軽 トラ リフト アップ キット。 【アゲ軽 質問箱】車高を上げる前に知っておきたい! LIFT

【アゲ軽 質問箱】車高を上げる前に知っておきたい! LIFT

軽 トラ リフト アップ キット

主にオフロード走行を主目的としたクロカン系の4WD車やピックアップトラックをリフトアップすることが多く、車高を上げることで轍などでもエアロパーツやボディフレームが干渉することなく走行できることで、走破性が向上するのです。 近年はSUVやクロカンブームが到来しており、自動車メーカーが純正状態で車高が高い車種を多く発売していますが、本来車高を上げないような車種をカスタムしてハイリフトにすることがリフトアップの醍醐味でもあります。 ジムニーやデリカなどの走りを楽しむことに特化したリフトアップ向けカスタムパーツが多く存在していますが、実用性が求められる軽トラックや軽バンでもリフトアップできることをご存知ですか? 今回は軽バン・軽トラリフトアップのパイオニア、フォレストオートをご紹介していきます! フォレストオートとは? そこで創業当時、アメリカで行なっているリフトアップでは車検に不適合であることはもちろん、車体や足回りの耐久性が担保できないことから、代表の戸森(トモリ)さんは日本の車検制度に適合し、車体や足回りの耐久性が担保されるリフトアップスプリングを開発。 5cmアップします。 さらに、タイヤを一回り大きくすることでプラス1. 5cm、トータルで5cmのリフトアップを実現。 通常、リフトアップすると重心が高くなり、フラつきが多くなったり、操縦性が不安定になったりします。 1度装着すると車を乗り換えてもリピーターとして再度購入するユーザーさん達が多いそうです。 また、ジムニー用の大きなタイヤを履いたボディリフトでは、タイヤが大きすぎてブレーキが効きにくくなったり、エンジンパワーが喰われてしまい逆に走破性が落ちてしまったりと弊害があります。 悪路走行時のエアロパーツの干渉を減らし、アプローチアングルとデパーチャーアングルを稼ぎ、走破性を向上。 リフトアップカスタムにありがちな「やり過ぎ感」がないのも、フォレストオートらしいカスタムと言えるのではないでしょうか。 適合車種はスズキ エブリィDA17V・DA17Wをベースに、各社OEM車種(マツダ スクラム、日産クリッパーNV100、三菱タウンボックス、三菱ミニキャブ)にも対応。 各エアロパーツはバラでの購入も可能なので、フルキットで装着するも良し、ポイントを抑えて前後バンパーだけを装着するのも良し、ユーザーの好みに合わせて自由にカスタムすることができます。 軽自動車の維持費で、多くの荷物を運べ、狭い道もストレスなく走行できることからビジネスシーンで選ばれる軽バン。 その軽バンをカスタムして走破性を向上させることや、クルマ遊びやアウトドアにも使えるようにリフトアップカスタムを施すわけですが、その広いラゲッジスペースを活かして車中泊をしたい!と考えているユーザーさんも多いはず! 快適性を追求するのであればキャンピングカーのようにコンバージョンすることで得ることができますが、机やベッドをラゲッジスペースに常設化してしまうと普段の仕事に支障をきたします。 筆者も試しに寝てみたのですが、車内で寝ているとは思えないほどフラットな寝心地が印象的で、シートの継ぎ目の段差や細かい凹凸の不快さを感じることがありませんでした。 ホンダ N-VAN用リフトアップスプリングも2019年春に発売開始となるので、軽バン・軽トラのリフトアップに興味がある方は是非、フォレストオートのリフトアップパーツを検討してみてはいかがでしょうか? Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の

アルトを車高アップすると「見た目ヨシ、走りヨシ」に生まれ変わるんです!!

