最速ドラパ。 【ポケモン剣盾ダブル】S6使用構築・ドラタンザンアシレ【最終96位】|ゆむ|note

【INC Aprilジュニア最終1806】投げ付け弱保エルドラパ

最速ドラパ

タイプ:こおり・むし 特性:りんぷん こおりのりんぷん 夢特性 種族値:H 70 A 65 B 60 C 125 D 90 S 65 こおり・むしタイプという特殊なタイプゆえに4倍弱点が炎と岩の2つとなっているが、高い特攻から放たれる一致冷凍ビーム、むしのさざめきで環境に多いドラパルトやサザンドラなどのドラゴンを狩ってくれるポケモンです。 今作はドラパルト、サザンドラ、アップリュー、パッチラゴン、ウオノラゴンなどのドラゴンタイプが環境に多く、こおり枠の採用を検討されている方は多いのではないかと思います。 特防も90あり、そこそこ高い。 隠れ特性のこおりのりんぷんの効果で特殊技を半減で受けることが出来る。 4倍弱点の炎対策として、オッカのみで半減することが出来るが、物理技が多い岩技にはめっぽう弱いので、バンギラスなどに相性の良い水ロトムやドリュウズ、ローブシンとの組み合わせが相性good。 技構成 ・冷凍ビーム ・むしのさざめき ・ギガドレイン ・ちょうまい 立ち回り Sが65と高くないため、相手の先手を取りつつ耐久を上げるという意味で、基本的にはモスノウに打点のないポケモンが来たときにちょうのまいを積んで、後続もろとも抜いていくスタイル。 削られたらギガドレインで回復しながら戦う。 使ってみて積みやすかったのは、ドラパルト、水ロトム、インテレオン、ラプラス、ギャラドス、ドヒドイデ、ブリムオンなど。 ダイマックしてダイアイスを撃ち、天候をあられ状態にすることであられダメージを与えられる。 きあいのタスキにも有効。 素早さ 4振りロトム抜き調整 ちょうのまいを一度積めば最速ミミッキュを抜くことができる。 特攻 ドラパルトは冷凍ビーム確定一発。 サザンドラも乱数87. ちょうのまいを一回積んだギガドレインで水ロトム乱数68. 特防 ダイマックス状態オッカのみ込みでC補正252振りサザンドラのだいもんじを確定で2発耐え。 通常時でだいもんじを受けても確定1発耐え。 相手がダイバーンで、モスノウが通常状態だと1発で落ちる。 防御 攻撃補正252、いのちのたま持ちミミッキュのじゃれつく耐え。 性格無補正ドラパルトのドラゴンアロー確定耐え。 物理炎技を使うウインディのオーバーヒートやエースバーンのかえんボールはA252振りだと1発で落ちる。 他にも良さげな技構成や持ち物など考察していきたいと思うので、皆様も是非構築に組み込んでみてください!! よろしくお願いいたします。 モスノウの調整に悩んでいたので、参考になります。 ギャラドスの場合はダイジェットを耐えられないので安定しない気がします。 環境に多いバンギ、ドリュウズ、ミミッキュ等に確実な有効打がなく、積んでも止められやすいのも厳しいですね。 あと、岩、鋼、炎に強いヌオー、トリトドン等とも相性が良いと思います。 結果的に言えば強い相手と弱い相手がはっきりしているので、選出を誘導できるのがモスノウの強みな気がします。

