サイフォ ディアス。 サイフォ=ディアス

「サイフォディアス」に関するQ&A

サイフォ ディアス

クローン兵はタイフォに似ているだけで、ジャンゴのクローンなんですね、きっと。 でないと仮説を想像しようにも想像のしようがないので、説明を頂いてすっきりしました。 メイスへの疑惑は、ちょっと行き過ぎかなと反省しております。 この辺の問題は、まずクローンの発注に関していろいろ分析しないとダメかも知れません。 つまりクローンの発注者:サイフォ・ディアスが何者か、なぜ死んだのか、その死は発注と関係があるのか、発注した時点でのシス側、ジェダイ側の利害関係などがそれです。 シディアスがサイフォ・ディアスの名を使ったがために口封じに殺したのか、2人は名が似ているので同一人物なのか(昔、エンゼルハートという映画でルイス・サイファー(人間)=ルシファー(悪魔)だったというのがありました)等いろんな説が出てくると思います。 この辺について皆様の仮説を聞かせて頂くとうれしく思います。 いずれにしてルーカスが3年間語り合うための話題を提供してくれたのだから、大いに想像を膨らませて楽しみたいです。 追伸、今回、ナブーのシーンでR2-D2の階段昇りシーンが見られましたね。 私の記憶では階段シーンは、EP4のモスアイズリーでのシーンのみでR2はかなり曖昧な階段降りをしています。 (他にも階段シーンがあったらすみません)今回ははっきりと描かれていて大変満足しました。 EP2観て、気になること 投稿者: ニル 投稿日: 7月 1日 月 12時03分45秒 「アナキンの親」が話題になってますが、他にも疑問点が多いですよねー! サイフォディアスって誰?とか、なんでジャンゴがクローンの原体に選ばれたのか、とか。 どうも、今後のキーパーソンとして、あえて語られなかったとしか思えなくて。 サイフォディアスが死んだと語られる「10年前」って、クワイガンの死んだ年と 同じですよね。 最初は味方だったサイフォディアスだが、クローンの依頼という最高機密にかかわり、何らかのトラブルで殺された可能性。 2 なぜ、サイフォディアスを名乗ったのか? 分かりません。たまたま、最近死んだシスの名前を借用した。 あるいは、このクローン依頼作戦の名前借用のために、わざわざサイフォディアスを殺したという説は違うと思います。もし、カミーノ人がジェダイ評議会に連絡して調査した場合、死人の名前を使うとそれはすぐにバレてしまいます。 したがって、偽名の名前を使うのは、賢明ではありません。どうせバレルのなら、実在のジェダイの名前を使っても同じことですから。 3 全てカミーノ人のフィクション説(虚偽情報によるジェダイ撹乱説) ほとんどの人が、カミーノ人のクローン依頼の話をそのまま素直に信じていますが、彼らが本当のことをオビ=ワンに言っているとは限らない。オビ=ワンがサイフォディアスの代わりに来たというとっさのひらめきを、カミーノ人は信じるますが、その割にオビ=ワンはクローンについて知らなすぎるわけで、それを全く疑いもしないカミーノ人の態度も少しおかしい。 オビ=ワンが、カミーノ・セイバーダートの意図的使用によってカミーノにおびき寄せられたという説もありますが、もしそうだとすると、この「フィクション説」も有力になってきます。 つまり、ドゥークーがオビ=ワンにシディアスの存在をばらしたのは、ジェダイ評議会を疑心暗鬼に陥れるため。同様に、サイフォディアスというジェダイが、シスのエージェントとして働いていたということをオビ=ワンに吹き込めば、ジェダイ評議会は疑心暗鬼に陥る。実際に、そうなったわけだし。 カミーノ人はシスの支配下にあった。 したがって、オビ=ワンに嘘情報を流させることは、簡単なことである。 この説の場合、事実確認ができないという理由で、死人の名前を出したという部分が、必然性を持ってきます。 さて、こうして書いていると、サイフォディアスがドゥークーだという一般的な解釈よりも、このカミーノ人のフィクション説の方が、辻褄が合うような気がしてきました。ただ、カミーノ人に嘘をつくように指示した人物が、ドゥークーてある可能性はありますが。 4 サイフォディアスのネーミング 製作者サイドの意図の推測になりますが、なぜこのジェダイの名前を「サイフォディアス」にしたのでしょう? 「サイフォディアス」を短縮すると「シディアス」になります。 以上、つれづれなる仮説です。 ありがとうございます 投稿者: ニル 投稿日: 7月 2日 火 08時55分48秒 樺沢紫苑様 「サイフォディアス」の件、丁寧にお答えいただいて ありがとうございました。 カミーノ自体が怪しい、と言う説は、全く気付きませんでした。 カミーノは、タモリの「世にも奇妙な物語」のような、不思議感を醸し出すためだけに 作られた設定ぐらいにしか思っていなかったので。 