まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣。 深川麻衣の演技が下手すぎる!?まだ結婚できない男が不評な理由とは??

深川麻衣「まだ結婚できない男」の演技を巡ってファンの論争が勃発!

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

引用: アイドルから女優へと転向した深川麻衣さんですが、どうやら 『まだ結婚できない男』での演技に対して、賛否が大きく分かれているようです。 まだ結婚できない男おもしろいのに深川麻衣と平祐奈ほんとミスキャスト。 可愛いくもなければ演技も下手。 — ぐちま 1fCuPIhumRSduaW 深川麻衣ちゃんの演技・・・前から あんま 引っかかってる。 上手じゃない感。 そんな注目度の高いドラマですが、前作では深川麻衣さんと同じポジションになる女性を女優の 国仲涼子さんが演じています。 この 国仲涼子さんの演技が非常に好評だった事もあり、どうしても今回の深川麻衣さんの演技とは比較されてしまいます。 国仲涼子さんと深川麻衣さんとでは、女優としてのそもそものキャリアや実力が異なるため、どうしても深川麻衣さんの演技に対しては物足りなさを感じてしまうのかもしれません。 深川麻衣さんの演技は、 視聴者が期待していた演技では無かった、というのが「演技下手!」と言われてしまう1つめの大きなポイントのようです。 深川麻衣にアイドルのイメージが強い まいまいの役は以前はアイドルだった女優か。 いや本人やないかい! — あんたい anneentai 深川麻衣さんは女優として3年目となりますが、どうしても「元乃木坂」というイメージは強く持たれてしまっているようです。 またドラマの役も『元アイドル』という設定のため、余計にそのイメージを重ねてしまう人が多いようです。 また深川麻衣さんは過去に出演したドラマもまだまだ数が少ないため、どうしても「女優」というよりはいまだに「アイドル」というイメージが残ったままのようです。 もう少し女優としての活躍する場面が増えていけば、また演技に対する印象も変わってくるのかもしれませんね。

次の

まだ結婚できない男戸波早紀役深川麻衣プロフィール!元アイドル設定がピッタリ!

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

(C)まいじつ 大ヒットドラマの13年ぶりの続編ということで期待を集めていた『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)だが、実際に放送が開始されると回を重ねるごとに評価が下がっているようだ。 「視聴者の期待が高過ぎたということもあると思いますが、前作のファンほど不満が大きくなっている原因の1つは、やはりヒロインたちが一新されたことでしょう。 中でも深川麻衣への低評価が目立っています」(テレビ雑誌編集者) 深川が務める役は、阿部寛演じる主人公の住む部屋の「隣人」。 前作では同じような役どころを国仲涼子が務めていたが、ネット上では国仲と比較して「華がない」などとする意見が多く見られる。 《明らかに国仲涼子の方が華があった》 《顔が地味過ぎて覚えられない》 《この女の子初めて見たけど演技下手だね…》 《高校の演劇部の子か何か?》 《こんなんで女優を名乗るのかよ》 《元乃木坂だから推されていい役してるの?》 《しょせんアイドル上がりだしね…》 大根演技も織り込み済み? ちなみに「隣人」は「元アイドルで現在は駆け出しの女優」という設定で、元『乃木坂46』の深川と奇しくも同じ境遇。 10月22日放送の第3話では、なぜ自分が評価されないのかと訴え掛けるシーンもあったが、役と深川本人に対する二重の意味で《演技だよ、演技》という視聴者のツッコミもあった。 「役の設定が深川の境遇と同じなのは、脚本段階からすでに深川ありきだったからともいわれていますね。 裏を返せば、同じ境遇の役なら演技力に不安がある人物でも演じやすいだろうと踏んだとも言えそうです」(同・編集者) 昨年には映画で初主演を果たし、某映画賞では最優秀新進女優賞を受賞。 同年のNHK連続テレビ小説『まんぷく』にも出演するなど、女優としてステップアップしているようにも見えた深川。 しかし、多くの視聴者らにとっては評価どころか、『元乃木坂』の肩書なしでは、まだ名前の認識さえされていないようだ。

次の

まだ結婚できない男の戸波早紀役は深川麻衣!桑野の隣人は元乃木坂46!

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

元乃木坂46で女優の深川麻衣が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『まだ結婚できない男』 毎週火曜21:00~ で、飼い犬として共演しているパグ・タツオ 田中太郎 の印象を語った。 左から 深川麻衣、田中太郎、阿部寛=カンテレ提供 阿部寛演じる桑野の隣人で、女優の早紀役を演じる深川。 彼女が飼うパグのタツオがSNSで話題沸騰となり、人気を博している。 飼い主役である深川は「タツオは食べることが大好きで、食いしん坊。 仲良くなったきっかけも、ちょっとずつオヤツをあげながら距離を縮めていきました。 頭がものスゴくいいので、途中からお芝居前や歩き出す前に私の顔を見てくれるようになって、目と目でコミュニケーションをとっています。 スゴイ眠そうな時やイライラしている時など、喜怒哀楽はわかるようになってきました」とすっかり打ち解けている様子。 さらに、「 タツオは 目がクリクリしているところが阿部さんと似ていますよね」と指摘する。 一瞬の出来事ではあるもの、これが2匹の出会いとなると重要なシーンなのだが、実際の撮影は「彼ら タツオとおもち は犬よりも人間に興味があるので、互いの歩くスピードやタイミングがずれてしまい、2匹の息を合わせるのが難しかったです。 なので最終的にはオヤツ攻撃で気を引いてなんとか撮影を終えました 笑 」と裏話を明かした。 第5話では、鎌倉ロケを行ったが、「今はやりの女子旅、縁結びの旅をしました。 5話からは、まどかさん 吉田羊 と、有希江さん 稲森いずみ との距離もグッと縮まっていくので、本当に旅をしているみたいで撮影していても楽しかったです」とコメント。 さらに「私自身も家の近所の神社もよく行きますし、縁結びや願掛けは好きです。 だから桑野さんが1人、銭洗弁財天でお金を洗っていても全然気にならない 笑 」と、桑野に共感する部分を語る。 左から 深川麻衣、稲森いずみ、吉田羊=同 そんな桑野と付き合うのは、深川自身にとってはアリかナシを尋ねると、「知識の幅が広く、自分の知らないことをたくさん教えてくれるそうなので、毎日が楽しくなりそう。 プラスお料理が上手なので、桑野さんの作った料理を食べてみたい」と興味はある様子。 さらに、「桑野さんは冗談っぽく強い言葉で言うと皮肉で返す、逆に相手が素直だと桑野さんも誠実に接してくれそう。 根は本当に優しい方だと思います」と性格を分析した。 さらに、桑野にはどんな女性が合うと思うのか尋ねると「有希江さんは桑野さんの全体と内面を優しく包み込んでくれていると思いますし、まどかさんは似たところがあるからケンカをしてしまう。 私だったら、ケンカもするけど仲良し。 言いたいことを言い合える方がいいな」と答えた。 そんなまどかと有希江を演じる、女優・吉田羊と稲森いずみの印象を尋ねると、吉田については「私の悩み相談に親身になって答えてくださって、その時の言葉が羊さん自身の体験を通して語られた素敵な言葉ばかりで、これからも大事にしていきたいなと心から思いました」とのこと。 稲森は「私にとっては本当に癒やしで、お話していると自然と力が抜けて、心が和む方。 笑いのツボが人とは違って面白かったり、鎌倉ロケでは虫が飛んできて面白い声をあげていたり、その空気感にすごく癒やされています」と撮影の合間でも親交を深めている様子を明かした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の