多岐 にわたる 意味。 「多岐にわたる」の意味とは?使い方の例文や類語を詳しく紹介!(2ページ目)

「多岐にわたる」の意味と使い方・漢字・類語・敬語|活動/分野

多岐 にわたる 意味

読み方: 森羅万象とは、森羅万象の意味 森羅万象とは、に数する、やのこと。 すなわち、にすることを意味する。 森羅万象の語源 森羅万象のは、のからひもとける。 森羅万象は「」「」の2つので立っている。 「」は「が茂って並ぶさま」を表すのがであり、「数並ぶもの」の意となり、さらに「」の意を表す。 「」は形あるものの意で、「」を表す。 「」は「」「」とも、では「」というがだった。 「」「」「もの」「」という同じような意味を持つでされたである。 森羅万象は「()」というにする。 森羅万象の英語表現 森羅万象を英語ですると、all things in (にあるもの)やall (自然のもの)がはまる。 all things in における はという意味を表し、森羅万象の意味にを示すとして適当である。 all 以外にも、everything というも森羅万象の「すべて」「」という意に沿ったである。 everything in (のもの) everything in (のもの)というが森羅万象を表す。 では、(自然)とされることもある。 森羅万象のによりのも、応じたがはめられる。 森羅万象の類義語 森羅万象のには、「」「」「」「」がある。 は「のすべて」を意味し、森羅万象と共通の意味を持つ。 ただし、は、「数は多いが、な人や物」という人や物をなを含む意味でのが多い。 森羅万象にはなめ、森羅万象のとしてする際はどういったでされているのかする。 は、「すべて」を意味する。 「」「」ともに「残らずみな」を意味し、のを意味をたである。 森羅万象とものを意味するが、森羅万象はよりを、とらえるにされることが、特にや、のでよく使われる。 のは残らずすべて、という意味から「」といった意味がち、のないもる。 は「すべて」という意味を持つである。 としては森羅万象と同じだが、においては「整える」というが続くことが、主にのを行う意味が強い。 は「あるすべて」を意味する。 森羅万象は、の届かないにまで及ぶのすべて、という神や的なも含むことが、意味におけるとして、は最も意味が近いも。 森羅万象の語を使った例文、使用例• ではを、の森羅万象の謎を解きたい• の色のやさえするに、森羅万象をがする• の森羅万象にと、のがなんてことと気づかされる• ではがいると言われている、森羅万象に神がとられている• すぎると森羅万象そのに関係しているようにられる をもように、森羅万象は自然や、やとのが高い。 「のものすべて」という意味に、「も目にもにはある」というなも含まれていることが。

