何いってんだよ... 山中に泣きつく程に惚れてたくせによ... ! あいつん家は親父が大手企業の上役部だから玉の輿でウハウハだったじゃねーかよ!!」 深沢 「失礼ね!私、結婚は本当に好きな相手じゃないとしないんだもん!! お金目当てで結婚なんて、バカみたい!」 田中 「よく、言うぜ... 外車にベンツに海外旅行... ブランドもんいっぱいちらつかせやがってよ!」 深沢 「もう!田中くんったら~~・・・ さっきから何訳の分からないこと言ってんのよ!」 田中 「お前は金につられた女なんだよ... ひどい... 田中くんの事..... 好きなのに... あぁ~・・ん・・あんあんあ~~ん・・・泣!!」 田中 「ば... !バカッ... !!、泣くなよ!こんな所で!」 深沢 「グスン.... じゃあキスして!!キッパリ」 田中 「はぁっ!?キスぅ~!? バカかよお前はっ!!」 深沢 「う... グスン... いいもん... また泣いちゃうから... 」 田中 「わ... じゃあ... 目をつむれ.... 」 深沢 「うん... 」 田中 「よ... よ~し.... じゃあ... いくぞ.... 」 深沢 「うん... 」 田中 ドキドキドキ・・・ 深沢 「・・・・」 田中 「ぐっ・・・!!」 僕は深沢の肩に手を掛けて・・・ 思い切って目をつむった・・・ そして・・・ あ・・・・ あれ・・・・?? 僕が再び目を開けると・・・ 合同庁舎すぐ横の歩道の真ん中に立っていた・・・ な・・・ 何なんだよ・・・ さっきの幻覚は・・・ 夢か・・・? どうやら元の世界に戻ったようだ・・・ 足元を見ると... 歩に落ちた桜の花びらが... 風に吹かれてふわりと舞い上がった... あーーあ・・・ せっかく深沢ゆきえとキスするチャンスだったのによー・・・ 足元の桜がサラサラと風に流されてゆく・・・ 僕は歩道をゆっくりと歩き出し・・・ 小さな声で・・・ 一人つぶやいた・・・ バカだなぁ・・・ どうしてあいつを振っちまったんだろう・・・ 本当は好きだったんだ・・・ だけど素直になれなくて・・・ あの時... もし本当の気持ちを打ち明けていたら. ・・・ 「あら、田中くんじゃない?」 突然後ろから・・・ 僕の名前を呼ぶ女性の声が・・・! え・・・? って振り返ってみると・・・ 黒光りした真っ黒な高級ベンツの窓から顔を出して手を振る女性・・・ その正体は・・・ 「田中くんでしょ?久しぶりじゃない!私よ私!」 高級ベンツの窓から手を振っている女性・・・ スタイリストにヘアアレンジを施され・・・ ルカラーのソフトな仕上がりのルメイクに・・・ 大胆に胸元が見える純白のシルクワンピースでドレスアップしたセレブなマダム・・・ あの深沢ゆきえだった・・・ 田中 「なっ・・・! 何処の奥様かと思えばよ・・・ セレブの深沢ゆきえじゃねーか・・・ 綺麗にドレスアップなんかしやがって・・・ 何の用だ?」 ゆきえ 「あら... いやだ... 久しぶりに会ったのに... そんな冷たく遇うことないじゃい... それに私... 今はえよ... 失礼しゃちゃう... 」 田中 「ふんっ! 何か御用ですか... 山中グループの御婦人様よ!」 ゆきえ 「ウフフ... 偉そうな口の利き方も相変わらずね... ところで田中くん... コワイ顔しちゃて... ホント昔とちっとも変わらないわね... 営業マンがそんな生意気な態度だと... いつまで経っても得意先から契約してもらえないわよ?」 田中 「う・・・!! うっせーよっ!! 余計なお世話だ!! 何不自由なく暮らしているセレブの奥様には関係ねーだろ!」 ゆきえ 「ねえ田中くん... これから主人が開催する、山中グループ専属会社のパーに向かう所なんだけど・・・」 田中 「専属会社のパーだぁ~?」 ゆきえ 「よかったら、あなたも来ない... ?」 田中 「はぁっ・・・!?」 ゆきえ 「主人と・・・ 久しぶりに会ってみたらどうかしら... ?」 田中 「さっきも仕事中だって言ったろ! 何をバカなこと・・・!」 ゆきえ 「いいじゃない... たまには一流シェフの作った世界のグルメ料理食べましょうよ 山中グループの名前出したら、あなたの会社もきっとOKしてくれるはずだわ... 」 田中 「バーーーカ! これだからマダムはわかってないよな! そんな理由で会社抜けたりしたら信用失っちまうよ... 今が踏ん張り時なんだ! これまでの努力が台無しになったらどうするんだ... !」 ゆきえ 「雇われのヒラ社員は大変よね~! 田中くんは営業マンなんだもの... 忙しくてパーなんかに現を抜かしている暇なんてないわよね... あ~残念、美味しいンもあるに!」 田中 「なんだとこのぉっ!!」 運転手 「奥様... そろそろ急がないとお時間が... 」 ゆきえ 「あらごめんなさい... 