ギャラルホルン 評価。 ヴァルキュリア・フレーム (ゔぁるきゅりあふれーむ)とは【ピクシブ百科事典】

【モンスト】ギャラルホルン(獣神化)の評価と適正クエスト

ギャラルホルン 評価

陽の燃ゆるが如く満ちる英気は千の群竜を退けども衰えず、 その眼は暁光が世を照らすかの如く万里を見渡す。 佇み待つは世が終末を兆す刻。 そして番人は角笛を吹き、 自らを討ち得る無二の仇敵と剣を交える刹那を迎える。 ギャラルホルンの要素どこかに入れてくると思ってたのにフレーバーテキスト以外ないな。 バレンタイン対象外だったー!滑り込みで間に合うかと思ったんだけどなぁ。 仮想敵や防御値、目的も書かずに必須だの言うのはやめた方が良い。 凸トールのが入る場合多い。 キャラで刻印付与が水着ハールート・マールートと光サルナーン。 ハールート・マールートはともかくサルナーンはカットに刻印付与だから積極的に刻印付与はし辛い。 主人公がメインで終末武器を握れるなら良さそう。 今後の刻印キャラや調整で追加に期待。 レフィーエにも全体刻印が追加されたから水ハルマルと相まって早めに最大効果を受けやすい石かもしれない -- [hLMdJ3qNpuE] 2020-06-22 月 22:57:53• 黄龍刀のバフと同じで乗らないよ。 光キャラのアビや奥義、召喚バフしか効果無い。 -- [SrPd7kQMPng] 2020-06-27 土 14:28:32• なおこいつの召喚効果は。 なので相性なかなかなのよね -- [ngGvcf8zxcs] 2020-06-29 月 01:26:57• ボスとしてどんなクソなのか、どんなイケボなのか、動作時どんな動きするのかが気になりすぎる -- [NU17W98xw4M] 2020-06-29 月 01:56:13• グリームニル並にグラが動くのでも良いしどんと構えてるのでもそれはそれでかっこいい。 恵まれたビジュアルだぜ -- [9bF9JdJLuUo] 2020-07-11 土 18:35:32.

