プラスチック接着剤。 【プラスチック接着剤】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

プラスチック接着剤のおすすめ9選!ボンドやグルーガンなど

プラスチック接着剤

2019年秋に開催された『にじいろフェスティバル2019』に、キッズ向けのヘアアクセサリー作りの体験ブースを出店しました。 台座がついたヘアピンに可愛いデコをくっつけるという、お子さまにも簡単に作ることができるヘアアクセサリーです。 そこで、当日スムーズに制作できるよう試作をすることに。 接着剤の条件! ヘアピンの台座とデコをくっつけるだけなので、カギになるのは『接着剤』。 【接着剤の条件】 1、プラスチック同士がくっつく接着剤 2、強力 3、作ってすぐ持ち帰ってもらえるよう、速く乾くもの! 4、子どもでも扱いやすいもの まずは、プラスチック同士がしっかりくっつく接着剤でなければ、意味がありません。 『プラスチック 接着剤 おすすめ』でネット検索します。 『プラスチック接着剤のおすすめ人気ランキング10選』 『プラスチック接着剤おすすめ比較ランキング』 『プラスチック接着剤のおすすめ人気比較ランキング15選』 たくさん出てきます。 そして、見まくります。 そこで、気付きました。 エポキシ系、ウレタン系、シリコン系、ビニール系、瞬間接着剤、1液タイプ、2液タイプ、etc. 種類はたくさんあるのはわかったけど、 一体どれが良いかわからない!! そこで、検索の仕方を変えてみました。 『デコ イベント 接着剤』。 すると、やっぱり出てきますが、 このメーカーのコレ!! というピンポイントがない。 やはり、たくさん紹介されている商品の中から、条件に合うものを探すしかないようです。 100円均一の接着剤を試す 予算もありますので、まずは100円均一でネットで紹介されていたスタンダードなものを数点購入してみました。 ヘアピンの台座とデコの裏側に接着剤を塗ってくっつける。 これは 却下ですっっっ! ちびっ子を10分も待たせられません。 さらに、1時間たっても2時間たっても、動く始末。 もうこうなると、ブースの回転率は最低になること間違いなしです。 さらに、納豆以上に 糸を引く接着剤が多く、大人でも扱いが難しい!子どもが手を出すと、1000%大惨事です。 強度はクリアするも、速乾でつまづく 接着剤の種類を替え、塗り方や量を工夫してみました。 まず、大事なのは、 薄くのばして塗ること。 そして、 少し待ってからくっつけること。 そうすると、なんとか10分以内でくっつきました。 ただし、この時点では完璧にはくっついていないので、力を入れると簡単に取れてしまいます。 1日待ってみたところ、力を入れても取れなくなりました! 強度はなんとかクリアできました。 しかし、これだけ乾くのに時間がかかるなら、イベントには不向きです。 速乾がクリアできていません。 ついに見つけた!理想の接着剤 ここで数日、接着剤の実験でヘトヘトになったわたしの『野生の勘』が働きます。 100円均一の接着剤をスパッとあきらめ、ホームセンターへ。 そして、たくさんの中から選んだのがコレ!! 『セメダイン超多用途接着剤スーパーXゴールド(クリア)』です。 』と書いてあります。 スーパー速乾とは、 まさに求めていたモノです!! 合成ゴム、金属、木材、皮革、布、軟質塩化ビニール、コンクリート、タイル、陶磁器、石材、そして、 硬質プラスチック!! 多用途が嬉しいです。 ホームセンターでは、 税込498円でした。 つけ過ぎ防止にもなります。 子どもは必ず多めに出すので、大人が使う量を調整して出してあげて下さいね。 使い終わったら、すぐに蓋は閉めましょう。 2、つまようじを使うと子どもでも手を汚さず、塗る量も調整できるので便利です。 ピンの台座とデコの裏側にうす~く伸ばして塗布して下さい。 塗り終えたら、1分待ちます!ここがポイントです。 待たずにすぐ合わせると、全然くっつきません! 3、ピンの台座にデコを乗せます。 くっつけてすぐはまだ指で動かすことができますので、うまくバランスをとって下さい。 ポジションが決まったら、指で挟むように軽く押さえます。 約2~3分待って出来上がりです。 いかがでしたか? 接着剤選びでつまづいた経験から、ピンポイントでこの接着剤に辿り着いてもらえるようにご紹介しました。 ぜひ、お試し下さい。

