海外fx キャッシュバックサイト。 海外FXキャッシュバックサイトは”TariTari”ではなく”TariTali”[タリタリ]

海外FXのキャッシュバックサイトは危険?知るべきデメリットとは

海外fx キャッシュバックサイト

海外FX キャッシュバックサイトの大手3社 FXのトレードではスプレッドや取引手数料がトレードごとにかかる取引コストになりますが、海外FX業者を利用している場合、キャッシュバックサイト経由で口座開設をするだけで、 毎回のトレードごとにキャッシュバック(リベート)を受け取ることができます。 新規口座開設だけでなく、 追加口座開設でもキャッシュバックは受け取ることができますので、すでに口座を作っている人でも問題ありません。 運営実績、支払実績、取扱業者の多さなどを考えると、TariTali(タリタリ)、FinalCashback(ファイナルキャッシュバック)、FXRoyalCahback(FXロイヤルキャッシュバック)という大手3社からキャッシュバックサイトを選ぶことになると思いますが、この記事では大手 キャッシュバックサイト3社のリベートを中心に徹底的に比較していきたいと思います。 TariTali(タリタリ) 運営会社 TariTali Pte, Ltd. 設立年月日 2012年10月 資本金 500,000MYR(リンギット) 代表取締役 Takahiro Suzuki 住所 No. 1-3, Jalan Solaris 2, Solaris Mont Kiara,Kuala Lumpur, Malaysia, 50480 運営実績は7年ですが、 リベート率では業界No. 1を誇り、 キャッシュバックの支払いが最短翌日ということも、タリタリ(TariTali)の大きな魅力となっています。 またタリタリには キャッシュバック率保証制度があるので、どこのキャッシュバックサイトよりも高い還元率を確実に得ることができます。 FinalCashback(ファイナルキャッシュバック) 運営会社 FinalCashBack, Inc. 設立年月日 2011年9月 住所 2F Capital City Independence AvenP. Box 1008 Victoria Mahe Republic of Seychelles. ファイナルキャッシュバック(FinalCashBack)はリベート率に関してはタリタリと比較をするとかなり劣りますが、 提携しているブローカーの数が多いことや、利用者へEAがプレゼントされるなど独自のメリットがあります。 FXRoyalCashback(FXロイヤルキャッシュバック) ロイヤルキャッシュバックについては、会社の所在地などの情報がサイトになかったため運営会社の情報を書くことができませんが、キャッシュバックされない、出金ができないというトラブルは一切ありません。 ただサイトに会社情報が全くないというのはどうかと・・・ お金にからむことなので、会社情報は載せておかないとダメだと思います。 そういった意味では 海外FXのキャッシュバックサイトはタリタリとファイナルキャッシュバックの2社で必要十分であるということが言えるでしょう。 海外FXキャッシュバックサイト比較 海外FXのキャッシュバック最大手3社のTariTali(タリタリ)、FinalCashback(ファイナルキャッシュバック)、FXRoyalCahback(FXロイヤルキャッシュバック)のリベート率、提携FX業者の数、リベートの支払いサイクルなどをそれぞれ比較してみます。 リベート率を比較 下の表では主要なFX業者のスタンダード口座で1ロット往復(10万通貨)のトレードをした時の リベート率の比較を表にまとめています。 FinalCashback(ファイナルキャッシュバック)のリベート率は、TariTali(タリタリ)とFXRoyalCahback(FXロイヤルキャッシュバック)と比較して低いということが言えるようです。 TariTali FinalCashback FX RoyalCashback XM 8ドル 6ドル 8ドル Tradeview 8ドル 6ドル 8ドル Axiory 4ドル 3ドル 4ドル TitanFX 4ドル 3. 2ドル 4ドル LandFX 取り扱いなし 3. 8ドル 3. 8ドル HotForex 6. 8ドル 4. 8ドル 6. 8ドル FXPro 8ドル 6ドル 8ドル BigBoss 4. 8ドル 2. 5ドル 3. 2ドル MyFXMarkets 4. 8ドル 3ドル 4. 8ドル Traders Trust 4ドル 2. 5ドル 8ドル 提携FX業者を比較 それぞれの海外FXキャッシュバックサイトが提携している海外FX業者を比較してみましょう。 TariTaliの提携ブローカー TariTali(タリタリ)の提携ブローカーは9社で、XM、Tradeview、Axiory、TitanFX、HotForex、FXPro、BigBoss、MyFXMarkets、TradersTrust、GEMFOREXのキャッシュバックに対応しています。 ファイナルキャッシュバックの提携ブローカー ファイナルキャッシュバックの提携ブローカーは33社で、海外FXキャッシュバックサイトで最多の提携数です。 