クンッ ナッパ。 ナッパの「クンッ」と「カパッ」ってどっちが強い?

ナッパの「クンッ」は威力、範囲共に最強の必殺技と言えるのではないか【ドラゴンボール】

クンッ ナッパ

ナッパとは、で連載されていたの『』および、それをとするに登場するである。 :(『Z』)、(『』)、(『』) 概要 やので、同じくの生き残りの一人。 ・との戦いにおいてののことを知り、と共にへ降り立つ。 その際、降り立った町にて人差しと中を立て右腕を上げるという、たったそれだけの動作を持ってして町の一つを消滅させた。 このことはに衝撃を与え、今でもナッパのになればこのときの動作とそれについた「クン」という擬音はにされることが多い。 続くたちとの戦いでは圧倒的な強さを見せつけ、渾身のはほとんど、もものの一で腕を切り落とされフェイバリットのもこれまた全く効かず、その後の戦いでもが殺され、これでもかと感を与えた。 その後のとの戦いにおいては、さすがにをして00以上ものを得たには圧倒された。 それでも持ち前のでるものの、ラチがあかないためにから降ろされ、その足でとに襲い掛かろうとするがのによって倒されてしまい、 ナッパはに助けをめるものの「動けないは必要ない」と言われ始末されてしまう。 その後、『』ではから舞い戻り再登場するが、にあっさり倒された。 ちなみに大全集によると、彼はの階級出身で、に降り立ったころは歳くらいであったらしい。 PS2ゲーム ドラゴンボールZ の進め方によってこんな扱いを受ける。 「動けないなど必要ない!! 」 ナッパ「うぁぁあ -t」 「ナッパはいいやつだった・・・ ぞ!! 」 「えぇぇぇぇぇ」 関連動画 関連商品 お絵カキコ 関連項目•

次の

のくす牧場 : SS 書庫

クンッ ナッパ

カパッです。 下の方同様ナッパが「馬鹿な・・・俺の最高の技だぞ」みたいなことを言ってましたし。 悟空も今のは食らってたらヤバかったみたいなことを言ってました。 ドラゴンボール226話より ナッパ「たしかにオレさまはアタマに血がのぼっていた…」 「これからが本領発揮のときだ…」 「かくごはいいか…?」「カカロットよ」 悟空「そうこなくちゃな…」「期待してるぜ…」 ナッパ「へへっ強がりいいやがって…」 ベジータ 強がりなどではない…やつは絶対の自信をもっている… ナッパ「はあああああ……!!!! 」 クンッ 悟空「!!」 ズォアッ ナッパ「みえたぞっ!!!! 」 ボンッ 悟空「!! 」 ブンッ シャッ ガガガッ ビッ ガガッ ババッ 悟空「へ~~!」「ずいぶんマシになったじゃないか!」 ナッパ「くっくっく…マシになっただと…?」 「そのいまいましいへらず口をたたけなくしてやるぜ…!」 「これで終わりだ…!」 カパッ 悟空「!?」 ズボッ 悟空「波っ!!!!!! 」バッ ズァヴォッ クリリン「わあっ!!!!! 」 ブァァッ ベジータ「なんというやつだ…!」「あんなに近い距離から一瞬で切り返しやがった…!! 」 悟空「ふうっ」 「いまのをまともにくらったらやばかったぞ…!! 」 ナッパ「バ…バカな……!!! オ…オレの…オレの最高の技だぞ……!!! 」 「お……押しのけやがった…………!! 」 悟空「ほんとにタフなやろうだ…!かめはめ波をすこしはくらったはずなのに…!! 」 「このままじゃキリがなさそうだ……」 あとはめんどくさいから省略 ベスアンくれ.

次の

のくす牧場 : SS 書庫

クンッ ナッパ

ナッパの技「クンッ」は凄まじい威力と攻撃範囲を持っています。 これだけの破壊力と攻撃範囲があれば、ナッパの最強の必殺技と言ってもいいのではないでしょうか。 この記事ではナッパの技「クンッ」の威力や、原作での使われ方などについて考察していきます。 そして次の瞬間、凄まじい衝撃波が起こり東の都は壊滅してしまったのです。 しかもナッパは、この時「クンッ」を全力で使っていないと思います。 もしもナッパが、これを全力で使っていたらどうなっていたのでしょう? おそらく東の都どころではなく、地球にダメージを与えて星の形を変えてしまうほどの破壊力があるのではないでしょうか。 こんなに凄まじい威力と範囲のある「クンッ」ですが、ナッパは悟空との闘いでは全力で使わずに威力を押さえて「フェイント」として使っていました。 一体なぜナッパは「クンッ」を全力で使わなかったのでしょうか? 実はナッパは東の都で「クンッ」を使った時にベジータに怒られています。 もしかしたら東の都にもドラゴンボールがあったかも知れません。 そのためベジータはナッパが不用意に「クンッ」を使って東の都を壊滅させてしまった事を注意しています。 悟空と闘っている場所にもドラゴンボールがあるかも知れないので、ナッパはドラゴンボールのことを気にして「クンッ」を全力で使わなかったのではないでしょうか。 もし周辺にドラゴンボールがあって壊してしまったら、ベジータに怒られてしまいます。 実際ナッパもかなりベジータのことは怖いみたいで、ベジータのいうことを無視して勝手な行動をとって怒鳴られたときには、かなりビビっています。 ナッパの「クンッ」は、とんでもない威力があり攻撃範囲も凄まじく、もしこれを全力でナッパが使っていたら、地球の形を変えてしまうくらいの破壊力があったも知れません。 攻撃範囲が広いので悟空でも避けることが出来ず、まともに食らっていたら手痛いダメージを受けていた可能性もあります。 しかしナッパは東の都で「クンッ」を使ったところ、ベジータに怒られてしまったので、全力で使うことはありませんでした。 ナッパと悟空が闘っている周辺にはドラゴンボールがあるかも知れません。 万が一にもドラゴンボールを壊してしまえばベジータの怒りを買うことは避けられないでしょう。 そのためナッパは最強の技である「クンッ」を全力で使わず、最高の技である「カパッ」を悟空に放ったのかも知れません。 関連記事です hikikomogomorin.

次の