僕は前にも書きましたが、「クワイガンが、なんかしらの形で関わっている可能性が高い」 と思っています。 「10年前に死んだ」と言われて即座に思いつくのがやはり彼です。 と言いますのは、もしそうだとすればつまりジャンゴとカミーノ人はグルだったワケで、だとしたらジャンゴはもっとカミーノ人のサポートを受けてしかるべきでしょう。 オビの到着もその時点でジャンゴに報告されるでしょうし、脱出の手助け等もされるハズ。 しかしオビと対面したジャンゴは明らかに動揺していますし、脱出の際には戦闘にさえなっています。 と言う事はカミーノ人のサポートはなかった、つまりグルでは無いと言う事で彼らはシロ、と見てよいのではないでしょうか。 樺沢氏自身「あくまでも仮説」とおっしゃってイル事にいちいちツッコミを入れるのもどうか、と思いましたが、ジャンゴに心の準備や警戒態勢がなかった、と言う点で「オビ誘導疑惑」に対する反論ともなるのであえて書き込んでみました。 カミーノアンは中立である。 悪意はない。 サイフォ=ディアスの名を語って実際に発注を行ったのはドゥークーである。 デックス曰く、カミーノアンは金次第でどうにでも動いてくれるのだから、 ドゥークーが発注の際に前金でドカンと現物を掴ませていれば融通が利くはず。 つまり、「金は払ってるんだから、決してそっちからは連絡を入れるな。 黙って待ってろ」と一言言っておけばいいのです。 ジャンゴがオビ=ワンを誘導。 予想外に素早くカミーノを突き止められたので、 混乱させるためにティラナスという名前を出す。 これですべて辻褄があう。 黙って待ってろ」と一言言っておけばいいのです。 もしそうであれば、サイフォ=ディアスという実在でさらに最近死んだジェダイの名前を語る必要もなかったのではないでしょうか? 偽名でもいい。 とはいっても、ジェダイの情報撹乱説は、オビ=ワンに対する何らかの誘導があって成立するわけだし…。 正直、まだ結論がでないなあ。 ビンラディンさんの説には賛成しますが、この点に関してはどうかと…。 私はジャンゴとカミーノ人が「グル」ということは、考えていません。じょじょさんは、「カミーノアンは中立である。 悪意はない。 ドゥークーとジャンゴは、主従関係のように見えますが、その関係性はいたってクール。 シディアスの計画は常にそういうものです。 架空の名前を使う場合と、最近死んだ実在の名前を使う場合の両方を比べれば、後者のほうがデメリットが少ないのです。 「連絡を取るな」と言ったところで、ラマ・スーがたまたまそのとき(10年前)の評議会のメンバー構成を知っていたらおかしな話になるでしょう。 そもそも共和国軍にする目的で作られた軍隊です。 元老院にしてみれば、たとえそれが評議会に諮られていない単独行動であれ、ジェダイ・マスターの先見性を信じようという意見に繋がるかもしれません。 動揺したのはオビ=ワンが来たからではなく、アミダラ暗殺未遂の黒幕であることがバレてしまったからでしょう。 ボバは「トーン・ウィが来たよ」と言っただけで、オビ=ワンの存在を伝えていません。 だからジャンゴはドアを閉め忘れ、結果的に装甲服とヘルメットを見られてしまった。 カミーノから逃げ出したのもそのためです。 サイフォ=ディアスについて 投稿者: IQMI 投稿日: 7月 2日 火 18時05分03秒 はじめまして。 こんなに議論が盛り上がっている掲示板は初めてです。 楽しく拝見させていただきました。 EP2を見て最初に思ったことは「あぁ、やっぱりSWはEP6で完結なんだな」ということです。 うまく言い表せないのですが、映画6作品の一貫性が見えたような気がして、ゾクッと来ました。 私はパルパティーンやシディアスの問題に非常に興味があります。 個人的には「パルパティーン=シディアス」という古典的スタイル支持しています。 これについてはまた機会があったらお話しできたらと思います。 また、サイフォ=ディアス問題に関しては、私はこれこそが「シディアス」であると考えます。 つまり、カミーノでのことを私なりの説をまずまとめてみますと、 「クローン軍を発注したのはあくまでダース・シディアスで、彼は自ら『マスター・シディアス』と名乗って通信によって交渉したが、カミーノニアンはその名を『サイフォ=ディアス』と聞き違えていた」 というものです。 これがちょうどサイフォ=ディアスの死と重なって、ジェダイたちは大混乱!となっているのでは、と考えています。 それを支持する理由として、まず第一に、発音が似すぎという点です。 はじめの頃、いろいろなサイトで「Sid-Dyas」という名前が出回っていたという記憶があります。 これが後に「Sifo-Dyas」となったようです。 「Sid-Dyas」だとあまりにもシディアスと似すぎていたために後から変更されたか、あるいは単なるデマだったか定かではありませんが、もしこのことに詳しい方がいらしたらぜひ教えて下さい。 