メット ライフ ドーム。 【西武ドーム(メットライフドーム)】厳選17駐車場!イベント・野球観戦に快適で安いのはここ!

メットライフドームのキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

メット ライフ ドーム

また、西武ドーム(メットライフドーム)は西武ライオンズのホームスタジアムで、年間を通じてプロ野球の公式戦が頻繁に行われます。 しかし、西武ドーム(メットライフドーム)には、駐車場が3箇所合計610台(現在改修工事中のため特に少ない)しかなく、周辺には大規模駐車場も少ない為、ナイターや休日等の野球の試合、コンサートなどでは西武ドーム(メットライフドーム)の周辺の民間駐車場も含めて混雑・満車等になります。 特に帰り道は限定されているため渋滞・混雑は必至で、西武ドーム(メットライフドーム)に直接車でアクセスすることは避けたくなりますね。 また、西武ドーム(メットライフドーム)の近隣の月極駐車場や空き地では、野球の公式戦やコンサート時には臨時の時間貸駐車場の多く出現しますが、イベントの人気等により駐車料金が大きく変動しています。 そのため、西武ドーム(メットライフドーム)に車でお出かけするなら、所沢駅の周辺にある民間の安い駐車場に駐車して、電車で西武ドームにアクセスする(パーク&ライド)方法で賢く利用することが必要になります。 ここでは、 1 西武ドーム周辺エリア、 2 所沢駅エリア パーク&ライド)の2つのエリアに分けて、野球の試合やコンサート・イベント開催時間等を考慮した安くて快適なオススメの厳選駐車場17ヶ所とその賢い駐車場利用方法を含めてご紹介しますね! なお、「所沢駅」の周辺でお得な駐車場をお探しなら、以下をご参照くださいね。 西武ドーム徒歩10分の平面駐車場(予約専用)で、収容台数が5台のみですが、西武ドームのD駐車場の近くで西武ドームまでは少し歩きますが、野球観戦、コンサートに大変便利ですよ。 西武ドーム徒歩9分の平面駐車場(予約専用)で、収容台数が6台のみですが、西武ドームまでは少し歩きますが、野球観戦、コンサートに大変便利ですよ。 予約も意外と簡単なので、以下をチェックして良い駐車場があれば予約してみてください。 西武ドーム徒歩10分の平面駐車場(予約専用)で、収容台数が12台であり、西武ドームまでは少し歩きますが、野球観戦、コンサートに大変便利ですよ。 西武ドーム徒歩分6の平面駐車場(予約専用)で、収容台数が6台ですが、西武ドーム近くて、野球観戦、コンサートに大変便利ですよ。 西武ドーム敷地内の大規模駐車場で、収容台数が180台で、西武ドームでの野球観戦、コンサートには勿論大変便利ですが、イベント時は駐車場不足になり常に混雑・満車になります。 駐車料金は、 普通車1日1回1,5 00円でとにかく西武ドーム近くが良い方にはいいですよ。 西武ドーム敷地内の大規模駐車場で、収容台数が320台で、西武ドームでの野球観戦、コンサートには勿論大変便利ですが、イベント時は駐車場不足になり常に混雑・満車になります。 駐車料金は、 普通車1日1回1,2 00円でとにかく西武ドーム近くが良い方にはいいですよ。 但し、人気イベントでは直ぐに満車になるので、予約サービスが300円プラスで利用できるので活用するのが賢いです。 ・ 大型車および車高の高い車は駐車できません。 ここは通常は一部が月極駐車場ですが、人気イベント、プロ野球公式戦等がある場合に、臨時で時間貸し営業されます。 駐車料金は、 普通車1日1回 約500〜2,000円で、平日は安く、休日の 人気イベントでは2,000円超になることもあります。 駐車料金、営業時間はイベントに応じて変動するので行ってみないとわからないです。 しかし、人気イベント時は駐車場不足になり常に混雑・満車になります。 