排水トラップ 掃除。 キッチンの排水トラップの掃除方法|構造を知って掃除をしよう!|ウチノコトサービス|リフォーム・増改築ならミサワリフォーム|住宅のミサワホーム

簡単お掃除!洗面台の排水管(S型トラップ)【動画あり】 : コノイエ快適 〜i

排水トラップ 掃除

排水トラップの仕組みと種類 まず、ご自宅の洗面器の下を見てみてください。 もしも管が剥き出しになっている場合、きっとこういう構造の管が見つかると思います。 これが トラップです。 真ん中のぐにゃっと曲がっているところに水が溜まっていて、その水がフタの役割を果たしているため、臭気や異物が下水道から上がってくるのを防いでいる、ということですね。 すごくかみ砕いて説明しちゃいましたが、簡単に言うとこれが排水トラップのしくみです。 誰がこの仕組みを考えたのかは不明ですが、とても良くできた構造だと思います。 では次に、排水のトラップの種類と、それぞれの特徴(メリット・デメリット)を挙げていきます。 管トラップ 洗面器や台所の排水管をわざと曲げることによって水が溜まり、蓋の役割をするようにしたものを 管トラップといいます。 管トラップは次の3種類からなります。 それに対して短所は、S字トラップが自己サイフォン現象(後述)や毛細管現象(後述)が起こりやすいこと、U字トラップが、底にものが沈殿しやすいことなどが挙げられます。 さ らに実は管トラップそのものの特徴として、他のトラップよりも破封(後述)しやすいという短所があります。 椀トラップ(ベルトラップ) 椀トラップとは、手を入れて掃除しやすい、お椀をひっくり返したような構造のトラップのことをいいます。 掃除しやすいという長所がありますが、その反面破封しやすいという短所もあります。 ドラムトラップ ドラムトラップは、 封水の部分がドラム形状になっているトラップです。 多くの水を溜めることができるので、破封が起きにくい構造となっています。 自己洗浄作用がないため、定期的な掃除が必要となります。 主要な排水トラップの種類と特徴は以上になりますが、他にもトラップというものはいくつか存在します。 業務 用の厨房からの油脂を含んだ排水を止めるグリーストラップや ガソリンスタンド・駐車場等の引火の危険性がある油を含んだ排水を止めるオイルトラップ等があります。 破封とは何か 破封とは、トラップ内の封水がなんらかの理由で少なくなってしまい、排水管内の空気が室内に逆流してしまう状態のことを指します。 封水の 破壊で 破封と覚えてください。 破封の原因として代表的なものがいくつかありますので、それを挙げていくことにします。 蒸発 これは説明する必要はないと思いますが、しばらく水を使わなかったら水はだんだん蒸発していってしまいます。 その結果破封となってしまうことがまれにあります。 自己サイフォン現象 まずサイホン現象について説明しますが、 たとえば2つの水槽間で管をつないだときに、管の中が水で満たされると2つの水槽の水位が同じになろうとする現象のことを サイフォン現象(サイフォンの原理)と呼びます。 たとえ水槽を置いている高さが違っても、重力によってそのような現象が起こるのです。 そのサイフォン現象が、このトラップでも起こりうる、ということですね。 この場合は2つの容器があるわけではなく、器具・トラップ・排水管の3つによってサイフォン現象が起きているため自己サイフォン現象といいます。 吸出し作用 縦管の上部から一気に大量の排水をすると、縦管付近にあるトラップの封水も一緒に排水されてしまう現象のことを、 吸出し作用といいます。 マンションなど高層の建物ではこのような現象が起 きやすいです。 原因としては、排水管内の圧力と部屋の圧力(大気圧)の問題が一番ですが、ここらへんの話をしてしまうと長くなってしまいますので、また通気弁に関する記事を書くときに詳しく説明していきたいと思います。 はね出し作用 こちらは、吸出し作用の逆バージョンですね。 縦管に一気に大量に排水するときに排水管内から空気と一緒に水が室内側に噴出してしまうことを、 はね出し作用といいます。 横走りの管が短く、なおかつ縦管に近い位置にトラップが設置されると起きてしまうことが多いです。 毛細管現象 トラップの中に繊維状の異物が混じると、 毛細管現象(細い管を水が逆流していく現象)を引き起こす要因となり、破封の原因となる場合があります。 石鹸や毛髪 などによって引き起こされることもあります。 破封の原因となる主な原因は、こんなところですかね。 ちなみに、破封が起きる確率が高いなら、トラップの曲げる部分をもう一つ増やして 二重トラップにすればいいじゃないか!と考える人も中にはいるのですが 残念ながら 二重トラップは禁止されています。 というのも、二重トラップにすればたしかに管内の空気(臭気)が室内側に漏れることは無くなるかもしれませんが、それをやってしまうと、今度は極端に排水が流れにくくなってしまう恐れがあるからです。 おわりに 今回は、排水トラップについてのカラクリを、乱雑な文章ではありましたが説明してみました。 ほとんどWikipedia先生に助けてもらいながら書いたのですが、自分の中で整理したいという意味も込めてまとめました。 何かご指摘等ありましたら、コメントにて宜しくお願いいたします。