次の

【S7使用軸】スカーフエースバーン+ドラパ+クッション

最速ドラパ

弱保ドラパは弱保が発動しなかった場合少々火力不足なため、竜の舞を採用し火力の補強を狙った。 炎技も空を飛ぶも欲しいと思うことはあったが、それを言いだしたら切りが無い。 を切らなくてもギリギリ戦えるができればを切りたい。 一匹でサザンガルドに打点を持つのが偉い。 じゃれつくを打ちたいあいてはドレパンで事足りるというのを誰かの記事で見たためドレパン採用。 相手を倒すという観点から見ればドレパンで事足りたが、構築単位で欠伸に薄かったためダイフェアリーを打てるじゃれでも良かったかもしれない。 ドレパンの体力回復が勝ちに繋がるケースは無かった。 で相手のターンを枯らしたいと思った試合が結構あるがシャドクロ急所で勝った試合もあるため一長一短。 一発で飛ばしたいため眼鏡で採用。 電気技の一貫を切っていない構築が割とあるため、初手に出して眼鏡10万打ってるだけで仕事した気になれる。 前期より増加していたガルドへの打点としてを採用。 テンプレ技構成から雷の牙と馬鹿力のどちらを抜くか迷ったが、ア等への打点は持っておきたかったため馬鹿力を抜くことにした。 サザンやドラパに強く、ステロを撒きつつ月の光という回復手段をもつため、優秀なサイクルパーツになるはずだったが、実際はギャラやキッスに起点にされてそのまま全抜きされた。 相手の、、ヌオー等の低火力高耐久をキャッチし、残ポケ数や残HP割合ではなく、総HP量判定でのを狙う。 具体的には、• 高耐久入りに対して初手で出し、欠伸で対面操作• 良い感じのタイミングで高耐久をとおせんぼうでキャッチ• 眠ったり眠らせたりして時間つぶし• 試合経過時間12分、相手何かこちら欠伸• 同13分頃、相手何かこちら眠る、ここでこちらのHPはマックスに• 同14分頃、お互い確定で眠っているターン、ックスを切り時間稼ぎ• 次ターン来ずにタイムアップ という動きでHPをフルで残し、選出3体のHP合計勝負に持ち込む。 のHP実数値は267と群を抜いているため、相手にがいるかこちらの残り2体のHP実数値が極端に低いかしない限りは勝てる。 総量が勝っているか不安な場合は、4の欠伸を1分早めて12分眠る13分裏にバック14分きって攻撃という行動することで最速起きされなければ勝てる。 一応欠伸とドラパやキッス等に通るレンチの採用で最低限の汎用性を確保しており、欠伸で裏を見てレンチで削る、ピクシーのステロと併せて欠伸ループするといった動きも可能。 最終日はブラドヒドこい!ドヒドヌオーこい!とマッチング待機画面で念じていたが、できる並びとのマッチングは1割に満たなかった。 選出 刺さっているを出す。 構築を組む段階ではカビピクシーやカビアントを基本選出として考えていたが、実際はミミドラパ@1といった対面よりの選出が多かった。 おわりに 今期は最終71位と前期はギリギリ届かなかった最終2桁を達成できて嬉しいです。 USM時代の最高最終順位も更新することが出来たので、結果で見れば自己最高のシーズンになりました。 しかし、構築としては対面よりの選出が多くてコンセプト通りの動きができない等、しっくり来ない部分が多々ありました。 とおせんぼうカビで拾った試合はもちろんあるのですが、鈍いカビやチョッキカビの方が拾える試合の総数が増えていた可能性は大いにあると思っています。 とおせんぼうカビにこだわりすぎたかもしれません。 来期から数シーズンは就活のためガッツリは潜らないと思いますが、次頑張るシーズンは結果でも構築の完成度でも満足できるようにしたいと思います。 質問等はへお願いします。 ここまでの閲覧ありがとうございました。 今回もおまけ付きですが、興味の無い方はブラウザバック推奨です。 使用時TN:Angelic. 2014年にHDリマスター版が発売されており、今回はHDリマスター版のプレイ経験を基に紹介させていただきます。 といえばなんと言ってもハードでアブノーマルな性描写。 緊縛、スカトロ、鞭打ち、フィストファック、水責め、電気責め等のシーンが揃っています。 多くの人が心の内に秘めている、おおよそ他人に話すことが出来ないような過激な性的欲求を満たしてくれる作品です。 自分はそういった欲求は持っておりませんが。 本作品のシステム周りで結構好きなポイントは、CG鑑賞モードの際に裏でHシーンのボイスを流すことができる点。 実際にそのシーンで発していたボイスで無くても、気に入ったCGと気に入ったボイスを同時に楽しむことが出来ます。 ちなみに自分が一番好きなボイスは「凜音:陵辱・断末魔」で勢いがものすごく聞いていて笑えます。 一部を文字起こしすると「ハァーーガガギガガガガガ、ヒィーギィギャギャアギャギャギャギャーアァー、ギギギギガガギガギギウェウェヴウェ、ウォーアギャギャギャギャギャウワーハァーアァーアアー」こんな感じです。 文字起こしじゃ全く伝わらないと思うのでプレイして実際に聞いてみてください。 ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

