洗濯機 クリーニング 比較。 洗濯機の洗濯槽クリーニングの料金相場とおすすめの業者を比較!

おすすめの洗濯機の掃除、クリーニング業者一覧を徹底比較!|修理方法.com

洗濯機 クリーニング 比較

【目次】• 洗濯機の汚れとは? 洗濯機の代表的な汚れは、主に5つあります。 洋服に付いた汚れ 洋服には汗や皮脂汚れ、外出先で付いた汚れ、食べこぼしや飲みこぼした食品の汚れ、毛玉や繊維くず、ポケットにしまい忘れていたティッシュや紙類など、様々な汚れ・ゴミが付いています。 石鹸カス 粉タイプの洗剤を使っている場合は溶け残ったもの、液体洗剤の場合は洗剤投入口に残ったものが固まり石鹸カスになります。 洗剤だけでなく、柔軟剤も同様です。 水で流れず残ったものが固くなり、石鹸カスになります。 ホコリ ホコリは普段の生活でなかなか目につかない洗濯機の後ろ側や壁との隙間、洗濯パンなどに溜まりがちです。 水を多く使う洗濯機の周囲は、注意が必要です。 乾いた状態であれば取り除きやすいですが、水分に触れると取り除きにくくなってしまいます。 水アカ 水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が乾いて蓄積すると、石のような固い汚れになります。 洗濯物への影響はほとんどありませんが、石鹸カスと一緒に多く蓄積すると、さらに固い汚れとなり、ハウスクリーニングのプロでも分解できなくなってしまいます。 洗濯機は内側が水分で濡れている場合が多いため、カビが生えやすい環境です。 洗濯槽の裏側に付く汚れの対策 洗濯機で一番汚れている部分は、洗濯槽です。 普段見えない場所なので、お掃除のタイミングや方法が分からない方も多いのではないでしょうか。 そこで、ご家庭で簡単にできる洗濯槽のお掃除方法をご紹介いたします。 用意するもの• 酵素系漂白剤(粉タイプ)または過炭酸ナトリウム• 針金ハンガー• 水を満杯まで入れ、洗濯槽全体がお湯に浸かるようにします。 最高水位までお湯が入ったら、5分程度回して水流で汚れを揺すります。 お湯の力で汚れを柔らかくふやかして、洗剤が効きやすい状態にします。 すると、洗剤がお湯に反応してシュワシュワと音を立てながら泡ができます。 この発泡する力で、汚れを剥がしていきます。 15分ほど洗濯機を回して、洗剤が隅々まで行き渡るようにします。 排水が始まる前に洗濯機を停止させ、2時間以上そのまま放置して浸け置きします。 洗濯機のニオイが気になったり汚れが酷い場合は、5時間程度浸け置きしてみましょう。 すると、洗濯槽の裏側に付いていた汚れが水の中に浮いてきます。 茶色や黒っぽいカスが、洗濯槽の裏側に付いていた汚れです。 次に針金ハンガーを引き伸ばし、古ストッキングを被せてハンガーネットを作ります。 このハンガーネットを使って、浮いてきた汚れをすくい取ります。 新しい水に入れ替えて再度洗濯機を回し、まだ汚れが出てくる場合は、ハンガーネットですくい取ります。 これを繰り返して汚れが出なくなったら完了です。 汚れが酷い場合は、専門業者によるクリーニングで汚れをリセットしてから、日々の汚れ防止のメンテンナンスとしてこの方法を行うと効果的です。 洗濯のついでにサッとお掃除 汚れが付きやすい洗濯機は、こまめにお掃除したいですよね。 洗濯のついでにサッとできる簡単な掃除方法をご紹介しますので、定期的にお掃除してキレイな状態をキープしましょう。 洗剤投入口(洗剤ポケット、洗剤ケース、洗剤注入口) 用意するもの• 歯ブラシ• 汚れが強ければ浴室用洗剤• 機種によって構造が異なりますので、取扱説明書を確認してから外してください。 ぬるま湯でしばらくすすぎ、汚れを柔らかくします。 