提携している海外FX業者は以下のとおりです XM、Tradeview、Axiory、TitanFX、HotForex、FXPro、BigBoss、MyFXMarkets、TradersTrust、is6com、GEMFOREX、iFOREX、Milton Markets、 FXDD、LANDFX、IFCMarkets、ICMarkets、DirectFX、InstaForex、MGK、FXCC、FXPrimus、Orbex(AFBFX)、FinFX、FXOpen、Forex. com UK、eToro、LMAXExchange、ForexBrokerInc、Pepperstone、ThinkForex、FBS、AnzoCapital ロイヤルキャッシュバックの提携ブローカー ロイヤルキャッシュバックの提携ブローカーは16社で、以下の海外FX業者のキャッシュバックに対応しています。 XM、Tradeview、Axiory、TitanFX、HotForex、FXPro、BigBoss、MyFXMarkets、TradersTrust、LANDFX、IFCMarkets、FXPrimus、FXCC、Pepperstone、AXITRADER、ThinkForex リベートの支払いサイクル、最低支払額比較 タリタリのリベート最低支払額は1,500円で、しかも最速で翌日にキャッシュバックが支払われるというのがタリタリの利用者が多い大きな理由となっています。 タリタリであればリベート合計が1,500円を超えれば出金申請ができるので、現金化がとても速いということが言えるでしょう。 タリタリ FinalCashback FXRoyalCashback 最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円 振込手数料 無料 無料 無料 振込日 最短翌日 翌月25日 翌月末 海外FXのキャッシュバックを利用する前に 海外FXのキャッシュバックサイトを利用する前に、海外FXのキャッシュバックがもらえる仕組みや、デメリット、使い分け方法、実際にもらえるキャッシュバックのシュミレーションを見ていきましょう。 キャッシュバックがもらえる仕組み 海外FX口座を開設する時は、ほとんどの人がネットでいろいろと検索して海外FX業者の評判や口コミなどを調べて口座を開設すると思いますが、その時に「口座開設はこちら」というバナーから口座を開設しますよね。 このバナーにはアフィリエイトリンクが埋め込まれているため、ここから口座開設をするとそのサイト運営者にアフィリエイト報酬が発生します。 キャッシュバックサイト経由で口座開設をすると、簡単に言えば自分で自分のアフィリエイトリンクを踏むという感じになるので、アフィリエイト報酬を自分自身のキャッシュバックとして受け取ることができるのです。 キャッシュバックサイトのデメリット キャッシュバックサイトを経由して口座を開設することで、毎回のトレードごとにリベートを受け取ることができるというのはとても大きなメリットですが、そんな キャッシュバックサイトにもたった一つだけデメリットがあります。 それは、 キャッシュバックサイト経由で口座開設をした場合、ボーナスの適用外になってしまうというデメリットです。 海外FX業者でトレードをする大きなメリットの一つとして、入金ボーナスがあります。 入金100%ボーナスを実施している業者で10万円を入金した場合、ボーナス10万円が付与されるので、20万円の証拠金でトレードができます。 しかし、 キャッシュバックサイトを経由して口座を開設した場合、このボーナスが付与されなくなってしまうのです。 キャッシュバックサイトには詐欺まがいの業者も? 海外FXのキャッシュバックサイトの中には、リベートをごまかしたり、スプレッドにリベートがマークアップされたりするような詐欺まがいのキャッシュバックサイトもあるようなので、海外FXのキャッシュバックサイトは当サイトで紹介している 海外FXのキャッシュバック最大手3社のTariTali(タリタリ)、FinalCashback(ファイナルキャッシュバック)、FXRoyalCahback(FXロイヤルキャッシュバック)に絞ったほうが間違いがありません。 この3社であれば今まで利用した経験上、リベートのごまかしもありませんし、リベートのマークアップもなく安心して利用をおすすめすることができます。 キャッシュバックサイトの使い分け 海外FX業者には、入金ボーナスを実施していないブローカーもあります。 Tradeview(トレードビュー)やAXIORY(アキシオリー)などのNDD方式を採用している海外FX業者は、 ボーナスを実施しない代わりに、スプレッドや約定力にコストをかけるという傾向にあります。 つまり、 ボーナスを実施していない業者で口座を開設する場合だけ、キャッシュバックサイト経由で口座を開設するというのがベストな選択となってきます。 そして、 キャッシュバック率が高く、支払サイクルも早いタリタリを経由して口座を開設するのが最もおすすめです。 キャッシュバックのシュミレーション では実際に タリタリ経由でTradeviewの口座を開設した場合、キャッシュバックがどれくらいになるか? 1回の取引ロットが1万通貨(MT4の0. 