訃報 読み。 訃報のお知らせ例文|町内会や自治会でそのまま使えます。

訃報の意味とは?|読み方・使い方・英語・お悔みメール・連絡方法|終活ねっと

訃報 読み

訃報の意味は、「 人が亡くなった知らせ」です。 よく芸能人や著名人が亡くなったことを伝えるニュースや新聞・雑誌などの報道で、見出しに【訃報】と書かれます。 また、訃報の読み方は「ふほう」です。 よく、「とほう」や「けいほう」などと読み間違っている方がいます。 また、以前テレビアナウンサーの方がニュース番組で訃報をけいほうと読み間違えてしまったことがあり話題になりました。 普段あまり使う漢字ではないので、知らないと読めない漢字ですよね。 人が亡くなるという笑えない状況なので、間違った使い方の無いようにしたいです。 また、最近よくショックなことや悪い知らせの時に【悲報】とタイトルにつける場合をよく見かけます。 その際、悲報と訃報を混同してしまっている人もいるようです。 訃報は、人が亡くなった知らせの時だけに使える言葉ですので、注意しましょう。

次の

訃報のお知らせ例文|町内会や自治会でそのまま使えます。

訃報 読み

訃報とは~意味について~ 訃報とは、人が亡くなられたことを知らせるもので、はがきや電報、電話やメールなどで伝えられます。 また、テレビやインターネットでニュース速報されるのも訃報となります。 死亡のお知らせと共に、お通夜や葬儀の情報なども伝えます。 決まったマナーがありますので、作成する際には気を付けましょう。 「訃報」の読み方 難しい漢字ですが「 ふほう」と読みます。 訃の字は、ごんべんで、言う、伝えるを意味します。 またつくりのトは倒れるということで人が亡くなられたことを意味します。 それで訃報とは、「 人が亡くなられたことをお知らせする」という意味になるわけです。 必要事項を箇条書きにまとめてみます。 記載内容• どなたがいつ何歳で亡くなったのか• お悔やみの言葉• 喪主氏名、連絡先• 葬儀様式(神式、仏式、キリスト教式、無宗教)• 家族や親族者のみの葬儀のため参列辞退や、香典辞退の場合はその旨を記載 また訃報の場合、続柄は特別な表現で表します。 しかし、現在のように広く一般的に満年齢が普及していることから、享年として満年齢を記すことが普通になってきています。 また、ビジネスシーンにおいても、訃報の作成が必要になる場合があります。 社員やその家族が亡くなった場合、人事や総務の担当者が作成しますが、お取引先の方が亡くなった場合には営業部門の担当者が各支店、営業所に知らせなければならないこともあります。 訃報のマナー 訃報やお悔やみの言葉で使ってはいけないとされる言葉がありますので注意しましょう。 不幸が再び重なって起こることがないように、「重ねる」「再三」「また」「再三」「くれぐれも」「たびたび」「しばしば」といった言葉は使ってはいけません。 また「死」や「苦」を連想させる四や九も避けます。 「生きる」「死ぬ」といった直接的な表現は避け、「お元気なころ」「ご生前」「逝去した」といった婉曲的な言葉で表現しましょう。 そのほかにも、 不吉なことを連想させるような言葉は使わないとされています。 しかし最近では、パソコンや携帯などの普及により、メールで多数の人に知らせることも増えています。 文面については、文書でお知らせするのと同様に記述します。 マナーとして、 訃報をメールで送るのはあまりよいとはされていません。 メールでのお知らせは、身内や親しい知人など関係性の深い人、またはビジネスにおいて関係性があり取り急ぎお知らせしたい、といった場合だけにとどめておきましょう。 ご母堂様のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。 心身ともに大変なことと存じますがくれぐれもお身体を大切になされますよう御願いいたします。 本来であれば直接お目にかかりお悔やみ申し上げるところではございますが、メールにて失礼させていただきます。 このたびはお身内にご不幸がおありだったと伺い、ご連絡を差し控えさせていただいておりました。 遅ればせながら心よりご母堂様のご冥福を祈り、謹んでお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な状況のなか対応いただいておりましたことにあらためて感謝申し上げます。 決まったマナーもありますので、失礼や間違いのないよう、文例やテンプレートを役立てて活用してください。

次の

「訃報」=「けいほう」…?大人が読み間違えると恥ずかしい漢字4選

訃報 読み

上記の固有名詞は架空のものです。 文面は、町内会員のご不幸を町内会長が、葬儀の事後報告という形で回覧板にして回すという訃報にしてあります。 訃報を作成する場合の注意点 町内会の回覧板で回す訃報(左)と斎場の地図(右) 訃報を作成する場合に注意すべき四つのポイントを解説します。 意外と気づかずに訃報を作ってしまうことも見受けられます。 享年の書き方 訃報を作成する場合、最初に注意したいのが「享年」(きょうねん)。 享年とは亡くなったときの年齢。 たとえば79歳で亡くなった場合は「享年79」というように書きます。 「享年79歳」とは書きません。 「鈴木徳治郎様が 逝去されました(享年83)」というように書きます。 享年を使わない場合は「87歳をもって永眠いたしました」と書きます。 訃報の文面には句読点は打たない 続いての注意点は、訃報の文面には「、」「。 」といった句読点は打ちません。 縁起が悪いから、ということではありません。 古来から日本では厳粛な式典や儀式などの文章には句読点は使われていなかったために、その習わしとして訃報をはじめ弔辞の文面には句読点はつけない、ということが今でも受け継がれているわけです。 「訃報のお知らせ」は間違い また、書き出しは「訃報」とします。 「訃報のお知らせ」とは書きません。 「訃報」とは「死亡のお知らせ」という意味なので、「訃報のお知らせ」と書くと、「死亡のお知らせのお知らせ」という重ね言葉になってしまいます。 ですので、書き出しは「訃報」とだけ書きます。 個人情報保護についても配慮する 最後に、個人情報保護の観点から喪主の住所と電話番号を訃報に載せるかどうか、ということもじゅうぶん配慮が必要です。 私の町内会では、訃報に喪主の住所と電話番号を載せるかどうかは、喪主に一任しています。 喪主が「住所は載せてもかまわないが、電話番号は載せないでほしい」と言われた場合は、電話番号は載せません。 町内会や自治会の取り決めや喪主の意見も尊重して個別に対応することが必要です。

次の