七夕飾り方。 七夕飾りを折り紙で簡単に☆星や網飾り、とあみの作り方

おりがみ・七夕の飾り

七夕飾り方

スポンサードリンク 七夕飾りを折り紙で…簡単な星の作り方 用意するもの…好きな色の折り紙、ハサミ 1、折り紙を三角に2回折り、折り目を付けてから開きます。 2、折り目をつけるために、一枚だけ三角の山の部分を底辺に合わせて折り返し、さらにもう一度上に向かって折り返します。 3、折り紙をもとの三角形に戻したら、三角側を中心線と一番上の折り目の端に合わせて折り返します。 4、左側も同様に折ります。 5、右端を内側に折り返します。 左は反対側へ折り返します。 6、斜めに角度をつけてハサミで切ります。 開くとできあがり。 応用編でこのように二回切ると… 真ん中に穴の開いた星ができあがります! お好きな方を作ってくださいね。 七夕飾りを折り紙で作る…天の川(網飾り) 用意するもの…折り紙、ハサミ 1、折り紙を縦に細長く2回折ります。 2、ハサミで交互に切れ目を入れていきます。 端まで切れてしまわないように注意! 細く入れれば入れるほど、あみ目が細かくなりきれいです。 3、ていねいに開いて、広げてできあがり。 開く時に破いてしまわないように注意です! 両面折り紙で作ると、反対側の色も見えてキレイですよ。 スポンサードリンク 七夕飾りを折り紙で…とあみの作り方 用意するもの…折り紙(大きめ、薄い紙がオススメ)、ハサミ 1、2回折って四角くします。 2、三角に折ります。 3、さらに折ります。 4、ハサミで交互に切れ目を入れていきます。 何度も折っているので、固くてかなり切りにくいです。 大人が切ってあげて下さい。 カッターを使っても。 端まで切ってしまわないように注意です。 5、ていねいに開き、てっぺんをつまんで上下に広げてできあがりです。 開くのがまた大変なので、破いてしまわないように気を付けてくださいね。 これも両面折り紙がおすすめです。 まとめ 定番の星と網飾りでした。 網飾りのハサミを使うところは、力加減がむずかしく手を切ってしまわないように注意してくださいね。 特にとあみはかたいので、大人の人が切ってあげましょう。 星飾りは、小さめのものを何個も作ると可愛いですね。 色んな色で作って連ねても可愛いです。

次の

七夕飾りを折り紙で簡単に☆星や網飾り、とあみの作り方

七夕飾り方

七夕飾りの作り方 折り紙でくす玉を作りたい 折り紙を飾るための笹を用意してください。 折り紙を飾るための、本物の笹の葉は乾燥しやすくクルクルと巻いてしまうので、花屋さんに相談して、七夕の日に合わせて笹を仕入れてもらいましょう。 本物の笹を手に入れるのは難しいという方は、100均で笹を購入してもOKです。 楽天で購入する場合はこちらからどうぞ。 七夕飾りの作り方 くす玉の作り方です。 9センチ角の折り紙が36枚必要です。 パーツを36個作ります。 一度に作るのは大変なので、少しずつ折りためていきます。 パーツができ上ったら、糸とハリを用意してください。 パーツのつなぎ方はいろいろあります。 パーツの作り方 パーツのつなぎ方 くす玉の作り方 丁寧にハサミを入れてください。 でき上りは、あっと驚く美しさです。 七夕まつり 笹の枝、笹の葉、星、吹き流し、短冊が全部できたら、おうちの壁にピン止めしてできあがり。 又は、針金ハンガーに下げても楽しいですね。 用意するものはコチラ 笹の枝の作り方 笹の作り方 一枚星の作り方 十字吹き流しの作り方 短冊の作り方 七夕送り 飾りを取り外すのはいつ? 折り紙を折ったり、短冊に願いを書いて七夕を楽しんだあとは、飾り付けた笹はどうしたらいいのでしょうか? 昔は 「七夕送り」といって、七夕飾りを海や川に流す風習がありました。 以前は本当に川に流していたそうですが、現在は環境問題があり、そんなことはできません。 七夕の流れ 七夕飾りは7月6日までに短冊に願い事を書いて飾ります。 7月7日の深夜(午前1時頃)に織姫と彦星が再会を果たします(ここはロマンチックに行きましょう) そして7月7日中に笹を片付けます。 一説には、7日中に七夕飾りを片付けないと、せっかくの「願い事」が成就しないという話もありますよ。 地域によっては神社で七夕飾りをお炊き上げしてくれるところもあります。 しかし、近くにお炊き上げをしてくれる神社がなかったら、一般ごみに出します。 記念に七夕飾りをバックに子供さん達と一緒に写真に残し、短冊はアルバムなどに貼り付けて成長記録として残しておいてもいいでしょう。 七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉 まとめ 七夕の飾りを子どもと一緒に作り、少しずつためておいて、7月6日の夜までに折り紙で作った飾りと願いことを書いた短冊を用意しましょう。 くす玉は難しいし、数もたくさんいるので、早めに取り掛かかるといいですよ。 織姫、彦星、ちょうちんなどは簡単なので、みんなでワイワイ作れば楽しいですね。 短冊にそれぞれの願い事を書いて、みんなで飾り付けをしてください。 七夕関連記事.

次の

七夕飾りでお家時間を楽しもう!簡単で可愛い!作り方をご紹介

七夕飾り方

切る間隔が狭いと、目の細かい天の川になります。 ただ、間隔が狭すぎると後々切るのが大変になったり、間隔を広く取りすぎると、上手く広がらないので注意して下さい。 くれぐれも、横の端まで切らないように注意して下さいね^^ 4、今度は反対側も同じように切ります。 このとき、先に切った切れ込みと重ならないように切ります。 細かい作業になるので、三歳児さん等まだハサミを上手く動かせない子供さんは、ママや先生が手伝ってあげて下さいね。 5、写真のように、両端に切れ込みを入れたら、 ゆっくり丁寧に開きます。 リンク 手作りした七夕飾りと一緒に飾ると、お部屋がより一層おしゃれになりそうですね^^ 七夕飾り 天の川の作り方。 折り紙で子供でも簡単な切り方のまとめ お疲れ様でした。 年に一度の七夕には、七夕の工作を手作りして楽しむのも、思い出に残って素敵ですね。 世界でたった一つの天の川を完成させて、今年の七夕が織姫と彦星に素敵な思い出となりますように。 その他にも、 子供でも作れる七夕の折り紙あります。

次の