マイクスタンド おすすめ。 おすすめのPCマイク9選を紹介 スタンド型・クリップ型・フラット型を使い分けよう

失敗しない!人気のマイクスタンドおすすめランキング

マイクスタンド おすすめ

あれはピンマイクをつけたり、ショットガンマイクをカメラにつけて配信をしているので目立たない形になっています。 ゲーム配信では持ち運ぶ必要が無いので設置型のマイクを使用します。 ちなみに、設置型のマイクの方が小型化する必要が無かったりするため(コスト安)、 安価だったり音質が良かったりするため、あえて小型のマイクを選んで使う様な必要は無いと思います。 この設置型のマイクも 構造的に大きく2種類に分かれています。 耐久性が高くて安価なので特にこだわりのない方はコチラがおすすめです。 コンデンサーマイクは主にレコーディング等の用途で使うマイクで、耐久性が低いので設置してそこから動かさない事が多いです。 音質が良いので「歌ってみた」的な動画にも使われますが、ゲーム配信でも 音質の良い人はこのコンデンサー構造のマイクを使っている配信者が多いです。 コンデンサーマイクは精密機器なので、基本的に特殊なファンタム電源というものが別途必要になります。 ただし、 USB充電が可能なモデルも発売されているので、ゲーム配信目的でコンデンサーマイクを購入する時には必ずUSB充電可能なモデルを選ぶようにしましょう。 ヘッドセットとどちらが良い? ヘッドセットとはヘッドホンとマイクが一体型になったデバイスで、プロゲーマーが大会などで使用してるのを見る事も多いと思います。 ゲーマーと言えばヘッドセットって感じですよね。 よく聞かれるのが「マイク+ヘッドホンにするのとヘッドセットにするのどっちが良いの?」という事です。 どちらにも「 メリット・デメリット」があるので下の表にまとめておきますね。 自宅でのゲーム配信の場合には、特にスペースで困る事はないし、毎回セッティングされた状態で使う事になるため、 ヘッドセットのメリットは薄いですね。 別々に揃えるとヘッドセットより高価になる場合が多いですが、メリットのほうが大きいと思います。 ヘッドセットは比較的重いので、 装着していると結構頭や耳の辺りに負担がかかる感じがあるのが私的にはイチバンネックな部分です。 マイク位置が一定になるのは良いんですけどね。 マイクにヘッドホンを差し込めるのですが、本体についているダイヤルでヘッドホン音量を調整可能なのと、 PCの音量・マイク音量のバランスを調整可能なのが非常に便利で本当に重宝します。 安価ですがコンデンサーマイクとしての性能は高くてノイズも少なく音質も良いです。 感度が良いので環境音を拾いやすいですが、そこは調整で補いましょう。 接続インターフェイス USB 2. マイク自体にミュートボタン・音量調整用のダイヤルがあるので、 音質はもちろん良いのですが、操作性が良いのも魅力的なポイントですね。 配信入門用としてYouTubeに限らず多くの実況者の方が使っている事でも有名で、人気が高いモデルです。 まずゲーム配信を始めてみようという方にはおすすめしたいマイクですね。 おすすめのマイクスタンド 多くのマイクは購入する時に 小さなマイクスタンドが付属している場合が多いです。 ただし、付属してるデスクに置くタイプのマイクスタンドだと場所を取りますし、 口元まで距離があるのでノイズを拾ってしまったり、逆に声が小さくなってしまったりする場合があります。 そこで「マイクアーム」と呼ばれる、デスクの端に挟む様に設置して自由な位置にマイクを固定できるスタンドを使うのがおすすめです。 非常に安価なので気になる方は試してみてください。 まとめ:ゲーム配信におすすめのマイクとマイクスタンドを紹介 今回は ゲーム配信におすすめのマイク・マイクスタンドについて紹介してきました。 なかなかどのマイクにしようか悩むと思いますが、最初は入門用のSONYのダイナミックマイクを使ってみて、足りないと思って来たらコンデンサーマイクに切り替える様な流れが多い様に思います。 個人的には 最初からそれなりのコンデンサーマイクを選ぶのも賢い選択だと思いますよ。 関連記事「」.

