収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください。 【ロリポップ用/3分で解決】 search.applylikeapro.comファイルのアップロード方法

【ロリポップ用/3分で解決】 search.applylikeapro.comファイルのアップロード方法

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

久々にグーグルアドセンス(Google AdSense)を見たら赤色の表示で「要注意」というメッセージが来ていました。 その内容は以下の通り。 要注意-収益に重大な影響が出ないよう、 ads. txtファイルの問題を修正してください これについては以前からTwitterなどで話題になっていたので知ってはいましたが、間違うとアドセンスが表示されなくなるという話を聞いていたので、それを怖がってしまいそのままにしていました。 でも実際に自分のところに通知がくると「問題を修正しない」とという気になり早速調べてみました。 実際に調べて理解すると、本当に簡単ですぐに終わってしまいますよ。 今回はads. txtファイルの問題を修正するために、サーバー( エックスサーバーと シックスコア)にアップロードしたファイルの内容や手順について、画像たくさんで詳しく紹介します。 スポンサーリンク ads. txtファイルの問題とは? ads. txtファイルの問題について、Google AdSenseのヘルプページを見ると以下のように書かれていました。 ads. txtによる認定デジタル販売者の宣言はIABによるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツパブリッシャーが認定した販売者を通してのみ販売されるようにするものです。 サイト運営者はads. txtを独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。 参考:(AdSenseヘルプ) 簡単にいうと「 意図しない広告を勝手に表示させないようにするために、ads. txtファイルをサーバーにアップロードしてください」という意味です。 では実際に「ads. txt」を作成して、そのファイルをサーバーにアップロードしてみます。 スポンサーリンク ads. txtファイルを作成する アドセンスヘルプに書かれている通りに、テキストファイルを新規作成します。 まずはパソコンにあるテキストエディタをクリック。 アドセンスヘルプのように以下の内容をコピー&ペースト(コピペ)して、新規作成したテキストエディットに貼り付けて下さい。 google. com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0 この中で唯一変更する箇所が「pub-xxxxxxxxxxxx」の部分です。 ここだけは自分のアドセンスのアカウントIDに変更する必要があります。 この「pub-xxxxxxxxxxxx」については、Google AdSense画面のメニュー「 アカウント」の「 サイト運営者ID」というのがそのIDになります。 あとは特に変更する必要がありません。 txt」にして「保存」してください。 保存先はデスクトップか書類で良いと思います。 この時に 標準テキストのエンコーディングが「Unicode UTF-8 」でることを確認してください。 もしなっていなければ変更しておいてください(上の図参照)。 この「ads. txt」ファイルは複数のサイトを運営している場合、全サイトにアップロードする必要があります。 内容は全く同じものです。 自分がこのサイトを作っているという証ですね。 ads. txtファイルをサーバーにアップロードする 今、作成した「ads. txt」をサイトのサーバーにアップロードする必要があります。 ここで重要なのはアップロード先。 間違った場所にアップロードするとアドセンスが表示されなくなるということがあるそうなので注意してください。 僕はエックスサーバーと シックスコアの2つを使っています。 それを例にアップロード先を紹介します。 エックスサーバーのads. 中央に「サーバー」の欄があるので、そこの「操作メニュー」にある「ファイル管理」をクリックしましょう。 この中にブログ・サイトのドメイン名が載っています。 この中から「ads. txt」をアップロードするサイトのドメイン(〜. comや〜. net)をクリックします。 これをクリックしてください。 wp-admin• wp-content• wp-includes• htaccess これらのフォルダやファイルがあることを確認してください。 確認できればこの場所に先ほど作成した「adx. txt」をアップロードします。 右側に「ファイルのアップロード」があります。 ここの「ファイルを選択」をクリック。 先ほど作成した「ads. txt」を保存先から選択し、開くを押しましょう。 アップロードされると、wp-adminやwp-content、wp-includesなどと一緒に「ads. txt」が追加されているのがわかります。 ファイルサイズは約0. 06KB。 これでエックスサーバーへの「ads. txt」ファイル追加は終了です。 (ここからは念のためにチェックです) 上だけでアップロードは終了なのですが、念のためにチェックをしました。 アップロードされた「ads. txt」の左にチェックボックスがあるので、そこにチェックをいれます。 次に右の「ファイルの操作」の「編集」をクリック。 これでエックスサーバーへのads. txtアップロードは終了です。 複数サイトを運営している方は同じ方法で順にアップロードしてください。 SIXCOREのads. txtアップロード先です。 シックスコアのメニュー「サーバー」の「アカウント」をクリックし、次に「サーバー管理ツール」にログインします。 左メニューの「FTP」から「 FTPアカウント設定」をクリック。 ドメイン選択画面が出てくるので、「ads. txt」をアップロードするサイトのドメインを選択しましょう。 「FTPアカウント一覧」が表示されたら、その中の「 WebFTP」のログインをクリックします。 左上にあるドメイン名を確認し、次に左に wp-admin, wp-content, wp-includesのフォルダが表示されていること、一覧に. htaccessファイルがあることを確認しましょう(あることを確認するだけです)。 確認できればこの場所に「ads. txt」を送信します。 「上のアップロード」をクリックしてください。 「ファイルを選択」を押して、作成した「ads. txt」をクリックし、「アップロード」を押してください。 するとファイル一覧に「ads. txt」されました。 ここからは念のためにする作業です。 「ads. txt」の「編集ボタン」をクリックしてください(上の図参照)。 編集画面が開いたら「UTF-8」であることを確認し、最後は「上書保存」をクリックすれば終了です。 まとめ 今回エックスサーバーとシックスコアでアップロードする方法をまとめましたが、他のサーバーでも応用が効くと思います。 htaccessファイルがある場所に並列して「ads. txt」をアップすればOKです。 必ず「UTF-8」で保存するようにしてください。 僕は複数のサイトを運営しているので、それほどアクセスがないサイトから試してみました。 特に問題なかったので、1日後に上の方法で全サイトに「ads. txt」をアップロードしました。 アップロード後ですが、 約1日で赤色(ピンク)で表示されていた要注意というメッセージが消えていましたよ。 以上、Googleアドセンスに届いたads. txtファイルの問題を修正する手順を紹介しました。