次の

【シングル】のろい搭載両壁ドラパルト: しろまんじゅうとポケモン冷蔵庫

最速ドラパ

やふーぶろぐがしんだ!このひとでなし!!! ていうかそもそもお前、サンムーンで引退しただろ!!! はい、剣盾にてポケモン復帰しました。 実はウルトラサンムーンも動画は見ていたので環境もそれなりに知っていたという。 というわけであの頃のようにやっていこうと思います。 前置き終わり ~~~~ ドラパルト~~~~ 説明不要、今作の600族。 初期こそドラゴンアローで襷を貫通して相手を破壊+ダイホロウで受けを許さない+クリアボディで威嚇が効かないというところが注目されたが、最近は特殊フルアタ眼鏡だったり、鬼火祟り目だったりと、まるで6世代の頃のメガボーマンダを彷彿とさせる型の変わりよう。 単純に種族値が高いので、困ったらとりあえず入れとけポケモン。 それゆえにレートで見かけない日はない。 というかこいつ明らかにS種族値がおかしい。 こいつより早いポケモンはアギルダーとテッカニンくらいしかいない。 やばい。 早すぎる。 (こいつがスカーフをまくことで意地っ張り砂かきドリュウズが砂下でも抜けないため、ダブルのドリュウズは火力を犠牲に陽気にしてドラパを上からアイヘで殴りひるみ殺すか、ドラパ抜かれモグラとバカにされるようになった) さて、そんなドラパルトだが、前述した鬼火祟り目のように、そもそもゴーストタイプであるがためにわりといろんな補助技を覚える おにび、でんじは、てだすけ、バトンタッチ、こうそくいどう こいつ600族のくせに器用すぎる。 でも器用貧乏ってわけでもないのがやべー。 おかしい。 そして今ひそかに数を増やしている (大嘘)のが・・・ 壁貼りドラパルトである。 なんとこいつ地味に リフレクターと ひかりのかべどっちも使える。 そしてとんぼがえりも使える。 すごい。 なんだこいつ有能すぎないか? 壁貼りドラパルトが優秀な点は3つ。 1つ目はゴーストタイプがゆえに 【かわらわりが無効】なこと。 ドラパルト相手に壁を破壊する方法で、現実的なものはサイコファングくらいしかない。 (肝っ玉かわらわり、きりばらいやコートチェンジなどあるが、まあまず出くわすことはない) 2つ目はドラパルト自身は特性すりぬけで相手の壁構築・みがわりをけん制できること。 初期こそクリアボディ最強!!!と言われていたが、今はすりぬけ特殊アタッカーという型が大半を占めるようになったためか、相手が初手行動として行うのが電磁波や鬼火、はたまたいきなり仕留めにかかるムーブばかりなので、こちらの積み展開をサポートするのに都合がいい。 そして最後、これが今回の最大の利点にして一番の悩みどころ。 S種族値。 いたずらごころ組を除くとドラパルトは最速で両壁を貼ることのできるポケモンである。 ・・・・が、どうだろう、こいつ、壁貼ったあと蜻蛉くらいしかすることなくね? そして逆にSが高すぎるがために、蜻蛉をしてしまうと結局積みポケモンに負担がかかるんじゃね? 後攻とんぼをしてつなげるか、退場するのが理想ムーブのはず・・・・・ うーむ、困った・・・こんなとき、都合のいい自主退場技があればな~~~~~~~~~ タマゴ技:のろい あ り ま し た。 とにかく先発で両壁(あるいは片方の壁)を貼り、その後相手からのダメージ量を見てのろいを行い自主退場する。 いわずもがなゴーストタイプののろいなのでHPを削り、相手にのろい定数ダメージを付与する。 説明を省いていたが、今作のダイマックスという仕様上、最も相手に負担をかけられる定数ダメージ技がのろいである。 ダメージ稼ぎのためにとりあえず鬼火どくどくしとくか…という思考はだれしもがあるが、ダイマックスを使われるとそのカスみたいな定数ダメージでは意味をなさないことのほうが多い。 ドラゴンアローはドラパルトミラーになった際に50%の確率で相手を鎮めるために採用。 耐久無振りドラパルト相手にはA無振りでもドラゴンアローで確定が取れるので、壁を貼る前に同速ゲーを仕掛けていく。 今時意地っ張りor控えめスカーフドラパルトなんていないので、S負けしたときは潔く負けを認めて次の試合に臨みましょう。 今回自主退場技として採用したのろいだが、この技は実は今の環境にめちゃくちゃ刺さっていて、物理ドラパルトを見て後投げしてくるアーマーガア、ヌオー、ドヒドイデ、ナットレイなどの高耐久ポケモンをごっそり削ることができる。 