次の

Make: Japan

プラスチック接着剤

100均ダイソーのポリプロピレン接着剤1つ目は、プラスチック用ボンドGPクリヤーです。 この100均ダイソーで購入できるプラスチック用ボンドGPクリヤーは、ひとつ100円で購入することができ、コニシ製となっています。 こちらのアイテムは、ポリプロピレンを接着することができます。 さらにそれだけでなく、合成ゴム系や溶剤系接着剤、ゴムや木にも使用することができます。 また速乾で透明の接着剤となっており、仮止めが不要なのでとても使い勝手がいいポリプロピレン接着剤です。 完全硬化までは24時間かかるので、見つけたら1日置いておくと良いでしょう。 接着力はマイルドとなっているようです。 この強力瞬間接着剤は、100均ダイソーで100円で購入することができます。 ノズルが付いているのでそのまま使うことができ、ポリプロピレンだけでなくプラスチックにも使うことができます。 またこの100均ダイソーで購入できる強力瞬間接着剤は、多用目的で使うことができる接着剤となっているので、こどものおもちゃの修理などにも使うことができます。 またゴムも何も使うことができるのでとても使い勝手の良い接着剤です。 この100均ダイソーで購入できる強力瞬間接着剤ハケ付きは、ひとつ100円で購入することができ、名前の通りハケが付いているので、細かい部分にも使うことができる接着剤です。 この強力瞬間接着剤は、多目的で使うことができます。 またこの強力瞬間接着剤は、ポリプロピレン樹脂だけでなく、ゴムや金属、プラスチック、陶器類にも使うことができる接着剤です。 様々なものに使うことができる接着剤なので、一つ持って行くだけで、様々なものに使うことができとてもおすすめです。 この強力瞬間接着剤は、100均ダイソーで100円で購入することができます。 ドロップタイプとなっているので、一滴ずつ出すことができ、量を調節しやすくピンポイントで使用することができるのでとても使いやすいです。 またこの強力瞬間接着剤ドロップタイプは、内容量は5Gとなっており、他の接着剤に比べて粘度が低い接着剤となっています。 またこちらもプラスチックや金属、ゴムにも使うことができ、様々なものに使うことができるので、量を調節しながら使いたいという方は、こちらの瞬間接着剤がおすすめです。 防カビ成分が入っている分、効果時間を少し長めですが、粘度が高く少し扱いにくいかもしれません。 この100均セリアで購入できるエポキシ接着剤は、2液混合タイプであるため、2種類の液を混ぜて使うことで簡単にひっつけるができます。 この100均セリアで購入できるエポキシ接着剤は、エポキシ接着剤もう片方に硬化剤が入っているアイテムです。 100均セリアで購入できるエポキシ接着剤は、とにかく強力な接着力と耐薬性、耐熱性、電気絶縁があるためでも優れている接着剤です。 100円で購入することができるので、とても便利なアイテムといえます。 効果縮小が少ないため割れた所にたっぷりこのエポキシ接着剤を使うことで、補強材にもなります。 接着剤には何と500種類以上も種類があると言われており、その接着剤には様々なタイプが販売されています。 同じプラスチック接着剤でも、種類や特徴が異なるので、それぞれの接着剤の特徴をしっかりと理解しておくと、うまく接着することができますよ。 なぜ接着剤の中の種類のエポキシ系の接着剤ですが、このエポキシ系の接着剤は元になる接着剤と、硬化剤の2種類に分かれており、二つを混ぜることで使うことができる接着剤のタイプです。 耐熱性や強度が高く、様々なところで使うことができるのがこのタイプです。 エポキシ系は硬化する際に熱が必要となります。 瞬間系の接着剤は、100均でも多く見ることもあり、多くの方がこの瞬間接着剤を使っているのではないでしょうか。 瞬間接着剤はポリプロピレンやポリエチレンなどのプラスチックをひっつけることはできませんでしたが、プライマー液を使うことで接着可能になります。 この瞬間接着剤のタイプは、接着力は少し低く、衝撃に弱い瞬間接着剤の特徴もあるので、あまり重さがかかるようなところや、負荷がかかるようなところに、瞬間接着剤を付けるのはあまりお勧めしません。 このシリコン接着剤は、硬化することで弾力を持つシリコンゴムになるのが特特徴です。 このシリコン接着剤は、マイナスのような低い温度でも、かなり熱い高温でも耐えれる温度変化に強いタイプとなっています。 エポキシ接着剤が使えない場合は代わりにシリコン接着剤使います。 このシリコン接着剤のタイプは、硬化後は弾力があるので耐久性は比較するとやや不安ぎみです。 しかし柔らかいため、力を加えても分散や、力を吸収してくれる性質を持っているので、意外と頑丈なのも、シリコン接着剤のメリットと言えます。 接着剤を使う際の注意点2つ目は、ナイロンにはシリコン接着剤を使うという点です。 ナイロンも同様に接着が難しい部類に入るためらナイロンを接着したい場合は、同様に何節着物に採用したタイプやシリコン接着剤などでくっつけると、上手く弾くことができます。 シリコン接着剤は100均でも販売されています。 100均のポリプロピレン接着剤を使ってみよう! いかがでしたでしょうか。 今回は100均のポリプロピレン接着剤についてご紹介しました。 100均ダイソー、セリアではポリプロピレン接着剤も販売されており、その他にもたくさんの種類の接着剤を取り扱っています。 中にはポリプロピレンに対応していない接着剤もあるので、注意が必要です。 今回ご紹介した100均で購入できるポリプロピレン接着剤を、是非この機会に購入してみてはいかがでしょうか。 また100均で購入できるポリプロピレン接着剤は、ポリプロピレンだけでなく、その他にも様々なもので使うことができるので、ひとつ持っておくだけでとても便利ですよ。 是非参考にしてみてくださいね。 またこちらの記事では、100均の接着剤についてご紹介しています。 100均ダイソーやセリアでは、その他にも様々な種類の接着剤がその他にも販売されているので、是非こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

