くつ 王。 10歳までに読みたい世界名作『岩くつ王』 | 学研出版サイト

私も読んでた!マンガ3月のライオンの羽海野チカさんが、コロナウィルスの最前線で戦う国際感染症センターの忽那賢志先生とのTwitterでの感動のやり取り。|Yuki Ohkuma|note

くつ 王

曽我部恵一のソロデビューアルバム。 サニーデイサービス解散から2年。 シングル「ギター」を挟んで発表された待望のデビューアルバムを初めて聴いたときは、「ああ・・・まさに曽我部のソロデビューアルバムだな」という印象を受けた。 とにかく淡々としている。 これまでの美しいメロディはもちろん健在なんだが、決してその美しさを主張していないとでも言えばいいんだろうか。 ベル&セバスチャンやロンセクスミスを彷彿させる静かなアルバム。 サニーデイサービスの頃の華やかさはないけれど、ソングライターとしての曽我部の力量を改めて痛感してしまう。 地味すぎると思って初めは敬遠していたんだけど、あるときを境にこのアルバムの聴き方がガラッと変わった瞬間があって、それ以来トリコじかけになってます。 誰にも見せたくない、自分だけの宝物のようなアルバム。 【くつ王セレクション】 M2 夏 M6 5月 M7 真昼の出来事 M9 おとなになんかならないで M10 ギター これは文句無しの傑作でしょーよ。 とくに「天使」〜「5月になると彼女は」までの流れがサイコ〜。 基本的には曽我部ソロアルバム3作目『ストロベリー』の延長線上にあると思うんだけど、ハジケっぷりが違う。 『ストロベリー』は、ロック全開の曲がいくつかあって、「Love-sick」みたいなゆったりした曲もあったりしたけど、今作は全曲バリバリ。 曲も「まんまビートルズじゃん」みたいな曲や「つーかこれラモーンズじゃん」みたいな曲もあるけど、どれもスッと頭に入ってくるキャッチーな甘いメロディ。 「天使」「結婚しよう」なんかは「スワン」「シモーヌ」に並ぶ名曲ではないでしょうか。 そして最後に曽我部史上屈指の名曲「魔法のバスに乗って」でエンディングっていう。 これってオアシスで例えると「ALL AROUND THE WORLD」の入った『MORNING GLORY』じゃないだろうか。 それくらいの名作ですわ。 たぶんコレは誰もが好きになる作品じゃないかと。 妻も「今までの曽我部作品で一番好きかも」と言ってました。 残念なのは、「青春狂走曲」のセルフカバーがイマイチなこと。 これ入れるんなら「STARS」をスタジオ録音で録って収録してほしかったなー。 というわけで、僕は今このアルバムに「STARS」「スワン」「シモーヌ」「スウィング時代」「君の愛だけが僕のハートを壊す」「ぼくたちの昨日」を追加して延々リピートしてます。 でもやっぱその中でも「STARS」が一番いいんだよな・・・。 最近、マンガヘッドという漫画レビューサイトを始めたんですが、これがまだGoogleに引っかからないんですよね。 これはどうやら、リサーチエンジンみたいなものが1ヶ月間隔くらいでリサーチングしてて、これに引っかかるまでは、検索しても出てこないらしい。 なので、まだ検索してマンガヘッドに飛んできたヒトはいません(しくしく)。 で、たとえば「漫画」「レビュー」で検索して上位に来るにはどうすればいいのか、という学問(だがなんだか)をSEO(Searce Engine Optimization)と言うそうなんだが、たとえば「どれくらい他のサイトからリンクを貼られているか」とかが重要らしい。 ということで、とりあえずリンク貼ってみた。 あと、ページタイトルね。 これも「MANGAHEAD」じゃダメらしい。 「漫画レビューサイト:MANGAHEAD」がSEO的に正しいらしい。 というわけで変えてみました。 早く引っかかるようにならないかなー。 sokabekeiichi. html サニーデイが解散してもう8年。 曽我部恵一がソロになってから、もう6年。 もはやサニーデイと比較してもなんら遜色の無いキャリアを築いている曽我部ですが、やはりたまにサニーデイが恋しくなるときがあります。 そんなときに聴くのは『MUGEN』『サニーデイサービス』『東京』といった秩序シリーズが多いんですが、皆さんはいかがでしょうか? 『LOVE ALBUM』はまだしも『愛と笑いの夜』『24時』のカオスっぷりは、「ああ・・・久しぶりにサニーデイを聴きたいなあ」と思ったときには似つかわしくないような気がするんですが。 逆に曲単位だと「サマーソルジャー」「胸いっぱい」が圧倒的に多いけど。 さて、曽我部はソロになってから、サニーデイのアルバムを出してからちょうど10年後にライブでアルバムの曲を演奏するというイベントを開いています。 『東京』は音源化されてるけど、『若者たち』もやってます(誰か音源持ってません?)。 で、今回はついに『SANNY DAY SERVICE』! いやーこれは買わなきゃ10年前の自分に申し訳が立たない。 『東京』は100年語り継がれる名盤であることに異論を挟むのはうんこちゃんだけだろうが、『SUNNY DAY SERVICE』の静寂美は1000年くらい我が家で語り継いでいきたい。 というわけで、本日0時から曽我部のサイトで通販開始されてます。 なんと限定3000セットらしい。 こういうことしといて、後から全部普通に売ってるからなー曽我部は。 毎回騙されて食いついちゃうんだよな・・・。 でも今回こそ限定かもよ!.