ここは、人気イベント、プロ野球公式戦等がある場合に、臨時で時間貸し営業されます。 駐車料金は、 普通車1日1回 約500〜2,000円で、平日は安く、休日の 人気イベントでは2,000円超になることもあります。 駐車料金、営業時間はイベントに応じて変動するので行ってみないとわからないです。 ここは、人気イベント、プロ野球公式戦等がある場合に、臨時で時間貸し営業されます。 駐車料金は、 普通車1日1回 約500〜2,000円で、平日は安く、休日の 人気イベントでは2,000円超になることもあります。 駐車料金、営業時間はイベントに応じて変動するので行ってみないとわからないです。 駐車料金は、30分100円と安いので、5時間くらい駐車しても相場料金レベルですよ。 最大料金も平日最大1,000円、土日祝最大1,200円なので、西武ドームでのイベント時にはリーズナブルでいいですよ。 この駐車場は、イベント開始までの早い時間に行ってチェックしてみることをオススメします。 駐車料金は、 普通料金は30 分100円 と相場料金レベルより安いので、3. 5 時間以内の短時間駐車までなら使えますね。 また、課金単位時間が短いので、1時間以内等の駐車も割安ですよ。 最大料金は12時間毎 最大800円なので西武ドームのイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車するにも大変お得です。 駐車料金は、 普通料金は60 分200円 と相場料金レベルより安いので、3. 5 時間以内の短時間駐車までなら使えますね。 但し、課金単位時間が60分と長いので、駐車時間管理を怠ると少し割高になりますよ。 最大料金は24時間毎 最大1,000円と割安なので西武ドームのイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車するにも大変お得です。 9m、全幅1. 9m、全高2. 1m、重量2. 駐車料金は、 普通料金が60 分200円 と相場料金レベルより安いので、3. 5時間以内の短時間駐車までなら使えますよ。 しかし、課金単位時間が60分と長いので、駐車時間管理を怠ると少し割高になるので注意ですよ。 最大料金は24時間 最大770円と割安なので、西武ドームのイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車するにも大変お得です。 勿論、イオンでのお買物には駐車割引がありますよ。 9m、全高2m、重量2. 駐車料金は、 普通料金は40 分200円 と相場料金レベルより安いので、2. 5 時間以内の短時間駐車までなら使えますね。 最大料金は24時間毎 最大1,400円と割高ですが、西武ドームイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車するにも大変便利です。 この駐車場は、相場料金より少し高めですが、所沢駅東口から直ぐなのはいいですね。 駐車料金は、 普通料金は30 分100円 と相場料金レベルより安いので、3. 5 時間以内の短時間駐車までなら使えますね。 また、課金単位時間が短いので、駅周辺での1時間以内のちょっとした用事等の駐車にも割安ですよ。 最大料金は12時間 最大1,000円と相場料金より割安なので西武ドームイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車するにもお得です。 この駐車場は、所沢駅東口では短時間・長時間共に相場料金より安くて使えます。 駐車料金は、 普通料金は20分100円 と相場料金レベルなので、2. 5 時間以内の短時間駐車までなら使えますね。 但し、課金単位時間が短いので、駅近くでの1時間以内等の駐車なら割安なることも・・。 最大料金は12時間 最大1,200円相場料金レベルなので少し高めですが、西武ドームイベント、 お買物・ランチ等、ゆっくり長時間駐車にも使えますよ。 勿論、グランドエミオ所沢でのお買物・飲食等なら最大2時間無料になりますよ。