第二の理由として、オビ=ワンがカミーノからヨーダたちに連絡しているシーンで、オビ=ワンが「〜マスター・サイフォ=ディアスが〜」と言った瞬間に映像と音声が乱れているのです。 私はこれと同じ原理でカミーノニアンが聞き違えたのでは?と考えています。 このシーンは見れば見るほど意図的に思えてきて、制作者側のヒントではないか、と考えてしまいます。 スター・ウォーズに無意味な映像はない!ということで。 また、ジュニアノベルを読んでみると、これらに関するヨーダたちの考えが違った視点から書かれていて、参考になると思います。 (私、個人的にはジュニアノベル好きです。 EP2の諸問題に関して、ジュニアノベルを見ると以外に答えが書かれていたりするんですね。 ) 分かりにくい日本語で失礼いたしました。 ただ、先日も引き合いに出したジュニアノベルによると、こんな感じのことが書いてあります。 オビ=ワン「残念ながらマスター・サイフォ=ディアスは10年前に殺されています」いや、もっと前、11年、12年前だったか?あとでマスター・ヨーダに確認することにしよう。 つまりナブー封鎖の前に死んでいた可能性があるらしいのです。 サイフォ=ディアスの死とクローン軍の発注の前後関係がエピソード3でも問題になるのかも知れません。 また、発注したのがシディアスにしろティラナスにしろ、逆に、なぜわざわざシディアスと似た名前のサイフォ=ディアスを語る必要があったのか、とも考えることができると思います。 それに、トレード・フェデレーションとの時はシディアスという名前を直接使っていたので、今回だけ名前を偽ったという必然性は無いのではないでしょうか。 もともと「影の名前」なのですから。 サイフォ・デイアスの謎 投稿者: pada one 投稿日: 7月 8日 月 23時36分08秒 初カキコするナイスなパダワンです(誰かのパクり?) EP2は曲を聴くとそれとなく意味ありげでなかなかおもしろいですよね。 最後ら辺に帝国マーチが流れてました。 私が思ったことはサイフォ・ディアスとクワイ・ガンジンが同一人物の可能性があるということです。 我が同士といろいろ検証してその理由を出してみました。 このことはヨーダなら絶対に何か知っていると思われる。 サイフォ・ディアスのことを詳しく知っていそうなのはヨーダのみ。 他のジェダイもオビワンと同様にサイフォ・ディアスに会ったことがなさそうな口調であった.... サイフォ・ディアスって何者? 投稿者: うっちー 投稿日: 7月16日 火 22時15分54秒 はじめまして。 最近、やっとEP2見ました。 (星の名前か何かで、名前はクローン技術から拝借したものだと・・・) ところで、サイフォ・ディアスって何者でしょう?私はアナキンの親父ではないかとにらんでますが・・・。 サイフォは少なくともパルパティーンとは別人。 (両方ともジェダイに面がわれてるし。 それとも、シディアスは霊魂で、死んだサイフォの肉体をのっとり、 その後最高権力者まで上り詰めたパルパティーンを殺害して乗っ取るのかな? そうするとEP6で滅んだのは単にパルパティーンの肉体で、シディアスの魂は不滅か? ・・・怖い考えになったな・・・。 小説でそういうことがありました。 自分のクローン何体も作って、やられるたびに別の身体に乗り移ってましたね。 謎の人物 投稿者: hasnese 投稿日: 7月17日 水 00時04分51秒 サイフォ・ディアスと,アナキンの父親。 二人とも「謎」という観点では共通点がありますね。 うっちーさんのカキコを見て,直感的には「アリかも!?」って思いました。 なんか謎が一気に2つも解けちゃうかんじで気持ちいいかも? でも・・・ それを限られた時間でストーリーに盛り込むのって, 恐ろしく大変ですよね。 それって美しくないかも,とも思いました。 というわけで,やっぱり二人とも「謎の人物」!いったい誰なのさ〜 笑 (可能性的に,ディアス=アナキン父ってどうでしょう>みなさん) 仮説 投稿者: DIO 投稿日: 7月18日 木 20時59分01秒 今日、日本語訳の方を観てきました。 先々行ではデジタルで観たので、映像が悪かった気がしました。 で、思ったのですがヨーダが分離主義者の増加を予知していて、それに対抗するため、たまたま当時死んでしまったサイフォ=ディアスの名を語ってカミーノにクローン製造を依頼したとは考えられませんかね(カミーノの首相はサイフォ=ディアスがまだジェダイ評議委員だと語っている)。 そしてカミーノの座標をチャートから消した。 う〜ん、本当にエピソード3でちゃんと完結するのかな。 とにかくエピソード3早く観たいです。 未来はたえず揺れ動いてるから、あと3年生きられるか分からないし。