1ロット)で1日5回のトレードをした場合 1日432円、年間で108,864円のキャッシュバックになります。 比較的大きなロットでスキャルピングをやっている人であれば、キャッシュバックの金額が凄いことになってきます。 1回の取引ロットが10万通貨(MT4の1. 0ロット)で1日10回のトレードをした場合 1日8,640円、年間で2,177,280円のキャッシュバックになります。 キャッシュバックだけで200万越えですね!! キャッシュバックサイトを必ず使うべき海外FX業者 キャッシュバックサイトの唯一のデメリットは入金ボーナスの対象外になってしまうことですが、逆を言えば 入金ボーナスがない海外FX業者や 入金ボーナスが適用されない取引口座はキャッシュバックサイトを必ず使うべきということが言えます。 追加口座でもキャッシュバックをもらえる すでに口座を開設済みでもキャッシュバックサイト経由で追加口座を開設すればキャッシュバックを受け取ることができるので、ボーナスがもらえない海外FX業者を利用している人は追加口座を開設してキャッシュバックがもらえるようにすることをおすすめします。 Tradeview Tradeview(トレードビュー)はボーナスキャンペーンを一切やらないブローカーなので、口座開設には必ずキャッシュバックサイトを使うべき海外FX業者です。 キャッシュバックサイト大手3社のキャッシュバック( 1ロット往復のリベート)と支払サイクルの比較が下の表ですが、タリタリであれば最短で翌日にはキャッシュバックが口座に振り込まれます。 TitanFX TitanFX(タイタンFX)はボーナスキャンペーンを一切やらないブローカーなので、口座開設には必ずキャッシュバックサイトを使うべき海外FX業者です。 キャッシュバックサイト大手3社のキャッシュバック( 1ロット往復のリベート)と支払サイクルの比較が下の表ですが、やはり最短翌日にキャッシュバックが振込されるタリタリを選ぶのがベストです。 タリタリ FinalCashback FXRoyalCashback スタンダード口座 4ドル 3. 2ドル 4ドル ブレード口座 1. 2ドル — 1. 2ドル 最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円 振込手数料 無料 無料 無料 振込日 最短翌日 翌月25日 翌月末 >> TitanFXのまとめ記事は『 』を参考にしてください。 AXIORY AXIORY(アキシオリー)はボーナスキャンペーンを一切やらないブローカーなので、口座開設には必ずキャッシュバックサイトを使うべき海外FX業者です。 キャッシュバックサイト大手3社のキャッシュバック( 1ロット往復のリベート)と支払サイクルの比較が下の表ですが、やはり最短翌日にキャッシュバックが振り込まれるタリタリの条件が最もいいと言えます。 タリタリ FinalCashback FXRoyalCashback MT4 スタンダード口座 4ドル 3ドル 4ドル cTrader スタンダード口座 2ドル 1. 5ドル 2ドル MT4 ナノスプレッド口座 1. 6ドル 1. 2ドル 1. 6ドル cTrader ナノスプレッド口座 0. 8ドル 0. 6ドル 0. 8ドル 最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円 振込手数料 無料 無料 無料 振込日 最短翌日 翌月25日 翌月末 >> AXIORYのまとめ記事『 』も参考にしてください。 XM XMのマイクロ口座やスタンダード口座は別として、ゼロ口座(ZERO口座)に関しては入金ボーナスが適用されないため、ZERO口座はキャッシュバックサイトを使って口座開設をしましょう。 キャッシュバックサイト大手3社のキャッシュバック( 1ロット往復のリベート)と支払サイクルの比較を表にまとめてみました。 タリタリ FinalCashback FXRoyalCashback スタンダード口座 8ドル 6ドル 8ドル マイクロ口座 8ドル 6ドル 8ドル ZERO口座 4ドル — 4ドル 最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円 振込手数料 無料 無料 無料 振込日 最短翌日 翌月25日 翌月末 >> XMのまとめ記事『 』も参考にしてください。 GEMFOREX GEMFOREX(ゲムフォレックス)の ノースプレッド口座に関しては入金ボーナスが適用されない ため、キャッシュバックサイトを使って口座開設をしましょう。 キャッシュバックサイト大手3社のキャッシュバック( 1ロット往復のリベート)と支払サイクルの比較を表にまとめてみましたが、ロイヤルキャッシュバックはGEMFOREXの取扱いがありません。 タリタリ FinalCashback FXRoyalCashback スタンダード口座 8ドル 5ドル — ノースプレッド口座 0. 8ドル — — 最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円 振込手数料 無料 無料 無料 振込日 最短翌日 翌月25日 翌月末 >> GEMFOREXのまとめ記事『 』も参考にしてください。