また居座れば居座るほどHPはゴリゴリ減っていくので、耐久ポケモンは退かざるを得なくなり、結果として積み技の試行回数が増やせることになる。 また、自主退場技としても単純に優秀なので、相手の起点になることも少なく、むしろのろいさせてくれてありがとうになる。 なお、このドラパルトは間違っても 絶対にダイマックスさせてはいけないので、戒めのためにわざとダイマックスアメを使用していない。 どうしてもこのドラパルトでダイドラグーンを打ちたい場面があるというなら、素直にワイドブレイカーを覚えさせよう。 ~~~~~立ち回りメモ~~~~~~ 基本的に初手投げ、壁貼って呪いして終わり、なのだが、一部相手には少々立ち回りを変える必要がある。 この時、相手の行動次第で次のように行動を変える 1:鬼火打ってきた あえて次のターンにドラゴンアローを打つ。 だいたい相手のHPが半分削れない(オボン発動圏外)まで削れる+相手からの技でいい感じに削れるので、その次にリフレクター貼って、のろいで退場する。 この時の立ち回りで重要なのは、相手がボルトチェンジをしてきたときにドラパルトが場に残らないことを意識した行動をとること。 のろいでしっかり退場するか、ボルトチェンジのダメージ・やけどのダメージで退場するかして、ボルチェン後に出てきた相手の後続に起点にされないように立ち回ること 2:電磁波打ってきた 電磁波を食らったあとはどうあがいても無振りロトムすら抜けないので、相手が先行ボルチェンを決めてくれることにかけてのろいする。 イカサマ持ちの場合はだいたいの場合チョッキ持ちなので次に出すのは物理アタッカーにする、というのを心がけるくらい。 4:スカーフトリックしてきた この時点でS補正ありの最速であることが判明する(控えめスカーフでは最速ドラパルトを抜けない)。 最速スカーフミトムという事故を除けばだいたい安定する。 並びになると思われる。 最悪ドラパルトを選出しなくても単体性能が高いという点において優秀。 オーロンゲと違って呪いでダメージを稼げるので、わるだくみを積んでいる間にも相手は疲弊していくのがこの並びとの違い。 ヒヒダルマの一貫がやばいことになる。 というか今の環境ガメノデスが刺さりすぎている。 ガメノデスは言わずと知れたからをやぶるポケモンで、かつロックブラストをタイプ一致で使える剣盾環境では唯一のポケモン。 (一応全国図鑑だとオムスターがいるが) また、特性かたいツメによって、新規習得したアクアブレイクの火力がすさまじいことになっている。 ドラパルトが誘いやすいヒヒダルマのつららおとしを耐えながら、下からからやぶり+ロックブラストで貫通していく。 すいすいカジリガメと違い、ダイマックスした際のダイストリームとダイロックの打ち分けがしやすく、殻破り+ダイストorロックでだいたいの相手は死ぬ。 砂嵐にすれば襷も貫通する。 そもそもロックブラストが襷を貫通する。 雨を降らせればダイマックスが終わった後のアクアブレイクの火力がやばいことになる。 ガメノデスを見てから後投げしてくるナットレイには、からやぶりかたいツメクロスチョップでわからせてあげよう(中乱数) なお、意地っ張り準速だと最速スカーフヒヒダルマをちょうど1抜けない素早さになってしまう。 まあとはいえヒヒダルマなんてだいたい意地っ張りでしょw ヒヒダルマに高い殺意を持っている人は陽気にしましょう。 というかドラパミミッキュとかただのガチパですやん。 さらにサイコフィールドを展開することで先制技も無効。 壁貼ってる状態のじじいの強さは5世代からポケモンやってる人なら言わずとわかる。 ドラパルト自身が誘いやすいバンドリの並びもローブシンで半壊させ、後ろから出てくる不一致ダイジェット持ちなら壁込みで耐えて返り討ち。 しいて言うならば特殊フェアリーにクソよわになるのでなんとかしたい。 ダイアース、ダイスチルがともに耐久を上げる技であり、自然と採用できるのもミソで、カッチカチになることもできる。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この記事を読んだポケモントレーナーのきみ! 今後は ドラパルト相手に耐久ポケモンを投げるのは やめようね!.

次の