汚れが取れない場合は、浴室用洗剤をスプレーしてしばらく浸け置きしてから歯ブラシで擦ります。 洗剤ケースを外した本体側も石鹸カスやカビなどで汚れている場合があるので、ブラシが入る部分はお掃除しましょう。 ただし、洗剤を洗い流すのが難しいため、浴室用洗剤は使わずにぬるま湯で濡らした歯ブラシで擦りましょう。 下にキッチンペーパーを敷いておくと、水分や汚れが他に移りません。 浴室用洗剤を使う場合は、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。 本体側は、ぬるま湯で絞ったキッチンペーパーで汚れごと拭き取ります。 洗剤ケースも本体側も余ったキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、洗剤ケースは元に戻します。 糸くずフィルター(ゴミ取りネット) 用意するもの• 歯ブラシ• 汚れが強ければ浴室用洗剤• 機種によって構造が異なりますので、取扱説明書を読んで外してください。 これを放置していると、カビの原因になったり洗濯物にゴミくずが付くため、こまめに取り除きましょう。 乾いた状態の方が取り除きやすいので、洗濯機を使う前に行いましょう。 汚れが残っている部分は、歯ブラシで擦ります。 取れない場合は、浴室用洗剤をスプレーしてしばらく浸け置きした後に歯ブラシで擦ります。 糸くずフィルターを外した後の本体側も、石鹸カスやカビなどで汚れている場合があります。 本体側は洗剤を洗い流すのが難しいため、浴室用洗剤は使用せず、ぬるま湯で濡らした歯ブラシで擦りましょう。 浴室用洗剤を使った場合は、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流しょう。 本体側は、ぬるま湯で絞ったキッチンペーパーで汚れごと拭き取ります。 糸くずフィルター、本体側どちらも、余ったキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、元に戻します。 洗濯パンや壁との隙間 用意するもの• 針金ハンガー• 掃除機の入らない隙間は、針金ハンガーと古ストッキングなどでホコリキャッチャーを作って取り除きます。 ホコリキャッチャーは、針金ハンガーを縦に引き伸ばし、上からストッキングを被せ、余った部分を巻き付ければ完成です。 そうすることで、ホコリが付きやすくなります。 ホコリキャッチャーの材料は、古ストッキングだけでなく、要らなくなったタイツや化繊の古着でも代用できます。 お掃除が終わったら外して捨てるだけなので、片付けも簡単です。 針金ハンガーなので収納場所も取らず、洗面台下の収納スペースや隙間に置いておけば、サッと取り出してすぐお掃除ができます。 カビを防ぐには? よくある間違いと予防法 フタは開けておく 洗濯機の中は常に水分で濡れた状態になっているため、フタを閉めたままにしておくと、カビが繁殖しやすくなります。 洗濯機のフタは、洗濯のとき以外は開けておき、乾燥させておきましょう。 洗濯機は洗濯カゴとして使用しない 洗濯機のカビを防ぐためにも、洗濯カゴのように衣類を入れたままにしておくのは避けましょう。 洗濯機を使用する直前まで洗濯物は中に入れず、洗濯カゴを使用するようにしましょう。 プロに任せて洗濯機を徹底洗浄! こまめにお掃除をしていても、洗濯槽の裏側まではなかなかキレイになりません。 洗濯物に茶色や黒いカスが付いている場合は、洗濯槽の裏側にカビや石鹸カスなどの汚れが潜んでいます。 プロに依頼すれば、専門器材を使った分解洗浄で徹底的に丸洗いしてくれます。 清潔な洗濯機で衣服を洗濯して、快適な生活を送りましょう。

次の

洗濯機(洗濯槽)クリーニングのおすすめランキング!