軽 トラ リフト アップ キット

リフトアップとは悪路走行をする場合、斜面でのアプローチアングル性能の改善を図ることが目的で、1970年代にアメリカで誕生しました。 その後世界中にリフトアップの技術が広がり、1980年代には、ドレスアップ目的でリフトアップさせることが流行しました。 このリフトアップはハイリフトとも呼ばれ、オフロード走行する若者を中心に広まっていきました。 しかし日本の道路事情も舗装路が大半を占めるようになり、悪路を走破する性能はそれほど求められなくなってきたのと、車のボディがラダーフレームからモノコックボディにシフトしていったことから、純粋に悪路走行を目的としたリフトアップは減少しました。 近年ではドレスアップ目的のリフトアップが主流となり、軽トラにもその波が押し寄せ、別名アゲトラの名称で軽トラのリフトアップは行われています。 どんな車でもリフトアップは可能か 車の車高を上げるには色んな方法があり、例えばエアサス装着車であれば純正でも車高を上げるシステムが備わっています。 これもれっきとしたリフトアップと言えるでしょう。 この他、スポーツカーではリフトアップとは無縁と考えられがちですが、フェラーリなのでは段差を乗り越えるためにリフトアップ機能を備えています。 車の車高を下げるには、車検や保安基準を無視するとスプリングを抜いてしまえば簡単に車高を下げることができます。 しかし車高を上げる場合は、かさ上げする分のスペーサーなどを使わなければ車高は上げる事はできません。 裏を返せば適当なスペーサーさえあれば車高を上げることができるという事です。 軽トラリフトアップの方法 軽トラをリフトアップさせるには、多くの改造が必要になってきます。 リフトアップさせるという事は、車高を高くするということで、タイヤからボディまでの距離が長くなります。 タイヤ部分には、ブレーキが付いているのでブレーキホースの延長作業をしなければなりません。 その他ミッションやエンジンの位置もタイヤとボディの距離の分だけ下げる必要があります。 ミッションが下がれば、サスペンションメンバもさげてドライブシャフトの位置を補正します。 またエンジンが下がるので、それに応じてマフラーのブラケットを長い物と変更する必要が出てきます。 サスペンションはショックアブソーバーをストローク量を確保するためにロングタイプに変更する必要も出てきます。 そしてステアリングシャフトの延長もしなければならないでしょう。 このように軽トラをリフトアップするには数多くの作業が必要となるでしょう。 今はやりのアゲトラ 今静かなブームを生んでいるアゲトラとは、軽トラをリフトアップすることです。 軽トラをリフトアップするには、何センチアップさせるというより、何インチアップさせるといった表現が主流で、2インチアップとか4インチアップといった商品があります(1インチは2. 54センチ) 軽トラでリフトアップさせるとデメリットもあります。 それは直進安定性の低下と燃費の悪化。 またリフトアップすれば重心が上になるのでコーナリングが苦手になるのと同時にタイヤサイズを大きくするので、ブレーキが通常より効きが悪くなります。 そこで軽トラをリフトアップしたことがゴールと捉えずに、その先の実用性に問題のないレベルにトータルでチューニングしていく必要があるでしょう。 サスペンションの交換 車高を調整する場合に古くから行われている方法はサスペンション交換です。 もちろんリフトアップさせる場合も、サスペンション交換で対応できます。 軽トラはフロントがストラットでリアがリーフスプリングですから、フロントの車高を上げるには長いスプリングを使えばリフトアップできます。 リアのリーフスプリングは、長くてそりのあるスプリングを使用する必要があります。 しかし軽トラにはリフトアップ専用のリーフスプリングのラインナップがありません。 どうしてもサスペンションでリフトアップさせる事に執着するのであれば、工場に専用のリーフスプリングを依頼するしか方法はありません。 しかもリーフスプリングは、改造申請届をする必要があり、それには強度計算書など数々の難関があります。 リーフスプリングの交換は敷居が高すぎるでしょう。 ボディリフト 軽トラのリフトアップで、リーフスプリングの交換が困難であることから、ボディーリフトの方法でリフトアップする方法が主流となっています。 この方法はサスペンションがノーマルなので、クロカンには不向きと言われています。 方法は、ラダーフレームとキャビンの間のマウントを交換する方法で非常に単純です。 そのため理論上は何センチでもリフトアップさせることができます。 この方法はドレスアップ目的で施工されることが多いカスタムですが、問題としてはアクセルワイヤーやブレーキホースなどを長いものに交換する必要が出てきます。 軽トラ用のリフトアップパーツとして、専用のマウント類も販売されているのでリーフスプリング交換より簡単に行うことができます。 しかしトータルでチューニングしていかないとバランスの崩れた軽トラとなり乗りにくくなってしまうのと、大きくリフトアップするとかなり高額の出費となるでしょう。 費用 軽トラのリフトアップは多くのショップでは行われていないので、経験のあるショップを探してお願いする事が重要です。 それは一般にカスタマイズしている専門店でも、軽トラ用のリフトアップに関するデータがないので、初めて行う場合は手探り状態での作業となり、満足のいく仕上がりにならない可能性があるからです。 そこで専門店にお願いすれば、ノウハウを持っているので短時間で仕上がりの綺麗な乗りやすい軽トラをつくることができるでしょう。 