次の

ヴァルキュリア・フレーム (ゔぁるきゅりあふれーむ)とは【ピクシブ百科事典】

ギャラルホルン 評価

マクギリス・ファリドとは、『』に登場する チョコレートの人(命名:)である。 : (幼少期:) この 概要を記された瞬間、私はニコニコ動画の記事を手に入れる 維持のための組織「」の監局特務三佐で、「」を束ねる7つの門「」の一つであるリドの一員。 表向きには、同組織の本部・ヴィーンヴのである オ・リドのの子とされているが、実際には血のつながりは一切い。 相については後述する。 洞察に優れ、監員としてはどんな不正も見逃さない優秀さを持つのみならず、として優秀で、専用のい シュヴァルベ・を与えられていることからその実が高いことがうかがえる。 かつて・が戦乱を招いた原因であることや、頼耶識を知っていることから、厄祭戦の事も詳しい模様。 作中ではに上がったと初交戦。 頼耶識の弱点をで的確に攻撃するなど、その洞察と技量の高さを存分に見せつけ、頼耶識だけでなく対応に優れたですら「他とは違う」と警したほどである。 性格は的で、りそうになった時、 相手の(のの)に詫びとしての詰め合わせを渡す一面を持つ (2巻のによると のだったらしい)。 同僚の とは親友の間柄で、序盤から行動を共にしている。 共にのに籍を置いており、義とのな関係に「顔を見せずに済むならそれに越したことはない」と言葉を投げかけられるなど、においてマクギリスの重な理解者でもある。 また、そのの・( 9歳)と婚約の話が持ち上がっている。 からは 「」と呼ばれ親しまれている。 (前述のの件といい、幼い許婚の件といい、疑惑がかけられないといいが…現状は彼が的なので特に不名誉な扱いはされない) ちなみに、同じくのは、との通信で捻くれた感じでマクギリスを言い表している。 マクギリスは先述の通りと婚約しており、 の部下がマクギリス同様のなので、おそらく・・・。 「の、な、地位のためにション臭いなんぞと婚約した いっつも 前イジイジしている男!」 作中では、にてのを持ってと接触 し口説き文句を垂れる。 しかし・・・。 監のためにやってきたで前述のにより の と遭遇、彼とはここから浅からぬ因縁を持つことになる。 先述のの詰め合わせがだったことから、からは 「 チョコレートの人」という名をつけられている。 とはいえ、がもっとあまりに酷い 「」と名付けられているため、まだ扱いはいい方である。 内で面下で動いていた彼だが、の腐敗については以前から懸念していたらしく、やを組織変革のための外圧として利用しようとしているようだ。 しかしそのためなら手段を選ばず、非合法な組織に依頼をするなど、にとっての脅威となり続けている。 ・・・と、このように的なとして隙なく描かれてきた彼だったが、 版14話で放映された15話にて盛大なとを打ち放ち、一転してと化した。 その内容からか、実際にで放映された15話はかなりの部分がばっさりされている。 ? ? 知らない。 第2期OPでも別々に映ってたし別の人でしょ。 しかし、負傷したの扱いに対してに「の頼耶識」を提案したり、追走をするを焚きつけたり、さらには親友のに裏切りを宣言した上で、人知れず自ら討ち取るなど、面下でなくらいの暗躍を重ねている。 彼の意とは何なのだろうか。 本当にの腐敗を懸念しているのだろうか。 ただ一つ言えることは、そのの下に底知れない何かを持っているということだけである。 劇的な舞台に似つかわしい、劇的な演出だろう? 実のところ、マクギリスは「 腐敗したを革する」という己の野望を果たすために周到な計画を立てており、敵である、友人であった、、、重傷を負ったさえも利用して、の権威の失墜と、内での地位を論んでいた。 第一期においてマクギリスがそれぞれに割り振った役割は、それぞれ次のようなものである。 そのためにわざわざ正体を隠し(バレだったが)「商会」を、物資の補給、援軍まで務め上げた。 後に代表のをの王にする事をしており、の際は武制圧を手伝って貰っている。 その後、自らの手で相を話し、の淵に込んで討ち取り、のを画策。 次期当たるを亡き者にしたと思い込んでいたマクギリスは、彼のであるス・卿が亡くなり次第、は自動的にの自分が継ぐことになると確信していた。 しかしヴィーンヴでのが判明した事により、その前提から覆ることに。 のは重病のためにまともに当のが出来ず(第26話ののでも、イシューの席だけが席だった)、リドがの後見人になることで辛うじてを維持できていた。 そのリドの当・オもマクギリスの計画で失脚させられ、も死んだため、イシューの後見人の座はオのであるマクギリスが就くことになる。 これによって、が守るべき地で、当ののが大暴れするという状況すら作り出し、一気に権威を失墜させた。 