次の

Googleアドセンス「search.applylikeapro.com ファイルの問題を修正してください」の対処法

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

収益に重大な影響が出ないよう、ads. txt ファイルの問題を修正してください。 ???? 修正っていわれても。 ads. txtって、聞いたこともないんだけど。 ブログを始めたばかりの皆様、そう思いません? そして、「ははーん、これは何かしらの詐欺だな」と。 最近わけのわからない詐欺のメールがよくきてるし、下手にさわったら、なんかよくわかんないけどデータが壊れるとかブログがヤベーことになるとか、初心者にはお手上げ状態になるたぐいのやつ? と、思ったんですが、一応調べました。 「収益に重大な影響が出ないよう」と言われましても、収益なんてね、全くないんですけども。 だけど「意味は分からないけど何かを警告しているらしい」ので対処することにしました。 警告を放置するのは、なんか怖いし。 さっそくグーグルで「ads. txt」と入力し、グーグルアドセンスのヘルプ画面にたどり着きました。 アドセンスヘルプ出典: ざっと読んだだけでは意味が分からないですね。 わたしには分かりませんでした。 そんなわたしのような方の為に、いろんなHPを読んで分かったことをざっくりまとめますね。 ads. txtとは何か? ads. txt(アズテキストと読みます)とは、オンライン広告の透明性を高めて広告詐欺を減らすための仕組み のこと。 つまり警告文の意味は 、実際に広告が掲載されているかのように装って、広告費をだましとる詐欺があるので、ads. txtを設置してネ(ads. txtを設置すれば、認定された広告だけが配信されるようになるから、ブログの信用度もあがるし、結果として収益も増加するよ)ということ。 詳しく知りたい方は、ネットで調べてみるとたくさん情報がありましたので読んでみるとよいと思います。 わたしはアドセンスの警告さえ消えてくれればいいので、サクサク先に進みます。 ads. txtの構成って? 情報1 広告配信システムのドメイン名 google. AdSenseからの収益が自分の口座に直接振り込まれる場合はこちら。 このうち、変更するのは情報2 サイト運営者のアカウント ID(pub-0000000000000000のところ)で、これを自分のIDに変更する必要があります。 ですが、ダウンロードすれば自分のアカウントID情報も入ってくるので、実際はなにもしなくていいということになります。 対処方法 以下の手順は 「 でワードプレスを使用」という場合のやり方です。 使用しているレンタルサーバーが異なっても行うことは同じですので、同じようにやってみて下さい。 ads. txtを作成する(ダウンロード)• FTPソフトを使用してads. txtをアップロードする• 警告が解除されるのを待つ 手順1、ads. txtを作成する 「ads. txt」を作成します。 作成すると言ってダウンロードするだけです。 必要な内容が記載された「ads. txt」ファイルをGoogleが用意してくれているので、それを使います。 自分で記号をいじくりまわさなくていいので、初心者にも親切ですね。 グーグルアドセンスホーム画面から、警告右端の「今すぐ修正」をクリック 2. 対象のサイトの一覧が表示されます。 (アドセンスを導入しているブログが複数あれば複数表示されます) 3. 「 ダウンロード」をクリックし、名前をつけて分かりやすい場所に置いておいてください。 (後で使います) ダウンロードした「ads. txt」ファイルは 既にあなたの情報が入力され、そのまま使用できるような状態になっているので「 中身の修正は不要」です。 よほどのことがない限り、Googleからダウンロードした「ads. txt」ファイルをそのまま使いましょう。 ネットでは「ads. txt」ファイルを作成する方法も多数見受けられます。 自分でファイルを作りたいという場合は、以下のフォーマットを使用し、pubから始まる運営者IDをご自身のものに置き換えて使用してください。 