柏餅 葉っぱ 食べ れる。 柏餅の葉っぱの種類や意味は?何の葉っぱを使っているの?

柏餅の葉っぱは食べられる? 正しい食べ方は?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

でも、昔から当たり前のように食べている方ならば、抵抗ないのかもしれません。 ただ、柏の葉も香り付けが目的であり、あんまりちゃんと洗ったりしていないんですよね。 洗っちゃうと、葉の弾力がなくなってへなへなになってしまうからです。 和食で使われる紫蘇の葉なんかも同様で、洗うとあのパリッとした感触がなくなってしまいます。 と言うことは、外で摘んできたまま、ということです。 農薬なんか使われていたら、なおさらです。 ちなみに味の方は知りません。 (食べたことないから…) 柏についての薀蓄が載っているページがありましたので、ご参考までにご覧になってみてください。 (下記参考URLのページ中ほど、金太郎の絵の付近) 参考URL: ちょっと柏餅の葉についての「うんちく」を。 もともとは旧暦の5月5日が端午の節句でしたから、その頃には柏餅に新しい柏の葉を使うことができました。 これならおいしくはないでしょうが食べられたかもしれません。 しかし、暦が新暦になったのに5月5日に柏餅を食べるということになったので、前の年の葉を保存するようになりました。 蒸してから乾燥させたり、にがりに漬けたりして、乾燥させたものは熱湯で戻したり、にがり漬けのものは流水であく抜きしていました。 こんなのは絶対食べられたものではありません。 今は韓国や中国から真空包装された煮柏の葉が送られてきます。 ごく稀にお客さんに「葉も食べられるんですか?」と聞かれますが、心の中で「なんてこと聞くんだ?」と思いながら「毒にはならないけど食べないほうがいいですよ」と答えています。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q 「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。 もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。 これは、実際に行われているんでしょうか? 教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。 こんなときは悲惨です。 また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。 クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。 この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。 ほとんど、No. 2のahtanさんのおっしゃるとおりです。 学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。 配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。 その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。 可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。 最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。 そのとき同時に、学年の先生が決定します。 このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。 その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。 (この子にはこんな配慮が必要、など …とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。 ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。 しかし、教師自身さえ、 少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。 希望が通るとは限らない。 ましてや子どもたちにおいては、です。 私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。 」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。 しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。 でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。 」というものがあります。 何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。 ほとんど、No. 2のahtanさんのおっしゃるとおりです。 学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。 配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。 その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。 可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当... A ベストアンサー 1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。 2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。 勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。 3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。 つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。 だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。 4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。 「ご勝手に!どうぞ」状態です。 5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。 1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。 2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。 勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。 3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の... Q 柏餅を作りました。 上新粉…150g 白玉粉… 30g ぬるま湯で耳たぶ位のかたさに混ぜ合わせ、 20分強火で蒸上げました。 餅をラップの上からすりこぎ棒で平たくし、 あんをいれて、餅の方は出来上がりました。 柏の葉は水洗いしてクッキングペーパーで水気をふきとり、 乾燥のため少し時間を置いてから、餅を巻いてみました。 これ以後の事で質問なんですが、 巻いてしまってから、簡単に柏の葉を取ることが出来ません。 相当粘って、柏の葉にお餅がついてしまいます。 売っている柏餅のように、簡単に柏の葉を取るには、 どのような工夫が必要でしょうか? 粉の量のせい?柏の葉を完全に?乾燥させる? どんなことでもいいので、ご存知の方、教えてください。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... また、ご近所の農家でも種を採るためだと思いますが数本の菜の花状態のブロッコリーを見かけます。 ただし、人間の都合から言いますと、見た目の悪さ以外にも食感と栄養価が落ちますので、食べれますが、新鮮な歯ごたえ 黄色く花が咲きかけると粒粒の部分はしんなりとしてしまい、軸は固く筋が入る)・栄養素(ビタミンC他 の面では今後は早めに使用(食材として利用)されますことをお勧めいたします。 nissen. php.

次の

柏餅の葉っぱは食べる?柏の葉で包むのはなぜ?桜餅との違いは?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