次の

スターウォーズのマスター・サイコディアスって何者ですか?ヨーダ...

サイフォ ディアス

喜劇 1623年に出版された最初のシェイクスピア戯曲全集( 第一・二つ折本 ファースト・フォリオ)では、「喜劇」「歴史劇」「悲劇」の一覧として35作品の名前が挙げられています。 「喜劇」は以下の14作品です。 『間違いの喜劇』• 『ヴェローナの二紳士』• 『じゃじゃ馬ならし』• 『恋の骨折り損』• 『夏の夜の夢』• 『ヴェニスの商人』• 『ウィンザーの陽気な女房たち』• 『から騒ぎ』• 『お気に召すまま』• 『十二夜』• 『終りよければすべてよし』 (問題劇)• 『尺には尺を』 (問題劇)• 『冬物語』 (ロマンス劇)• 『テンペスト』 (ロマンス劇) 『 終りよければすべてよし』と『 尺には尺を』は内容が純粋に喜劇的ではなく問題を含んでいるため、現代批評では「 問題劇」に分類されています。 また、『 冬物語』と『 テンペスト』は「 ロマンス劇」に分類されています。 『間違いの喜劇』 Comedy of Errors 1592-1594年 リンク トロイア戦争を舞台にトロイラスとクレシダの恋を描いた問題劇。 トロイラスとクレシダは永遠の愛を誓っていた。 しかし、クレシダはギリシャにいる父親のところに引き渡され、二人は別れる。 トロイラスはギリシア軍を訪問した際に、クレシダがダイアミディーズに口説かれている現場を目撃する。 トロイラスは復讐を決意する。 ロマンス劇• 『ペリクリーズ』• 『シンベリン』• 『冬物語』• 『テンペスト』 第一・二つ折本 ファースト・フォリオでは「喜劇」に分類されていた『 冬物語』と『 テンペスト』、「悲劇」に分類されていた『 シンベリン』、および、第一・二つ折本には含まれていなかった『 ペリクリーズ』は、現代では「 ロマンス劇」に分類されています。 『ペリクリーズ』 Pericles, Prince of Tyre 1607-1608年 リンク ミラノの大公プロスペローは魔術の研究に没頭したため、弟に爵位を簒奪され、娘ミランダとともに孤島で12年間暮らしてきた。 プロスペローは孤島に住んでいた魔女の息子キャリバンと妖精エアリアルを支配していた。 プロスペローは魔術を用いて、仇敵に復讐することを計画する。 歴史劇 第一・二つ折本 ファースト・フォリオでは、以下の10作品が「歴史劇」として挙げられています。 『ヘンリー六世 第1部』 (第一・四部作)• 『ヘンリー六世 第2部』 (第一・四部作)• 『ヘンリー六世 第3部』 (第一・四部作)• 『リチャード三世』 (第一・四部作)• 『ジョン王』• 『リチャード二世』 (第二・四部作)• 『ヘンリー四世 第1部』 (第二・四部作)• 『ヘンリー四世 第2部』 (第二・四部作)• 『ヘンリー五世』 (第二・四部作)• 『ヘンリー八世』 『ヘンリー六世 第1部』 Henry VI, Part 1 1589-1590年 リンク イングランド王ヘンリー八世の生涯を描いた歴史劇。 ヘンリー八世はウルジー卿を完全に信頼していた。 悲劇 第一・二つ折本 ファースト・フォリオでは、以下の12作品が 「悲劇」として挙げられています。 『タイタス・アンドロニカス』• 『ロミオとジュリエット』• 『ジュリアス・シーザー』• 『ハムレット』• 『トロイラスとクレシダ』 (問題劇)• 『オセロー』• 『リア王』• 『マクベス』• 『アントニーとクレオパトラ』• 『コリオレーナス』• 『アテネのタイモン』• 『シンベリン』 (ロマンス劇) 現代では「問題劇」に分類されている『トロイラスとクレシダ』は、全集の「悲劇」の前の微妙な箇所に位置していて、「悲劇」に分類されていたと断言はできません。 また、現代では、『シンベリン』は「ロマンス劇」に分類されています。 『ハムレット』『マクベス』『オセロー』『リア王』は 四大悲劇として特に有名であり、作品の完成度が高いため、優先的に読んでおきたいところです。 『タイタス・アンドロニカス』 Titus Andronicus 1593-94年.