次の

【多岐にわたる】の例文集・使い方辞典

多岐 にわたる 意味

多面的と多角的の違い 多面的と多角的の違いを分かりやすく言うと、 問題を側面から捉えているのか、それとも角の部分から捉えているのかの違いです。 側面というのは、プラス面やマイナス面などのことを意味していて、角というのは、様々な立場と言い換えられるものです。 多面的という考え方は、サイコロの面などで想像すると分かりやすいです。 正方形のサイコロにはそれぞれ違った数字の書かれている6面があります。 サイコロをひとつの問題と捉え、それぞれの面の部分を見つめるのが多面的という考え方です。 物事には沢山の側面があります。 例えば歴史を学ぶことを考えてみます。 歴史を学ぶのには、歴史の文化を学ぶという側面、歴史の政治的な部分を学ぶという側面、歴史を人物から学ぶという側面など、様々な面があります。 それら様々な面の学習を深めることにより、歴史を学ぶことが出来ると言えます。 ひとつの物事を、多くの視点から見つめていくことを「多面的」と呼ぶのだと覚えておくようにしましょう。 一方の多角的という考え方は、サイコロの角の部分を想像すると分かりやすいです。 正方形のサイコロには8つの角があります。 サイコロをひとつの問題と捉え、その角の部分に立って物事を考えるのが多角的という考え方です。 この角というのは、立ち位置、立場などと言い換えて考えると分かりやすいでしょう。 こちらも歴史を学ぶという例で考えてみます。 歴史を学ぶと、ひとつの出来事に様々な立場の人が関係していることがわかります。 大きな改革などが起こる際には、改革を起こされる側の人間と、改革を起こそうとする側の人間という立ち位置の差が生まれます。 その他にも、改革を見守るだけの人もいるでしょうし、巻き込まれている人もいる可能性があります。 それぞれの人の立場に立ってみて考えてみることが「多角的」な考え方ということです。 異なった立場の人たち、それぞれの立ち位置に視点を置いて考えることを「多角的」と表現するのだと覚えておくようにしましょう。 多面的の意味 多面的とは、 いろいろな方面から物の在り方を見つめることを意味しています。 物事には、様々な側面があるものです。 それらの側面をひとつひとつ、視点を変えて見ていくことを多面的な視点を持つと表現します。 多面的という言葉を考える際には、サイコロを思い浮かべると分かりやすいでしょう。 通常、正方形のサイコロには6つの面があります。 そして、それぞれの面には違う数字が書かれています。 サイコロの「1」の面だけを見ている時には、別の数字の書いてある面を見ることは出来ません。 しかし、サイコロの位置をそのままに視点を上下左右に動かすことで、他の数字が書かれている側面を見ることが出来ます。 これが多面的な視点というものです。 物事には、様々な意味や意義があるものです。 一方向の視点だけで物事を見つめてしまうと、極端な考え方しか持つことが出来なくなってしまったりします。 柔軟な思考で、色々な角度から物事を見つめる視点が大切です。 また、多面的というのは、それぞれの面に違った物事が書いてある必要があります。 サイコロで考えてみても、同じ数字が書かれている面はないはずです。 視点を様々に動かしながら、違う側面を眺めることが多面的ということであると覚えておくようにしましょう。 多面的の「面」という字は、物のおもて、方向、物の広がっている部分という意味を持つ言葉です。 多面的というのは、漢字の意味だけで考えると「多くの広がっている部分」という意味を持つ言葉です。 多面的というのは、物事が持つ様々な側面のことを意味しています。 その側面には、プラス面もマイナス面もありますし、どちらとも言えないような曖昧な面があることもあります。 何かの物事を考える時には、こうした多様な側面を見つめる必要があります。 多面的というのは、ひとつの物事を視点を変えて様々な側面から見つめて考えることであると覚えておくようにしましょう。 多面的の「面」という字を使った言葉としては、正しく向き合っている方向を意味する「正面」、平らな表面のことを意味する「平面」、線で囲まれる平面や曲面の広さのことを意味する「面積」などがあります。 多角的の意味 多角的とは、 ひとつの問題を複数の立場からそれぞれ深く考えることを意味しています。 物事を深く考えてみると、様々な可能性が考えられる場合があります。 関連性のある複数の立場について、深く考えを巡らせていくことを多角的な思考と表現します。 多角的という言葉を考える際にも、サイコロを思い浮かべると分かりやすいです。 多角的という言葉を考える際には、サイコロの「角」の部分を思い浮かべます。 正方形のサイコロの場合、ひとつの角からは3本の直線が伸びています。 3本の直線がそれぞれ別々の方向に伸びていくことで「角」が出来上がります。 多角的というのは、この「角」の部分を立場、立ち位置とします。 ひとつの立場、立ち位置から別方向に3本の直線が出ている状態が「角」があるという形状です。 この「角」が沢山あることを「多角的」であると表現します。 つまり、様々な立場について、それぞれ深く考え、様々な方向に考えを派生させていくことを「多角的」な思考と呼ぶのだと覚えておくようにしましょう。 角が多ければ多いだけ、考えの選択肢が多いという風に捉えることも出来ます。 例えば「多角的に検討する」という例文で考えると、これは色々な「角」に立ってみて、そこから思考を深めていき、検討するという意味になります。 多面的がひとつの物事に対して視点を変えていくのに対し、多角的というのは、いくつもの立場に立って、思考を深めていくという意味を持つ言葉です。 サイコロには8つの角があります。 サイコロという大きな物事に対して、8つの角に立って思考を深めていくことを「多角的に考える」と表現するのだと考えるとわかりやすいでしょう。 多角的の「角」という字は、突き出たもの、かど、すみっこ、交わる場所などの意味を持つ言葉です。 多角的というのは、漢字の意味だけで考えると「多くの突き出た部分」という意味を持つ言葉です。 多角的の「角」という字を使った言葉としては、二つの直線や平面が交わって作る角の大きさを意味する「角度」、物体の両端から目までの二直線が作る角度を意味する「視角」などがあります。 多面的の例文と使い方 10.その件について君が多角的に捉えているのはわかったが、私が知りたいのは君がどう思っているかだ。 この言葉がよく使われる場面としては、ひとつの問題について、様々な立場に立ってみて考えることを表現したい時などが挙げられます。 多角的というのは、核となる一つの物事について、複数の観点から深く考えを掘り下げるような意味を持つ言葉です。 例文3のように、何か問題が起こった際、その問題に関連する複数の物事を考えていくことで解決の糸口を見つける方法があります。 核となる問題に関連する物事を「角」と捉え、様々な「角」を見つめることで問題の全体像を把握することが出来ます。 多面的と多角的という言葉は、あらゆる問題をひとつの視点ではなく、柔軟な思考で考えていくという意味の言葉です。 注目する部分が、問題の「側面」であるのか、それとも一つの要素である「角」の部分であるかを考えるとわかりやすいでしょう。

