北海道 コロナ 状況。 新型コロナウイルス感染症について | 保健福祉部健康安全局地域保健課

【新型コロナウイルス】北海道旅行の危険性は?キャンセルすべき?

北海道 コロナ 状況

主要ニュース• 公式情報• - 北海道 道庁による公式発表や、道内の感染者数のグラフなど• - 北海道 保健福祉部 感染者の年代・性別・居住地など• - 北海道 教育委員会• - 北海道• - 北海道 支援情報や各相談窓口• - 北海道 保健福祉部• - 北海道• - 北海道 給付金や貸付、猶予などの各種支援情報• - 北海道 休業協力・感染リスク低減支援金など各種給付金や支援情報• - 北海道 資金繰りのご相談、各種支援策の紹介など「困りごと、不安」に応じた関連情報のまとめ。 - 北海道 地域医療を守るため寄附金を募集。 地域への影響• - Yahoo! 検索(リアルタイム)• - 北海道テレビ放送 オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

NHK札幌放送局

北海道 コロナ 状況

広告 6年連続全区間で赤字 JR北海道は経営危機が表面化した2014年度から、区間別輸送密度や収支状況を公表しています。 その2019年度分を公表しました。 新幹線を含めたJR北海道の全路線を23区間に分けたものです。 道内23線区すべてが営業赤字です。 上期には札幌圏が黒字となりましたが、通年では赤字となりました。 全線区が営業赤字となるのは、線区別収支の公表を始めた2014年度から6年連続です。 合計の赤字額は551億8300万円となり、過去最大となりました。 まずは、その数字を輸送密度順にランキングしてみましょう。 黒字路線が一つもないので、営業損益は「営業損失」としてマイナス表記を省略しました。 ( )内は前年度です。 JR北海道輸送密度ランキング2019年度版 路線名 区間 輸送密度 営業損失 札沼線 医療大学~新十津川 71(62) 275(281) 根室線 富良野~新得 82(94) 863(734) 日高線 鵡川~様似 104(119) 633(739) 留萌線 深川~留萌 137(145) 661(640) 根室線 釧路~根室 238(250) 1,108(1,115) 宗谷線 名寄~稚内 316(335) 2,505(2,622) 釧網線 東釧路~網走 372(380) 1,613(1,448) 根室線 滝川~富良野 386(419) 1,089(1,106) 室蘭線 沼ノ端~岩見沢 388(415) 1,108(1,228) 日高線 苫小牧~鵡川 528(462) 331(368) 函館線 長万部~小樽 618(625) 2,353(2,360) 石北線 上川~網走 710(779) 3,415(3,463) 石北線 新旭川~上川 1,047(1,117) 1,026(959) 宗谷線 旭川~名寄 1,336(1,393) 2,633(2,698) 富良野線 富良野~旭川 1,419(1,505) 1,015(1,066) 根室線 帯広~釧路 1,450(1,557) 4,061(3,895) 石勝・根室線 南千歳~帯広 3,246(3,529) 3,975(3,388) 函館線 函館~長万部 3,650(3,712) 6,766(6,602) 室蘭線 長万部~東室蘭 4,466(4,804) 1,757(1,645) 北海道新幹線 新青森~新函館北斗 4,645(4,899) 9,347(9,573) 室蘭線 室蘭~苫小牧 6,310(6,764) 2,748(2,474) 函館線 岩見沢~旭川 7,682(8,237) 3,642(3,615) 札沼線 桑園~医療大学 17,552(17,957) 2,260(2,755) 函館線 札幌~岩見沢 41,284(42,926) 千歳・室蘭線 白石~苫小牧 45,232(46,416) 函館線 小樽~札幌 45,565(47,039) 全線 4,926(5,108) 55,183(54,971) 広告 輸送密度改善は2区間のみ 輸送密度が改善したのは札沼線(北海道医療大学~新十津川)と、日高線(苫小牧~鵡川)のみです。 札沼線は廃線前のさよなら乗車が理由とみられます。 日高線は地元の乗車運動で鉄道通学が増えたことが功を奏したようです。 その他の区間では、輸送密度が軒並み悪化しました。 大黒柱の札幌圏でも、快速「エアポート」の不振などにより数字を落とし、主要路線である函館線(岩見沢~旭川)では「幹線」の目安となる8,000人を割り込みました。 宗谷線(名寄~稚内)は316人と、300人割れも視野に入る数字になっています。 輸送密度ランキングの順位の変動は、室蘭線(沼ノ端~岩見沢)と根室線(滝川~富良野)が入れ替わったくらいです。 大きな順位変動はありません。 運賃値上げは奏功 収益面では、23区間のうち13区間で損失が縮小しました。 2019年10月に運賃値上げを実施したことや、小雪で除雪費用が少なかったことが全体的な改善要因です。 収益改善が大きかった路線は札幌圏と北海道新幹線で、そのほか、室蘭線(沼ノ端~岩見沢)や、宗谷線(名寄~稚内)、日高線(鵡川~様似:バス代行中)で、1億円以上の改善がみられました。 北海道新幹線は、車両の減価償却費が減ったこと、宗谷線は橋梁の修繕が終了したこと、日高線は土砂流出工事の修繕費が減少したことが大きな理由です。 収支改善はこうした支出減による部分も大きいといえます。 一方、営業損失の拡大が目立つのは、石勝・根室線(南千歳~帯広)です。 営業損失は39億7500万円と、前期に比べ5億8700万円増えました。 運輸収入の減少に加え、トンネルや線路の修繕費がかさんだのが理由です。 室蘭線(室蘭~苫小牧)も営業損失が27億4800万円と、損失幅が2億7400万円広がりました。 見通しは不明瞭 全体的には、2019年12月まで(第三四半期まで)は、北海道胆振東部地震からの回復や、新千歳空港アクセスの増加、運賃値上げなどにより、業績は好調でした。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、こうしたプラス分を全てはき出してしまったといえます。 とくに、新千歳空港発着の国際線が全面運休となり、インバウンド収入が全くなくなったことは痛手です。 新型コロナの影響は2020年度にも続くとみられ、JR北海道の収益改善の見通しは不明瞭になっています。