次の

素材や部位による接着剤選びのポイント:6.プラモデルを作りたい!|接着剤の基本|接着基礎知識|セメダイン株式会社

プラスチック接着剤

すでにプラスチック接着剤を使ったことがあるという人も多いかもしれませんが、プラスチック接着剤は普通の接着剤では接着できない材質にも使えるので、仕事で利用している人も多いでしょう。 プラスチック接着剤はプラスチックの種類や性質など、様々な種類があります。 現在では、様々なメーカーからたくさんのプラスチック接着剤が販売されているので、購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。 本ページではプラスチック接着剤の選び方のポイントや、効果的な使い方、さらにネット通販で購入できる人気のプラスチック接着剤をランキング形式でご紹介したいと思います。 自分にぴったりのプラスチック接着剤を見つけて、壊れてしまったものの修理に活用してみてはいかがでしょうか。 プラスチック接着剤の選び方 まずはプラスチック接着剤の選び方についてご説明したいと思います。 効率良くプラスチック接着剤を活用するためには、用途に合ったプラスチック接着剤を選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。 接着剤の種類で選ぶ プラスチック接着剤を選ぶときには、使用するプラスチックの種類に合った接着剤を選ぶことが大切です。 プラスチック接着剤とはいっても、プラスティックの種類によっては使えないものもあるので、選び方には注意が必要です。 接着物用 プラスチックには様々な種類がありますが、ポリプロピレンやポリエチレンには難接着物用の接着剤がおすすめです。 プラスチック接着剤の中でも、ポリプロピレンやポリエチレンには使えないと注意書きされているものもありますので、必ず確認してから選びましょう。 難接着物用のプラスチック接着剤は、おもちゃや衣装ケースなど、身近なものに使える優秀な接着剤です。 また、模型を作るときにも使える接着剤なので、壊れたものを修理するだけでなく、趣味にも活用できます。 しっかりと接着力が期待できるタイプなので、一つは持っておきたい種類の接着剤です。 シリコーン系 接着が難しいナイロンに使う接着剤は、シリコーン系の接着剤がおすすめです。 ナイロンは接着が難しい材質なので、普通のプラスチック接着剤では使えない場合があるため、ナイロン用にプラスチック接着剤を選ぶときには注意が必要です。 シリコーン系の接着剤には、接着剤が固まった後に弾力性があり、熱や水に強いという特徴があります。 程よい弾力性があるので、主に人形の修理に使われることが多いプラスチック接着剤となっています。 難接着物用のプラスチック接着剤より、難しい接着ではありませんが、ナイロンにはシリコーン系の接着剤を使いましょう。 アクリル接着剤 アクリル接着剤は、アクリル素材で作られたプラスチックの使用におすすめです。 アクリル接着剤は接着ではなく、溶かして溶着させるという特徴があり、接着剤よりも丈夫に仕上げられるのが特徴的な接着剤です。 アクリル同士がくっつくことで、かなり強力な接着をしてくれます。 アクリル接着剤には3種類ありますが、アクリル同士の接着ならアクリル専用の接着剤を使いましょう。 様々なメーカーからアクリル接着剤が販売されていますが、使いやすさと容量に違いがあるだけなので、こだわりがなければどのアクリル専用接着剤を選んでも良いでしょう。 また、アクリル接着剤には兼用の接着剤と多用途タイプの二種類があります。 使うプラスチックの材質と接着剤の注意書きをしっかりと確認して、用途に合ったアクリル接着剤を選びましょう。 