これは、後に自身がを手に入れた時のために必要となる「成人への頼耶識増設手術」を行った場合の取りを兼ねており、このを元に自身への頼耶識増設手術を、より確実かつ安全に行うことに成功した。 我が地球外縁軌道統制統合艦隊がニコニコ大 百科に干渉する事を許可いただきたい 2期(26話~)ではリド当でありの戦死後、席になっていた外縁軌統制統合艦隊のに就任。 若輩とはいえのイシューの後見人であり、のという立場は内部でも一置かれ、その発言の強さを活かし「お飾り」とも言われていた同艦隊の組織革を実施して実戦的な部隊に仕立て直し、機体であるのを行うなど精的に活動している。 だが、その活動がの他の領域を犯す側面を持っているため、圏を含む圏での維持が務である外縁軌統合艦隊「」との摩擦が顕在化している。 官を始め、内部からもとの協体制が疑われており(ではあるが)、その地盤は決して盤石とは言えない。 後に、「明けの団」討伐後、組織として大きくなったと協体制を敷く。 しかしの手の者である・モッサと、外部からに監役として出向していたの結託により彼の立場が脅かされかねない紛争が発生。 彼自身が出撃する羽になるも、の手により 支部と潰し合いをさせられてしまうこととなり、結果的にの命を奪ってしまうことになる。 しかし彼は 支部のに対し出来うる限りを避けるための行動は取っており、「やむを得ず」という言葉が正しい状況下であったためか、との摩擦は最小限に抑えられているようだ。 後、命の恩人であるに対し を贈り、のに対しても自ら礼を言いに訪れ、今後の協体制の維持を願うと同時に、その見返りとして「 自分がの長となったには、支部が持っている権限をに全て譲り渡す」という破格の報酬を提示した。 第話では、彼の的の断片がられた。 「卑しい身分」の生まれであった彼はに感を持っていたが、の創始者「 アグニカ・」の伝記を読んだことでその思想に感銘を受け、生まれも身分も関係なくもが等に競い合えるを築くという夢を持つ。 そのためにの頂点に立つことをし、あるモノを手に入れることを最終標とする。 僕みたいな 子供の概要、書かないほうが良いですよ オに引き取られる以前の彼は、身よりもなく同然の生活を送っており、そのために「こそが全て」と考えるようになっていた。 後にオに 男として引き取られてからも、同じような的で引き取られてきた他の養子たちにを振るう、または振るわれ、体には常にアザが出来ていた。 そんな中でアグニカ・の伝記を、あらゆる種類のを手に入れるためにのに立つという標を掲げ、そのための努を惜しまぬようになり、その努と才を買ったオによって後継者として認められる。 それと同時に、他人を利用し、切り捨てることをためらわない性格が醸成された。 そのはになっても変わっておらず、後にから「 のがと感じるものはには届かない」「 に変換できるものしか信じていない」と評されている。 幼い頃のとが初めて見たマクギリスの姿は、く「ばっちい」身なりであったという。 前述の事情により、たちと知り合うまでは基本的に友人が居ないであり、自分もその遇を受け入れていた。 、が最初にをかけたときにものが「そいつは私達と」と言うなどあからさまなを受けており、マクギリス自身も「みたいなのと遊ばないほうが良いですよ」と自らている。 そのマクギリスには一惚れしたわけだが。 後に艦隊の官となる供時代に面識があり、オによって彼の屋敷に連れて来られ、を待つ間1人で本を読んでいた時にをかけられている。 その時に「つまらなそうだな。 何か欲しいものがあれば持ってこさせよう」というに対して「… バ」と一言だけ答え、から「の口からその名前が出るとはな」と驚かれている。 この「バ」については後述する。 その後、紆余曲折を経てととは友人になるが、のことは表面上は友人付き合いをしつつも内心ではそう思っておらず、前述するようにと潰し合わせて謀殺している。 また、に対しても「 は私の生涯でただ1人の友人だったよ」と独しつつも、最終的には討ち取っている。 その後の彼は「私に友人は1人も居ない」と宣言し、再び孤独なを歩み出している。 300年だ…もう休暇は十分に楽しんだだろう…アグニカ・カイエル…!! マクギリスは周到にの腐敗の拠をつかみ、それと同時に現状のを打倒してを成すためにを集め続け、テイワズから離脱したとの合流を果たしたのを機に、ついにを起こして動き出す。 手始めに本部施設であるヴィーンヴを武で制圧すると、その地下にある秘密に足を踏み入れる。 そこには彼が長年探しめた、機… が眠っていた。 後を追ってきたことをに任せると、彼はバのコクに入り、上半身のを脱ぐ。 そのには 頼耶識のコネが増設されていた。 