次の

PC用スタンドマイクのおすすめ人気ランキング5選【通話・ゲーム実況に!】

マイクスタンド おすすめ

ライブ動画でおすすめマイク ライブ動画でおすすめのマイクは 2種類あります。 ピンマイク• ショットガンマイク の2つです。 それぞれ1つずつ説明していきますが、 まずはピンマイクからいきましょう。 ピンマイク ピンマイクは、ライブ動画で 1番使われているマイクです。 ピンマイクは、 身近で音を拾ってくれるので、 かなり音質もクリアになりますし、 ノイズもが少なくなります。 ただ、服がこすれたりする音が 入ってしまう場合も多いです。 あとは、マイクや線がどうしても 見えてしまうので、 自然な雰囲気を 出すことはできなくなります。 そのピンマイクをそれぞれの用途や 価格によってご説明していきますね。 1:Rode SmartLav このピンマイクは、iPhoneに接続することで iPhoneをピンマイクにすることができるマイク。 価格も安いだけでなく、プロ仕様の音質で 収録できますので、おすすめのマイクです。 普通のカメラで録音しながら、 iPhoneで録音し、音声を後から くっつけるという編集をすることができます。 ただし、 注意点があります。 それは、iPhoneでビデオを撮影している場合、 収録ができなくなってしまうということです。 そこだけ注意してください。 2:ソニー ワイヤレスマイクロホン ECM-AW4 C ソニーのハンディカムなどに使える ワイヤレスマイクです。 画面の中にはみ出てしまうので、 ちょっとカッコ悪いですが、 価格としては安いです。 こちらも基本的には近くにマイクがあるので、 ノイズも少なくて音質は良いです。 3:Sony UWP-D11 ピンマイクの中で1番人気で 使い易いのがこのピンマイクです。 テレビなどでも芸能人が 付けていることが多いですよね。 このピンマイクは、高価になりますが、 ノイズも少なくて使い勝手もいいです。 以上、これら3つがそれぞれの用途で おすすめのピンマイクとなります。 では、次にショットガンマイクについて お伝えしていきましょう。 ショットガンマイク ショットガンマイクは、指向性が高く、 向けたところの音を拾ってくれるものです。 対談動画などの場合は、ピンマイクだと 何個も用意しなければいけないので、 ショットガンマイクがおすすめです。 出演者が何も持っていない状態でも 音を拾う事ができるので、映像的には 一番自然に移す事ができるマイクです。 野外でも2m以内であれば、 きれいに音を拾ってくれます。 ショットガンマイクでおすすめなのは、 『RODE VIDEOMICPRO』です。 ショットガンマイクの場合、 「 ウィンドジャマー」という 風のノイズを防止するアクセサリーを セットで購入することをおすすめします。 これをRODE VIDEOMICPROに装着することで、 ノイズを少なくすることができます。 ライブ動画でおすすめのマイクは、 以上となります。 次はキャプチャー動画用のマイクを ご紹介していきましょう! キャプチャー動画でおすすめマイク キャプチャー動画でおすすめの マイクも2種類です。 コンデンサーマイク• ヘッドセットマイク の2つです。 コンデンサーマイク 基本的にマイクを持ってやるものですが、 マイクスタンドがあれば、持たなくてもOKです。 デモンストレーションしながら画面を 録画したい場合は、マイクスタンドがあれば、 作業しながら録音することができます。 ラジオ番組とかで使われているのが、 基本的にはコンデンサーマイクです。 まず、スライドビデオでお勧めなものは USB 接続のスタジオ型マイクになります。 1:ソニーECM-PCV80U コスパが断然にいいマイクは、 ソニーECM-PCV80Uになります。 けっこう使っている方も多く、 この安さでこの音質はおすすめです。 これは自分も使っているマイクです。 編集でうまくノイズを取り除けば、 かなりクリアな音質になりますので、 おすすめのマイクです。 2:RODE Podcaster 高くても良いのであれば RODE Podcasterが非常におすすめです。 ボイスオーバーする時にこのマイクを使えば、 ノイズを極限まで削すことができます。 かなりクリアなので、聞き取りやすい 音質にすることができます。 まずセットとして必要なのが、 RODEのマイク用のスタンドです。 これを使えば、ハンズフリーになりますので、 パソコンを操作しながら収録することができます。 次に必要となってくるのが、 RODEPODCASTERとStudioArmを 結合させるための部品です。 これら3つのセットで使えるようになります。 ヘッドセット型マイク ヘッドセット型マイクは、マイクスタンドを 購入しなくても、マイクを側面から 出すことができるのが特徴です。 ですので、こちらも パソコンなどの 操作をしながら録音することが可能です。 ピンマイクと違うところは、 激しく動いてもガサガサとノイズが 入ってこないというところ。 あとは、 比較的値段も安いです。 ヘッドセットマイクのおすすめは、 ゼンハイザーコミュニケーションズ ヘッドセットです。 まとめ いかがでしたでしょうか? けっこうマイクに関しては、 あまり気にしている人が少ないので、 マイクの知識があって、 使いこなせるだけでも差別化の 要因となってきます。 もちろん最初から高価なものを 揃えなくてもOKです。 いきなり道具だけ揃えて、 アクセス数が見込めなかったら ヤル気が失せますからね 笑 オリジナル動画に挑戦したかったり、 さらなる動画の質をアップさせたい方は、 少しずつ機材も整えていくのをおすすめします。 最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