布用の接着剤 布用の接着剤を使うなら、ポリエステル素材の接着におすすめです。 ポリエステルは合成繊維として生地に使われている素材なので、工作やハンドメイドなどで活躍してくれます。 布用の接着剤は速乾性に優れていて、広範囲の接着にぴったりです。 また合成繊維のポリエルテルだけでなく、様々な布製の生地の接着に使うことができるのは魅力的です。 布製品の補修として使いやすいので、布用の接着剤は一つは持っておいた方が良いでしょう。 接着剤の特徴で選ぶ 一言で接着剤と言っても、その種類や数はとても豊富です。 プラスチック接着剤も同様で、様々な種類があり、それぞれメリットやデメリットがあるので、プラスチック接着剤の特徴を知っておくことも大切です。 強度 せっかく接着したのにすぐ取れてしまうなど、接着剤に強度がなければ意味がありませんよね。 エポキシ系の接着剤なら頑丈に接着してくれるメリットがあるので、強度を重視して選ぶ人におすすめです。 しかし、エポキシ系の接着剤は熱を使って硬化する接着剤なので、気温の下がる冬は接着剤が固まりづらいというデメリットがあります。 使う時期によっては活用しづらい接着剤なので、別のプラスチック接着剤を使った方が良い場合もあります。 速乾性 速乾性で選ぶなら、瞬間系のプラスチック接着剤を選びましょう。 速乾性のある接着剤なら、接着が難しい素材に使っても、すぐに乾くことでくっつけやすくなるのが特徴です。 難接着物用の接着剤の場合、プライマー液を使用することで、難しい接着ができるようになりました。 難接着物は接着剤を弾く性質がありますので、接着面の両方に接着剤をのせることで、接着が行えるようになっています。 接着力は弱くなってしまうので、あえて力を加えるようなことはやめておきましょう。 耐熱性 主にシリコーン系の接着剤は耐熱性が高いことが特徴的な接着剤です。 シリコーンは固まることでシリコーンゴムになりますので、低温から高温まで幅広く使えるところがメリット。 氷点下の寒さや100度近い高温でも耐えてくれるので、非常に使いやすくなっている接着剤です。 しっかりと固まることで、弾力も加わり耐久性が高くなっているのも嬉しいポイントですね。 安全性 プラスチックの接着に使われるホットメルト系は、熱を加えて溶かすことでプラスチックを接着する効果があります。 グルーガンを溶かして接着するほっとメルト系は、食品の包装紙や子供のおもちゃにも使われている接着剤なので、安心して使えるところが特徴の接着剤です。 多くのプラスチック接着剤の中でも安全性の高い接着剤なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか? 多用途タイプを選ぶ プラスチックの接着はもちろんのことですが、プラスチックと他の素材を組み合わせるときには、多用途タイプの接着剤を使う必要があります。 どのタイプの素材と組み合わせるかによって、多用途タイプの選び方は変わってくるでしょう。 メーカーごとにどんな製品と接着できるのかは分かれていますし、プラスチックは種類が豊富なので、購入した後でくっつかなかった!となってしまうことは良くあります。 多用途タイプのプラスチック接着剤を選ぶときには、事前に確認をしておくことが必要です。 もし製品に記載がない場合には、店頭やメーカーで問い合わせをしてから購入することをおすすめします。 プラスチック接着剤人気おすすめ商品TOP10 ここからはネット通販で購入できる人気のプラスチック接着剤を、ランキングでご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。 