失業保険ハローワークに持っていくもの。 目的で違う?ハローワークに行くときに必要なものとは|ハタラクティブ

失業認定申告書を提出する「認定日」の手続き・持ち物は?

失業保険ハローワークに持っていくもの

ハローワークカード• 雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり• 筆記用具• 失業手当を給付してもらう金融機関の通帳• 写真(履歴書に貼るサイズでOK)• 身分証明証• 印鑑 など・・ こちらも雇用保険の失業等給付受給資格者のしおりに書いているので確認して下さい。 雇用保険受給説明会の場所 基本的には登録をしたハローワークの近くの会場で行われます。 こちらも雇用保険の失業等給付受給資格者のしおりに書いているので確認して下さい。 服装は?? ネットやらで、「 スーツで行くべき!」との書き込みを見ますが、 私が参加したときはスーツで来ている人など一人もいませんでした。 説明会だけで面接とか無いので、いつも通りのラフな格好でいいでしょう。 現在の求人状況(15分)• 雇用保険に関するビデオの観覧(40分)• 求職活動の仕方(20分)• 不正受給に関して(15分) 1. 現在の求人状況(15分) 「 この地域の完全失業率が〇〇%で全国平均に比べて低い」だとか、「 先月に比べると求人数が微妙に増えているから今がチャンス!!」など、現在の求人状況について話してくれます。 大事な話では無いので 聞き流しても全く問題ありません。 雇用保険に関するビデオの観覧(40分) あまり覚えていません・・・それほど重要な話をしてないということでしょう。 基本手当や再就職手当を受け取れる条件などを説明していた様な気がします。 「失業等給付受給資格者のしおり」に沿って解説しているので、内容を知りたい方はしおりを見て下さい。 求職活動の仕方(20分) ここは結構大事なのでしっかり聞きましょう。 まずは、ハローワークに設置されているパソコンを使っての求職活動の仕方を説明します。 パソコンの操作は簡単なので、パソコンを使ったことがある人であれば特に説明を聞かなくても問題ありません。 応募したい求人を見つけたら、その求人内容を印刷して、ハローワークカードと一緒にハローワークの窓口に提出すれば求人応募できるということを頭に入れておきましょう。 問題なのはここからです。 基本手当を受給してもらうには「 求職活動」が必須になります。 簡単に言えば、4週間ごとに失業認定日があり、その際に最低でも2件以上の求職活動実績が必要になります。 この活動実績がなかなかくせ者で、例えばA市のハローワークはハローワークのパソコンを見るだけで活動実績にできるけど、B市のハローワークでは認めていないなど、各ハローワークによって考え方が違うので、どのパターンだと活動実績として認められるのかをしっかりと確認しておきましょう。 あとは、失業認定申告書の書き方についても説明があります。 雇用保険受給資格者証• 雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり• 求職活動の記録票• 失業認定申告書• アンケート• 失業給付の手続きについて• 就職支援セミナーの案内• ポリテクセンターの案内• 今後の流れ 雇用保険受給説明会が終ると、最初の失業認定日と時間が設定されます。 それまでに給付制限のある人(自己都合退職)で3回以上、給付制限の無い人(会社都合退職など)で1回以上の求職活動実績が必要になるので、出来るだけ早めにクリアして万全の状態にしておきましょう。 また、説明会の時に受け取ったアンケートも提出しなければいけませんので、最初の失業認定日のときに忘れずに持参しましょう。

次の

【失業保険の初回認定日にハローワークで必要な持ち物】遅刻や忘れていた時はどうればいい?

