楽天 モバイル アン リミット iphone。 iPhone11で楽天モバイル(アンリミット)を利用してみた感想

iPhone11で楽天モバイル(アンリミット)を利用してみた感想

楽天 モバイル アン リミット iphone

1年間無料ということで使いようによってはかなりお得に使えると感じている楽天モバイルの Rakuten UN-LIMITですが残念な点としては、公式にはiPhoneをサポートしていません。 ただ、現時点では2018年以降発表のiPhoneでは問題なく通信や通話が利用できることを確認しています。 一方で、Rakuten UN-LIMITの目玉の1つでもあるRakuten Linkアプリを使っての無料通話ですが、Rakuten LinkアプリがiOS対応していないこともあり使うことができません。 ただし、一定の条件を満たせば、iPhoneに楽天モバイルのSIMを入れたまま、別のAndoroid端末を用意すれば、Rakuten Linkアプリで無料通話をすることができます。 今回、実際にiPhoneにSIMを入れた状態で別のAndroid端末でRakuten Linkアプリを使ったり、いろんなパターンを試してみたので紹介したいと思います。 楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れて別の端末でRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?いろんなパターンを試してみました! 匿名 はじめまして。 当方も昨日ソフトバンクSIMカード入のpixel3XLと楽天アンリミットのSIMカードを入れたiPhone8plusにてLINKアプリをインストしてアクティベーションできました。 相手側にはちゃんと番号表示もあります。 この場合、ソフトバンクSIMカード入のpixelからLINKアプリでの発信も無料対象なのか?今後見守りたいと思います。 初めまして!コメントありがとうございます。 受信したコードを入れるとエラーになるということですが、本記事にも記載している下記の通り、私も同じ現象が起こることがありました。 >気になった点として、Rakuten Linkアプリ側の動作が不安定で認証コードをきちんと入れて >も認証に何回か失敗することもありましたが、それはiPhoneにSIMがある場合でも、アンド >ロイド端末側に当該SIMがある場合でも同じでした。 この時はエラーがなくなるまで何度か認証を行いました。 おそらく認証が通った状態でないとRakutenLink側で通話ができないと思いますがいかがでしょうか? 同じ現象かどうかわかりませんが参考になれば幸いです。 匿名 はじめまして。 分かりやすく有益な情報をありがとう御座います。 1点ご質問なんですが、 楽天モバイル回線エリア外 パートナー回線エリア内 で当記事の内容を試した場合、どうなるか 楽天linkのアクティベーションの可否 は試されていないですよね、、? と言いますのも、 当方の状況が下記の通り、筆者様と似ております。 ・SIMフリーのiPhoneXRが手元にある ・Rakuten Link対応のアンドロイド端末(Huawei nova lite 3)を手元に用意 ・手元に家族の分も含め楽天モバイルのeSIMとnanoSIMがそれぞれある ただ異なるのが、 ・パートナー回線(楽天モバイル回線ではない)エリアにいて、SMSが受信できない環境にある という点です。 この状況で記事と同内容を試みましたが、SMSの受信ができず、、楽天linkのアクティベーションには至りませんでした。 なお、楽天モバイル回線エリア内に出向いて、試すことも当面難しい現状にあります これができれば1番スムーズなんだろうとは思うんですが、、。 もし、何か解決の糸口をご存知でしたら、お知恵を借りたいと思い、コメントさせていただきました次第です。 コメントありがとうございます。 ご質問の件ですが、本記事でも書いておりますが公式見解としてもiPhoneの場合、パートナーエリアではsmsの受信ができないとの記載がありますので解決は難しそうですね。。 対応策としては、ご認識の通りエリア内に移動するしかなさそうな気がします。 楽天回線エリアは拡大しているようなので、時間が経てば解決される可能性もありますが。。。 eSIMの弱点としては他の端末で使えないという点ですね。 物理SIMなら回線エリア内に住んでいる家族や知人に送って受信してもらうというウルトラCもありますが。。。 お役に立てずに申し訳ありません。 何かいい案が有ればこちらに記載する様にいたします。