一般的な価格はリフトアップ量で変わりますが2インチアップで約10万円、4インチアップで約15万円~30万円ほどとなっています。 これにはタイヤホイールを含まれていないので別途購入する必要があるでしょう。 キットを購入して自分で交換する方法もありますが、キットも10万円前後しますからショップにお願いしたほうが安全で綺麗に取り付けられるでしょう。 軽トラには実用性やリフトアップ時のスタイリングを考えるとブロックタイヤを選択するのが良いでしょう。 ほとんどの軽トラのタイヤサイズは、「145R12 6PR」となっています。 タイヤをインチアップさせるには、標準タイヤの外形と同じになる事が重要で、この外形サイズが変わるとスピードメーターの誤表示や、フェンダー内にタイヤが干渉するなど問題が発生します。 そこで軽トラをリフトアップしてタイヤを取り付ける場合、14インチのタイヤまでにとどめるのが良いでしょう。 しかし重要なことは軽トラは荷物を積載する乗り物なので、タイヤを選ぶ時に注意が必要です。 それはタイヤの強度でプライレーティングと言いますが、この基準を満たしたタイヤでなければ保安基準に適合不可となります。 ホイール 軽トラをカスタマイズするにはホイールの選択も重要になってきます。 軽トラに限らずホイールを選ぶ時には粗悪品に注意をしなければなりません。 日本に流通してるアルミホイールには国土交通省が定める基準「JWL」と日本車両検査協会の強度試験をクリアした「VIA」があります。 この2つのマークがあれば問題ないですが、通販なのでは刻印を模造した偽物もあるのであまりにも安いホイールには手を出さないことです。 アルミホイールを選択するには、余りインチサイズの大きいホイールを選択するとタイヤ代も高くなるので、後のコストを考えて決める必要もあるでしょう。 しかし実際は12インチや13インチではデザインも限られるので、選ぶとすれば14インチや15インチで選ぶのがカスタムするうえで幅が広がります。 軽トラリフトアップDIY方法 軽トラのリフトアップさせるには、キットを購入して装着する方法と、下駄を自作して装着させる方法があります。 しかし下駄を自作するには車体を支える部分に使う事を考えると強度を持たせる必要があり、使う素材も重要になります。 キットが販売されていれば、それをポン付けで車高を上げることができます。 しかし軽トラの足回りを分解するので、安全には十分注意て作業する必要があります。 下駄を自作して取り付ける場合、鉄工所などで溶接をお願いすると良いでしょう。 フロントの場合、ストラットのアッパー部分と同じ形の型を作り持っていけば作成してもらえるでしょう。 またアルミ板には厚みに種類があるので、例えば20mmのアルミ板を使って作成すれば20mmリフトアップできます。 リアのシャックルには、強度を考えてアルミ製より鋼板を利用したほうがよいでしょう。 また錆防止のため穴開け加工後に塗装することをすすめます。 車検に通らない場合の対策 軽トラをリフトアップして車検に不合格した場合、何処に問題があるのかを整備工場で指示してきます。 そこで使用している部品を構造変更しなければならない場合は、メーカーに強度計算書の発行を依頼して軽トラを構造変更して合法的に車検を通すことにします。 強度計算書が手に入らない場合で、リフトアップを諦められない場合、強度計算書を発行しているメーカーの部品と交換するしかありません。 基本的に2インチでも4インチアップでもシャックルを持ち上げる改造が必要なので、そのままでは車検に通らないでしょう。 このほか検査する都道府県によっても基準にバラツキがあるので、管轄の陸運支局に問い合わせてみるのが良いでしょう。 軽トラリフトアップの中古車情報.

次の

車のリフトアップは何センチまで構造変更なしで通るのか?

軽 トラ リフト アップ キット

トータル5cmのリフトアップを実現! 通常、リフトアップ 地上高 すると重心が高くなります。 純正スプリングと同じバネレート(強さ)でリフトアップするとフラツキが多くなり、操縦性が不安定になります。 フラツキを解消しようとバネレートを高く(強く)すると乗り心地が悪くなります。 純正スプリング• 構造変更等の申請も必要ありません。 5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約1. 5cm、トータルで 約5cmのリフト量でそのまま車検対応。 ボディーリフトによるリフトアップ• リフトアップと同じ約5cmアップの地上高を実現させる為には、タイヤの外径を10cmも大きくしなければなりません。 もちろんノーマル比で10cmも大きなタイヤでは保安基準(車検)に適合しません。 また、大きなタイヤを回すことにより、 ブレーキ性能が低下したり、駆動系やエンジンにも負担がかかります。 5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約15mm、トータルで 約50mmのリフト量でそのまま車検対応。 USA方式でサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。 ストラットスペーサーによりサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。 また、この方式のリフトアップでは、ドライブシャフトが他の車体構成部品(ロアアーム等)に干渉することがあります。

次の