次の

排水トラップの構造|悪臭の原因と自分でできる解消法について解説|生活110番ニュース

排水トラップ 掃除

この記事を読むと分かること• 排水トラップの役割や仕組みが分かる• 排水トラップの分解方法が分かる• キッチンの排水トラップの掃除手順が分かる 排水トラップの掃除を行うにあたって、その役割や仕組みを知ることは重要です。 構造を理解しておけば、掃除の際に誤って部品を破損してしまうということも防げるでしょう。 正しい分解、組立の手順を知っておけば、掃除もスムーズに進みます。 キッチンの排水トラップとは 流し台の中にある排水溝は、家庭の水回り設備の中で最も詰まりやすい場所と言えます。 調理をしているときには、様々な食材が排水溝めがけて流れ込んできます。 また、調理器具や食器を洗って片付ける際にも、油汚れの付着は避けられません。 排水トラップの役割と、その構造について詳しく知り、汚れやすい箇所や掃除のポイントを押さえましょう。 排水トラップの役割 水を貯めて下水から悪臭・ガス・虫などが侵入することを防ぐ 排水管内部とシンクの間を水で隔てることにより、下水道の悪臭などのガスを遮断します。 その他にも、害虫やネズミなどを屋内に進入させない目的もあり、キッチンの衛生的な環境を保つには不可欠な存在です。 排水トラップの構造 一般的な排水溝には、排水管の臭いを逆流させないための「椀トラップ」という逆さまのカップのようなものが置かれ、排水管内部とシンクの間を水が隔てる構造をしています。 排水経路の途中に設けられた水を封水(ふうすい)と呼び、これによって臭いや不快な害虫はシンク内に進入できなくなります。 シンクの上から流れ落ちた水は、まず排水溝に流れ込み、ゴミ受けカゴや排水溝の水切りネットの隙間を通って流れていきます。 大きめのゴミや食材などは、このカゴやネットに引っかかります。 そして、水はその下ある椀トラップの外側に溜まって、内側からあふれ出すように排水管の中に流れ込んでいきます。 キッチンの排水トラップが汚れると… 頻繁に水が流れていることから、水と一緒に汚れも流れ落ちていると思いがちですが、意外とそうでもありません。 キッチンの排水トラップは、溜まっている封水と接していることから、水アカや油汚れと接している時間が長くなり、知らず知らずのうちに汚れていきます。 悪臭や害虫を防ぐためのトラップですが、放置しておいたのではその機能を十分に発揮することはできません。 汚れが原因で起こるトラブルを見てみましょう。 悪臭の原因 キッチンの排水から気になるニオイが発生している場合は、まず排水トラップを確認してみましょう。 封水の水は、普段の調理や食器洗いの際に常に新しい水に入れ替わるものですが、長い間使用していないと封水そのものが臭うこともあります。 また、排水トラップが破損して封水が溜まっていないというケースも少なくありません。 下水と室内の空気が接することを防ぐ砦のような役割がある封水ですので、こまめなお手入れと定期的なチェックを怠らないようにしましょう。 放置すると排水管詰まりに繋がる トラップの汚れを放置していると、最悪の場合排水管の詰まりを引き起こすこともあります。 特に、椀トラップ付近は水の通り道が狭くなっているところですので、爪楊枝などの異物や食材などが詰まってしまうこともあります。 ただ、排水トラップにひっかかった異物による詰まりは、比較的解決が簡単と言えるでしょう。 トラップの先にある排水管内部のトラブルに比べれば、原因の発見が容易で、それら異物の除去も目に見える範囲で行えるからです。 また、調理の際に出てしまう食材のかけらや、後片付けの際の食べ物の残りなどを排水溝に放置していると、それら生ゴミが雑菌を繁殖させる原因となってしまいます。 菌が増殖してできた汚れや、キッチンに流した油などがぬめりを発生させ、やがて蓄積した汚れは排水口のつまりにつながってしまうでしょう。 キッチンの排水トラップの掃除をしよう! 構造や仕組みがわかれば、自分で掃除をすることも比較的簡単です。 専用の工具や洗浄器具を用意する必要もなく、家庭の中にある道具でキレイにできるので、汚れが気になったときは試してみましょう。 