次の

まんが王

くつ 王

マンガ3月のライオンの作者、羽海野チカさんが、国際感染症センター国際感染症対策医長の忽那賢志先生の、学生時代からご結婚後しばらくまで書いていた閉鎖されたブログについて、Twitterで呟いたところ、ご本人登場で感動に包まれております。 もう記憶も曖昧ですが、私も忽那賢志先生の当時のさるさる日記とブログを読んでおりました。 今はさるさる日記のテキストサイトサービス終わっちゃいましたね。 さるさる日記は一日のアクセス数ランキングが出たのですが、圧倒的に強かったのは亡くなった勝谷誠彦さんの日記、あときっこの日記、あと確かガルエージェンシーのスパイ日記も出張していたような気がします。 私、確かスパイ日記を読みたくてさるさる日記に辿り着いた気がします。 私は確か海外にいて、日本の学校の友達に海外の様子を伝えるやる気のない日記を書いていましたw 忽那賢志 先生こと、くつ王のさるさる日記はどうやって知ったかといいますと、くつ王は、日記を書いてもアクセスランキング上位に入らないことにお怒りの日記を書いたんですよ。 日記のタイトルは「ブルータスお前モカ?」 それでさるさる日記は、アクセスランキングと別に、小さな目立たないところをクリックしますと、今で言うところのフォロワーランキングがあるのにくつ王は注目したんですね。 それで読者に、さるさる日記で王になりたいから、読者は全員フォローしろみたいな指令日記を出して、フォロワーランキングでぶっちぎりの1位だったんですよ。 全然アクセスランキングには入れなかったのですがw なぜそんなのを見つけたかと申しますと、クソガキの私もこっちで1位を目指したからですwキッズには無理でしたwww で最初から順番に読んでましたら、田舎の医学生の日記が最高におもしろくて、くつ王のイベント行きたいけど海外だから行けないとか思って読んでました。 やがて医師国家試験の時期が来ると、凄い勉強が大変そうで、キッズの私の人生の中で医者の進路は消しましたw それでしばらくすると国家試験に合格されたのですが、その時にギャグを交えながら、子供の頃に病気でお父さんが亡くなって、医師を決意して母と妹を守ることを誓ったことについてはじめて触れられました。 もう今じゃ有名人ですやん。 当時の私の子供心に胸に響く文章でした。 それからブログに移行しまして、今回くつ王は妹さんから情報を得て、羽海野先生とコンタクトを取られていますが、妹が就職しないグチ日記がスタートしましたw 研修医の給料を実家に仕送りしても、就活しない妹のレンタルビデオ代になるグチがおもしろおかしく書いてありました。 それでずーっとモテないモテないと書きながら、友達に彼女ができると「お前モカ?」と書いたりしながら、ある時期彼女が出来てご結婚されました。 確か結婚した前後に、結婚する時に大切なのはエロではなく、飯のうまさで選べみたいなことを書いてゆるく炎上したような気がしますw そのあとお子様が出来て、しばらくしてから、守るものができたので閉鎖しますみたいな内容で終わったように記憶しています。 まさかこのコロナ騒動の中、感染症専門医忽那賢志としてYahoo! ニュースの中であのブログが継承されているとは想像していませんでした。

次の

まんが王

くつ 王

船乗りのダンテスは友人に裏切られ、ろうやに閉じ込められてしまう。 しかし14年後、決死の脱獄。 財宝を手に入れ、正義と復讐のための冒険が始まるが……!? スリリングな展開の末に待つ、大きな感動。 さくさく読める世界名作シリーズ第20弾。 映画のパンフレットのような、ヴィジュアルに訴えかける作りなので、本文を読む前に目を通せば、ストーリーがどんどん頭に入ってきます。 お話の世界に入りこむ手助けをします。 「読めた!」という達成感が、次の読書につながります。 「学研の幼児ワーク」公式サイトです。 キャンペーンのご案内、ワークの特徴のご紹介、無料お試しダウンロードつきラインナップ一覧、お子さんにぴったりのワーク診断、がんばり賞の賞品紹介、コミュニティサイトへのリンクなど• いま最も読まれている女の子向けの児童書読み物「動物と話せる少女 リリアーネ」の公式ホームページです。 最新刊情報、オリジナルグッズ、イベントの紹介なども!• JS(女子小学生)のためのキャラクター&おしゃれマガジン、キラピチ公式サイト。 最新のファッション、ビューティーなどおしゃれになれちゃう情報がもりだくさん!• キッズネットは、学研が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイトです。 「知る」「調べる」「遊ぶ」「参加する」ことができるたくさんのコンテンツをおとどけします。 Gakken Tech Programは、70年の教育の歴史を持つ学研が取り組む小・中学生向けのプログラミングスクール。 プログラミングはこれからを生きる力です。 学研の図鑑の公式サイト。 幼児、小学生から専門的な図鑑まで、年齢別・目的別のいろいろな図鑑の紹介やキャンペーン情報などを紹介。 学研グループ発行の、調べ学習に役立つ書籍や学校図書館向けのシリーズ本を紹介します。 子供の学びにかかわる先生・司書のみなさんを応援し、より楽しく・実りある調べ学習を支援するサイトです。 ラストに待ち受ける感動、笑い、人生の教訓…。 大人気のショートショートシリーズ 学研の「5分後に意外な結末」シリーズの公式サイトです。

次の