洗濯機 クリーニング 比較

「洗濯機の中が臭い」「洗濯物に黒や茶色のカスが付く」「洗った洗濯物が臭う」などの症状が現れたら、洗濯機(洗濯槽)の汚れを疑いましょう。 この記事では、自宅での洗濯槽掃除におすすめの洗剤や掃除方法をご紹介します。 自分で掃除してみたけどまだ汚れが出るという場合は、かなり汚れが溜まっている可能性が高いため、専門のを依頼するのがおすすめです。 1)洗濯機の臭い・汚れの原因 洗濯機や洗濯物の臭い、洗濯物につく茶色いカスのような汚れは、洗濯機(洗濯槽)に汚れが溜まっているサイン。 臭いやカスの原因は、洗濯槽裏で繁殖したカビや雑菌です。 自宅では確認する術がありませんが、プロの洗濯機クリーニングを依頼して洗濯機を分解してもらうと、洗濯槽の裏側にびっしりとこびりついた茶色い汚れを確認することができます。 洗濯槽の内側に開いている脱水用の穴から入り込んだ 衣類の汚れや、溶け残った洗剤などが洗濯槽裏に付着し、それをエサに雑菌やカビ菌が繁殖していきます。 また、洗濯機の中は湿気がこもりやすいため、洗濯機の蓋を閉めたままにしたり、汚れた衣類を入れっぱなしにすると、雑菌やカビが繁殖しやすくなってしまうのです。 ご自宅での分解は故障や事故に繋がる恐れがあるため、洗濯機の分解洗浄は、プロの洗濯機クリーニングに依頼しましょう。 2)洗濯機(洗濯槽)の掃除頻度 長い間掃除をしていなかった場合や、 掃除をしてもまだ汚れが出てくる場合は、しばらく月に一回の頻度で繰り返し掃除をしてください。 定期的に掃除をしている場合は、3ヶ月に一回程度で十分です。 そのとき、ついでに排水口や排水ホースなどもチェックして、汚れが溜まっている場合は掃除をしましょう。 ゴミ取りネット・フィルターのゴミは洗濯をするたびにとるようにしてください。 2)洗濯槽の掃除に使える洗剤 3-1)塩素系漂白剤の特徴 塩素系漂白剤(塩素系クリーナー)は、 殺菌力が強く短時間でカビ・汚れ・見えない菌まで分解除去する効果があります。 使い方も簡単で、浸け置きして汚れを浮かせたり、浮いてきた汚れを手で取るという手間もかからないのがメリットです。 しかし、 洗浄力が強力なぶん、肌への刺激も強く、すすぎが足りないと洗濯物が色落ちしてしまう可能性もあるので、すすぎはしっかりする必要があります。 肌や衣類への影響が気になる方や、乳幼児がいるご家庭は、酸素系漂白剤もしくは重曹などのエコ洗剤がおすすめです。 3-2)酸素系漂白剤の特徴 酸素系漂白剤(酸素系クリーナー)は、 強い発泡力があり、その泡で洗濯槽にこびりついたカビや汚れを剥がし落とす効果があります。 洗濯槽に付着したカビや茶色いカスが浮いてくるので、汚れ落ちをしっかり確認することができます。 数時間浸け置きをしたり、浮いてきた汚れを取る手間はありますが、 塩素系と比べて刺激が少なく、最近では合成界面活性剤や香料、保存料などの成分を含まない無添加の洗剤も増えてきているので、安全性が高いのがメリットです。 酸素系漂白剤で掃除する場合は、浮いてきた汚れを取るための網を用意しておきましょう。 100円ショップなどで購入できる小さめの「魚すくい網」がおすすめです。 3-2)重曹・クエン酸の特徴 アルカリ性の 重曹には、酸性の皮脂汚れやぬめり汚れを中和して落とす効果があり、 酸性のクエン酸には、雑菌やカビ菌を殺菌する効果があります。 汚れだけれなく殺菌もできるよう、重曹とクエン酸の2つを併用しましょう。 重曹やクエン酸はエコ洗剤としてよく知られており、肌への刺激も少なく環境にも優しいのが一番のメリットです。 乳幼児やペットを飼っているなどの理由で刺激の強い洗剤を使いたくない方におすすめです。 ただし、 重曹・クエン酸は、市販の漂白剤に比べると洗浄効果が弱いため、長い間掃除をせずに汚れが溜まってしまっているという場合は、市販の塩素系漂白剤もしくは酸素系漂白剤で掃除するのがおすすめです。 