次の

評判の海外FXのキャッシュバックサイトを比較してみました(取扱業者、リベート率、出金方法etc)。

海外fx キャッシュバックサイト

【リベートキャッシュバックの仕組み】 海外FX業者がキャッシュバックサイトに、広告費を払いその一部をサイトから口座開設したトレーダーにキャッシュバックとして払われる仕組みです。 キャッシュバックサイトは宣伝広告費を海外FX業者から受け取ることができ、トレーダーも資金の一部を還元できます。 キャッシュバックサイトを通さず口座開設してしまうと、キャッシュバックが受け取れないので注意しましょう。 実際にかかるはずだった費用を軽減することができるので、トレーダーにとってはぜひ利用したい制度です。 1-1.キャッシュバックサイトを利用するには? キャッシュバックサイトは、下記の3つのステップで利用することができます。 【キャッシュバックサイトの登録に必要な物】• メールアドレス• パスワード 任意に自分で設定• キャッシュバック振込先銀行またはカード口座 アカウントの登録が完了したら、キャッシュバックサイトから好みの海外FX業者を口座開設するだけで、キャッシュバックの受け取りが可能になります。 詳しいキャッシュバックサイトの種類に関しては、本記事後半のおすすめのをご覧ください。 1-2.キャッシュバックサイトを選ぶ3つのポイント キャッシュバックを受けられるサイトは多くあり、どのサイトを選べば良いか迷っている方もいるのではないでしょうか。 キャッシュバックサイトを選ぶ際に見ておくべきポイントには、以下の3つがあります。 【キャッシュバックサイトを選ぶポイント】• リベート率 …リベート率の%が高いほど還元される金額が多くなります。 出金手数料 …キャッシュバックに対する出金手数料のこと。 取り扱い業者数 …取扱業者数が多い程、好きな海外FX業者を選ぶことが可能。 リベート率と出金手数料、そして取扱業者数が多いキャッシュバックサイトを選ぶことがおすすめです。 この3つのポイントに沿って、それぞれの条件ごと最も良いキャッシュバックサイトを紹介していきます。 2.リベート率からみたキャッシュバックサイト比較 ここまではキャッシュバック制度の仕組みについて詳しく紹介してきました。 では実際にキャッシュバック制度を利用したい場合は、どのキャッシュバックサイトを選ぶと良いのでしょうか。 キャッシュバックサイトから受け取れる金額はリベート率で決まり、その数値が高いほどキャッシュの金額は大きくなります。 リベート率1位. リベート率2位. リベート率3位. キャッシュバックサイトの名前から、それぞれの詳しい解説に飛ぶことができるのでぜひご覧ください。 3.出金手数料からみたキャッシュバックサイト比較 キャッシュバックサイトから貰えるキャッシュバックには、出金手数料が設定されています。 出金手数料が安いキャッシュバックサイトは、Taritali、RoyalCashBack、FinalCashBackの3つのサイトです。 「手数料を出来るだけ抑えたい」 「キャッシュバックを頻繁に出金したい」 という方は、キャッシュバックの出金手数料が安い所を利用するようにしましょう。 3-1.出金手数料無料!Taritali、RoyalCashBack、FinalCashBack! 5つのキャッシュバックサイトの出金手数料や最低出金額などをまとめると、以下の表のようになります。 サイト名 出金手数料 最低出金額 最短出金日数 TariTali 無料 1500円 最短1時間以内 RoyalCashBack 無料 5000円 翌月20日から出金可能 FinalCashBack 無料 5000円 翌月25日から出金可能 CashBackVictory 500円 5000円 翌月末から出金可能 CashBackForex 40USD(4000円) 200USD(20000円) 翌月12日から出金可能 キャッシュバックの出金に関しては、 海外FX業者からではなくキャッシュバックサイトから申請することで指定の口座にキャッシュバックを受け取ることが可能です。 