画像出典: 参考価格:¥ 1,420 武藤商事の「プラリペア クリアー」は、たった5分でプラスチック製品をくっつけるタイプの接着剤です。 メチルメタクリレート液とアクリル樹脂粉末で作られているので、しっかりとした強度を持っているのもメリット。 室温で固まってくれるので、すぐに乾いてくれることも特徴的な接着剤です。 しっかりと固まった後は、プラスチックと同じくらいの固さになるのは、嬉しいポイントの一つですね。 プラスチックと同じように樹脂になってくれるので、柔軟な弾力性を持ってくれるので、どんな接着にも安心して使えるようになりますよね。 家電製品hからパソコン、自動車やバイクまで接着できるので、プラモデルの組み立てにも使えるところは魅力的です。 プラスチックのねじ山にも使いやすいので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか? 画像出典: 参考価格:¥ 727 たった一滴で瞬間的に固めてくれる速乾性を持ったプラスチック接着剤です。 多用途に使える接着剤なので、プラスチックやゴム、金属や木材にも使えるところはメリット。 プラスチック同士の接着や異なる素材同士で接着できるので、幅広い活躍をしてくれる接着剤です。 ネジ式キャップで開封確認がしやすくなっているのは、嬉しいポイントの一つです。 先端部分は開封するだけで使えるので、針で開ける必要がないのは魅力的です。 1液で常温で固めてくれる接着剤となっています。 無溶剤になので溶けることなく使える接着剤で、幅広い用途で使えるようになっています。 幅広く使えるタイプの接着剤なので、ぜひ一度試してみてください。 画像出典: 参考価格:¥ 756 模型用プラスチックに使えるタイプの強力なプラスチック接着剤です。 アクリル樹脂素材で作られているので、プラスチックに使いやすいのはメリット。 アクリル樹脂の接着剤は、溶かして吸着してくれるので、通常の接着剤より強力にくっついてくれる特徴を持った接着剤です。 専用のマイクロノズルが付いているので、細かい部分にもつけやすくなっているのは、嬉しいポイントの一つです。 速乾性も高くなっているので、すぐに接着をしたいときにも重宝します。 透明に乾いてくれるので、プラスチックをくっつけた後は、目立ちにくいのは魅力的ですよね。 耐水性にも強いプラスチック接着剤なので、初めて使う人にも使いやすくておすすめです! 画像出典: 参考価格:¥ 2,160 液体タイプになったプラスチック接着剤のスターターキットです。 世界初となる紫外線で固める液体プラスチックで、付属のUV-LEDライトを当てるだけで、しっかりと固まってくれるのはメリット。 プラスチックを簡単にくっつけられるので、手間がかかりませんね! 接着して固まった部分は、手軽に削ることもできるのは、嬉しいポイントの一つです。 接着に失敗してしまっても、やり直せるタイプの接着剤となっています。 ただし、UV-LEDライトは、付属のライトを直接見つめたり、目に光を当てたりすると危険ですので注意してください。 少しでも目に入ってしまった場合には、すぐに水で流すようにしておきましょう。 少し扱い方に注意が必要ですが、使いやすくておすすめのプラスチック接着剤です! 画像出典: 参考価格:¥ 1,598 クリアタイプとブラックタイプの2色がセットになった液体プラスチックの接着剤です。 付属のLEDブルーライトを当てるだけで、液体プラスチックが固まってくれるのはメリット。 フローリングやヘッドライトなど、幅広く接着できる特徴を持った接着剤です。 子供のおもちゃや壊れたケーブルも、これ一つあればすぐにくっつけられるのは、嬉しいポイントの一つです。 