用意する掃除道具• ゴム手袋• 食器用洗剤• 台所用の中性洗剤• スポンジ• 歯ブラシ 排水トラップは、椀カップをトラップ内に保持しておくための構造をもつため、突起している個所もあります。 それらで手を痛めてしまわないようにすることと、衛生面の配慮から、ゴム手袋は重要です。 洗剤は食器用洗剤や台所用の中性洗剤で十分であり、よほど頑固な汚れでない限りは、特別な洗剤を用意する必要はありません。 使い古したスポンジと、細かい部分の汚れを取り除くための歯ブラシは必須アイテムです。 キッチンの排水トラップの掃除手順 キッチンの排水溝は、それぞれの設計に応じてシンクの中央についていたり、奥についていたりと位置はさまざまですが、基本的な構造は同じです。 各部品を破損してしまわないように、丁寧に取り外して洗いましょう。 元に戻すときのことを考えながら取り外すのがポイントです。 排水溝のフタ部分を取り出す 多くの排水溝にはゴム製のふたが取り付けられています。 流し用の「菊割れゴムふた」などといった名称で呼ばれており、チーズやピザのように中心に向かって切り込みが入った形状のゴム製部品を使用していることが多いでしょう。 まずは排水口の一番上にあたる、このゴム製のフタを外して掃除を始めます。 フタの下には、排水溝に流れ込んでいくさまざまなゴミや食材を受け止め、それらが排水管内部にまで入り込んでしまわないようにするための「ゴミ受け」があります。 ゴミ受けには浅型や細型などさまざまな形状がありますが、たいていは排水溝にすっぽりと収まっているだけのため、簡単に取り外すことができます。 そして、ゴミ受けの下にようやく排水トラップのフタが見えます。 これが排水トラップを構成する椀トラップにあたります。 椀トラップは左に回してロックを外す仕組みになっていることが多いので、回してから引き上げるようにしましょう。 スポンジと歯ブラシでフタ部分を洗浄 フタ部分は最初に食材の残渣(ざんさ)が通過する場所なので、汚れが付着しやすい場所です。 食器用洗剤とスポンジを使って丁寧に洗浄しましょう。 次にゴミ受けですが、ゴミ受け用ネットを普段から使用している場合は、ゴミ受けそのものに食材やゴミが付着することは少ないはずです。 とは言え、ネットを使用している場合でも油汚れやヌメリなどは避けられません。 こちらも洗剤とスポンジで洗浄します。 ゴミ受けには小さな穴がたくさん空いているため、スポンジだけでは落としにくい場合もあります。 歯ブラシを使って隅々まで汚れを取り除くことが、気になるニオイや雑菌の繁殖を防ぐことにつながります。 また、全体にぬるぬるとした汚れがついている場合は、スポンジなどを使って一気に落とした方が効率がいい場合もあります。 排水トラップ内部をスポンジ・歯ブラシで洗浄 排水トラップの椀カップは、外も中もしっかり洗いましょう。 ゴミ受けと同様に、ヌルヌルしている部分をスポンジで洗い流し、突起部などの細かい箇所は歯ブラシを使って汚れを落とします。 台所用洗剤とスポンジだけでも十分汚れは落ちますが、しつこいぬめりがある場合や、歯ブラシでも届かない箇所がある場合には、重曹とお酢をかけると化学反応で汚れが落ちます。 最後に熱めのお湯をかけ、十分洗い流しましょう。 ただ、あまり熱いお湯をかけるのはかえって危険です。 排水トラップや排水管の材質は、過度に高温な熱湯に耐えるようには設計されていないことが多く、特に古い設備の場合は破損につながる恐れもあります。 40~50度程度の温度にとどめておくことをおすすめです。 掃除する際の注意点 汚れがひどいと、ついつい力を入れてゴシゴシとあらったり、強力な洗剤を使って一気にキレイにしようと思ったりしがちです。 また、排水管があらわになると、ついつい奥の方まできれいにしようと頑張ってしまうこともあるでしょう。 しかし、排水管の先まで洗浄するとなると、専門の知識を持ったプロの技術が必要です。 家庭でできる掃除の範囲を見極め、自分で対応可能な部分にとどめておくのが理想です。 無理に奥まで掃除をしない 無理に掃除をすると…• 排水管の破損• 詰まりの原因 排水トラップを取り外して排水管内部が見えるようになると、その奥の汚れも当然気になるものです。 トラップ同様、もちろん排水管内部も油汚れにさらされていますが、下水につながる排水管をどこまでも掃除し続けることはできません。 無理に奥まで掃除をしようとすると、排水管そのものを傷つけてしまって、かえって復旧に時間やお金がかかるケースも発生し得るでしょう。 家庭での掃除では、見える部分だけにとどめ、どうしても気になる場合はプロへ相談するなど、別の方法を検討するのがおすすめです。 排水口内へ物を落とさない 掃除に夢中になるあまり、排水管の中へ物を落としてしまうことも、良く見受けられるケースでしょう。 