4)洗濯槽の掃除方法(手順)• 洗濯槽にお湯を溜める• 洗剤を入れる• 浸け置きをする• 汚れをすくい取る• すすぎをする• 脱水する 使用する洗剤により手順が異なりますので、次項より紹介する各洗剤ごとの掃除方法をご確認ください。 4-1)塩素系漂白剤を使う• 溜めたお湯にクリーナーを投入する• 洗濯槽内に汚れがついていないか確認• 4-2)酸素系漂白剤を使う• ゴミ取りネットを外す• 標準コースで5〜6分洗濯機を回す• 運転を止め5〜6時間置く• 5分程洗濯機を回す• 浮いている汚れを網ですくい取る• 蓋を開けたまま洗濯槽内を乾燥させる 溢れるくらい泡が経ってしまっている場合は、泡やお湯を洗面器ですくうなどして水位を減らしてください。 4-3)重曹・クエン酸を使う• ゴミ取りネットを外す• 重曹2カップ、クエン酸1カップを入れる• 標準コースで5〜6分洗濯機を回す• 運転を止め一晩置く• 浮いている汚れを網ですくい取る• 蓋を開けたまま洗濯槽内を乾燥させる 5)洗濯機のお手入れ方法 5-1)糸くずフィルタ・ゴミ取りネット• 洗濯槽から取り外す• 溜まっているゴミを取り除く• 洗面器などに溜めたぬるま湯に浸けながら歯ブラシで汚れをこする• 汚れを洗い流す• 水気を拭き、乾燥させてから取り付ける (本体側にも汚れがついていることがあるので、確認して拭き取りましょう) 5-2)排水ホース• バケツや洗面器など排水ホースが浸かる大きさの容器を準備する• ホースを重曹水に浸ける• 1時間程時間を置く• 中の汚れを水で洗い流す• 排水ホースは、掃除を怠ると中にヘドロが溜まり真っ黒になることもあります。 放っておくと悪臭や詰まりの原因にもなるため、少なくとも 半年に一度は汚れをチェックしましょう。 外し方がわからなかったり、洗濯槽ともに長い間掃除をしていない場合は業者のがおすすめ。 洗濯槽やホースをはじめ洗濯機の各部品を分解し徹底的に汚れを落としてくれます。 5-3)排水トラップ・排水口 掃除の前に、洗濯機を移動させて排水口のまわりにスペースを空けてください。 また、排水口内の掃除用に 市販のパイプクリーナーを用意しましょう。 排水口の一番上にある蓋を取り排水トラップを露出させる• 排水口内をパイプクリーナーで掃除する• 5-4)防水パン 防水パンとは、洗濯機の下に置くプラスチック製の四角い受け皿のようなもので、洗濯機パンとも呼ばれます。 洗濯機の下は狭く掃除がしづらいですが、髪の毛やホコリが溜まりやすくカビも生えやすいので、定期的に掃除しましょう。 掃除に 必要な道具は、隙間用ノズルを付けた掃除機と、洗濯機の下に入る細いハンディワイパー、雑巾の3つです。 掃除機で防水パンまわりのゴミを吸い取る• ハンディワイパーでホコリ・髪の毛をかき出す• 水に濡らし固く絞った雑巾でパンを拭く 手で届かないところは、ハンディワイパーに雑巾を括り付けて拭きましょう。 洗濯機を防水パンから移動させる場合は、排水ホースや電源コードを外す必要があるため、注意して行ってください。 5-5)洗濯機の外側 意外と見落としがちなのが洗濯機本体の外側。 特に上面はホコリが溜まりやすいので定期的に取り除きましょう。 ハンディワイパーでホコリを絡め取ったあと、固く絞った雑巾で洗濯機の外側を拭いていきます。 細かい溝や隙間は、割り箸にテッシュを巻いたものなどを使うと掃除が簡単です。 6)洗濯機の汚れを防止する方法• 洗濯槽の掃除は月1回を目安に• 洗濯機の蓋は開けておく• 汚れた衣類は洗濯カゴに入れる• 洗剤・柔軟剤は適量を守る 洗濯が終わったあとすぐに蓋を閉めてしまうと、中に湿気がこもりカビが生えやすくなってしまいます。 