次の

メットライフドーム野球観戦ガイドー鷹ファンのビジター観戦

メット ライフ ドーム

ではこれまで、数多くのコンサートやライブが行われてきた。 ライブの傾向 ・基本的にはシーズンがほとんど。 構造上夏は暑く、オフシーズン 秋冬 は寒くなるのでオフシーズンにはほとんど行われていない。 ただし、一部の例外もある。 オフシーズンのライブがどれほどの寒さかというと、 会場内の最低気温が4度になるほどで、その時ののライブ名に 美しき極寒の世界と名付けられるほどであった。 2018年のオープン戦では雪のため球場内の気温が0度になった 注意点 ・暇を潰せるところは無い。 ・会場外に屋根のあるところがほとんど無いので夏場はに十分注意すること。 ・徹夜は禁止。 徹夜したところで始発組の後に並ばされる。 下手すりゃ強制排除。 ・車での来場は極力避ける。 帰り道の大渋滞でにっちもさっちも行かなくなる。 ・店がほとんど無いので飲食物は 必ず事前調達すること。 池袋などで調達を逃してしまった場合、周辺が事実上最後の調達地です。 現地に到着するまで ・日程の予測 基本的には設営3日、撤収1日なので、土曜日にライブを開催する場合、水曜日に開催があると設営が間に合わないのでまず不可能。 ただし、水曜日の試合終了後イベントを開催しなければなんとかなる模様 ごく稀にだが 月曜日に開催がある場合、撤収が間に合わないので日曜日のライブはまず不可能。 ただし、日曜日のライブが12:00くらいまでに開演できて、16:30くらいまでに撤収を開始し、かつ月曜日の試合が18:00開始ならなんとかなる模様 某ライブが日曜日に開催できなかったのはこのため。 ・交通アクセス 鉄道利用だと、。 改札口からゲートまでは約2分。 バス利用だとからバス。 ただし原則として野球開催時のみ。 仮に運行されても、帰りはすぐにバスが終わるのでアリーナ席の人はバスに間に合わない時のルートも検討しましょう。 歩いてに戻るのは不可能。 理由としては、山道な上街灯が無く、途中 の分岐点付近 で歩道が無くなり大変危険なため。 また、車道も若干狭く見通しが悪いので、道路を歩くと 最悪、 轢かれます。 大げさに言っているわけではありません。 この、過去に何度も事故が起きていて大変危険です。 なので、に戻るバスに間に合わなかった時は諦めてをご利用ください。 帰りのバスのまでの所要時間は行きの所要時間に最低でも15分ほど足すのが懸命。 途中付近までは渋滞が発生している可能性が極めて高いため電車の方が早いです。 自転車・バイクで行く場合 付近にいくつか駐輪場があり、台数には比較的余裕がある。 駅前の市営駐輪場はバイクのスペースが少ないので、バイクの場合は臨時駐輪場に停めることを勧める。 駐輪料金は市営、臨時ともに無料です。 車の利用 オススメできません。 まず、駐車場の数に限りがある。 公式駐車場の台数は200台停められればいい方。 C駐車場が物販会場となるケースがとても多いことや、B駐車場の一部は設営・撤収用の車がすでに停まっているのでの公式ホームページ に記載されている駐車場台数よりも実際に駐車できる台数は少ない。 民間駐車場は野球開催の相場 800円くらい より高くつくし、公式駐車場の駐車料金 普通車1500円 よりも高い。 料金は2千円から3千円くらいと考えてください。 近隣のスーパーやコンビニの駐車場に車を止めてそこからに行く行為は 利用者の迷惑になるので絶対にやめましょう。 帰りはどう頑張っても大渋滞です。 コンサートなどの大型イベント開催時は公共をご利用ください。 一部の心ない方の違法駐車・不法侵入などの行動により近隣住民の皆さまにご迷惑をおかけしている事例が発生しております。 