キッチンの排水溝の詰まりの大きな要因である油、食材のカスなど以外で最も厄介なのは、食材以外の固形物です。 金属やプラスチックの固形物は、一度排水管の中に詰まると、自然に流れていくことはなく、最悪の場合、床を外して排水管ごと取り替えるといった大規模な工事が必要となるケースもあり、特に注意が必要です。 こういったアクシデントが発生するタイミングとしては、ゴミ受けや椀トラップを外して排水管の内部が露出している状態が考えられます。 普段はフタやゴミ受け、そして排水トラップなどでふさがれている排水管ですが、椀トラップまで外している状態ではそれらの遮蔽物が何もありません。 歯ブラシで排水管の内側を洗っているうちに、うっかり手が滑って管の中に歯ブラシを落としてしまうことはよくあることです。 したがって、排水管まで露出した状態での掃除では、細長い掃除用具や細かな部品は、できるだけ近くに置かないようにしましょう。 また、不安な場合は、排水管の出口部分にラップを巻いて輪ゴムで留めるなどの対策も有効です。 におい・詰まりが気になったら 普段からこまめに排水トラップを清掃したり、ゴミ受けにネットをかぶせて汚れが排水管まで流れ込まないように注意しておくことは、においや詰まりを防いでくれます。 しかし、長期間経過すると、どうしても落としきれない汚れや蓄積した油が残ってしまうこともあるでしょう。 家庭の洗剤や掃除用具だけでは太刀打ちできないにおい・詰まりなどが発生してしまった場合は、プロに相談するのが安全です。 折りこみチラシやTVCMなどでも、それぞれが多くのノウハウと経験を持ち合わせ、迅速なサービス提供にしのぎを削っていることがわかるでしょう。 多くのプロがいる中で、自分の住まいを任せられる信頼の技術を持っているのがどこかを見極めるのは容易ではありません。 そういったとき、家屋の構造の隅々まで知り尽くしたハウスメーカーが紹介するサービスは、確かな品質が期待できます。 ミサワホームが紹介するウチノコトサービスでは、提供するハウスクリーニングを単なる清掃サービスとしてだけとらえているわけではありません。 根底にある商品価値に対する思想は、日常生活で蓄積してしまいがちな汚れを取り除くことによる「リセット」です。 リセットされてきれいになった環境は気分をリフレッシュさせ、毎日の掃除や生活そのものに対するモチベーションを向上させます。 経験と技術に基づいたプロの専門清掃は、適切な洗剤や清掃用具の選択で、一般家庭では落としきれない汚れを落とします。 ウチのコトサービスの排水管洗浄の流れ 手順 項目 解説 イメージ 1 ヒアリング まずは、清掃対象の排水トラップの利用状況を確認します。 あわせて、普段の利用に際して不安な点や、排水管洗浄についての疑問点などをヒアリングします。 2 通水の確認 排水経路を確認したうえで、水の流れ方を見たり、音を聞いたりすることで排水状況を見極めます。 3 養生・機材のセッティング 排水管洗浄に際して、周囲の家具や住まいそのものに傷や汚れが付かないよう、しっかりと養生を行います。 4 汚れ度合いの確認 排水管の一部(排水トラップ)を外し、汚れ度合いを確認します。 実際に排水管内に付着した汚れを確認することで、清掃後の効果をひときわ実感することができるでしょう。 また、排水管の一部を取り外すことは、漏水につながる危険もあるため、プロにしてもらいましょう。 5 高圧洗浄 洗浄用ホースにて、高圧の水を逆噴射しながら洗浄します。 また、ワイヤーブラシなどを用いた丁寧な手洗いも併用し、汚れを徹底的に落とします。 6 トラップ再設置・水漏れ点検 いったん外した排水管やトラップを元の状態に戻し、水漏れなどが無いか点検します。 7 点検枡の洗浄 屋外にある点検枡の洗浄も料金プラン内で実施してもらうことができます。 排水トラップや排水管は、外からなかなか見えづらい箇所でもあり、日頃からの定期的なメンテナンスが大切です。 ウチノコトサービスでも、トラブルが発生する前段階での利用をおすすめしていますが、もちろん日常の清掃では不安な場合に、スポット的に依頼することも良いでしょう。 自分で手入れをしようとした場合、家庭の洗浄用具や洗剤では落としきれない汚れが残る場合もあります。 さまざまな家屋の構造を知り尽くした、ハウスメーカーが紹介するプロのサービスであれば、安心して任せることができます。 利用の流れ まずは電話で申し込みを行い、掃除してほしい排水トラップがある箇所と個数を確認しましょう。 サービス会社との事前の打ち合わせに関しては、掃除の対象となる場所や対象範囲などについて細かく相談します。 ウチノコトサービスでは、排水管洗浄サービスとして3カ所をまとめて掃除するパック商品を提案しています。 