次の

「多岐にわたる」とは?意味や使い方を解説

多岐 にわたる 意味

読み方: 森羅万象とは、森羅万象の意味 森羅万象とは、に数する、やのこと。 すなわち、にすることを意味する。 森羅万象の語源 森羅万象のは、のからひもとける。 森羅万象は「」「」の2つので立っている。 「」は「が茂って並ぶさま」を表すのがであり、「数並ぶもの」の意となり、さらに「」の意を表す。 「」は形あるものの意で、「」を表す。 「」は「」「」とも、では「」というがだった。 「」「」「もの」「」という同じような意味を持つでされたである。 森羅万象は「()」というにする。 森羅万象の英語表現 森羅万象を英語ですると、all things in (にあるもの)やall (自然のもの)がはまる。 all things in における はという意味を表し、森羅万象の意味にを示すとして適当である。 all 以外にも、everything というも森羅万象の「すべて」「」という意に沿ったである。 everything in (のもの) everything in (のもの)というが森羅万象を表す。 では、(自然)とされることもある。 森羅万象のによりのも、応じたがはめられる。 森羅万象の類義語 森羅万象のには、「」「」「」「」がある。 は「のすべて」を意味し、森羅万象と共通の意味を持つ。 ただし、は、「数は多いが、な人や物」という人や物をなを含む意味でのが多い。 森羅万象にはなめ、森羅万象のとしてする際はどういったでされているのかする。 は、「すべて」を意味する。 「」「」ともに「残らずみな」を意味し、のを意味をたである。 森羅万象とものを意味するが、森羅万象はよりを、とらえるにされることが、特にや、のでよく使われる。 のは残らずすべて、という意味から「」といった意味がち、のないもる。 は「すべて」という意味を持つである。 としては森羅万象と同じだが、においては「整える」というが続くことが、主にのを行う意味が強い。 は「あるすべて」を意味する。 森羅万象は、の届かないにまで及ぶのすべて、という神や的なも含むことが、意味におけるとして、は最も意味が近いも。 森羅万象の語を使った例文、使用例• ではを、の森羅万象の謎を解きたい• の色のやさえするに、森羅万象をがする• の森羅万象にと、のがなんてことと気づかされる• ではがいると言われている、森羅万象に神がとられている• すぎると森羅万象そのに関係しているようにられる をもように、森羅万象は自然や、やとのが高い。 「のものすべて」という意味に、「も目にもにはある」というなも含まれていることが。

次の