完全に乾燥するまで蓋は開けっ放しにしておきましょう。 汚れた洗濯物を洗濯機の中に入れっぱなしにしてしまうと、 衣類に付着した汗や皮脂などで洗濯槽内の湿度が上がってしまい、これもカビや雑菌が繁殖する要因になります。 汚れた衣類は洗濯カゴに入れ、洗う直前に洗濯機へ入れるようにしましょう。 洗剤や柔軟剤の使用量に気をつけるのも、汚れ防止には大事なことです。 洗剤は多すぎても少なすぎてもその洗浄力を十分に発揮できません。 洗浄効果を高めるために、規定の使用量を守るようにしてください。 溶け残った洗剤や柔軟剤もカビや雑菌の要因となります。 7)洗濯機クリーニングとは 洗濯機クリーニングとは、 洗濯機を洗濯槽や排水ホースなどの細かいパーツに分解し、それぞれのパーツの汚れを高圧洗浄機などで徹底洗浄するクリーニングのことです。 洗濯槽の裏側や排水ホースの内側に蓄積した黒カビやヘドロ汚れがきれいに落ちます。 Q ドラム式の洗濯機は対応しているの? A ドラム式洗濯機は全自動洗濯機よりも複雑な構造になっているため、対応していない事業者も多いですが、近年ではクリーニングを受け付けている事業者も増えてきています。 ただし、海外製のドラム式洗濯機などは、特殊な構造のケースが多いため、ドラム式クリーニングに対応している事業者でもクリーニング不可な場合も。 依頼前に問い合わせをして確認しましょう。 Q 二層式の洗濯機は対応しているの? A 二層式の洗濯機はクリーニングに対応していない事業者がほとんどです。 また、全自動洗濯機でもあまりにも古いものは断られるケースも。 しかすべての事業者が非対応というわけではなく、二層式にも古い型にも対応している事業者もあります。 Q 自分で洗濯機の分解洗浄ってできる? A 正しいやり方を行えば可能ですが、自分で分解した結果不具合が発生した場合、メーカーの保証が受けられなくなってしまいます。 無理をせずに事業者に依頼することをおすすめします。 Q 自分で掃除する場合、どのくらいの頻度でやったらいいの? A 使用頻度が少ない場合は2~3ヵ月に一回、多い場合は月に1回の頻度が望ましいです。 8)写真で見るプロの洗濯機クリーニング• ボタンを操作し洗濯機が正常に動くかどうか確認します。 動作確認が終わったら、床や壁に汚れが飛び散らないようシートで養生をします。 洗濯機まわりだけでなく、分解したパーツを洗うお風呂場にも。 この汚れが洗濯物に付く茶色いカスの正体です。 上の写真の右側にある三角形のくぼみは、乾燥フィルターに繋がる部分。 自宅での掃除では手の届かない箇所です。 ここにほこりやゴミが溜まると乾燥の効きが悪くなってしまいます。 依頼者の声 数ヶ月に1度は市販の洗濯槽クリーナーを使って掃除していて、毎回ワカメのようなカビが大量に出てきていたので、しっかりきれいにできていると思っていました。 でも、洗濯物につく黒いカスは無くならないし、洗濯機自体の臭いも年々強くなってきていたんです。 無香料の洗剤を使ったときは顕著にわかるんですよ。 まさかこんなに汚れていたなんて……。 洗濯槽にはまっていたパーツの裏も汚れで真っ黒! 排水ホースには黒カビとホース内側を覆う分厚いヘドロが。 バケツに真っ黒な排水がどんどん流れてきます 洗濯槽以外のパーツの汚れは、カビ取りのクリーナーを使用し、ブラシや手洗いで一つ一つ丁寧に汚れを落とします。 9)おすすめの洗濯機クリーニングサービス 今回、洗濯機クリーニングを依頼したのは、「親切・丁寧・サービス一番」をモットーに掲げている『』の店長、平野さん。 フレンドリーな笑顔が安心感たっぷり! メーカーサービスエンジニアの経験で培った、熟練の分解・クリーニング技術を持つスタッフが在籍しており、日立ビートウォッシュやドラム式洗濯機まで幅広く対応。 洗濯機に関する専門知識やクリーニング技術はもちろん、 お客様への事前連絡や親切な説明、丁寧な作業が評判となり、約1,000件もの高評価口コミを獲得しています。 その技術力とサービス品質が高く評価され、くらしのマーケットに出店している数ある店舗の中から、特に優れたサービスを提供している店舗として 「」を受賞しました。