キッチン・浴室・洗面所の排水管洗浄と排水トラップの分解洗浄のほかに、外回りの排水枡の点検・洗浄が付いていてとてもお得なプランとなっているので、ぜひ検討してみましょう なお、詰まりや汚れがひどい場合は、上記の洗浄方法以外のやり方で対応する場合もあります。 また、他にも洗浄したい箇所がある場合には、追加洗浄もお得な料金で提供されているので、水回りが多い家庭でも安心です。 キャンセル料金について 申し込みをしたものの、どうしても急な都合でキャンセルしたい場合もあるかもしれません。 ウチノコトサービスでは、作業前日の17時までに連絡すれば、キャンセル料は発生しないようになっています。 17時以降は、スタッフ手配の関係から、キャンセル料としてサービス料金を全額支払う必要があるので注意しましょう。 排水トラップを掃除して清潔なキッチンに! キッチンの排水トラップは、毎日の調理で常に汚れにさらされる環境にあります。 忙しい日々を送る中で、ふとした拍子にニオイが気になったら、それはメンテナンスをプロに依頼する良いチャンスです。 日頃からこまめに清掃に取り組んでいる場合でも、定期的にプロの清掃を依頼して、徹底的に汚れを落としておくことは、大切な住まいを長持ちさせることにもつながるでしょう。 たまった汚れがリセットされた清潔なキッチンなら、毎日の調理にも弾みがつきます。 排水管洗浄サービス 排水管クリーニング 3箇所パック 上記商品は排水管クリーニングとセットでご注文ください。 作業内容:キッチン・浴室・洗面所の排水管洗浄と排水トラップの分解洗浄 外まわりの排水枡の点検・洗浄付き• キッチン・浴室・洗面所ともに 1ヵ所になります。 サービス案内 サービス会社より、事前準備のご連絡と作業内容のお打ち合わせを行います。 サービス提供 お打ち合わせ内容に従って各種サービスを実施いたします。 お支払い サービス完了後、ご請求にて精算させていただきます。

次の

排水トラップの仕組みと破封について

排水トラップ 掃除

あなたはどれくらいの頻度でお掃除していますか? 毎日お掃除をする方、狭い隙間の汚れも気になってしまう方もいると思います。 どんなにマメに掃除している方でも、出来ない場所って必ずありますよね。 その代表格が洗濯機の排水口では無いでしょうか? マンション、一軒家に限らず洗濯機置き場には必ず排水口がありますよね。 普段は中々目にすることも無いと思いますが、長年住んでいると排水口の中は酷く汚れています。 しかし、気にせずにそのまま使用していたりすると悪臭を引き起こす原因になったり、糸くずや服に付いたホコリなどがドロドロの状態で固まりになって排水口に流れていくことになります。 その固まりが多いと水が排水口に溜まった汚れで塞がれて、排出しきれなくなりつまりの原因になってしまいます。 それが洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示を起こす理由の一つです。 もし、脱水中に停止してしまったら排水口のつまりを疑う必要があります。 それが全てではありませんが、原因の多くは排水口の詰まりにあります。 しかし、洗濯機の排水口の掃除はそう頻繁に出来るものではありません。 きっと多くの方が排水口掃除をしたくても断念した方が多いのでは無いでしょうか。 その理由として、洗濯機が置いてあり動かせなかったり、洗濯機と排水口の間のスペースが狭くて手が入らなかったり。 実は洗濯機の排水口ってそういうケースが多いのです。 しかし、自分で洗濯機を動かして元に戻せなくなったらどうしようと不安に思って中々チャレンジ出来ない方も多いと思います。 しかし、実は想像しているよりも簡単です。 手順どおり行えば誰でも簡単に掃除出来てしまいます。 そして、このページでは排水口のつまりを取り除いて掃除をするまでの手順をお伝えしていきます。 是非参考にしてください。 Contents• 1.洗濯機の排水口って!? 洗濯機の排水口をまじまじと観察することってそう無いですよね。 ましてや、洗濯機の下に隠れてしまい排水口が見えないケースも良くあります。 洗濯機の排水口にはいくつかの種類があります。 家によって種類が異なります。 自分の家がどのタイプの排水口か確認してみましょう。 掃除する際に必要になる知識です。 1-1.防水パンがあるタイプ マンションに多いのがこの防水パンタイプです。 マンションは下の階に居住者が居るので水漏れした際に被害が下の階にいかないように防水パンが設置されています。 そして、このタイプでは防水パンの中に排水口が設置されています。 洗濯機を置いてしまうと排水口が隠れてしまい、掃除が出来ないケースが多いです。 また、ドラム式洗濯機を使っている場合はもっと大変です。 