google. com, pub- 0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0 手順2、XSERVERのファイルマネージャーで ads. txtをアップロードする 次に、この「ads. txt」ファイルをサーバーにアップロードします。 にアクセスをします。 のトップ画面上部のツールバーからログインの下にある「ログイン」にマウスをカーソルを合わせて、ファイルマネージャーをクリックします。 ファイルマネージャー画面からログインします 4. ドメイン名のフォルダを、クリック。 txtを選択。 [ads. txt]と選択されていることを確認したら、[アップロード]をクリック 8. txtという表示が出たらアップロード完了です! ファイルマネージャーを閉じましょう。 作業はこれで終了です。 ads. txt」と入力します。 そこの表示される一行が、ダウンロードしたads. txtファイルと同じであればOKです。 *グーグルから「ads. txt」ファイルをダウンロードした時に表示される pub- 0000000000000000(pubから始まる運営者ID部分)と自分の運営者IDが一致しているかどうか確認しておきましょう。 運営者IDの確認の仕方 アドセンス画面の左のメニューから「アカウント」をクリックすると右側にアカウント情報が表示され、その中にサイト運営者IDが表示されています。 あとは、Googleからクローラーが来て「ads. txt」が正しく設置されていることをGoogleが確認すれば、アドセンス画面上部の警告表示はなくなります。 「ads. txt」設置後の、Googleへの報告作業はないようです。 「ads. txt」の文字コードは? ネット上では「ads. txt」は文字コードをUTF-8にしなければならないといった記事がありました。 逆にUTF-8UTF-8でもShift-JISのどちらでも構わないという記事もありました。 いずれにして、初心者にはレベルが高すぎて、何を言っているのかさっぱり分かりません。 しかし今回は「ads. txt」ファイルを アドセンスのサイトからダウンロードするので、その点は何も気にしなくて良さそうです。 実際、わたしはダウンロードしただけでそれ以外のことはやっていませんが、設置出来てました(文字コードは一切触っていません)。 手順3警告が解除されるのを待つ Google AdSenseの警告はいつ消える? Google AdSenseの警告は すぐには消えません。 警告が消えるまで、大丈夫かな?と不安になりますが、3-4日、場合によっては1週間程度の時間を要す場合もあるようです。 1日で消えたという情報もあります。 設置完了後は少々もどかしいのですが、1週間程度は様子を見ましょう。 私の場合(参考までに) ・「ads. txt」の警告表示がなくなるまでに必要だった時間:約2日間 ・記事数:約50 ・ブログ運営期間:約3ヶ月 まとめ:ads. txtの設置の仕方 今回の警告に対しては、上記のような対応をしましたが、わたしと同じように「ブログを始めたばっかりで知識もないのに、AdSenseから突然警告がきて驚いている方や不安な方」の参考になれば、嬉しいです。 「サーバーにアップロード」なんて普段は全く触らないところなので、作業全体が非常に難しく感じますが、特別な知識がなくても上記の手順通りにやれば設置可能です。 わたしは画面をプリントスクリーンしたり、いろいろなHPを読んで意味を確認したりするのに時間がかかり、半日作業でしたが、設置するだけなら10分くらいで終わると思います。 大きなブログほど、なりすましサイトが多くなるので対策は必要だと思います。 わたしのように極めて小さいブログであれば、急いでやる必要もないような気もしますが、広告枠を悪用される可能性が 全くないとは言えないし、今後問題が起こったり、対応が必要になる場合もあるかもしれません。 先延ばしにすると何事も面倒だしさっさとやっておいた方がよいと思いますので、すぐに対処してしまいましょう。