その他の最低出金額や出金可能日数を踏まえると出金手数料のランキング順位は以下の通りになります。 出金手数料1位. 出金手数料2位. 出金手数料3位. Taritali、RoyalCashBack、FinalCashBackの3つのキャッシュバックサイトについては、、上記のランキングのリンクから確認可能です。 手数料の低いキャッシュバックサイトを選んで、キャッシュバックを頻繁に受け取れるようにしましょう。 4.取扱業者数からみたキャッシュバックサイト比較 キャッシュバックサイトは、サイトによって取扱業者の数が違います。 キャッシュバックサイトの取扱業者数が多ければ、より多くの海外FX業者からキャッシュバックを受けることが可能です。 そのため、キャッシュバックサイトを利用する際は、自分が利用するサイトがどれくらい多くの海外FX業者を取り扱っているかを確認しておきましょう。 4-1.最も取扱業者数が多いのはFinalCashBack! 取扱業者数をそれぞれのサイトと比べると、以下の表のようになります。 【リベート式キャッシュバック制度の注意点】• 注意点1.ボーナスの受け取りができない キャッシュバックサイトから口座開設を行うと、海外FXからの入金ボーナスなどのボーナスの受け取りができません。 キャッシュバック制度は、多くの資金を還元できる代わりに海外FX業者への金銭的負担が大きいためキャッシュバック利用者はボーナス対象外となるのです。 そのため、海外FX業者の入金ボーナスなどの制度を利用して投資資金を増やそうと考えている場合は、キャッシュバックサイトはおすすめできません。 しかし、取引量に応じてキャッシュバックの金額も変動するので、トータルで見るとボーナスより多くの資金を還元することができるのも事実です。 自分の好みに合わせて、ボーナスをとるかキャッシュバックを取るのかをしっかりと考えておきましょう。 注意点2.キャッシュバックサイト以外からの登録は対象外 キャッシュバックサイト以外から登録してもキャッシュバックを受け取ることができないことに注意しておきましょう。 キャッシュバック制度は、海外FX業者がサイトに払った広告費の一部をトレーダーに還元するシステムです。 そのため、海外FX業者の公式サイトから登録しても、キャッシュバックの対象にはならずキャッシュバックを受け取れません。 キャッシュバックサイトを利用したつもりで、利用できていなかった。 ということが無いように注意しておきましょう。 注意点3.キャッシュバックを還元しないサイトに注意 キャッシュバックサイトの中には、ユーザー登録だけを行わせてキャッシュバックをトレーダーに還元しないサイトも存在します。 キャッシュバックサイトからの登録は、キャッシュバックによって発生する資金の還元が目当てです。 そのため、悪質なサイトに引っかかってしまったために、還元されるはずのキャッシュバックが還元されなかった。 ということに注意しておきましょう。 還元を行わないサイトに引っかからないように、今回紹介したような安全性や信頼性の高いサイトをおすすめします。 本サイトで紹介したキャッシュバックサイトは、どこも信頼のできるキャッシュバックサイトなので安心してくださいね。 まとめ 今回の記事では、海外FX業者を利用する上でおすすめなキャッシュバックサイトを紹介してきました。 キャッシュバックサイトは、 リベート率と取扱業者数、そして出金手数料などを考慮して選ぶことがおすすめです。 今回紹介した内容を参考にして、FXの取引にキャッシュバックを役立ててくださいね。

