パーティー 料理 簡単。 大人数ホームパーティー料理で簡単・安い・美味メニューはこれ!

特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

パーティー 料理 簡単

おすすめたこ焼きの具• チーズ• キムチ• ソーセージ• たくあん• ピザソース• トマト• コーン• 明太子 たくさんの具を用意して、自分好みのたこ焼きを作るのも楽しいですよね。 たこ焼きパーティーは、あまり大人数だとたこ焼きを焼くのが間に合わないので5人くらいまでのパーティーにおすすめです。 子供が多いときには、サイドメニューをたくさん作っておけば待っている時間に食べられますよ。 たこ焼き器が足りない場合は、誰かにもう1台持ってきてもらうといいかもしれませんね。 タコ焼きパーティーのサイドメニューはこちら。 タコ焼き機を今から買うなら、こちらの炎たこがおススメ! 今までになかった可愛いお鍋で、テンションあがっちゃいますよね! 下のIHプレートはもちろん付属のお鍋以外にも使えるので、途中でフライパンに代えて別の料理を作ったりすることもできます。 1台あれば、ホームパーティーにとっても重宝する調理家電ですね。 鍋パーティーにおすすめのサイドメニューはこちらにまとめています。 ホームパーティーで盛り上がる料理7. チーズフォンデュパーティー ちょっとおしゃれに盛り上げたい場合は、チーズフォンデュパーティーなんていかがですか? トロリと溶けたチーズに、バゲットや茹で野菜をつけて食べるだけなので、準備も簡単な上にヘルシーですよ。 フォンデュ鍋がなくても、ホットプレートで簡単に作れますよ。 ワインにぴったりなので、ワイン好きが集まる時には特におすすめです。

次の

特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

パーティー 料理 簡単

パーティの主役!メインになる、おもてなし料理 おもてなし料理のメインにはやっぱり、華やかさとボリュームが欲しいところ。 テーブルに並べた瞬間に「美味しそう!」と声が上がりそうな、ごちそうレシピを集めました。 厚さ1cmごとに1分で面ごとに焼き、アルミホイルで包んで余熱で中まで火を通します。 タマネギやお好みのキノコを炒めてトマトソースを作り、食べたい分だけミートボールを煮込めば完成です。 メインを盛り上げる名脇役!前菜やおつまみのレシピ 小腹を空かせた子どもたちのおやつに、ビールやワインのおつまみに。 メインを待つ間に気軽につまめる、サイドディッシュのレシピを集めました。 揚げずに簡単、甘くてヘルシー!子どもに人気のカボチャコロッケ 甘みのあるカボチャとまろやかなクリームチーズの組み合わせがおいしい、焼いて作るコロッケ。 フライパンでパン粉を炒め、ボール状に丸めたコロッケのタネを転がしてパン粉をまぶします。 低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめ。 マグロと長芋のタリアータ 焼いた肉を薄く切って皿に盛り付ける、シンプルなイタリア料理「タリアータ」をマグロで作るレシピ。 マグロは醤油、バルサミコなどで漬け込んでおき、表面を焼いてカットしたら器に並べます。 使う材料はなんとポテトチップス! 水に数分漬けてふやかしてから生地と合わせて型に入れ、焼きます。 生クリームに塩を少々入れてホイップしたクリームを添えてどうぞ。