排水口の中のトラップと呼ばれる個所にゴミが詰まりやすくなります。 掃除する際はこの排水トラップを分解しなくてはいけません。 洗濯機の排水口と言えばこのタイプが主流となります。 1-2.排水口が床から出ているタイプ 一戸建てなどに多いのが排水口が床から出ているタイプです。 床に直接接続するタイプで洗濯機をそのまま置いてしまうと潰れてしまう為、かさ上げ台などを使って高さを出します。 排水口の位置によっては洗濯機を動かさないで掃除することが出来ます。 大きく分けてこの2種類です。 2.洗濯機が脱水中に止まってしまう原因 2-1.洗濯機の故障の可能性 洗濯機が脱水できなくなると考えられる事の一つに洗濯機の機械的な不具合や故障が疑われます。 機械的な不具合が起きると運転中にエラー表示が出ている事が多いので説明書を読んで原因を確認するようにしましょう。 場合によっては洗濯物が傾いていたり、洗濯機が水平を保っていなかったりすると止まってしまう事もあるので表示されているエラーコードの内容を確認する必要があります。 エラーコードの出ている内容を改善して再度回しても同じ状態であればメーカーに連絡をして修理に来てもらう必要があります。 2-2.排水口のつまりを疑う 洗濯機がまだ新しかったり、特に機械的な問題がない場合は排水口のつまりが原因である可能性が高いです。 そして排水口は洗濯機から脱水される時に水と一緒にゴミが流れてつまってしまいます。 そのゴミが大きい塊であったりすると水の流れをふさいでしまい脱水エラーを引き起こすのです。 中には新しい洗濯機でも、ハズレがあるので機械的な原因でエラー表示が出る事もあります。 それだけではありません。 排水口がつまると排水し切れなかった水が防水パンからあふれてしまい床が水浸しになってしまうこともあるので軽視することは出来ないのです。 洗濯機の排水口が詰まる場合の特徴として、原因は排水口だけでは無く洗濯機の機種が大きく関係しているのです。 洗濯機には全自動式タイプとドラム式タイプがあります。 それぞれに特徴があり、その特徴が詰まりを起こす原因にもなります。 これはどういうことかと言うと、全自動式タイプは多量の水を使い勢いよく排水するので汚れが勢いよく流れていきます。 しかし、ドラム式タイプは少ない水量で洗う節水がウリです。 その為、排水時の水の勢いが弱くゴミが流れる力が弱くなります。 その為、排水トラップにゴミが溜まりやすく、それがどんどん蓄積してしまい詰まりを起こすのです。 つまり、ドラム式洗濯機を使っている場合は詰まりのトラブルが起きやすいという事になります。 よって、排水口は定期的に掃除をしてあげる必要があります。 マンションなどでは定期清掃があり管理会社の業者が排水口高圧洗浄を行う場合もありますが、あくまでも数年に一回のお話です。 やはり自分で定期的に清掃をしてあげることがトラブルを防ぐことになります。 2.排水口を掃除する為の準備をしよう 現在、つまりが起きていても、メンテナンスの為にお掃除をする場合でも排水口の位置によっては洗濯機を移動させないといけません。 排水口が洗濯機の真下にあって隠れてしまっている場合は、移動させるか、かさ上げ工事を行う必要があります。 慣れている方であれば洗濯機を移動させて排水口を掃除して元に戻すといった作業をすればいいのですが、初めてやる方は洗濯機を取り外して、移動させて、排水口を掃除して元に戻さなくてはいけません。 少し敷居が高く感じるかも知れませんね。 難しい場合はかさ上げ台を設置してから作業をしてあげればいいのです。 かさ上げ台って何!?と思う方もいると思いますので合わせて紹介しておきますね。 2-1.洗濯機を取り外して移動させよう 排水口の掃除をする際は洗濯機を移動させなくてはいけません。 その為には洗濯機を水抜きしてから取り外しが必要になります。 難しい作業ではないので読みながら実践していきましょう。 2-1-1.アース線を取り外そう アース線を取り外しましょう。 アース線は電源の下に付いている緑の線の事です。 用意するのはプラスドライバーです。 ネジが緩めばいいのでマイナスドライバーでも構いません。 金属端子をプラスドライバーで緩めます。 これでアース線を抜ける様になります。 アース線を引っ張ってみましょう。 家によってはアース線の抜き方が異なります。 黒いボタンを押しながら引き抜くタイプもあります。 2-1-2.給水ホースを取り外そう 続いて給水ホースを外していきます。 給水ホースを外す時は必ず蛇口を締めておきましょう。 まずは洗濯機側を外していきます。 コツは蛇口側では無く、洗濯機側から外します。 なぜなら、給水ホースは通常圧力がかかっているからです。 