次の

シーヴ・パルパティーン

サイフォ ディアス

このページは書きかけのページです。 今後の追記が予定または期待されています。 Sheev Palpatine 別名または別表記 別名 Darth Sidious 人物に関する情報 出身地 誕生 47BrS:8:11 死亡• オリジナルの肉体は 4 ABY 39 、• 45 、• 10 ABY 45 、• 最後のは 11ABY 46 、 身体に関する情報 種族 性別 男性 身長 1. 73 m、以前は1. 78 m 髪の色 赤色、後に灰色、白色() 目の色 青色、黄色() 年代および政治に関する情報 時代• (パルパティーンとして)• (シディアスとして)• (パルパティーンとして)• (シディアスとして)• (パルパティーンかつシディアスとして) 師匠 弟子• (ダーク・ジェダイの弟子)• (ダーク・ジェダイの弟子)• [非表示] シーヴ・パルパティーン、またの名を ダース・シディアスは、最後のであり、の初代でもある。 また、彼はの掲げたに従った最後のであり、これまでに存在したなかで最強のシス卿であると考えられている。 パルパティーンは何十億もの知的生命体を犠牲とした規模の抗争、を勃発させるなど、複雑な計画を駆使して自らの帝国を築き上げたのだった。 の下で修行中のパルパティーン 若き日のパルパティーンに関する正確な情報を得ることは難しく、したがって彼がいかにしてシスとなったのか、どのようにしてのに魅入られたのかは完全に謎である。 しかし、どういうわけか彼のはに気づかれることがなく、代わりにのシスの暗黒卿、の関心を引いたのだった。 プレイガスはパルパティーンの資質を慎重に見極め、彼をシス・オーダーのカルトへと招き入れた。 そして、ダース・ベインの時代からの伝統に従い、プレイガスは彼にを冠するシスの名前を与えたのである。 パルパティーンはシス・アプレンティス、ダース・シディアスとなったのだ。 ダース・シディアスは何十年にもわたってプレイガスの下で修行を行ったが、それがいつから始まり、いつ終わったのかを示す証拠は一切残されていない。 その間、プレイガスはシディアスにダース・ベインの伝統に則った訓練を与え、ベインの時代について記録された数多くのシス・を与えたのだった。 ジェダイはこれらのホロクロンがのに保管されていると誤解していたが、それらは精巧に造られた偽物であり、シスに関する誤った情報が記録されていた。 その後、本物と偽物のホロクロンがそれぞれ誰の手に渡ったのかは分かっていない。 プレイガスの下で、シディアスはシスの歴史を深く学び、古代シス卿やベインをはじめとする最近のシス卿に関する知識を身につけた。 ベインの教えはオーダーの基本を顕著に表したものであり、プレイガスの教えは厳しいものだった。 だがその結果、パルパティーンはベイン以来最強の暗黒卿の1人となったのである。 ダース・プレイガスの殺害 ダース・プレイガスは不老不死の研究に取り付かれていた。 彼は禁じられた教えを探求し、死に瀕した者を救える、あるいは死んだ者を蘇らせることさえできる知識を手に入れようと考えていたのだ。 とシスは共に何千年にもわたって死から逃れる方法を追及してきたが、いずれも成功を見なかった。 やといった最強の古代シス卿たちがこの秘密を掴んでいたとされるが、それらは既に失われていた。 その後、プレイガスは無から新しい生命を作り出すという究極の秘術の研究に着手する。 そしてついに、プレイガスはに影響を与え、そのものから直接生命を生み出す実験について、シディアスに語ったのだった。 プレイガスはこうしてできた子供に驚異的な潜在能力があるはずだと考えていたのだ。 シディアスは即座にプレイガスの真意を疑った。 彼の目的は新しい弟子を作ることであり、自分とその子供を置き換えるつもりであると考えたのだ。 シディアスはプレイガスから学べるだけのことを学び、既に密かに自分の弟子を準備していた。 