次の

洗濯機クリーニング業者の選び方|主婦が選ぶおすすめ5社のランキングと比較

洗濯機 クリーニング 比較

【目次】• 洗濯機の汚れとは? 洗濯機の代表的な汚れは、主に5つあります。 洋服に付いた汚れ 洋服には汗や皮脂汚れ、外出先で付いた汚れ、食べこぼしや飲みこぼした食品の汚れ、毛玉や繊維くず、ポケットにしまい忘れていたティッシュや紙類など、様々な汚れ・ゴミが付いています。 石鹸カス 粉タイプの洗剤を使っている場合は溶け残ったもの、液体洗剤の場合は洗剤投入口に残ったものが固まり石鹸カスになります。 洗剤だけでなく、柔軟剤も同様です。 水で流れず残ったものが固くなり、石鹸カスになります。 ホコリ ホコリは普段の生活でなかなか目につかない洗濯機の後ろ側や壁との隙間、洗濯パンなどに溜まりがちです。 水を多く使う洗濯機の周囲は、注意が必要です。 乾いた状態であれば取り除きやすいですが、水分に触れると取り除きにくくなってしまいます。 水アカ 水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が乾いて蓄積すると、石のような固い汚れになります。 洗濯物への影響はほとんどありませんが、石鹸カスと一緒に多く蓄積すると、さらに固い汚れとなり、ハウスクリーニングのプロでも分解できなくなってしまいます。 洗濯機は内側が水分で濡れている場合が多いため、カビが生えやすい環境です。 洗濯槽の裏側に付く汚れの対策 洗濯機で一番汚れている部分は、洗濯槽です。 普段見えない場所なので、お掃除のタイミングや方法が分からない方も多いのではないでしょうか。 そこで、ご家庭で簡単にできる洗濯槽のお掃除方法をご紹介いたします。 用意するもの• 酵素系漂白剤(粉タイプ)または過炭酸ナトリウム• 針金ハンガー• 水を満杯まで入れ、洗濯槽全体がお湯に浸かるようにします。 最高水位までお湯が入ったら、5分程度回して水流で汚れを揺すります。 お湯の力で汚れを柔らかくふやかして、洗剤が効きやすい状態にします。 すると、洗剤がお湯に反応してシュワシュワと音を立てながら泡ができます。 この発泡する力で、汚れを剥がしていきます。 15分ほど洗濯機を回して、洗剤が隅々まで行き渡るようにします。 排水が始まる前に洗濯機を停止させ、2時間以上そのまま放置して浸け置きします。 洗濯機のニオイが気になったり汚れが酷い場合は、5時間程度浸け置きしてみましょう。 すると、洗濯槽の裏側に付いていた汚れが水の中に浮いてきます。 茶色や黒っぽいカスが、洗濯槽の裏側に付いていた汚れです。 次に針金ハンガーを引き伸ばし、古ストッキングを被せてハンガーネットを作ります。 このハンガーネットを使って、浮いてきた汚れをすくい取ります。 新しい水に入れ替えて再度洗濯機を回し、まだ汚れが出てくる場合は、ハンガーネットですくい取ります。 これを繰り返して汚れが出なくなったら完了です。 汚れが酷い場合は、専門業者によるクリーニングで汚れをリセットしてから、日々の汚れ防止のメンテンナンスとしてこの方法を行うと効果的です。 洗濯のついでにサッとお掃除 汚れが付きやすい洗濯機は、こまめにお掃除したいですよね。 洗濯のついでにサッとできる簡単な掃除方法をご紹介しますので、定期的にお掃除してキレイな状態をキープしましょう。 洗剤投入口(洗剤ポケット、洗剤ケース、洗剤注入口) 用意するもの• 歯ブラシ• 汚れが強ければ浴室用洗剤• 機種によって構造が異なりますので、取扱説明書を確認してから外してください。 