どんな とき も wifi 初期 契約 解除。 【完全ガイド】「どんなときもWiFi」初期契約解除制度(クーリングオフ)の使い方

どんなときもWiFiを8日以内に解約すると契約解除出来るって本当?|おそとdeシネマ

どんな とき も wifi 初期 契約 解除

どんなときもWiFiの解約は基本3パターン まず知っておきたいのは、どんなときもWiFiには3つの解約のパターンがあるということです。 通常の解約パターンに加えて、8日以内の初期契約解除制度や30日利用できる安心補償制度による解約などがあります。 パターンごとの違いを知り、自分の場合はどの方法で解約できるのかを知っておきましょう。 通常のどんなときもWiFiの解約 通常の解約方法としては、専用フォームでの受付か、電話にて申請するという2つの方法があります。 専用フォームから手続きをする場合は、サイトにアクセスしてIDとパスワードを入力してログインします。 その後表示される画面に沿って操作を行い、完了まで進めて解約の申請は終了です。 電話での手続きは営業時間が決まっているため、時間内に連絡しなければなりません。 電話番号:0120-048-277• 営業時間:月曜から土曜の11時~18時 年末年始を除く 手続を済ませた後は、利用していた端末を次の住所に返却してください。 〒141-0022• 東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F• グッドラックサポートセンター宛 返却期限は解約した翌月の10日までであり、10日までに必着となっているため注意しましょう。 また、解約翌月の10日までに到着しなかった場合や、端末が故障したり破損したりしている場合などは、18,000円 税抜 の機器損害金が発生します。 解約時に費用がかからなかった場合でも、端末の返却が遅れたり、不備があったりするとコストがかさむ点は頭に入れておかなければなりません。 8日以内なら初期契約解除制度 契約しても商品を受け取った日から8日以内に契約解除を行うなら、初期契約解除制度を利用して違約金なしでの解約が可能です。 まずはどんなときもWiFiのホームページから初期契約解除申請書のPDFをダウンロードして、印刷します。 これに必要事項を記入し、端末一式とともにサポートセンターに送ることで、違約金を払わずに解約ができます。 〒289-1608• 千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸㈱ D棟3F• 株式会社グッドラック どんなときもWiFi受付窓口 商品の発送が受け取りから8日以内であることが条件となっているため、相手に到着するのが8日を超えていても問題はありません。 返送時には「佐川急便」か「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかを利用するという指定もあるため、これも守るようにしましょう。 また、初期契約解除制度を利用して解約する場合は違約金はかかりませんが、端末を送る際の送料や3,000円 税抜 の契約事務手数料などはかかります。 すでに月額料金を支払っている場合は、契約解除の手続きが完了した後に返金の案内が届くため、案内に従って料金分の返金を受けましょう。 30日使って安心補償制度での解約 どんなときもWiFiでは、商品の受け取りから30日以内なら、安心補償制度を使って違約金なしでの解約が可能です。 まずはグッドラックサポートセンターに連絡をし、安心補償制度を使いたいことを伝えます。 電話番号:0120-048-277• 営業時間:月曜から土曜の11時~18時 年末年始を除く このとき解約理由も問われるため、答えられるようにしておきましょう。 申請をした後は、8日以内に端末を返送する必要があります。 〒289-1608• 千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸㈱ D棟3F• 株式会社グッドラック どんなときもWiFi受付窓口 利用できるのは「佐川急便」と「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかです。 スムーズに処理をしてもらうためには、配達伝票の品名に「30日使って安心補償」と記載しておきましょう。 初期契約解除制度と同様に、送料は自己負担であり、3,000円 税抜 の事務手数料はかかります。 また、30日の安心補償制度では、月額料金の返金はありません。 どんなときもWiFiを解約するポイント スムーズに滞りなくどんなときもWiFiを解約するには、次の5つのポイントを把握しておく必要があります。 更新月以外の解約で最大19,000円• オプションの解約はサポートサイトから• 電話での手続きは混雑予想時間を避ける• 26日以降は解約が翌月に• 返却物に不足があると機器損害金 解約について細部まで理解を深めておくと、手続きが滞りなく進み、スムーズに完了させやすくなります。 更新月以外の解約で最大19,000円 どんなときもWiFiでは契約更新月以外に解約すると違約金がかかり、最大で19,000円 税抜 もの費用がかかります。 違約金がいくらかかるかは、解約するタイミングと契約しているプランによって異なります。 通常のプランなら契約開始から12ヶ月目までに解約すると19,000円 税抜 がかかり、13~24ヶ月目までに解約すると14,000円 税抜 の違約金です。 さらに26ヶ月目以降は9,500円 税抜 と金額は下がりますが、多少なりとも違約金がかかるため、契約更新月を狙って解約したほうがよいでしょう。 「特別データ放題」というプランを利用している場合は、契約開始から24ヶ月までは9,500円 税抜 の違約金がかかり、それ以降はいつ解約しても違約金は発生しません。 