ご来場に際して皆さまのご理解とご協力をお願い申しあげます。 公式ホームページより抜粋 ・万が一車で来てしまった場合の帰りのルート から北に向かう場合 県道55号線の六斎堂前交差点から前交差点までの間に民間駐車場が集中しているため、そこの出庫車のため高橋交差点までは渋滞が発生する。 入間IC並びに青梅方面へ向かう場合 高橋交差点を左折。 なぜ左折かというと、この先の北野天神前交差点は 右折レーンが無く、右折車の右折待ちを起因とする渋滞が高峰バス停 の向かい や中華料理店のあたりまで続く事がよくあるため その後、入口交差点を左折する場合は左折後そのまま直進し、二本木交差点を右折して16号 を直進すると入間IC。 青梅方面の場合は二本木交差点を左折。 入口交差点で左折しない場合はそのまま直進し、若狭3丁目交差点を左折。 国道463号バイパスを通って行くと入間ICへの案内が出るのでそれに従うように。 八王子方面を通れば問題無し。 このルートは飯能方面に戻る場合や狭山方面への迂回路としても使えるのでオススメ。 また、このルートのほうが入間ICまで若干近い。 所沢ICに向かう場合 高橋交差点を直進。 右折して県道55号線をそのまま直進すると前踏切と金山町交差点の大渋滞でなかなか先に進めなくなります。 所用時間に大きな差が出るので絶対に直進です。 万が一高橋交差点を右折してしまった場合はその先の岩崎交差点を左折してください。 絶対です。 左折するとしないでは所用時間が違います。 ただし、左折後に大六天交差点を右折するとこの先の金山町交差点の渋滞で全てが水の泡になりますので、大六天 北 交差点 目印はのディーラーと を右折。 その後緑町三丁目交差点を右折してそのまま道なりに直進 直進後は陸橋北交差点を右折し、 そのままずっと道なり。 しばらく走ると所沢ICの案内が出るのでそれに従うこと。 方面へ向かう場合は宮本町交差点まで同じ。 ここで右折して そのまま直進。 突き当たりの東住吉交差点を右折して しばらく走り、突き当たりの久米川町交差点を左折。 から南へ向かう場合 県道 55号線を通りそのままの堰堤道路を進むとまでは渋滞の中を突っ切ることになるので、2つ迂回路を紹介。 ただし、どちらのルートも通行禁止を通るため、はこのルートを使えません 1つは信号のある交差点 北交差点 を右折して55号線に沿って走るルート。 このルートは昭島方面や瑞穂、方面にも抜けられます。 もう1つは信号の無い交差点 の堰堤道路の北 を左折しての裏を通り、の交差点を右折するルート。 東村山方面に向かう場合は、近くの突き当たりを右折。 へ戻る場合は左折。 そうしないと東近くの踏切の渋滞に巻き込まれる 左折後は松が丘西交差点を右折。 そのまま直進し勢揃橋北交差点を右折。 なお、松が丘東交差点 から先はすれ違いに難のある狭隘 きょうあい なので通行には十分注意すること。 そのまま直進し突き当たりの久米境交差点を右折。 右折後、二瀬橋交差点を左折する形で直進すると 久米川町五丁目交差点 から16号 、40号 志木街道 、4号 所沢街道 に抜けられます。 いずれにせよ 県道 55号線を使うと 大渋滞 の中を突っ切る ことになります。 渋滞は近隣住民の迷惑になるばかりでは無く、緊急車両の通行の妨げとなりますので、車での来場は極力避けましょう。 ・宿泊施設 事実上ありません。 街のホテルも埋まりますので都内拠点駅 池袋、新宿、渋谷 付近のホテルを利用することをオススメします。 ・利用できる店 がありますが事実上使えないと考えてください。 ライブでは 飲食物の事前調達を推奨します。 自販機やは足しになる程度だと思ってください。 ・コインロッカー 駅構内にありますが100もないので実質的には使えないものと考えてください。 乗り換え駅のコインロッカーを使うのも一つの手です。 