バを起動させたマクギリスは高らかに宣言する。 「を名乗る身ならば、このがどのような意味を持つかは理解できるだろう! において、バを操る者こそが一絶対のを持ち、その頂点に立つ! 席次も思想も関係なく、従わねばならないのだ。 アグニカ・の魂に!!」 と。 彼の最終的とは、名実共にのに立つために、創始者であるアグニカ・の魂が眠るを手に入れることだったのだ。 でバを手に入れたのはいいものの、バの存在による圧での老人を動かすことに 失 敗し、率いる軌統制統合艦隊と戦うための戦を確保できなかった• と戦うことを隠し通されていたにけじめとして 顔面をブン 殴られる• との戦いではンを使われる口実を奸計により生み出されてしまい、残存部隊をめる程度しかができず、心の部下の石動・カミーチェまでも失い なすすべなく 後退• の場をにしようとするも、のから を 外される ついでに職を失う• からオとの関係を世間に暴露されたうえに、 犯 罪者として際される• 上述の失敗続きによりのはずのからも不信感を抱かれ、 に 身売りされそうになる と、バを手に入れてから彼は悲惨なを転がり続けている。 それでも気な表情を崩さない彼の意は、果たしてどこにあるのだろうか。 お前たちを 否定しなければ…俺は記事を書けなかった… もはや勝ちを失ったマクギリスは、残った部下を逃がし、に乗り込み1人で突撃。 を単騎で討ち取ることで、ではなく、研ぎ澄まされた純な1人のでを変えられることを明しようとした。 それを防がんとするとの壮絶な一騎討ちの末にして重傷を負い、それでも諦めきれずにバを降りての座乗艦に潜入し、彼を殺しようとする。 だが、その行動を読んでいたにで撃たれ致命傷を負い、全に野望を絶たれてしまった。 今際の際にに詰め寄られたマクギリスは、やに本当のを持っていたが、それを否定しなければ今まで抱いてきた自分の思いを見失ってしまいそうで、あえてではないふりをしたこと、のことも 野望の具としてではなく本心からており、第一期の最終でに言い放った「のは保しよう」という言葉をにしたかったことを打ち明ける。 そんなマクギリスの想いを聞いたは意識にし、最後にマクギリスが何か言おうとしているのを遮り 「 言うな! 言わないでくれ…が言おうとしている言葉がの想像通りなら…言えば、は許してしまうかもしれない…だから言わないでくれ。 のために、のために…はを…!」 と、敵意との間でしていることを訴える。 それを聞いたマクギリスは、に看取られ静かに事切れた。 死後、マクギリスの起こした一連の騒動は「マクギリス・ファリド事件」として記録され、同時に後継者を失ったの消滅により、導の下での革・支部の縮小による圏のなど、に大きな転換を与えるほどのを遺した。 復元されし阿頼耶識システム 作中で作り上げた頼耶識によってバを動かすマクギリス。 この頼耶識はや組織などでリ達に施術していた粗悪品とは異なり、厄祭戦時代のものをした代物、俗にいえば「」である。 君達の動画はいい関連 動画だった。 その言葉に偽りはない 関 連商品 みんなも何かとを起こした時のために詫びの印としての詰め合わせを用意するのもいいかもしれない (のちゃ) いっそ関連項目でも変えてみたりしと くぅ~? ・・・いや、やはりやめてう• (親友)• (名の元)• /()• (同作同の という名の同一人物)• 後、思想的にははなというよりトレーズに近い気がするのは そもそもどんなに高潔な思想を持っていようが手法が伴っていないとその高潔さをドブに捨ててるのと一緒だし、大体とは手法の違いで衝突して敵対する。 統一の軍を立ち上げるとかなったら、絶対裏をの当りにしてきたに反発くらって戦い、一度ンにやられて表から退いて、たちがをまとめた頃にプリターウみたいなで味方に来る展開しかないと思うな。 謀略し 限イシューとを嵌めない でが進めばあるいはってところ。 3620 ななしのよっしん.

次の

【モンスト】ギャラルホルン(獣神化)の評価と適正クエスト

ギャラルホルン 評価

SSで味方をサポート! ギャラルホルン獣神化のSSは、触れた敵をスピードアップ状態にするもの。 味方の火力アップに有効なため、積極的に使っていこう。 ギャラルホルンの主な適正クエスト• 禁忌の獄【十九ノ獄】• カナン【爆絶】 ギャラルホルンの主な適正神殿 火修【1】 火修【2】 火時【1】 火時【2】 水修【1】 水修【2】 水時【1】 水時【2】 木修【1】 木修【2】 木時【1】 木時【2】 光修【1】 光修【2】 光時【1】 光時【2】 闇修【1】 闇修【2】 闇時【1】 闇時【2】 ギャラルホルンにおすすめのわくわくの実• 同族加撃• 撃種加撃• 熱き友撃• 速必殺• ケガ減り.

次の