次の

楽天モバイル UN

楽天 モバイル アン リミット iphone

がMNOサービス RAKUTEN UN-LIMITを発表しました! RAKUTEN UN-LIMIT アンリミット が用意したのは 300 万名対象 プラン料金 1 年無料という衝撃のプランです。 しかも楽天回線であれば データ通信使い放題になります。 格安スマホで月額が安い!というプランは格安SIM MVNO で今までありましたが、さすがに 1年間月額無料というサービスは聞いたことないですよね! サービス発表当日の3月3日はあまりの衝撃にアクセスが殺到し、楽天モバイルの公式サイトに繋がらない状態になっていました。 楽天アンリミット、一見無敵のようなプランですよね! しかし、冷静にプランを見ているとメリットばかりではありませんでした。 今日は iPhone ユーザーであれば、楽天アンリミットではなく、今のうちに楽天モバイルの格安 SIM で契約すべきという話をします。 4月8日に楽天アンリミットの新料金プラン「 Rakuten UN-LIMIT2. 0」が発表されたことで、デメリットが解消されました。 詳細は下記2本の関連記事にまとめています。 楽天モバイル公式サイトで3月3日、発表時は速度制限最大128kbpsでしたが、4月8日現在の発表では最大1Mbpsに改善されています。 その中にiPhoneシリーズは入っていません。 楽天アンリミット契約しようと思ってたけど、iPhone使えないならいらないって断念した人のツイートめっちゃ多いです。 今回は iPhone を利用してるけど、楽天アンリミットが使えないから契約するのをやめたという方向けの記事になります。 iPhoneユーザーはMVNOサービス終了前に格安SIMで契約すべき 4月8日より楽天アンリミット MNO のサービスが開始されます。 それに伴い4月7日に楽天の格安SIM MVNO の新規受付が終了します。 iPhone が使えないから楽天アンリミットに乗り換えるのやめようと思っている方!! 実は今がチャンスです!! なぜなら、 現行の 楽天モバイル MVNO であれば iPhone が使えるからです。 ただし、MVNO契約の場合月額は無料にはなりません。 しかし、それ以上のメリットがあります。 iPhone利用者であれば端末代がかからない 楽天アンリミットは1年間利用料無料というパワーワードを武器に新規ユーザーを獲得しようとしています。 しかし、ここには罠があります。 確かに利用料は1年間無料になります。 では、端末代はどうでしょうか? 無料になりますか?? なりませんよね?? 楽天アンリミットの場合、対応機種を買うことから始めないといけません。 現時点で一番安いのは で21,800円です。 楽天で購入 楽天アンリミットを契約しようとしている方!!利用料無料期間は1年ですが、端末代を12分割で支払うとすると月々の支払額は 1,817 円です。 1 年間利用料無料!! 楽天回線使い放題!! といった甘い誘惑に踊らされて 楽天回線対応の端末代が別途かかることを忘れてませんか!? 楽天アンリミットの場合、 利用料は無料になっても機種代がかかる ことを理解しておきましょう。 それに対し、今使っている iPhone で楽天モバイルの格安 SIM に乗り換えた場合、端末代はかからないので 0 円です。 格安SIMで契約した場合は0円にはなりませんが、楽天会員であれば1年間割引があります。 楽天会員の場合、2GBのプランで1年間月額1,480円 税抜 です。 ダイヤモンド会員であれば 1 年間月額 980 円 税抜 です。 税込で計算すると 月額1,078円 税込 です。 よく考えてみて下さい。 楽天アンリミットでAndroidの端末を買って1年間無料で利用した場合と 楽天格安SIMで使い古しのiPhoneを1年間無料で利用した場合 どちらが得ですか? 格安SIMを契約して今使っているiPhoneを利用する方が得ですよね!! 楽天ダイヤモンド会員で iPhone 利用者の場合、格安 SIM でスーパーホーダイのプラン S を申し込めば楽天アンリミットを契約するより実は月額を抑えられるんです!! スーパーホーダイであれば速度制限後も最大1Mbpsで使い放題 楽天アンリミットの場合、楽天回線のエリアであればデータ通信使い放題というのを売りにしています。 しかし、今のところ楽天回線エリアは東京、大阪、名古屋など、一部の都市に限られています。 対象エリア外であれば、ただの2GBプランに過ぎません。 2GBを超えると最大128kbpsと速度が急激に落ちてしまいます。 しかし、楽天モバイルでMVNOのスーパーホーダイを契約すれば速度制限がかかっても最大1Mbpsで利用できます。 1MbpsあればYouTube等の動画サイトを見ることができます。 ネットは多少重くなりますが、我慢できる範囲の重さで表示されます。 私はiPhone8で楽天モバイル MVNO のスーパーホーダイ プランS 2GB を契約しています。 iPhone8はauで一括0円で手に入れたので端末代は0円です。 月額はダイヤモンド会員なので980円です。 au時代は5GBのプランに加入していましたが、楽天モバイルに乗り換えてからは2GBで十分です。 なぜなら 速度制限がかかっても、 1Mbps あれば、それなりに不自由なく使えるからです。 詳しくは関連記事をご覧ください。 まとめ 正直、楽天アンリミットには期待してしていました。 しかし、フタを開けてみれば、楽天アンリミットは• iPhoneは対応していない。 データ通信無制限は楽天回線が使える一部のエリアのみ という微妙な内容でした。 このことから、楽天モバイルへの乗り換えを断念したという人も多いようです。 iPhone でも格安料金で使いたい!! そんな人は楽天アンリミットが発表された今だからこそ、あえて 楽天のMVNO 格安SIM を契約することをオススメします。 楽天モバイルの MVNO の申し込みは 4 月 7 日までです。 実際にiPhoneで楽天モバイルを利用している私からすれば、 楽天アンリミットを契約するより、楽天モバイルの格安 SIM を契約した方が絶対お得です!! MVNOの新規契約は4月7日で受付終了となります。 しかし、サービス自体は当面の間続きます。 1年目は月額が安いし、iPhoneユーザーであれば新しく端末を買い替える必要がありません。 iPhoneユーザーであれば、この機会に楽天モバイルの格安SIMへ乗り換えるのが賢い選択です。