水圧を抜くには洗濯機側から行った方が安全です。 ナットを緩めて外していきましょう。 この時、残水が零れるのでタオルなどを用意しておくといいでしょう。 洗濯機側を外したら、蛇口側を外していきます。 ワンタッチ式になっているので、スライドさせるようにして取り外します。 このときも残水が零れるのでタオルを準備しておきます。 取り外した給水ホースは洗濯槽の中に入れておくようにしましょう。 2-1-3.排水ホースを取り外そう 排水ホースを外したら洗濯機を移動させる事が出来ます。 防水パンが設置されている家だと洗濯機の真下に排水口があるので、手を入れて取り外せない場合が多くあります。 そんな時は、洗濯機を防水パンから移動させてその後に排水ホースを取り外せば良いです。 女性だと重たくて動かせない場合があるので、男性に手伝ってもらうようにしましょう。 2-2.かさ上げ台を設置しよう 洗濯機を移動させせてしまえば排水口のお掃除は簡単です。 しかし、洗濯機を動かすことに抵抗がある方もいるでしょう。 そんな時は洗濯機を移動させずに、排水口を掃除する方法があります。 それは、かさ上げ工事と言われます。 洗濯機の排水口を掃除する為のスペースを作るのがかさ上げ工事の役割の一つです。 排水口が詰まってしまうと、掃除をしたくても出来ないケースが多くあるのは、排水口と洗濯機のスペースが狭い為です。 しかし、洗濯機を移動させるのはちょっと、、、。 そんな時にかさ上げ台を設置してあげればいいのです。 かさ上げ台を設置することで、スぺースを作ることができます。 スペースが出来れば排水口掃除も出来るようになります。 かさ上げ台を設置するには多少コツが入りますが、難しい作業ではありません。 また、設置しておくとメリットもたくさんあります。 1.排水口の掃除が出来る 2.物を落としても拾うことが出来る 3.排水ホースが潰れない 4.振動を防ぐことが出来る などです。 かさ上げ台には高さもいくつか種類があります。 なるべく高さのあるかさ上げ台を設置してあげた方が排水口掃除はし易いですが、あまり高くし過ぎるとバランスが悪くて不安定になったり、洗濯機が蛇口に干渉してしまうなどの問題が起きます。 そこのバランスを見ながら自分の家に見合ったかさ上げ台を設置してあげることが重要なポイントとなります。 3.排水口の掃除の仕方 それでは排水口の掃除をしていきましょう。 3-1.洗濯機の排水口を点検しよう 洗濯機の排水口は普段は目視出来ないことも多い。 例えば、洗濯機の下に排水口が隠れてしまっていたり排水口が奥に設置されていたりすると作業が出来ないからです。 その際は一度洗濯機を外して排水口が見える位置まで移動させる必要があります。 女性だと重たいかもしれないので、誰かに手伝ってもらうようにしましょう。 もし、かさ上げ工事などをしている場合はそのまま作業に取り掛かりましょう。 3-2.洗濯機の横に排水口がある場合 家の洗濯機置き場によっては排水口が横にあるケースもあります。 画像の様に排水口が真横にあれば掃除がしやすいです。 こういったケースはあまり多くないので、ラッキーかもしれませんね。 つまり、洗濯機を移動させる必要が無いのでこのままの状態で行っていただいてかまいません。 後ほど紹介する手順どおり行えば作業もしやすいはずです。 3-3.洗濯機の下に排水口がある場合 しかし、画像の様に洗濯機がおいてある場合は洗濯機の下に排水口が隠れてしまっていることが多い為、作業が出来ません。 ドラム式なら尚更です。 その場合は排水口が見える位置まで洗濯機を移動させないと作業が行えません。 先程紹介した方法で洗濯機を外して作業がしやすい位置まで移動させてあげるようにしましょう。 3-4.排水口の掃除の方法 排水口が確認できる状態まで移動すると画像のような形をしたものが見えてくるはずです。 これが洗濯機の防水パンです。 そして家によって設置されている防水パンも多少形状が異なります。 防水パンにも種類があるのでもう少し理解を深めたい方はに目を通しておきましょう。 防水パンが無い場合は掃除の方法も変わってくるので近いうち別の記事で紹介する予定です。 そして、防水パンの中にある排水口が真っ黒になっているのがわかると思います。 これは、10年間一度も掃除をしたことが無い排水口です。 10年分の汚れが溜まっていて、水が流れなくなっていました。 1つ1つ見ていきましょう。 通常の排水口はこの様にきれいな状態です。 排水口の回りのフタを外してみましょう。 フタは持ち上げるだけで外れます。 フタを外すと排水トラップが見えてくるようになります。 これも簡単に取り外せるので外してしまいましょう。 左にカチッと回せばはずれます。 排水トラップの詳しい取り外し方に関してはを見ておきましょう。 