プランごとに違約金の取り決めが異なるため、現在自分がどのプランに加入しているのか、解約前にチェックしておく必要があります。 オプションの解約はサポートサイトから どんなときもWiFiのお客様ページでは、本契約の解約だけではなく、オプションの加入もできます。 どんなときもWiFiの利用は続けるものの、一部のオプションのみ不要になったという場合は、お客様ページから解約手続きをするとよいでしょう。 ただし、お客様ページでは解約のみ可能であり、オプションの再契約はできないため、注意しなければなりません。 電話での手続きは混雑予想時間を避ける 解約や契約内容の確認など、オペレーターと話しながら手続きをしたい人は多いため、電話での手続きをする際には時間帯に注意しなければなりません。 基本的には火曜日から土曜日の14~17時までは問い合わせが増えやすく、繋がりづらいため、可能ならこの時間帯は避けたほうがよいでしょう。 また、月初や20~25日は、契約や解約の関係などで問い合わせが増えやすいため、この時期も避けるほうが無難です。 オペレーターの話を聞きながら解約するかどうかを決められるのは電話手続きならではのメリットですが、時間帯を間違えるとオペレーターに繋ぐだけでも時間がかかることは覚えておきましょう。 待ち時間を作らず、スムーズに解約やその他手続きをしたいなら、ネットから申し込みことがおすすめです。 26日以降は解約が翌月に どんなときもWiFiの解約締め切り日は毎月25日であるため、26日以降に手続きを完了させた場合は翌月にまたがることは覚えておきましょう。 25日までに手続きを完了させると、その月の末日に解約となりますが、26日以降だと翌月末が解約日となります。 1ヶ月解約時期がずれると、その分支払う月額料金も多くなるため、締め切り日までには解約できるよう準備をしておくことが大切です。 返却物に不足があると機器損害金 解約後は端末一式を返却しなければならず、これに不備があると18,000円 税抜 の機器損害金を請求されます。 返却期限をすぎた場合や返却する機器が不足している、あるいは破損や故障をしている場合も、同様の機器損害金がかかるため、端末の扱いには気をつけましょう。 機器一式は端末やSIMなどであり、付属していたUSBケーブルやストラップ、説明書などは含まれません。 ただし、機器を返却するとこれらも不要になることが多いため、取っておいても使用しないならまとめて梱包するとよいでしょう。 いつでも解約サポートで違約金なし どんなときもWiFiでは、「いつでも解約サポート」というサービスを提供しています。 これを利用することでも違約金なしでの解約が可能ですが、適用するにはいくつか条件を満たさなければなりません。 適用条件や利用方法を知り、制度を賢く使って解約手続きを行いましょう。 紹介されたサービスへの乗り換えが前提 「いつでも解約サポート」は、他社への乗り換えが必須であり、紹介されたサービスの利用を前提とします。 どんなときもWiFiから紹介されるのは、やなどであり、これらのサービスに乗り換えないと制度は利用できないため注意が必要です。 また、かからないのはあくまで解約時の違約金のみであり、乗り換え時に発生する事務手数料や回線開通工事の費用などがかかることは理解しておきましょう。 いつでも解約サポートの利用手順 「いつでも解約サポート」を利用するには、電話にてサポートセンターに連絡をします。 電話番号:0120-320-146• 営業時間:月曜から土曜の10~19時 年末年始を除く このときに「いつでも解約サポート」を利用したい旨を伝えると、乗り換え先のサービスを案内してもらえます。 あとは各種契約手続きを進めて乗り換え先のサービスを開設すると、どんなときもWiFiが自動的に解約となります。 固定回線への乗り換えの場合 他社モバイルルーターサービスへの乗り換えではなく、固定回線に乗り換える場合は自分でどんなときもWiFiの解約手続きを行わなければなりません。 申し込み手続きは同じでサポートセンターに電話をかけ、乗り換え先の回線を紹介してもらい、手続きを進めるだけです。 後は回線開通後に自分でどんなときもWiFiの解約手続きを行い、手順は完了です。 どんなときもWiFiの解約前のよくある疑問 どんなときもWiFiの解約を検討しているなら、よくある疑問を参考にして、自分が抱えている悩みが解決できるかどうか、チェックしておくとよいでしょう。 バッテリーが劣化したら交換してくれるか• どんなときもWiFiは再契約できるか• 通信速度の遅さは改善できるか これら3つは疑問に上がりやすいため、答えを知って契約を延長するか、解約するかを決めましょう。 バッテリーが劣化したら交換してくれるか 長期使用で端末が劣化したとしても、バッテリーのみの交換はできません。 可能なのは端末の交換であり、18,000円 税抜 の費用がかかります。 費用は高いものの、最新機種を使うことで使い勝手がよくなることは多いため、長く使いたいなら交換を検討してもよいでしょう。 どんなときもWiFiは再契約できるか 一度解約したとしても、再契約することは可能です。 更新月に解約するなら違約金はかからないため、再契約して端末を新品にし、プランを変更してサービスを利用し続けるということもできます。 ただし、新規契約者に対する特典は、再契約では適用されないため、この点には注意しなければなりません。 通信速度の遅さは改善できるか 通信速度が遅くなる原因は様々あり、主なものだと次の3つが考えられます。 端末の故障• バッテリーの劣化• 同時接続台数が多い 端末が故障している場合は修理に出すか、新しいものと交換すると通信速度が改善されるケースが多いです。 同時接続台数が多い場合は、使用していない接続中の端末を切ることで、速度が改善される場合があります。

