シェーキーズ ポテト。 シェーキーズポテトが食べたい

シェーキーズ 新京極店

シェーキーズ ポテト

シェーキーズ。 この言葉を聞いて懐かしい気持ちになる人は多いことだろう。 そう、コスパ最強ピザ食べ放題店「 シェーキーズ」のことである。 1973年に日本に上陸して以来、40年以上も愛される同店は、一時より規模が縮小しているものの、現在国内に22店舗を展開している。 そんなシェーキーズを、以前「」の記事でご紹介した。 「デブとか言っちゃって悪かったかな……」と内心ハラハラしていたが、なんとシェーキーズから「 良かったら厨房の見学に来て下さい」とお誘いが! マジか!! なんて心が広いんだシェーキーズッ!! ・シェーキーズとは? まずはシェーキーズについてざっとおさらいしよう。 前述の通り「ピザ食べ放題」が目玉のシェーキーズ。 一昔前はランチ時のみ食べ放題であったが、現在では ディナータイムまでぶっ通しの食べ放題店へと生まれ変わった。 その魅力を一言で語るのは難しいが、 とにかくコスパが抜群にいい。 常時10種類以上の焼き立てピザやパスタ、さらにはカレー・サラダ・ドリンクバーなどが、たったの1130円で食べ放題とは、シェーキーズよりコスパのいい食べ放題店を探す方が難しいだろう。 ・フライドポテトは日本一ウマい そんなシェーキーズで忘れてならないのは、個人的に日本一ウマいと確信している フライドポテト。 厨房を見学させてもらえるなら、絶対にフライドポテトの作り方が知りたい! というわけで、シェーキーズ吉祥寺店にて潜入取材を試みることとなった。 厨房を案内してくれたのは、広報担当者とエリアマネージャーの2名。 まずはピザ生地作りを見学させてもらうと……冷凍じゃないのか! なんと巨大な生地をこれまた巨大なマシーンで伸ばし、 ひたすら手作業でピザ生地を作っていた。 言っちゃあ何だが、超アナログだぜ……! エリアマネージャーいわく「これがコスト的に一番安く抑えられて美味しいんです」とのこと。 「ピザ食べ方放題ってあんまりないでしょ? それは採算が合わないからなんですよ」とも話してくれたが、確かにここまでやらないとシェーキーズ価格にはならないのだろう。 ・生のじゃがいもを使用 そしていよいよ日本一ウマいフライドポテト作りを見学。 使うのはもちろん冷凍じゃなく、生のじゃがいもだ。 この粉は日本上陸以来 守られてきた門外不出のシーズニングで、レシピは極秘扱いらしい。 じゃがいもに粉が馴染んだら、1台ウン百万円するという「圧力式フライヤー」でじゃがいもを揚げていく。 生のじゃがいもは火が通りにくいため、圧力式でさえも約6分かかるという。 冷凍なら普通のフライヤーで2分ほどだから、 手間のかけ方が全然違うといえるだろう。 ・ウマすぎて泣けてきた 「揚げたては食べられないですよ」と言われたが、ここぞとばかりに口に運ぶと、確かに熱すぎて味がわからない。 ……が、3分ほど待ってから食べたフライドポテトは マジで至高中の至高。 こんなにウマいフライドポテトは、たぶん世の中に存在しない。 そう断言できるほど激ウマだった。 その他、ピザに使うチーズも店内で削っているなど、 想像より遥かに手作り感満載だったシェーキーズ。 この企業努力こそが圧倒的なコスパを生み出しているのだろう。 シェーキーズから足が遠のいてしまっている人にこそ、一度足を運んでいただきたい。 きっと感動する何かが待っているハズだ。 取材協力: Report: Photo:RocketNews24.