日常生活のあらゆるシーンで活躍してくれるので、一家に一つは持っておきたいプラスチック接着剤と言えるでしょう。 LEDライトはノック式になっているので、片手でスムーズにスイッチの切り替えができるのは魅力的です。 ちょっとした部分にも使いやすいので、ぜひ試してみてください。 画像出典: 参考価格:¥ 450 プラスチックや金属、石やレンガなど幅広い素材に使えるタイプのプラスチック接着剤です。 紫外線を当てれば約5秒ですぐに固まってくれるのはメリット。 様々な素材をすぐにくっつけられるので、プラモデルや家庭用品の接着に使いやすくなっています。 ち電気製品の修理からアクセサリーの修理まで、いろんな使い道があるのは、嬉しいポイントの一つです。 固まったプラスチック部分は削ることもできるので、万能に接着しやすくなっているのは魅力的です。 切れてしまったコード部分でも、液体で覆ってから固められるので、接着が可能になっています。 あらゆる面で大活躍してくれるプラスチック接着剤で、初めて使うという人に、ぜひ試してみてほしい接着剤となっています。 画像出典: 参考価格:¥ 376 プライマー液で難接着物のプラスチックもくっつけられるタイプのプラスチック接着剤です。 プラスチックで何かを作るときや修理に使えるのはもちろんのこと、難接着物を接着できるのはメリット。 ポリエチレンやポリプロピレンなど、通常ではくっつけられないプラスチックをしっかりと固めてくれます。 アクリルやポリカーボネートはもちろんのこと、ポリスチレンにも使えるのは、嬉しいポイントの一つです。 ただし、ひび割れを起こしたり、溶けてしまったりする可能性がありますので、修復できなくても大丈夫なものにだけ使っておきましょう。 難接着物は専用の接着剤が必要になりますので、まだ一つも同じタイプを持っていない方は、この機会に購入しtみてはいかがでしょうか? 画像出典: 参考価格:¥ 723 金属や陶磁器、合成ゴムやプラスチックの接着に幅広く使えるプラスチック用接着剤です。 プロ仕様で作られたタイプの接着剤なので、モーターやセラミックの部品にも使えるのはメリット。 様々な状況で活躍してくれるので、いろんな使い道ができるタイプの接着剤となっています。 耐衝撃性・耐振動性に優れているので、壊れやすいものをしっかりと接着できるのは、嬉しいポイントの一つです。 あらゆるプラスチック製品の接着に使いやすいですが、難接着物には使えませんので、注意が必要です。 素材に合わせたプラスチック接着剤を選ぶ プラスチックは様々な種類がありますので、どんなプラスチックに使うかによって、プラスチック接着剤を選ぶ必要があります。 素材の特徴に合わせた接着剤を選ばないと、せっかく購入した接着剤が台無しになってしまいますよね。 そうならないためにも、事前にプラスチック接着剤の特徴を把握しておくことが大切です。 素材に合っていないプラスチック接着剤を使っても、どうしても接着力が落ちてしまいますので、用途に合わせた接着剤を少しずつ揃えていきましょう。 まとめ プラスチック接着剤はプラスチックの接着ができるアイテムですが、持ち運びも便利なタイプが増えてきていて、多用途に対応しているものまで種類が様々です。 自分の用途に合わせた接着ができて、使い勝手が良いアイテムだと思います。 豊富な種類の接着剤が販売されていますが、値段と性能はピンキリです。 しかし、リーズナブルなプラスチック接着剤の中にも品質の高い接着剤が多くあるようです。 プラスチック接着剤を購入する際、もし迷った時はぜひこちらのページを参考にしてくださいね。 自分に合ったプラスチック接着剤を選ぶことで、効果的な接着ができるはずです。 あなたもプラスチック接着剤を使って快適な接着をはじめてみませんか?.

次の