次の

失敗しない!人気のマイクスタンドおすすめランキング

マイクスタンド おすすめ

高さは 890~1,590mmの間で調整できるので、マイクをお好みの位置で固定できます。 持ち運びのしやすい軽さでありながらも、三脚タイプのベースは 安定性抜群です。 「とりあえず一本型のシンプルなマイクスタンドが欲しい」、そんな人に真っ先におすすめできる商品という事で、堂々の第1位にランクインです。 そこそこの 重量があるため、持ち運びには車や台車が必要かもしれません。 円形ベースには 足元で邪魔にならない小型サイズを採用。 省スペースにはもってこいです。 高さは 870~1,575mm間で調整可能ですが、レビューによれば「 あまり高い位置で使うと安定性に不安がでる」という声があることから今回は第2位にランクインとしました。 特筆すべきはその操作性。 グリップ部分を握り込むだけでスタンドが縦方向に動きます。 位置が決まったらグリップから手を離すだけなので、ライブハウスでのパフォーマンス中でも スタンドの高さをかんたんに変えられます。 「 園児の握力でも操作可能」という声があるほど使いやすいマイクスタンドということで、第3位にランクインとしました。 このMSBは ブームタイプのマイクスタンドですが、 ブーム部分を外してストレートスタンドとして利用することもできて大変便利です。 お手頃な価格に対して高性能ということで、その コスパの良さに着目して第4位にランクインとしました。 抜群の強度と安定性が評判を呼び、 あらゆるミュージックシーンで愛用されています。 その評価に違わず、多少重いマイクをセットしてもいわゆる「 お辞儀」をすることがありません。 センスの良い シックなブラックも人気が高いポイントです。 マイクスタンドとしてはやや 高価な部類に入るもののその実力はお墨付きということで、第5位にランクインとしました。 ショートブームタイプはスタンディングでのパフォーマンスより、 ドラムや 座奏スタイルのような 低いポジションでのパフォーマンスに適しています。 2,000円前後で購入できるお手頃価格ですが、安定性・強度ともにその 品質は高い評価を受けています。 より安いショートブームタイプのマイクスタンドをお探しなら、こちらの商品が コスパの面でもおすすめということで、第6位にランクインしました。 この商品は決して安くありませんが、 価格以上のクオリティで高い人気を誇る 定番商品のひとつです。 ブーム部分は2段階調整が可能で シビアなマイクセッティングにも対応できます。 ベースの三脚部分は コンパクトでありながら安定性抜群です。 高い評価と人気がある定番のマイクスタンドですが、 ネジ穴の強度にやや不安が残るというレビューが気になったため、第7位に落ち着きました。 ベース径がわずか130mmという コンパクトな外観に反し、 1kg程度の重しで 安定性を確保しています。 その性能は「 ちょっとやそっとでは置いた場所から動かない」と高評価を得ています。 これ一台あればミーティングやスピーチ、宅録など 様々なシーンで活用できます。 価格もお手頃なので、卓上マイクスタンドを探している人におすすめできることから第8位としました。 任意の角度や位置に固定できる柔軟性が、ユーザーからの高い評価を受けています。 そんな機能性に人気が集まる一方で、全体的に 塗装が剥がれやすい・ 傷がつきやすいといった残念な声も見られるため、232Bには及ばず第9位にランクインしました。 屋外や 大ホールなど、通常のストレートスタンドでは届かない 高い位置でのマイキングに用いられます。 スタンドの高さはマックスで 2600mm。 三脚の最大幅は、なんと 中心部から脚先までおよそ90cmという特大サイズです。 もちろんウェイトもヘビー級で、 ガッシリとした安定感があるためグラつきとは無縁です。 当然ながら 高価ではありますが、 オーバーヘッドブームタイプとしてはコスパ抜群の大活躍をしてくれると高い評価を受けています。 とはいえニーズが限られているマイクスタンドなので第10位にランクインとしました。

次の