次の

【どんなときもWiFi】再契約・キャンセル・クーリングオフ(初期契約解除)の利用方法まとめ|モバイルWi

どんな とき も wifi 初期 契約 解除

こんにちは。 「」編集部のダイゴです。 2019年の3月17日のサービス開始から一気に人気急上昇中の「」。 新しく契約しようと考えている人も多いのではないでしょうか?WiFi端末を契約する場合事前に解約方法について調べる人もいると思います。 ですが、1〜10まで公式HPをじっくりよんで解約方法について理解するのは少し大変ですよね…汗 今回の記事では、 どんなときもWiFiを実際に使っている私が「どんなときもWiFiの解約方法」「どんなときもWiFiの解約時の注意点」などについて詳しくまとめていきます。 この記事が、どんなときもWiFiの解約方法を調べている人の参考になれば幸いです。 このパートからは、さっそくどんなときもWiFiの解約方法について3ステップで誰にでもわかるように簡単に解説していきます。 どんなときもWiFiの更新月は、契約した月から数えて25ヶ月後です。 なるべく更新月に解約をすることをおすすめします。 マイページには右上に表示される「ログイン」ボタンからログインできます。 ログインボタンを押すとIDとパスワードを求められるので、契約時に送られてきた「ご契約内容」の書類に記載のIDとパスワードを入力しましょう。 IDとパスワードが書かれている書類は、こちらの書類になります。 書類の裏面、画像で言うと中央付近に書いてあるIDとパスワードがマイページのログインに必要なIDとパスワードになります。 マイページにログインすることができたら、画面右端の「ご登録内容の変更」の「詳細をみる」ボタンをクリックしましょう。 どんなときもWiFiは「レンタルWiFi」なので、解約に伴い端末を返却する必要があるんです。 返却を忘れると18,000円の機器損害金が発生するので注意が必要ですよ! 返送先や返送期限については、公式HPから引用した上記の表を参考にしてください。 どんなときもWiFiの解約金一覧や解約金を0にする方法を解説! 利用開始からの月数 解約料金 0ヶ月目 〜 12ヶ月目 19,000円 13ヶ月目 〜 24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 0円 どんなときもどんなときもWiFiは、更新月以外の解約では解約金がかかる2年縛りのあるWiFiです。 どんなときもWiFiを解約金0円で解約したいのであれば、必ず更新月を確認して更新月に解約するようにしましょうね…! 更新月の数え方は、契約した月から2年後の翌月です。 例えば、2019年4月に契約したのなら2021年5月が更新月となります。 【クーリングオフ可能?】どんなときもWiFiの初期契約解除制度について! 項目 内容 申請期日 端末受領日から8日以内 申請方法 公式HPからフォーマットをダウンロードの上送付 必要経費 初期費用3,000円 注意点 端末と付属品が返却されない場合18,000円の機器損害金が発生 どんなときもWiFiは商品受領から8日以内であれば、 電気事業法の「初期契約解除制度」で違約金不要で解約することが可能です。 「契約したけど電波が繋がらない」「使って見たら宣伝されていた内容と違った」など商品に不満がある場合、なるべく早めに初期契約解除制度を活用して解約しましょう。 初期契約解除制度を使った場合にかかる金額は、初期費用の3,000円のみです。 月額料金が引き落とし済みでも返金されるので安心してください。 初期契約解除制度を利用する場合、からダウンロードできるに必要事項を記入の上どんあときもWiFi宛てに発送することになります。 先ほども説明しましたが、初期契約解除制度は商品受領から8日以内に「初期契約解除申請書」と「端末一式」をどんなときもWiFi宛に発送する必要があります。 もし初期契約解除制度を利用するなら今すぐ手続を開始しましょう。 どんなときもWiFi解約時の3つの注意点を解説! どんなときもWiFi解約時の3つの注意点• まず、何度も説明していることですが更新月以外に解約すると解約金がかかります。 どんなときもWiFiは契約月から25ヶ月後の更新月で解約しましょう。 次に、当月解約を希望する場合は毎月25日までに解約申請を行う必要があることです。 25日を過ぎての解約申請は翌月解約扱いになるので気をつけてください。 最後に、どんなときもWiFiはレンタルWiFiなので端末の返却が必要です。 解約したらすぐに所定の住所に端末を返送するようにしましょう。 解約月の翌月5日までに端末の返却が確認できないと、18,000円の機器損害金が発生するので注意してくださいね…! まとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiを解約するならまずは更新月を確認すること!• 更新月が確認できたらマイページから解約申請をすること!• 解約申請後端末の返却を忘れずに!• どんなときもWiFiは更新月以外に解約すると1万円を超える解約金がかかる!• 商品受領から8日以内なら解約金を支払わずに解約可能! 今回の記事では、どんなときもWiFiの解約方法や解約金について解説してきました! どんなときもWiFiは「更新月の確認」「解約申請」「端末の返却」の3ステップえ簡単に解約することができます。 電波が届かなかったり、宣伝の内容と違うと感じた場合なるべく早く「初期契約解除制度」で解約手続を行うことをおすすめします。