」 ゆきえ 「じゃあ田中くん、忙しい時にごめんなさいね」 田中 「まったく... いい迷惑だよ!」 ウィーーーーー・・・ン・・・ ゆきえ 「田中くん... 営業周り頑張ってね! 契約取れるといいわね、さようなら... 先ほどの男性との御関係は... 」 ゆきえ 「・・・・・・」 運転手 「申し訳ございませぬ奥様... わたくし大変御無礼を申し上げまして... 差し支えなければと思ったのですが... 」 ゆきえ 「あの男はね・・・」 運転手 「あ... 」 ゆきえ 「私の・・・・ 初恋の男だったの・・・」 運転手 「は.... さようでございましたか... ありがとうございます... わたくしなんぞに心の内を話して頂いて... ですが心配御無用ですぞ奥様... 旦那様には... 御内密にしておきますので.... 」 ゆきえ 「バカな男よ・・・ 私を振ったするから・・・ ちょっと意地悪しちゃった・・・」 運転手 「奥様には旦那様がふさわしいと わたくしは思いますぞ... 」 ゆきえ 「スッキリしたわ! あの男に・・・ 私との格差を見せつけてやったの・・・」 運転手 「同じ男のわたくしならわかります... あの男性... 奥様を見て... 大変悔しい思いをした事でしょうな... 」 ゆきえ 「フンッ... 私の勝ちね... 」 運転手 「もちろんです... 奥様は山中グループ会長である旦那様の... 御婦人なのですから... 」 ゆきえ 「男はやっぱり・・・ 経済力よね・・・ いつまで経ってもヒラの雇われ社員では... 主人の足元にも及ばないわ・・・」 運転手 「誠でございます奥様... 」 ウォォォーーーーー・・・・ン・・・ そして・・・ ゆきえが乗った高級ベンツが・・・ 交差点を右に曲がり見えなくなると・・・ 田中 「バーーーカ!! バーーーカ!!バーーーカ!! バァァーーーーーーーーーーーーーァァカッ!! 2度と現れんな!!金に目が眩んだ女が!! いつか山中に捨てられろっ!!!」 ハァ.... 僕は息を切らしながら・・・ ふと腕時計へと目をやると・・. やっべっ!!! もう15時半かよっ!! 早く湧永商事のビルに急がないと! アポイントの時間に遅れちまう!! 僕は慌てながら... 見積書と報告書がたくさん詰まったカバンを抱え... 再び走り出したのであった... 厳しい現実社会の中で・・・ 重い責任をたくさん背負い・・・ 僕はこれからも・・・ この街で・・・ 忙しい毎日を生きていくだろう・・・ いつかは訪れる・・・ 夢幻のような安らぎの世界へと旅立つ日まで・・・ 終わり) あの日僕へ3 仮 予告編 マー坊 「ねぇ、虎にーちゃん」 虎之助 「んー?どうしたマー坊?」 マー坊 「どうして虎にーちゃんの、おちんちんには毛が生えてるの?」 虎之助 「んん~~・・・ それはだなぁ~~・・・ おちんちんが風邪をひくからかなぁ~?」 マー坊 「じゃあボクのおちんちんには、どうして毛がないの?寒くて風邪ひいちゃうよ~?」 虎之助 「う~ん・・・ マー坊のおちんちんはね、まだ小っちゃいから風邪ひかないんだよ・・・」 マー坊 「どうしておちんちんが小っちゃいと、風邪ひかないの~?」 虎之助 「マー坊のおちんちんは、皮を被ってるでしょ? あったかいから風邪ひかないんだよ~」 マー坊 「ふ~~~ん・・・ そうなのか~~・・・ 皮を被ってると、風邪ひかないんだね!」 虎之助 「大きくなったら、皮を脱ぐだろう? それで寒くておちんちんが風邪ひきそうになるんだ!」 マー坊 「だから虎にーちゃんのおちんちんには毛が生えてるんだね!」 虎之助 「えっへん!そうなのだ!」 マー坊 「ボクにも早くおちんちんに毛が生えてこないかなぁ~?」 虎之助 「大丈夫だよ! マー坊も、きっと大きくなったらおちんちんに毛が生えてるからさ!」 マー坊 「ほんとう~?」 虎之助 「本当だよ!」 マー坊 「ボクのおちんちんに毛が生えてたら、虎にーちゃんは1番で見せてあげる!」 虎之助 「にーちゃん1番で見せてくれるの? 楽しみだな~!」 マー坊 「うんっ!!」 僕を「お兄ちゃん」と呼んでくれたのは... ケン坊の8つ歳下の弟「将弘」 まさひろ 通称「マー坊」だった... ケン坊とマー坊は 僕のお向かいに家があるんだけど... 親父さんが出稼ぎ労働者のため、家には殆ど居なかったので... 幼い頃から僕の家に住んでいたのです... なのでマー坊は本当の弟のように可愛がっていました... マー坊も、僕を「虎にーちゃん」と呼び、とても懐いてくれたので... マー坊の前ではいつもお兄ちゃんぶって、弱い所や泣いている姿はなるべく見せないようにしていました... そんなマー坊を肩車した時の思い出を... ちょっぴり思い出してみました... 「お兄ちゃんと肩車」 toranosuke110.