失業保険ハローワークに持っていくもの

ハローワークカード• 雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり• 筆記用具• 失業手当を給付してもらう金融機関の通帳• 写真(履歴書に貼るサイズでOK)• 身分証明証• 印鑑 など・・ こちらも雇用保険の失業等給付受給資格者のしおりに書いているので確認して下さい。 雇用保険受給説明会の場所 基本的には登録をしたハローワークの近くの会場で行われます。 こちらも雇用保険の失業等給付受給資格者のしおりに書いているので確認して下さい。 服装は?? ネットやらで、「 スーツで行くべき!」との書き込みを見ますが、 私が参加したときはスーツで来ている人など一人もいませんでした。 説明会だけで面接とか無いので、いつも通りのラフな格好でいいでしょう。 現在の求人状況(15分)• 雇用保険に関するビデオの観覧(40分)• 求職活動の仕方(20分)• 不正受給に関して(15分) 1. 現在の求人状況(15分) 「 この地域の完全失業率が〇〇%で全国平均に比べて低い」だとか、「 先月に比べると求人数が微妙に増えているから今がチャンス!!」など、現在の求人状況について話してくれます。 大事な話では無いので 聞き流しても全く問題ありません。 雇用保険に関するビデオの観覧(40分) あまり覚えていません・・・それほど重要な話をしてないということでしょう。 基本手当や再就職手当を受け取れる条件などを説明していた様な気がします。 「失業等給付受給資格者のしおり」に沿って解説しているので、内容を知りたい方はしおりを見て下さい。 求職活動の仕方(20分) ここは結構大事なのでしっかり聞きましょう。 まずは、ハローワークに設置されているパソコンを使っての求職活動の仕方を説明します。 パソコンの操作は簡単なので、パソコンを使ったことがある人であれば特に説明を聞かなくても問題ありません。 応募したい求人を見つけたら、その求人内容を印刷して、ハローワークカードと一緒にハローワークの窓口に提出すれば求人応募できるということを頭に入れておきましょう。 問題なのはここからです。 基本手当を受給してもらうには「 求職活動」が必須になります。 簡単に言えば、4週間ごとに失業認定日があり、その際に最低でも2件以上の求職活動実績が必要になります。 この活動実績がなかなかくせ者で、例えばA市のハローワークはハローワークのパソコンを見るだけで活動実績にできるけど、B市のハローワークでは認めていないなど、各ハローワークによって考え方が違うので、どのパターンだと活動実績として認められるのかをしっかりと確認しておきましょう。 あとは、失業認定申告書の書き方についても説明があります。 雇用保険受給資格者証• 雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり• 求職活動の記録票• 失業認定申告書• アンケート• 失業給付の手続きについて• 就職支援セミナーの案内• ポリテクセンターの案内• 今後の流れ 雇用保険受給説明会が終ると、最初の失業認定日と時間が設定されます。 それまでに給付制限のある人(自己都合退職)で3回以上、給付制限の無い人(会社都合退職など)で1回以上の求職活動実績が必要になるので、出来るだけ早めにクリアして万全の状態にしておきましょう。 また、説明会の時に受け取ったアンケートも提出しなければいけませんので、最初の失業認定日のときに忘れずに持参しましょう。

次の

失業保険 もらう技

失業保険ハローワークに持っていくもの

・退職日 離職日 :2018年6月25日 ・初めてハローワークに行った日:2018年7月3日 この日の関連記事:「」 ・待機期間満了日:2018年7月9日 ・給付制限開始日:2018年7月10日 ・失業認定日 初回 :2018年7月31日 関連記事:「」 ・給付制限満了日:2018年10月9日 ・給付開始日:2018年10月10日 ・失業認定日 2回目 :2018年10月23日 上記が会社を退職 2018年6月25日 してから、明日の認定日2回目 2018年10月23日 までのスケジュール一覧です。 失業手当 基本手当 の計算方法 さて本題の計算方法ですが、上記スケジュールのうち計算に関係あるのは 「 給付開始日」と「 失業認定日 2回目 」です。 私の場合ですと「給付開始日」が2018年10月10日、「失業認定日 2回目 」が2018年10月23日です。 給付開始日から失業認定日の前日までの日数が、今回の失業認定日 2回目 に認定される日数になりますので、 初回給付日数は【13日分】となります。 で求めた5,866円に控除額1,300円ぐらいを足します。 2から「基本手当日額」 雇用保険受給資格者証に記載 を引く 最後に2. で求めた7,166円から基本手当日額5,141円を引きます。 この「2,025円」が 1日に稼いで良い上限金額となります。 稼いで良い上限金額を超えてしまった場合は? ここまでで計算した 稼いで良い上限金額を超えてしまった場合はどうなるのでしょうか? この場合は以下の計算方法で 基本手当日額から減額されます。 その為、本来は66,833円 満額 振り込まれる予定が、51,183円しか振り込まれないということになります。 15,650円の減額 まぁ考え方によっては、内職しなければ66,833円しか貰えなかったが、41,975円の稼ぎに更に51,183円上乗せできたと考えることも出来ますね 笑 まとめ 今回は「 失業認定日 2回目 必要な持ち物や失業手当の金額、内職の上限金額計算方法まとめ!」ということで、失業認定日の持ち物や失業手当の金額などをまとめてみました。 そのため、次回は一気に飛んで『最終認定日 5回目 』の記事になります。

次の