場内および施設編 場内での注意点 ・再入場不可 ただし主催者によっては認められる場合もある。 必ず再入場の可否を確認すること。 ・トイレの列は長い 会場のトイレは数に限りがあるため、開演直前に並ぶと間に合わない可能性が極めて高い。 特に女性の方は要注意。 ・終演後は規制退場 アリーナ席が1番最後。 だからと言ってアンコール中に外周通路に上がって立見をするのはNG。 帰りの交通手段 新幹線等 の時間が決まっている方は途中退場も考えてください。 ・携帯電話は繋がりにくくなる。 ・ビン・缶のゴミ箱は無い。 の試合では試合観戦契約約款に基づきビン・缶の持ち込みが禁止されているため。 なお、場外にビン・缶のゴミ箱はある。 また、主催者によってはビン・缶の持ち込みが禁止されることもある。 ・ケミカルライト 使用の場合は使用済ケミカルライトを持ち帰ること。 主催者によってはケミカルライトの使用を禁止される場合もありますのでライブでの注意事項を必ず確認してください。 また、清掃の係員がケミカルライトを回収することはまずありません。 ・ゴミを捨てる場合は終演後外周通路の数か所にゴミ袋を広げてる係員がいるはずなのでその人に渡しましょう。 絶対に座席に放置しないこと。 ・屋根はあるが隙間がある。 そのため、雨が予想される時はレインポンチョが必要。 傘はささないほうがいい。 ・座席 外野芝生席は原則として開放しない。 内野席は中通路を挟んで上段がBブロック、下段がAブロック。 ブロックの番号は、1塁側内野席のダグアウトテラスから外野寄りが101〜157、奇数は上段で偶数は下段。 数字が大きくなるほど外野寄り。 3塁側内野席のバックネット寄りから1塁側内野席のダグアウトテラスからバックネット寄りが201〜。 数字が大きくなるほど1塁側寄り。 3塁側内野席のダグアウトテラスから外野寄りが301〜348。 数字が大きくなるほど外野寄り。 ライオンズ側外野指定席 レフト はA2〜A8と、B2〜B10。 なお、座席改修の都合により一部欠番あり。 また、段数は座席横に番号が書いてあります。 サイズは500mlペットボトルくらい。 シートピッチについては球場そのものが1978年に設計されているのでほとんどの席はお世辞にも広いとは言えない。 ジャンプをする際には、ホルダーに脚をぶつけないように注意してください。 アリーナ席はライブによって様々なパターンがあるためここでは割愛する。 ・場内 の営業時間は開場から開演直前。 ただし一部のライブでは飲料の 1塁側はコカコーラとキリン。 3塁側はアサヒと。 いずれも固定ブース のみ公演中も営業することがある。 原則としての販売は無し。 場内に機はありません。 ・場外 基本的には屋台。 こちらも開演直前に閉店。 常設のは原則として開催時のみ営業。 夏のライブではかき氷が大人気。 機は駅前広場にいくつかあるが、特に夏のコンサート時にはスポーツドリンクを中心に売り切れが続出する場合がある。 ・トイレ 外周通路は1塁側と3塁側の入場ゲート横、内野席外周通路の旧内野指定席中間改札跡付近 1塁側は123ブロック付近、3塁側は323ブロック付近 の4箇所。 また、1塁側および3塁側のダグアウトテラスのB1Fにもトイレがある。 バックネット裏にもあることにはあるが、関係者専用として使われることが多いのでここでは割愛する。 また、内野外周通路とダグアウトテラスのトイレについては規制退場中に清掃を行う場合は使用不可。 というか規制退場開始直前にトイレの入口自体が封鎖される。 ・喫煙所 1塁側と3塁側のL'sダイニングシート奥の喫煙所の計2箇所。 L'sダイニングシート奥の喫煙所はライブでは開放しないケースがある。 アリーナ席の人は我慢しよう。 2019年10月13日の最終了をもって外周通路の喫煙所は使用停止となり、撤去されました。 