次の

ピザ食べ放題の「シェーキーズ」!1,000円台で楽しめるバイキングメニューを紹介

シェーキーズ ポテト

シェーキーズ。 この言葉を聞いて懐かしい気持ちになる人は多いことだろう。 そう、コスパ最強ピザ食べ放題店「 シェーキーズ」のことである。 1973年に日本に上陸して以来、40年以上も愛される同店は、一時より規模が縮小しているものの、現在国内に22店舗を展開している。 そんなシェーキーズを、以前「」の記事でご紹介した。 「デブとか言っちゃって悪かったかな……」と内心ハラハラしていたが、なんとシェーキーズから「 良かったら厨房の見学に来て下さい」とお誘いが! マジか!! なんて心が広いんだシェーキーズッ!! ・シェーキーズとは? まずはシェーキーズについてざっとおさらいしよう。 前述の通り「ピザ食べ放題」が目玉のシェーキーズ。 一昔前はランチ時のみ食べ放題であったが、現在では ディナータイムまでぶっ通しの食べ放題店へと生まれ変わった。 その魅力を一言で語るのは難しいが、 とにかくコスパが抜群にいい。 常時10種類以上の焼き立てピザやパスタ、さらにはカレー・サラダ・ドリンクバーなどが、たったの1130円で食べ放題とは、シェーキーズよりコスパのいい食べ放題店を探す方が難しいだろう。 ・フライドポテトは日本一ウマい そんなシェーキーズで忘れてならないのは、個人的に日本一ウマいと確信している フライドポテト。 厨房を見学させてもらえるなら、絶対にフライドポテトの作り方が知りたい! というわけで、シェーキーズ吉祥寺店にて潜入取材を試みることとなった。 厨房を案内してくれたのは、広報担当者とエリアマネージャーの2名。 まずはピザ生地作りを見学させてもらうと……冷凍じゃないのか! なんと巨大な生地をこれまた巨大なマシーンで伸ばし、 ひたすら手作業でピザ生地を作っていた。 言っちゃあ何だが、超アナログだぜ……! エリアマネージャーいわく「これがコスト的に一番安く抑えられて美味しいんです」とのこと。 「ピザ食べ方放題ってあんまりないでしょ? それは採算が合わないからなんですよ」とも話してくれたが、確かにここまでやらないとシェーキーズ価格にはならないのだろう。 ・生のじゃがいもを使用 そしていよいよ日本一ウマいフライドポテト作りを見学。 使うのはもちろん冷凍じゃなく、生のじゃがいもだ。 この粉は日本上陸以来 守られてきた門外不出のシーズニングで、レシピは極秘扱いらしい。 じゃがいもに粉が馴染んだら、1台ウン百万円するという「圧力式フライヤー」でじゃがいもを揚げていく。 生のじゃがいもは火が通りにくいため、圧力式でさえも約6分かかるという。 冷凍なら普通のフライヤーで2分ほどだから、 手間のかけ方が全然違うといえるだろう。 ・ウマすぎて泣けてきた 「揚げたては食べられないですよ」と言われたが、ここぞとばかりに口に運ぶと、確かに熱すぎて味がわからない。 ……が、3分ほど待ってから食べたフライドポテトは マジで至高中の至高。 こんなにウマいフライドポテトは、たぶん世の中に存在しない。 そう断言できるほど激ウマだった。 その他、ピザに使うチーズも店内で削っているなど、 想像より遥かに手作り感満載だったシェーキーズ。 この企業努力こそが圧倒的なコスパを生み出しているのだろう。 シェーキーズから足が遠のいてしまっている人にこそ、一度足を運んでいただきたい。 きっと感動する何かが待っているハズだ。 取材協力: Report: Photo:RocketNews24.

次の

【メレンゲの気持ち】シェーキーズ風ポテトの作り方を紹介、家庭でもできる絶品フライドポテトのレシピ(3月14日)

シェーキーズ ポテト

なんと、あのピザ食べ放題の『シェーキーズ』が「 シェーキーズポテト」の作り方を公開したのだ。 ……ちょ、待てよ。 マジでそんなの明かしてええんか? いまではすっかり店舗数が少なくなってしまったシェーキーズだが、 シェーキーズポテトのウマさだけはガチ中のガチ。 これは門外不出とされる「コカ・コーラ」や「ビッグマックソース」に匹敵する衝撃ではなかろうか? これは作るしかないヤツ……いや、作らなきゃいけないヤツである! ・激ウマ、シェーキーズポテト ピザの食べ放題で一時期は多くの街で見かけたシェーキーズ。 当時より店舗数は少なくなっているものの、現在も 国内約20店舗が元気に営業している。 リーズナブルに美味しいピザやスパゲティ、カレーなどが食べ放題になるシェーキーズ……本当に好きです。 さて、シェーキーズのピザが美味しいことは言うまでもないが、通いまくった人ならば陰の主役が「シェーキーズポテト」であることをご存じのハズ。 特にどの店のポテトとも似ていない オリジナルの衣は激ウマの一言で、これまでレシピが明かされたことは1度もない。 家でシェーキーズポテトが作れるなんて……ハッキリ言ってこれは事件級の衝撃度である。 レシピの公開から数日経っているのに 100ちょいしかリツイートされていないことはさておき、これは試す以外の選択肢がない。 喜びに震えつつ、さっそくシェーキーズポテトを作ってみることにした。 ・『シェーキーズポテト』のレシピ 【材料】 じゃがいも: 適量 市販のから揚げ粉: 100グラム 塩: 30グラム コショウ: 10グラム 油: 適量 【作り方】 1: じゃがいもを9ミリにカットする。 2: 700wで5分間レンジでチンする。 3: から揚げ粉、塩、コショウをよく混ぜ、レンチンしたポテトをまぶす。 4: 約5分、じっくり揚げる。 油の中から浮かび上がってきたフライドポテトの見た目は、まさにあの「シェーキーズポテト」ではないか。 ウホ……! マジでおうちでシェーキーズポテトが出来ちゃったやんけ!! ・食べてみた だがしかし、あえて厳しく言ってしまおう……。 同じ系統の味ではあるものの、本家シェーキーズポテトの方が 段違いにウマい。 また、塩30グラムはなかなかの塩分だから、ご家庭で作る際は15グラム~20グラムで調整するといいかもしれない。 さらにレンチン後のジャガイモは マグマくらい激アツなので、粉をまぶす際は十分に注意しよう。 その粉をじゃがいもにしっかり付けることがポイントだ。 ・研究の余地あり とはいえ、食感はまさしくシェーキーズポテトであり、味の系統は同じだ。 からあげ粉を変更し、さらにセロリパウダーなどを追加すれば、 本家シェーキーズポテトにかなり近くなると確信している。 これは研究する価値があるのではなかろうか? だって、シェーキーズポテト本当に美味しいんだもん! というわけで、公式レシピは「シェーキーズポテト風」ではあるものの、近い味は楽しめる。 「近所のシェーキーズ無くなっちゃったよ~(涙)」なんて方は、ぜひ1度試して欲しい。 そして研究を重ね、いずれ「シェーキーズポテト・改」のレシピも公開予定だ。 参照元:、Twitter Report: Photo:RocketNews24.

次の