次の

楽天モバイル「アンリミット」は地方でもメリットある?回線エリア外だとどうなる?

楽天 モバイル アン リミット iphone

がMNOサービス RAKUTEN UN-LIMITを発表しました! RAKUTEN UN-LIMIT アンリミット が用意したのは 300 万名対象 プラン料金 1 年無料という衝撃のプランです。 しかも楽天回線であれば データ通信使い放題になります。 格安スマホで月額が安い!というプランは格安SIM MVNO で今までありましたが、さすがに 1年間月額無料というサービスは聞いたことないですよね! サービス発表当日の3月3日はあまりの衝撃にアクセスが殺到し、楽天モバイルの公式サイトに繋がらない状態になっていました。 楽天アンリミット、一見無敵のようなプランですよね! しかし、冷静にプランを見ているとメリットばかりではありませんでした。 今日は iPhone ユーザーであれば、楽天アンリミットではなく、今のうちに楽天モバイルの格安 SIM で契約すべきという話をします。 4月8日に楽天アンリミットの新料金プラン「 Rakuten UN-LIMIT2. 0」が発表されたことで、デメリットが解消されました。 詳細は下記2本の関連記事にまとめています。 楽天モバイル公式サイトで3月3日、発表時は速度制限最大128kbpsでしたが、4月8日現在の発表では最大1Mbpsに改善されています。 その中にiPhoneシリーズは入っていません。 楽天アンリミット契約しようと思ってたけど、iPhone使えないならいらないって断念した人のツイートめっちゃ多いです。 今回は iPhone を利用してるけど、楽天アンリミットが使えないから契約するのをやめたという方向けの記事になります。 iPhoneユーザーはMVNOサービス終了前に格安SIMで契約すべき 4月8日より楽天アンリミット MNO のサービスが開始されます。 それに伴い4月7日に楽天の格安SIM MVNO の新規受付が終了します。 iPhone が使えないから楽天アンリミットに乗り換えるのやめようと思っている方!! 実は今がチャンスです!! なぜなら、 現行の 楽天モバイル MVNO であれば iPhone が使えるからです。 ただし、MVNO契約の場合月額は無料にはなりません。 しかし、それ以上のメリットがあります。 iPhone利用者であれば端末代がかからない 楽天アンリミットは1年間利用料無料というパワーワードを武器に新規ユーザーを獲得しようとしています。 しかし、ここには罠があります。 確かに利用料は1年間無料になります。 では、端末代はどうでしょうか? 無料になりますか?? なりませんよね?? 楽天アンリミットの場合、対応機種を買うことから始めないといけません。 現時点で一番安いのは で21,800円です。 楽天で購入 楽天アンリミットを契約しようとしている方!!利用料無料期間は1年ですが、端末代を12分割で支払うとすると月々の支払額は 1,817 円です。 1 年間利用料無料!! 楽天回線使い放題!! といった甘い誘惑に踊らされて 楽天回線対応の端末代が別途かかることを忘れてませんか!? 楽天アンリミットの場合、 利用料は無料になっても機種代がかかる ことを理解しておきましょう。 