場外の喫煙所はまだ開放しています• ライブが終わった後 ・規制退場 アンコール中に準備を開始することがほとんど。 封鎖地点は各2箇所。 場所は決まっていない。 野球開催の時の検札地点の場合もある。 規制退場開始前に逃げる場合はアンコール中に外周通路に行くのも手だが、係員に注意されたら自席に戻るか帰るかを選択してください。 規制退場が始まったらすぐに退場するのは不可能。 というか駅前混雑のせいで出られなくなる。 内野外周通路およびダグアウトテラスのトイレには行きたくても行けません。 規制退場中には清掃が始まっているはずなので。 アリーナ席が規制退場の1番最後になることが多い。 スタンド席の規制退場はどこから始まるかはランダム。 帰りの交通手段 ・電車 3万人近い客が一度に帰ることを想定した作りになっていない 野球開催時には途中で帰る客が出るため。 ライオンズ戦では試合終了後に駅前広場にお客さんが集中しすぎないように試合終了後イベントを行うことがよくある。 なお、の時には試合終了が22:00を回った場合、フィールドウォークのみ。 試合終了が22:15を回った場合はすべてのイベントが中止 のですぐに駅に入ることは難しい。 ゲートから駅まですぐというのはあくまでも客が少ない時の話。 21時前にライブが終了して22時過ぎまで電車に乗れないこともあります。 駅に入れたら前の方に行くのがマナー。 を使う場合 行き先が西所沢以外の場合はほとんどが池袋行きなので、池袋まで乗り通す場合や所沢で乗り換えてや越を目指す場合は200m近く歩くが、1番前に行くように。 そうすると池袋、、越の改札口が近い。 特急を運転するケースは稀。 西所沢行きに乗った場合は西所沢でを渡って乗り換えとなるが、飯能方面は2番ホーム到着なら対面乗り換えが可能。 およびで乗り換える場合はどの種別でもいいが、およびで乗り換える場合は急行が止まらないのでそのまま急行に乗り続けないように。 を使う場合 基本的には何本も待つことになる。 また、までは大した距離ではない 約2. 5km ので近隣住民は電車代をケチって自転車で行くこともある。 ただし歩くのはオススメしない。 ・バス ライブの時は野球開催時と違ってほぼ運行されない。 駐車場削減の影響でバス停が変更になったのも影響してるんだとか 裏ルートだが、南口に向かうバス路線もある。 ただし、一番近いバス停まで約2kmな上、高橋交差点からずっと上り坂を歩くことになるため、ライブが終わった後に体力が余っていたとしても25〜30分くらいは歩くので絶対にオススメしない。 また、バスに乗れた頃には確実に渋滞で定時運行もへったくれもない状態ではあるので、その点は覚悟の上で。 ・車 渋滞必至。 スイスイ行けることはありえない。 潔く諦めよう。 先ほど紹介したルートに従っても渋滞します。 ・自転車 これが1番快適だったりする。 ただしここらへんはアップダウンが激しい道がいくつかあるので要注意。 ドームの南側については街灯の無い道が数多くあるので要注意。 また、高橋交差点から先の直進方向は長い登り坂を登ることになる。 西所沢方面は金山町交差点および前踏切から続く渋滞を尻目に帰れるが、前踏切で待たされるのは同じ。 ・バイク ・周辺並びに松が丘周辺が通行禁止指定道路。 南方面に帰る場合は堤防道路を通ってください。 北方面は先に紹介したルートで問題無し。 まとめ 夏はとにかく飲料水と塩飴。 飲料水は個人差はあるが1. 5L前後は消費するものと考えてよい。 冬はとにかく防寒対策。 カイロは何個も持ち込もう。 秋口は寒暖差が大きくなりがちなので羽織れるものを用意したほうがいい。 車での来場は極力避ける。 電車待ちは長いが乗れてしまえばどうということは無い。 規制退場が嫌ならアンコール中に帰ろう。 これほどの難所でも対策さえできていれば攻略できるので、ライブ参戦の方は事前に対策を整えておけば大丈夫です。 ohnoakihiko.