次の

どんなときもWiFi 解約手順と解約の際に注意する点

どんな とき も wifi 初期 契約 解除

この度はどんなときもWiFiへの加入をご検討いただき誠にありがとうございます。 ご契約を検討いただいていたお客様には突然のご案内となり大変申し訳御座いません。 合わせてチャット相談サービスも一時休止させて頂いております。 1日でも早く受付再開ができるよう尽力してまいりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。 時節柄、在宅ワークの需要が高まる中、当社都合により新規利用をご希望のお客様へサービスご提供ができない事態にあることを大変心苦しく感じております。 ご迷惑をおかけしていることを重ねてお詫び申し上げます。 インターネット回線の利用を早急に望まれるお客様へ 少しでもお役に立てればと思い、当社がご案内できるサービスをご紹介させていただきます。 もしご興味がありましたら、お問合せください。 ・本制度を利用して新たに契約したサービスを、初期契約解除またはエリアキャンセルにてキャンセルした場合、お乗換え時に免除した違約金を請求させていただきます。 ・本制度は、弊社モバイルルーターサービスの違約金のみの免除となります。 事務手数料・初期費用など、モバイルルーターサービスの違約金以外の免除はございません。 なお、弊社窓口にて新たにインターネットサービスをお申込をされた場合に限ります。 ・新品の端末をレンタルで無料貸し出しとなります。 解約時に返却必須となり、返却期日までにご返却頂けない場合、返却時故障している場合は機器損害金18,000円を請求する場合があります。 機器損害金に関しましては、いつでも解約サポートのサービス対象外となりますのでご注意ください。 詳しくはサービス契約約款・重要説明事項をご確認ください。 ・お乗り換え後のインターネット回線の初期費用・工事費は各インターネット会社に準じます。 ・解約までに開通しない場合は一度違約金をご負担いただき、開通後ご負担いただいた違約金をキャッシュバックいたします。 ・ご契約内容により、解約後に端末のご返却が必要な場合がございます。 詳しくは弊社窓口にてご案内いたします。 ・お乗換え後、以前ご利用いただいていたサービスへお戻しすることは出来ませんのでご了承くださいませ。

次の