次の

アドセンスでsearch.applylikeapro.comファイルの警告が表示された場合の対処方法

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

ads. txtとは ads. txt で認定販売者を宣言するのページにて詳しい解説があります。 ads. txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。 サイト運営者様は ads. txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。 ads. txt は、使用することを強くおすすめします。 ads. txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。 引用元: こちらのページを読む限りでは、 ads. txtによる宣言で サイト運営者が認定した販売者(グーグルアドセンス)を通じてのみ広告枠を販売できるようにするとあり、 ads. txtによる宣言で偽の広告枠が広告主に提供されるのを防げるとあります。 グーグルアドセンス広告のみでも実施するべきか グーグルアドセンスのみで稼いでいるサイトの場合こちらを実施するべきなのかということですが、グーグルアドセンスを利用している以上、広告枠を販売するグーグルアドセンスを認定はしています。 しかし、広告枠を購入しようとしている広告主達にはそのこと(サイト運営者である私達がグーグルアドセンスを認定していること)がわからないため、ads. txt ファイルをアップロードして認定してもらいたいということかと思われます。 ただ、「収益に重大な影響が出ないよう、ads. txt ファイルをダウンロードして、次の各サイトのルートレベルのドメインにアップロードしてください。 」とグーグルアドセンス側で記載されている以上は、実施したほうが良いと思います。 たくさんのサーバーを借りてグーグルアドセンスで稼ぐサイトを作っている場合には慎重に導入するかどうかを決めてください。 AdSense向けのads. txtを作成する グーグルアドセンスの場合には、「要注意 収益に重大な影響が出ないよう、ads. txt ファイルの問題を修正してください。 」の横にある「今すぐ修正」をクリックします。 そして、以下のダウンロードから作成された状態のads. txtが入手でき、後はFFFTPなどを通じてアップロードすればいいだけです。 テキストの中身を見てみると google. com, pub-XXXXXXXXXXXXX, DIRECT, f08c47fec0942fa0 と記載されており、• pub-XXXXXXXXXXXXX の部分には個別の値を入れます。 それぞれのグーグルアドセンスには番号が与えられていて、先程のダウンロードをした場合には適切な数字が入っているので問題なく使えます。 ルートレベルのドメインにアップロード アップロードする際にはFFFTPなどのソフトを使います。 こちらに先程ダウンロードしたテキストファイルをアップロードすればOKです。 アップロードすれば以下のように表示されます。 これだけで終わりです。 「変更が反映されるまで数日かかる場合があります。 」とありますので、後は数日待ってみて、それでも要注意の表示が出るか待ちましょう。 うまくアップロード出来てない場合には数日経ってもそちらの表示がされたままのはずです。 この対策を実施するべきでない人 SEO対策として複数サーバーでサイトを運営している場合 あと1つ考えられることですが、このファイルをアップロードすることで、 もしかしたらグーグルが同一ファイルがアップロードされているサイトに関しては、同一運営者であるとみなす可能性が高くなります。 これによって 芋づるでペナルティを課される可能性があるという事は考えられることかなと思います。 これまでの自分の経験をお話すると…• グーグルサーチコンソールを分けていれば芋づる式でペナルティを課されることはなかった(自分の場合)• グーグルサーチコンソールを同一にしていた場合、その中に入っているドメインはサーバーが異なっていても芋づる式でやられたことがある(自分の場合)• 同一のグーグルアドセンスアカウントに登録をしていてもペナルティを受けることはなかった でした。 この事から、• 同一のグーグルサーチコンソールアカウントに登録をしていると、グーグルは同一運営者と判断し、そのアカウント内の1つでも違反するサイトがあれば、他に対しても制裁を加えることがある• 同一のグーグルアドセンスアカウントに登録をしていても、グーグルは同一の運営者と判断せず、そのアカウント内の1つで違反するサイトがあったとしても、他に対しては制裁することはまず考えられない といえます。 しかし、 今回のads. txtファイルは、どちらに該当するかがまだわかりません。 このファイルをアップロードしたサイトは同一運営者とみなし、芋づるでペナルティを課すのか課さないのかです。 ですから、 これまでたくさんのサーバーを借りてSEO対策としてやってきた人は、慎重に検討すべきかなと思います。

次の