次の

冬に花粉症?原因は何?風邪との違いの見分け方は?

冬の風に思わずくしゃみをした

症状から見分ける、アレルギー、風邪、インフルエンザ アレルギー性鼻炎・かぜ・インフルエンザは、症状が似ている場合が ありますが、原因はちがいます。 かぜ・インフルエンザ おもに、ウイルスの感染により発症します。 かぜ:ライノウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、 パラインフルエンザウイルス、エンテロウイルス、など インフルエンザ:インフルエンザウイルス(A,B,C型) どんな症状?症状の違いは? アレルギー性鼻炎・花粉症 かぜ インフルエンザ 全身の痛み(筋肉痛・関節痛) ない。 ほとんどない。 例外もあります。 安易な診断はせず、かかり付けの医療機関に相談しましょう。 アレルギー性鼻炎・花粉症 かぜ インフルエンザ アレルギー性鼻炎・花粉症 か ぜ インフルエンザ 検査 症状や問診を合わせて診断 ・特異lgE抗体検査 血液中の特異lgE抗体の有無を調べます ・皮膚テスト 皮膚に直接アレルゲンを反応させます 主に鼻・のどのぬぐい液からウイルスの有無を調べます。 初期にはかぜと似た症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まり)がみられます。 簡単な検査(特異lgE抗体検査)で原因を調べることができ、早期に治療することで、症状を抑えたり和らげたりすることができます。 花粉の種類や飛ぶ時期を知り、予防や対策に役立てましょう。 花粉が飛ぶ時期• ス ギ 11月-4月• ヒノキ 3月-5月• カモガヤ 5月-7月• ヨモギ 8月-10月• ブタクサ 8月-10月 アレルギー、風邪、インフルエンザの予防のために 手洗い ウイルスや花粉などをこまめに洗い流しましょう。 石鹸を使って15秒以上ていねいに洗い、清潔なタオルで水を十分にふき取りましょう。 うがい ウイルスや花粉を洗いながすことができます。 こまめに行いましょう。 マスク 花粉などアレルゲンの吸入や、ウイルスの飛散を防ぎます。 目的に合ったマスクを選んでしっかりつけましょう。 生活 栄養・睡眠を十分にとり、疲れをためないことが大切。 日頃から、適度な運動や規則正しい生活を心がけましょう。 そうじ アレルギーでは、原因アレルゲンを取り除くことが大切。 生活空間をこまめに掃除しましょう。 予防接種 インフルエンザでは、ワクチンの予防接種が効果的です。 (資料提供:日本ケミファ株式会社) 杉本クリニックはアレルギー性鼻炎、花粉症のの治療を行っています。 お気軽にご相談下さい。 杉本クリニックはアレルギー性鼻炎、花粉症のの治療を行っています。 お気軽にご相談下さい。