これは排水トラップを外した画像です。 排水トラップを外すとゴミが溜まっていたり、回りにヌメリがこびれ付いていたりします。 画像を見ると一目瞭然ですが、これらが排水トラップに溜まる事で水が流れなくなり、詰まりが起きます。 通常の状態に戻すには、このゴミを捨てて排水トラップを掃除してあげる必要があります。 浴室に行き、排水溝にネットを引いて掃除してあげましょう。 歯ブラシやスポンジを使えば簡単にキレイになります。 掃除の際に役立つアイテムとして重層がおススメです。 若しくは、画像のようにバケツにお湯を入れて中で掃除してあげる方法もあります。 これなら、排水溝にゴミが流れていく心配はありません。 汚れを落としやすくする為にはお湯を使うのがコツです。 排水トラップの部品がきれいになりました。 新品の状態となんら変わりませんね。 ここまで、きれいに出来たら排水口も掃除してあげるようにしましょう。 排水口の中も汚れがたくさん溜まっている可能性があります。 やはり排水口内にも沢山ゴミが溜まっていました。 大きなゴミは取り除き、小さいゴミは流してしまいましょう。 しかし、何でも流してしまうと今度は排水管で詰まる恐れがあるので注意が必要です。 洗濯機の排水口に溜まる汚れの正体は主に髪の毛や糸くずです。 服に付いた糸くずや髪の毛は目視で確認が難しいですよね。 実はそれらは服に沢山付着しており、洗濯機に入れて回してしまうと排水時に水と混ざり合って排水口に辿り着きます。 そして、ドラム式洗濯機の様な排水能力が弱い場合は排水トラップに溜まってしまいます。 それらが10年蓄積したのが今回、紹介したつまりなのです。 最終的に流れなくなり、水が行き場を失い防水パンを超えて溢れて来てしまうのです。 時々、排水口の掃除をする事が重要なのです。 排水トラップを元に戻していきましょう。 戻すときは必ず水を入れてあげる必要があります。 排水トラップの部品で一番初めに設置するのはコップの様な形をしたものです。 通常はここに水がたまっている必要があります。 なぜなら、水が入っていないと下水の臭いがあがってきてしまうからです。 忘れないようにしましょう。 水を入れたら筒状の部分を次に戻してあげる必要があるが、この際にしっかりロックしてあげる必要があります。 ロックをしないと隙間から空気が上がってきて臭いの原因になったり、水漏れの原因になるので気をつけましょう。 そして、最後にふたを閉めて洗濯機を元の位置に戻してあげれば完了です。 通水テストをしてみましょう。 手順としてはいつもどおり洗濯機に水を溜めます。 洗いを押せば自動的に水は溜まります。 水がある程度溜まったら、個別コースで脱水を押します。 すると、洗濯槽に溜まった水が流れていきます。 最後まで完全に流れると洗濯槽がフル回転でまわるようになります。 問題がなければ停止を押して終了しましょう。 そして、最後は移動させた洗濯機を元に戻さなくてはいけません。 洗濯機の設置の方法についてはで詳しく説明されているので参考にしてください。 4.排水管の高圧洗浄を利用しよう 洗濯機の排水口を掃除しても詰まりが解消されない場合は排水管で詰まりが生じている可能性があります。 多くは先程紹介した排水トラップで詰まりが生じている事が多く、掃除をすれば解消されます。 しかし、排水管で詰まっていると素人では対処が困難です。 その場合は排水管内に高圧洗浄機を入れて詰まりを砕く必要があります。 排水管洗浄専用の高圧洗浄機というのがあり、細いノズルが配管内を進んでいく事で詰まりの箇所まで辿り着き、削っていきます。 中にはマンションで排水管高圧洗浄を定期的に行ってくれる所もあります。 主にキッチン、浴室、洗面所、洗濯機の排水管がメインです。 2年に一度、若しくは3年に1度などの周期でやるので、その時は必ず利用した方がいいです。 管理費を払っているから当然かもしれませんが、それらを怠ると、いざ詰まってしまった際に困るのは自分です。 そこで、ポイントになるのが先程紹介したかさ上げ工事なのです。 洗濯排水の場合は排水口にスペースがないと、高圧洗浄作業も出来ないからです。 実は当社でもお客様から洗濯排水だけ掃除が高圧洗浄が出来なかったからとの理由で個別にかさ上げ工事を依頼されることが多々あるくらいです。 是非参考にしてください。 5.まとめ 防水パンにはいくつか種類がありますが、排水口の構造は基本的には全て同じです。 家によって排水口の汚れ具合も変わってくるし排水口の位置も変わってくきます。 しかし、この手順どおり行えば誰でも簡単に掃除できることはお分かりいただけたのではないでしょうか。 定期的の掃除をしてあげることによって詰まりのトラブルを防ぐことが出来るので、是非実践していただきたいと思います。

次の