次の

ホームパーティーは持ち寄り料理が楽しい!簡単なおつまみレシピ

パーティー 料理 簡単

「これからの女子会はホームパーティーだ!」 昔から女子会というものはありましたが、 最近の女子会は少し進化しています。 というのも、ホームパーティーのクオリティーが上がっているからです。 料理のクオリティーや種類が増えていたり、 パーティーの雰囲気がアメリカンな感じになってきているのが原因でしょうね。 単に女子たちが集まって、コンビニで買ってきた惣菜なんかでしっぽり過ごす時代は、もう無くなってきているのかもしれませんね。 ということで、今回は 女子会にあれば嬉しいおしゃれな持ち寄り料理を紹介していきます。 簡単に作れるおつまみレシピばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 人気コンテンツの目次• ホームパーティーの料理は見た目が大事!雰囲気を盛り上げる効果がある ホームパーティの料理は、味もさることながら 見た目も大事です。 お洒落な一品は気分も上がりますし、ワインも進みますからね。 ホームパーティーは、気の合う友人たちとの ごくごく限られた時間を最大限楽しみたいものです。 だからこそ、 最高の料理があればより最高の時間を過ごすことができますよ!! おしゃれが大好きな女子たち!! 服装などの見た目だけではなく、料理もおしゃれなものを作って 最高の女子会を満喫しちゃいましょう。 そこで今回は、加熱調理をほとんど行わないのが特徴の 「アンティパスト」というジャンルからお手軽な料理をご紹介します。 凝った料理を出すイタリア料理では、どうしても調理に時間がかかります。 そこで先ずは、 「これを食べて、続く料理をお待ちください」という意味で提供されるものとなっています。 さらに、この前に アミューズブーシェを取り入れる場合もありますが、こちらは食べる目的というよりはより 見た目と オリジナリティを重視します。 アミューズの名の通り、 来てくれたゲストを楽しませるという目的がありますよ。 サーモンのサラダ・ヴィネグレット 出典: ここで使用するサーモンは、 イタリア料理で最もよく見るお魚です。 ちなみに、サーモンの代わりに生ハムを用いても美味しく仕上がりますよ。 2種類のお酢を使う事により、 白ワインの甘さのある芳香と バルサミコ酢の熟成された深みのある香りがよく合います。 とっても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!! サーモンのサラダ・ヴィネグレットの材料• サーモン• ベビーリーフ• オリーブオイル• ディルの葉• 白ワインヴィネガー• バルサミコ酢 サーモンのサラダ・ヴィネグレットの作り方 参考動画 工程1 ベビーリーフは良く水洗いしてから同じ大きさに切った水菜と混ぜておく。 そこに白ワインヴィネガー、みじん切りにしたディルの葉、塩、胡椒、オリーブオイルを混ぜたドレッシングをかけて軽く混ぜ合わせる。 工程2 一口大になるように皿に等間隔で盛り、その上にスライスしたサーモンを乗せます。 こうすることでサーモンの自重でサラダを押さえつけることが出来るため、フォーク1つですべて口に運ぶことが出来ます。 工程3 最後にサーモンの上にバルサミコ酢をつまようじで涙滴、もしくはハート型に乗せてから千切ったディルの葉を乗せて完成です。 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカ 出典: 炙ったものを意味する ブルスケッタに、 娼婦風という意味合いの プッタネスカベースの材料を合わせたアンティパストです。 ケッパーを使用しますが、好みによってはエストラゴンでも構いません。 しかし、セージ系統のものはどうしても味のばらつきを生むので お勧めしません。 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカの材料• バゲット• トマト• ケッパー• オリーブ• オリーブオイル• 玉ねぎ• パセリ• 塩コショウ• マスタード• レモン汁 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカの作り方 工程1 バゲットは手の幅程度の断面になるように切って軽くトーストします。 工程2 トマトは角切りに、オリーブは輪切りにしてみじん切りの玉ねぎと共に混ぜ合わせます。 そこにオリーブオイル、ケッパー、塩コショウ、マスタード、レモン汁を加えてマリネします。 工程3 仕上がったらバゲットの上に乗せ、上からパセリを振ります。 お好みでチーズをかけてからトーストし、チーズが溶けるくらいで取り出して食べても美味しく頂けます。 加熱調理をするアンティパスト ジャガイモとチーズのキッシュ 出典: キッシュは、パイ生地に様々な食材を入れて焼いた家庭料理です。 こちらはフランス生まれではありますが、中世の食文化において密接であった両国ではレシピや料理人による交流が盛んにおこなわれました。 なので、この料理もその時に定着したと言われ、 今でもイタリア料理のコースによく出されます。 ジャガイモとチーズのキッシュの材料• じゃがいも• 粉チーズ• 生クリーム• パイ生地• バター ジャガイモとチーズのキッシュの作り方 参考動画 工程1 ジャガイモは茹でるかレンジで柔らかくしてからマッシャーで潰します。 工程2 そこに粉チーズ、塩、胡椒、生クリーム、卵黄を加えてしっとりするぐらいまで混ぜます。 工程3 全体的に馴染んで行き渡ったらパイ生地を敷いたパイ型に入れて表面を調え、もう一枚のパイで覆います。 工程4 最後に上に卵黄を塗ってからオーブンで焼き上げます。 他にもパンチェッタを入れたり、アンチョビをアクセントにしたり、ホウレンソウで食感を足しても良いアレンジになります。 また、別途に暖かいホワイト系やブラウン系のソースをかけても美味しく召し上がれます。 まとめ 盛り付けの コツは 手前を低く、奥を高くを原則として行うと綺麗に仕上がります。 それ以外には色彩が偏らないようにすることや、統一感ある盛り方(渦巻や山型など)にするというものがあります。 しかし、それでもこの盛り方が正解だという形はありません。 ですので、自分がこれで良い仕上がりだと思えるようなものがベストですよ。 【関連】 最後までお読みいただきありがとうございます。 この記事が良ければ、SNSボタンでシェアをよろしくお願いいたします。 あなたの親切がモチベーションに繋がりますので、よろしくお願いいたします。

次の