次の

あの日僕へ3(予告編)と~夢幻の世界へ御招待~

冬の風に思わずくしゃみをした

お迎えしたトイガーの喜助くんの風邪が2週間長引いていました。 「ぷしゅん。 ぷしゅん。 」 お薬は毎日投与しているのですが、鼻水ずるずるが止まらない・・・。 早く良くなってくれるといいけど・・・。 風邪以外は健康な模様。 けどもしかしたら慢性的に鼻炎になるかもとのことで・・・。 代わってあげたいなあ・・・。 そんな中私も風邪をひいてしまいましたorz そのせいか、室内がいつもよりも寒いと感じていたのです。 「寒すぎる・・・!ちょっとエアコン止めよう!」 少し室温が上がって申し訳ないなと思うながらも寒さに負けてエアコンを止めました。 おかげで寒気がマシになったのですが・・・ おや? 喜助くんのくしゃみの回数が激減したのです。 もしかして・・・寒かった? 目次• 猫ちゃんの適温は、人間には少し暑いぐらいの室温と言われています。 長毛種ならもう少し低めに、短毛種ならもう少し高めにと猫に合わせて調節してください。 猫ちゃんはとっても 寒がりな動物です。 毛で覆われているから暑がりでは?と思うかもしれませんが、暑さ以上に寒さに弱いです。 もし夏場にエアコンをガンガンかけているのであれば、気を付けないといけません。 猫にエアコンは必要なのか? 2-1. 設定温度より冷えていませんか? 猛暑の熱中症対策はもちろん大切ですが、夏場に注意しなければならない事がもう一つあります。 それは エアコンによる冷え過ぎです。 先ほど説明した通り、 猫ちゃんは寒さに弱い生き物です。 また、ケージ内で飼育している場合は エアコンの冷気が直接当たっていないか気をつけましょう。 暖房だけでなく、ペット用ヒーターや保温性の高い柔らかい毛布を猫用に用意すると良いでしょう。 猫は人より地面に近い分、床からの冷気で体が冷えやすくなります。 フローリングには絨毯などを敷き、熱の逃げにくい部屋づくりを心がけましょう。 冬場、暖房器具を使う時はいくつかの点に注意が必要です。 まず、ストーブや電気カーペット、床暖房は低温やけどを起こしやすいので猫が直接触らないようガードを置いたり、間に毛布を敷きましょう。 そして、暖房器具の使用は、空気が乾燥しやすいので脱水症状にも注意が必要です。 濡れタオルや加湿器を使って湿度を調節してください。 冬場の 乾燥した空気は、ねこ風邪の原因にもなります。 十分な対策をとりましょう。 2-2. 子猫はもう少しあたたかく設定してあげたい 生まれて間もない子猫は成猫より少し高めに室内の温度を調節すると良いでしょう。 猫ちゃんに限らず赤ちゃんは寒さに特に弱いです。 寒すぎることが原因で命を落とすこともあります。 生まれたばかりのうちはまだ動き回る範囲は狭いので、室内全体をこの温度にする必要はありません。 寝床の周りをタオルや湯たんぽを使って調節してください。 子猫のための室温の調節には、湯たんぽを使うと湿度も調節しやすく便利です。 ただし、湯たんぽのお湯の温度を高くしすぎると低温やけどの心配があり、大変危険です。 湯たんぽの温度は、母猫の体温を基準に考えるとわかりやすいのではないでしょうか。 子猫はこの母猫と同じ温度を感じられる環境が一番居心地がよく、安心できます。 子猫が元気に動き回るまで成長すれば、成猫と同じ室温で快適に過ごせます。 子猫のいる空間で温度以外に気を付ける点は、湿度と光量です。 