それに対し、今使っている iPhone で楽天モバイルの格安 SIM に乗り換えた場合、端末代はかからないので 0 円です。 格安SIMで契約した場合は0円にはなりませんが、楽天会員であれば1年間割引があります。 楽天会員の場合、2GBのプランで1年間月額1,480円 税抜 です。 ダイヤモンド会員であれば 1 年間月額 980 円 税抜 です。 税込で計算すると 月額1,078円 税込 です。 よく考えてみて下さい。 楽天アンリミットでAndroidの端末を買って1年間無料で利用した場合と 楽天格安SIMで使い古しのiPhoneを1年間無料で利用した場合 どちらが得ですか? 格安SIMを契約して今使っているiPhoneを利用する方が得ですよね!! 楽天ダイヤモンド会員で iPhone 利用者の場合、格安 SIM でスーパーホーダイのプラン S を申し込めば楽天アンリミットを契約するより実は月額を抑えられるんです!! スーパーホーダイであれば速度制限後も最大1Mbpsで使い放題 楽天アンリミットの場合、楽天回線のエリアであればデータ通信使い放題というのを売りにしています。 しかし、今のところ楽天回線エリアは東京、大阪、名古屋など、一部の都市に限られています。 対象エリア外であれば、ただの2GBプランに過ぎません。 2GBを超えると最大128kbpsと速度が急激に落ちてしまいます。 しかし、楽天モバイルでMVNOのスーパーホーダイを契約すれば速度制限がかかっても最大1Mbpsで利用できます。 1MbpsあればYouTube等の動画サイトを見ることができます。 ネットは多少重くなりますが、我慢できる範囲の重さで表示されます。 私はiPhone8で楽天モバイル MVNO のスーパーホーダイ プランS 2GB を契約しています。 iPhone8はauで一括0円で手に入れたので端末代は0円です。 月額はダイヤモンド会員なので980円です。 au時代は5GBのプランに加入していましたが、楽天モバイルに乗り換えてからは2GBで十分です。 なぜなら 速度制限がかかっても、 1Mbps あれば、それなりに不自由なく使えるからです。 詳しくは関連記事をご覧ください。 まとめ 正直、楽天アンリミットには期待してしていました。 しかし、フタを開けてみれば、楽天アンリミットは• iPhoneは対応していない。 データ通信無制限は楽天回線が使える一部のエリアのみ という微妙な内容でした。 このことから、楽天モバイルへの乗り換えを断念したという人も多いようです。 iPhone でも格安料金で使いたい!! そんな人は楽天アンリミットが発表された今だからこそ、あえて 楽天のMVNO 格安SIM を契約することをオススメします。 楽天モバイルの MVNO の申し込みは 4 月 7 日までです。 実際にiPhoneで楽天モバイルを利用している私からすれば、 楽天アンリミットを契約するより、楽天モバイルの格安 SIM を契約した方が絶対お得です!! MVNOの新規契約は4月7日で受付終了となります。 しかし、サービス自体は当面の間続きます。 1年目は月額が安いし、iPhoneユーザーであれば新しく端末を買い替える必要がありません。 iPhoneユーザーであれば、この機会に楽天モバイルの格安SIMへ乗り換えるのが賢い選択です。

次の