次の

海外FXキャッシュバックサイトの比較

海外fx キャッシュバックサイト

レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。 外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。 当初投資の一部または全部を失うことがあります。 したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。 外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。 また、EAのバックテスト結果、収益結果はあくまで 過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。 なお、EAの動作を保証するものではありませんので、正常に動作するかをお客様ご自身の責任でご確認のうえご利用ください。 当サイトおよび情報提供元は、法律上の請求原因の如何を問わず、いかなる場合においても当該情報の利用に関して生じた利用者に係る損害、損失、費用ならびに不利益等に関し、一切責任を負わないものとします。 投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 当サイトは、日本在住のお客様を勧誘することを意図したものではありません。 HighRebate(ハイリベート)とは -TariTali(タリタリ)とのちがい- メリットは単純にキャッシュバック率が上がります! デメリットに関しては、今までTariTali(タリタリ)を経由で解説した口座と変わらないので特に無いです! ただ、 対応しているブローカーがXMとHotForexの2社のみになります! HighRebate(ハイリベート)とは -XMアカウント- XMの場合、スタンダード口座で1ロット毎に9ドル、Zero口座で1ロット毎に4. 5ドルのキャッシュバックが発生します。 XMからTariTali(タリタリ)に支払われるリベートが、 80%キャッシュバックだったのが90%に上がることになります。 HotForexのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「HighRebate」 HighRebate スタンダード口座 8. 0 USD 9. 0 USD ZERO口座 4. 0 USD 4. 5 USD HighRebate(ハイリベート)とは -HotForexアカウント- HotForexの場合、スタンダード口座で1ロット毎に0. 8pips、Zero口座で1ロット毎に0. 3pipsのキャッシュバックが発生します。 HotForexからTariTali(タリタリ)に支払われるリベートが、 90%キャシュバックだったのが100%に上がることになります。 HotForexのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「HighRebate」 HighRebate プレミアム口座 0. 72 pips 0. 80 pips Zero口座 0. 27 pips 0. 30 pips 独断と偏見で選んだ、海外FX業者ランキングのまえに 当ブログでは、筆者の13年のトレード経験をもとに海外FX業者は次の4社を推奨しています。 この組み合わせであれば、FX自動売買(EA)をメイン口座で動かしつつ、サブ口座でFX自動売買(EA)を少額で動かして様子を見ることができます。 FX自動売買(EA)を行っていく上では、ユーザーページやサポートも大事ですが、それよりも口座そのものの能力や条件が重要となってきます。 筆者の利用履歴も含めて紹介していきます。 お楽しみください。 では、はじめますよ!!! 3点の特筆すべき特徴 1.円建て口座はない(現時点ではドル建てかユーロ建てのみ) 2.キャッシュバックリベートはMT4口座に直接入金(出金の手間なし) 3.サーバーはのロケーションはアムステルダム(オランダ) HotForexのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 STP口座 0. 72 pips 6. 90 USD ECN口座 0. 27 pips 2. 0 USD 7. 0 USD ECN口座 0. 8 USD 1. 1 Lot からと大きめ 3.日本語サポートもあるがメインは英語サポート Tradeviewのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 STP口座 8. 0 USD 8. 25 USD ECN口座 2. 0 USD 2. 現在は利用休止中。 0 USD 9. 0 USD ~ 9. 5 USD ECN口座 4. 0 USD 4. 3 USD ~ 4. 現在も利用中です。 3点の特筆すべき特徴 1.追加口座で複数のIBを利用可能 2.欠点が見当たらない無難な海外FX業者 3.コピートレードの一つであるZulu Trade利用可能 TitanFXのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 RoyalCashBack STP口座 4. 0 USD 4. 0 USD ECN口座 1. 2 USD 1. 現在は利用休止中。 3点の特筆すべき特徴 1.レバレッジは最大1000倍 2.FX自動売買のための無料EAが利用可能 3.完全日本語対応 GEMFOREXのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 FinalCashBack STP口座 0. 80 pips 0. 50 pips ECN口座 0. 現在は利用休止中。 3点の特筆すべき特徴 1.オーストラリア大手FX業者の日本人部門のFX業者 2.口座そのものの仕様はTitanFXに似ている 3.顧客数はあまり多くないように感じる MyFXMarketsのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 STP口座 0. 48 pips 0. 3 pips ECN口座 1. 6 AUD 1. 口座解約済。 3点の特筆すべき特徴 1.スキャルピングに強いcTraderを選択可能 2.ほとんどが日本人顧客 3.日本人顧客メインの海外FX業者の中ではスプレッド狭め Axioryのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 FXRoyalCashBack STP口座 4. 0 USD 0. 40 pips ECN口座 1. 6 USD 0. 口座解約済。 3点の特筆すべき特徴 1.CFDが豊富 2.日本語サポートはいたり、いなかったり 3.スプレッドは広め FxProのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 STP口座 8. 0 USD 1. 64 pips ~ 6. 40 pips ECN口座 4. 0 USD 1. 64 pips ~ 6. 口座開設してません。 LANDFXのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 FinalCashBack STP口座 0. 425 pips 0. 380 pips ECN口座 0. 085 pips 0. 口座開設してません。 BigBossのリベート率を比較 「TariTali(タリタリ)」と「ベストIB」 FXRoyalCashBack STP口座 0. 56pips 0. 32 pips ECN口座 4.

次の