2-3. エアコンを賢く使って猫の健康を保つ 「猫にエアコンは必要なのか?」の問いに対し、 私の家では 絶対に必要と言いたいです。 もちろん家の質や飼育状況によって一概には言えませんので私の意見を鵜呑みにせず、ご自分の家庭にはエアコンが必要かどうか考えていただけたらと思います。 まず、私の家でエアコンが必要な理由は二つあります。 夏場に冷房をつけていない時がかなり暑かった。 うさぎを飼育している。 一つ目の理由については引越し前の部屋の下見で気づきました。 窓は東向きで朝日を室内に直接取り込むことができます。 そのため朝から昼にかけてすぐに室温が上昇するようで、お昼ごろにへりゃの下見に来たときは室内は灼熱でした。 不動産屋さんも思わず冷房をつけたくらいです。 こんな暑い中とてもじゃないけど生活できませんよね。 カーテンを閉めて換気など風の通り道を作ればある程度はマシにはなりますが、とてもじゃないけど居心地のいい空間ではないです。 猫ちゃんだって暑いところは苦手です。 ヒトと違って汗をかいて体温調整は出来ません。 熱中症の危険もあるので、冷房を使うことは避けられません。 二つ目の理由として、私はホーランドロップイヤーといううさぎさんを飼っています。 おてんば娘の静子さん、ほんと可愛い娘です(親バカ)。 うさぎさんの快適温度は18~24度といわれています。 気温が28度以上になると熱中症を起す恐れがあり、15度以下になると、体調を壊す恐れがあります。 うさぎさんは猫ちゃんよりも暑がりで温度管理にはシビアになります。 そのため、我が家では夏と冬は24時間エアコンを動かしています。 (もちろん猫ちゃんとうさぎさんは別室で飼育しています) 電気代より我が子の命です。 また、エアコンは使い方さえ誤らなければ猫ちゃんが快適に過ごせる空間をすぐに作ってくれます。 猫ちゃんの過ごしやすい室温に設定して、エアコンの空気が直接当たらないように気を付けてあげましょう。 喜助「あそこから風が吹いてるけど寒いです」 私「申し訳ありません・・・」 ただし、室温の調節にエアコンやストーブといった空調設備はとても便利ですが、多用すると部屋が乾燥してしまい猫の体にはあまり良い環境とは言えなくなってしまいます。 猫ちゃんにとって快適な環境を作るには、室温だけでなく乾燥にも気を付けなければいけません。 乾燥は風邪や肉球のアカギレの原因になりますし、多湿は毛皮が蒸れて菌が繁殖したりカビが発生するなど衛生面で良くない問題が起きる心配があります。 エアコンやヒーターで室内温度を調節するときは部屋が乾燥してしまわないように同時に加湿器を使用したり、濡れタオルをかけて室内の湿度を調節してください。 エアコンの温度設定を改めたら 恥ずかしい話ですが、我が家のエアコンの温度は喜助くんには寒すぎでした。 私が風邪をひいてはじめて、風邪ひきにはこれは寒いなと感じました。 ケージの横にプラズマクラスターさん(空気清浄機)に気温と湿度が表示される機能がある事を思い出して、気温を表示させたらびっくりしました。 寒かっただろう・・・。 喜助くんはリビングで過ごしているのですが、寒いと感じてエアコンをオフにしました。 喜助くんの風邪が良くなるまではリビングの冷房は控えます。 我が子ファーストです。 まとめ 飼い主さんと同じく猫ちゃんにも暑さや寒さはつらいものです。 猫ちゃんにとってより良い環境で生活し、お留守番ができるように飼い主さんはちょっとした心かけをしてあげることが大切ですね。

次の