次の

メットライフドーム(西武ドーム) 座席表(種類/見え方)&キャパまとめ情報│新時代レポ

メット ライフ ドーム

もくじ• メットライフドームでの野球観戦で雨天の場合、試合中止になる? 西武ライオンズの本拠地であるメットライフドームは、ドーム型の球場でありながら、完全に覆われた形ではありません。 他のドームとは異なり、元からあった西武球場に後から屋根をつけた形なので、壁面がない構造で、スタンドと屋根の間は外に開いた状態になっています。 そのため、雨や雪、風が吹き込みやすいです。 逆に夏には熱気が入り込むため、野球ファンの間では「過酷」なドームとして有名でもあります。 スタンドと屋根の隙間からボールが飛び出す「ドームなのに場外ホームラン」という現象も起こります。 そのため、 ドームだから雨天中止はありえないという考えは通じません。 実際に今まで雨天中止となった試合もありますし、試合が途中で中止となったケースもあります。 また、天候が非常に悪い場合には、来客する観客の交通事情を考慮して中止となる場合もあります。 メットライフドームは、西武線西武球場前駅が最寄りで、駅から直結のドームです。 電車で訪れる人が多いのも特徴です。 そのため、悪天候などで交通手段に障害が発生したときも中止になる場合があります。 観客の移動が制限されてしまったり、選手自身が球場に到着できないことがあるためです。 雨天中止となった場合には、購入済みチケットの払い戻しが可能ですので、公式ホームページで払い戻し方法を確認し、払い戻しを行ってくださいね。 メットライフドームで雨天の場合、雨に濡れる? メットライフドームは、元からあった西武球場に後から屋根をつけた形なので、壁面がない構造で、スタンドと屋根の間は外に開いた状態になっています。 そのため、 雨が降れば雨が吹き込みますし、夏には熱気、冬には雪や冷たい風が吹き込みやすいです。 夏は暑さ対策・冬には寒さ対策が必死のドームです。 また周囲が木々に覆われている自然の中にあるドームのため、夏には虫や鳥が入り込んできます。 試合中に選手たちも苦労していることがあるようですよ。 メットライフドームはドームを一周する通路が上部に設けられているため、 基本的にその通路の内側にある座席は濡れることはほとんどありません。 内野指定席でも外野席でも、雨を気にせず観戦することができます。 ですが、台風のような風が強い日などはまれに、上段通路側にある最上部の座席に雨が吹き込んでくることがあります。 風の強い日は、最上部の座席は避けたほうが無難かもしれません。 雨が降った日に濡れる場所は、通路に設けられている飲食店や、トイレの周辺です。 特に大雨の日には足元がぐっしょりと濡れてしまうこともありますので、気をつけてくださいね。 最上部の通路側ではなく、内野指定席付近の建物内にもトイレはあるのですが、雨の日は特に混み合いますので、余裕を持って行動することをおすすめします。 スポンサーリンク メットライフドームでの野球観戦時の雨対策 内野指定席でも外野指定席でも、座席に座って観戦する場合には、特に雨対策の必要はありません。 最上部の通路から離れた席であれば、風が強い日であっても雨が吹き込んでくることはあまりありませんから、そこまで心配しなくても大丈夫です。 ですが、座席から離れて通路から立ち見をしたり、飲食店で買ったものを食べながら歩いたりする際には、雨対策が必要です。 屋根とスタンドの間には隙間があるので、そこから風と共に雨が吹き込んできます。 台風などの悪天候の日には、最上部の席にも雨がかかることがありますので、そのような座席に座る人は、ポンチョや雨合羽があると良いでしょう。 またゲート入り口から屋根はありますが、座席まで移動する通路は雨に濡れることが多いです。 座席に着くまでに濡れてしまうこともありますので、小さなお子様などは、はじめからポンチョなどを着せておくと安心かと思います。 そして基本的に座席での傘の使用は禁止となっていますので、注意が必要です。 試合観戦中はそこまで雨の心配はなくとも、移動や行き帰りの際に雨に濡れることはあると思いますので、荷物が増えてはしまいますが、荷物を入れるビニール袋、タオル、ポンチョや雨合羽、替えの靴下などを持参しておくと安心して野球観戦を楽しめるかもしれませんね。 まとめ メットライフドームでの野球観戦において、雨天の場合の試合開催について、雨で濡れる場所、雨対策についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 梅雨の時期や台風が多くなってくるシーズンですので、雨対策は常に準備しておくと便利ですよね。 真夏の場合には、雨対策と共に熱中症対策・暑さ対策も合わせて行ってくださいね。 メットライフドームは夏は本当に暑さとの戦いになりますので、十分すぎるほどの対策をおすすめします。 準備をしっかりと行い、安心して野球観戦を楽しんできてくださいね。 野球観戦についてお役立ち情報を次の記事にまとめてあります。 参考になさってくださいね。

次の