次の

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(6月12日現在)

北海道 コロナ 状況

日々の感染者(陽性患者)数の増加分を、北海道の振興局別に、バブルチャート風グラフに落とし込んでみました。 人数の発表は毎日ありますが、どうも今ひとつ状況をイメージしにくかったので、作成してみたグラフです。 集計人数は、2020年3月20日〜4月28日までの発表人数、グラフで表した期間は、2020年4月9日〜4月28日までの分です。 「4月17日時点」で「石狩振興局の円」が〝小さくなる〟のは、あまりにも円が大きくなり過ぎ、全体が塗りつぶされてしまいそうになったためです。 急遽「円(グラフ)表現のスケール」を変更しました。 決して、感染拡大が収まったということではありません。 【データ出典】 『北海道新型コロナウイルスまとめサイト』 『北海道オープンデータポータル』 『北海道 新型コロナウイルス感染症対策チーム「道内の発生状況」』 感染拡大が続く状況を視覚的に確認できました 北海道全体の状況は伝わってくるものの、「もう少し細かく知りたい」などと思い始めたのが3月のこと。 グラフ作成を思いついたのは、ゴールデンウィークに予定していた「温泉旅行」を、昨年のうちから〝もの凄く楽しみにしていた妻〟に思い止まらせる(諦めさせる)ための「プレゼン資料にしよう…」という、切ない事情によるものでした。 ですが、妻は早々に「無理だ」「行くべきではない」と判断していたため、頑張って作成したこの資料、我が家での出番はありませんでしたが…。 多くの皆さまもきっと、 似たような状況を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。 ですがどうか、今しばらくは「出掛けたい気持ち」をぐっと堪え、何としてでも感染拡大を止めましょう! 感染拡大阻止のためには、医療、物流、公共交通、警察、消防、製造、卸・小売などといった業種・職種に就く方々を除いた 「人の移動や接触」を極力減らすことに尽きると思います。 デリバリーや通販の利用は「飲食業界や小売業界などへの貢献」になるのかもしれませんが、その途上で関わる人の数が多くなるという〝デメリット〟も考えねばなりません。 できれば、 「2回に1回思い止まる」だけでも、社会的には〝貢献〟を果たすことになるのではないでしょうか。 「ヘマするなよ!」 いつ、どこで見かけたのかは忘れてしまいましたが、ニュージーランド警察が発したという〝コメント〟が、とても印象的です。 「歴史上初めて、テレビの前で寝転がっているだけで人類を救える。 ヘマするなよ」 そう。 ヘマしないようにゴロゴロしながら、一日も早い〝収束〟もしくは〝終息〟目指していきましょう!.

次の