ぬるま湯でしばらくすすぎ、汚れを柔らかくします。 汚れが取れない場合は、浴室用洗剤をスプレーしてしばらく浸け置きしてから歯ブラシで擦ります。 洗剤ケースを外した本体側も石鹸カスやカビなどで汚れている場合があるので、ブラシが入る部分はお掃除しましょう。 ただし、洗剤を洗い流すのが難しいため、浴室用洗剤は使わずにぬるま湯で濡らした歯ブラシで擦りましょう。 下にキッチンペーパーを敷いておくと、水分や汚れが他に移りません。 浴室用洗剤を使う場合は、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。 本体側は、ぬるま湯で絞ったキッチンペーパーで汚れごと拭き取ります。 洗剤ケースも本体側も余ったキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、洗剤ケースは元に戻します。 糸くずフィルター(ゴミ取りネット) 用意するもの• 歯ブラシ• 汚れが強ければ浴室用洗剤• 機種によって構造が異なりますので、取扱説明書を読んで外してください。 これを放置していると、カビの原因になったり洗濯物にゴミくずが付くため、こまめに取り除きましょう。 乾いた状態の方が取り除きやすいので、洗濯機を使う前に行いましょう。 汚れが残っている部分は、歯ブラシで擦ります。 取れない場合は、浴室用洗剤をスプレーしてしばらく浸け置きした後に歯ブラシで擦ります。 糸くずフィルターを外した後の本体側も、石鹸カスやカビなどで汚れている場合があります。 本体側は洗剤を洗い流すのが難しいため、浴室用洗剤は使用せず、ぬるま湯で濡らした歯ブラシで擦りましょう。 浴室用洗剤を使った場合は、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流しょう。 本体側は、ぬるま湯で絞ったキッチンペーパーで汚れごと拭き取ります。 糸くずフィルター、本体側どちらも、余ったキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、元に戻します。 洗濯パンや壁との隙間 用意するもの• 針金ハンガー• 掃除機の入らない隙間は、針金ハンガーと古ストッキングなどでホコリキャッチャーを作って取り除きます。 ホコリキャッチャーは、針金ハンガーを縦に引き伸ばし、上からストッキングを被せ、余った部分を巻き付ければ完成です。 そうすることで、ホコリが付きやすくなります。 ホコリキャッチャーの材料は、古ストッキングだけでなく、要らなくなったタイツや化繊の古着でも代用できます。 お掃除が終わったら外して捨てるだけなので、片付けも簡単です。 針金ハンガーなので収納場所も取らず、洗面台下の収納スペースや隙間に置いておけば、サッと取り出してすぐお掃除ができます。 カビを防ぐには? よくある間違いと予防法 フタは開けておく 洗濯機の中は常に水分で濡れた状態になっているため、フタを閉めたままにしておくと、カビが繁殖しやすくなります。 洗濯機のフタは、洗濯のとき以外は開けておき、乾燥させておきましょう。 洗濯機は洗濯カゴとして使用しない 洗濯機のカビを防ぐためにも、洗濯カゴのように衣類を入れたままにしておくのは避けましょう。 洗濯機を使用する直前まで洗濯物は中に入れず、洗濯カゴを使用するようにしましょう。 プロに任せて洗濯機を徹底洗浄! こまめにお掃除をしていても、洗濯槽の裏側まではなかなかキレイになりません。 洗濯物に茶色や黒いカスが付いている場合は、洗濯槽の裏側にカビや石鹸カスなどの汚れが潜んでいます。 プロに依頼すれば、専門器材を使った分解洗浄で徹底的に丸洗いしてくれます。 清潔な洗濯機で衣服を洗濯して、快適な生活を送りましょう。

次の