【食べ物雑学】桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」 桜餅の葉は食用として食べられるものだが、柏餅の葉の扱いはそもそも食材ではなく、餅を包むための器がわりに使われている! 【雑学解説】柏餅の葉も食べられないことはない 桜餅と柏餅の葉、それぞれの役割をここでご説明しよう! 桜餅の葉 まず桜餅の葉についてだが、これには桜の木の葉が使われている。 この葉を使うことで、餅に桜の良い香りや風味を付けることができる。 香りを添加するための自然食材といっても良いだろう。 ちなみに、葉自体は傷みやすいため、あらかじめ塩付けにすることで、葉っぱ自体の保存性を高めている。 桜餅を食べたことがある人はわかると思うが、葉っぱがしょっぱいのはそういうワケからなのだ。 さきにも触れたが、この桜の葉っぱはもちろん食べられるもの。 なんなら、葉っぱごともちを食べてもまったく問題はない。 人によっては葉っぱの塩気と、もちやあんこの組み合わせが絶妙という人もいるかもしれない。 私は分けて食べるけど。 柏餅の葉 一方で柏餅の葉の役割だが、こちらはそもそも食べるための葉っぱではなく、保存するための皿や容器の代わりなのだ。 昔は、現代のようにちゃんとした保存容器がなかったため、堅く丈夫な葉っぱを器代わりに使用したのがはじまりとされている。 器代わりということは、柏餅の葉は食べられないのだろうか? 結論をいうと「食べられないことはない」。 しかし、柏餅の葉っぱは堅くごわごわしていて、まず美味しくない。 そもそもが食用として考えられていないのだ。 柏餅を葉ごと食べられるようにするには、葉っぱごとレンチンして食べると良いらしい。 だが、これでもマシになる程度らしく、やはり味の保証は出来かねる。 じつのところ柏餅に使われる葉っぱは、正確には「柏」の木の葉ではない! どういうことかというと、そもそも一般的に柏餅に使われる葉は「槲(かしわ)」という木の葉っぱが使われているのだ。 単純な漢字のちがいだけではなく、槲はブナ科のカシワの木を指し、柏はヒノキ科の針葉樹であるコノテガシワという木を指す。 そもそも種類が違うのだ。 だから、正しく言うのならは「柏餅」ではなく「槲もち」になるだろう。 なぜ槲もちと呼ばれていないかは、よくわからなかった。 漢字が読みづらいからなのかな…? 槲の葉でもない柏餅? 柏餅に使われていた葉の代用として、一部地域では「サルトリイバラ」という樹木の葉が使われているそうだ。 これは、昔から槲が自生していない地域ならではの方法ということで、柏餅とはこのサルトリイバラの葉を使うことが当たり前な場所もあるようだ。 そういった地域の柏餅は「しばもち」「いばらもち」とも呼ばれる。 はたして、みなさんの住んでいる地域の柏餅の葉っぱが何か、興味を向けてみると面白いかもしれない。 しかし近年では、コストを抑えるために、ビニールを葉っぽくデザインして餅を包んだものも見られる。 雰囲気だけでも、かもしだそうとする気持ちはわかるが…柏餅感は薄れるよね…。

次の

柏餅の葉っぱは食べれるの?食べるのと残すのどっちが正解!?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

【食べ物雑学】桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」 桜餅の葉は食用として食べられるものだが、柏餅の葉の扱いはそもそも食材ではなく、餅を包むための器がわりに使われている! 【雑学解説】柏餅の葉も食べられないことはない 桜餅と柏餅の葉、それぞれの役割をここでご説明しよう! 桜餅の葉 まず桜餅の葉についてだが、これには桜の木の葉が使われている。 この葉を使うことで、餅に桜の良い香りや風味を付けることができる。 香りを添加するための自然食材といっても良いだろう。 ちなみに、葉自体は傷みやすいため、あらかじめ塩付けにすることで、葉っぱ自体の保存性を高めている。 桜餅を食べたことがある人はわかると思うが、葉っぱがしょっぱいのはそういうワケからなのだ。 さきにも触れたが、この桜の葉っぱはもちろん食べられるもの。 なんなら、葉っぱごともちを食べてもまったく問題はない。 人によっては葉っぱの塩気と、もちやあんこの組み合わせが絶妙という人もいるかもしれない。 私は分けて食べるけど。 柏餅の葉 一方で柏餅の葉の役割だが、こちらはそもそも食べるための葉っぱではなく、保存するための皿や容器の代わりなのだ。 昔は、現代のようにちゃんとした保存容器がなかったため、堅く丈夫な葉っぱを器代わりに使用したのがはじまりとされている。 器代わりということは、柏餅の葉は食べられないのだろうか? 結論をいうと「食べられないことはない」。 しかし、柏餅の葉っぱは堅くごわごわしていて、まず美味しくない。 そもそもが食用として考えられていないのだ。 柏餅を葉ごと食べられるようにするには、葉っぱごとレンチンして食べると良いらしい。 だが、これでもマシになる程度らしく、やはり味の保証は出来かねる。 じつのところ柏餅に使われる葉っぱは、正確には「柏」の木の葉ではない! どういうことかというと、そもそも一般的に柏餅に使われる葉は「槲(かしわ)」という木の葉っぱが使われているのだ。 単純な漢字のちがいだけではなく、槲はブナ科のカシワの木を指し、柏はヒノキ科の針葉樹であるコノテガシワという木を指す。 そもそも種類が違うのだ。 だから、正しく言うのならは「柏餅」ではなく「槲もち」になるだろう。 なぜ槲もちと呼ばれていないかは、よくわからなかった。 漢字が読みづらいからなのかな…? 槲の葉でもない柏餅? 柏餅に使われていた葉の代用として、一部地域では「サルトリイバラ」という樹木の葉が使われているそうだ。 これは、昔から槲が自生していない地域ならではの方法ということで、柏餅とはこのサルトリイバラの葉を使うことが当たり前な場所もあるようだ。 そういった地域の柏餅は「しばもち」「いばらもち」とも呼ばれる。 はたして、みなさんの住んでいる地域の柏餅の葉っぱが何か、興味を向けてみると面白いかもしれない。 しかし近年では、コストを抑えるために、ビニールを葉っぽくデザインして餅を包んだものも見られる。 雰囲気だけでも、かもしだそうとする気持ちはわかるが…柏餅感は薄れるよね…。

次の