その直後、彼は寝ているプレイガスを殺害し、シス・マスターの称号を手にしたのである。 彼は同じことを繰り返さぬよう自分の弟子に目を光らせ、モールにはプレイガスに関する知識をほとんど教えなかった。 シディアスは常に用心し、プレイガスのように迂闊に寝りにつくことさえ避けたのだった。 プレイガスは死んだが、辺境の砂漠の惑星に彼の実験の成果を示す証拠が存在した。 当時30歳の奴隷の女性、がという名の男の子を出産したのである。 アナキンの少年時代には謎が多いが、シミは彼の父親についてまったく知らず、やがてアナキンは歴史上最も強いフォース感知力を持つ人物として知られることになる。 シディアスはいずれ彼がダース・モール以上に強力な弟子となることに期待し、彼の成長を注視し続けたのだった。 ダース・モールの訓練 にタトゥーを入れるシディアス プレイガスを殺害する直前に、パルパティーンは若いの少年をの家族のもとから連れ去り、シスとしての訓練を始めていた。 シスがザブラクを弟子に選んだことは前例がないわけではない。 太古の昔、ザブラクの武勇に気づいていたシスはイリドニアと価値ある接触を行い、法外な報酬でザブラクを傭兵として雇っていたのだ。 そのため、シスの文化が滅びて久しい時代にも、ザブラクの文化にはシスの影響が残されていた。 ザブラクには大きな苦痛に耐える力が備わっていたのだ。 だが、若いモールにはパルパティーンの非情な訓練に対する準備ができていなかった。 それでもモールは師に絶大な尊敬の念を抱いており、完璧な忠誠を誓っていたのである。 やがて、モールの最後の試練のときが訪れた。 パルパティーンは彼を辺境の隔離された惑星へと送り出し、そこで1ヶ月にわたって彼をアサシン・の標的とさせたのである。 そして最後の日、モールは洞窟の入り口で待っていたパルパティーンを発見する。 モールは数日間飲まず食わずで疲れきっていた。 それでもパルパティーンはモールに戦いを挑み、モールはなす術なく敗れてしまう。 パルパティーンは無様な弟子を見下ろし、モールがこの様では別の弟子を用意するしかないと語った。 するとモールは激怒し、殺意を持ってパルパティーンに襲い掛かった。 パルパティーンは油断したが、モールの武器を取り上げる。 だが、モールは素手でも攻撃を続け、最終的には敗れたが、あわや師の腕に噛み付こうかという勢いだった。 この結果に満足したシディアスは、モールに修行の終わりを告げ、彼がシス卿であると宣言したのである。 シディアスの計画は極めて複雑であり、無意識に動いてくれる手駒がその計画に気づいたり、あるいは干渉したりすることを決して許さなかった。 その点でダース・モールは優れた道具だった。 彼はシディアスの真の計画に対するあらゆる障害を排除するため、密かな暗殺者として銀河系の各地に派遣されることになる。 一例として、最終目標を実現させるため、シディアスはモールに銀河系で最大の犯罪シンジケートであるを攻撃させた。 シス卿は周到に準備した計画を彼らに台無しにされることを懸念していたのだ。 最後の準備 パルパティーンはジェダイ絶滅の壮大な計画に着手する前に、、、の従者たちなど、数多くのダークサイドの支持者たちと接触を行い、直接の支配下に組み入れた。 実際には、ツンドの魔女たちは最後のメンバーであるによってほぼ壊滅させられていたが、パルパティーンはの秘密に関心を示し、ゲプタにのの称号を与えたのだった。 さらに、パルパティーンはダーク・フォースの関係者を集め、元のをリーダーに任命した。 後に彼らはたちと呼ばれるようになる。 政治家パルパティーンの台頭 パルパティーンはダース・シディアスとしての素性を慎重に隠しつつ、若いときから政治家としてのキャリアを歩み始めた。 ナブーでは12歳から20歳までの間、公共の奉仕に就くことが義務付けられており、彼もこの流儀に従って政治の世界へ足を踏み入れたのである。 しかしナブーの多くの人々とは異なり、彼は通常許容される以上の年齢になるまで政界にとどまっていた。 彼はナブーの地方政界に入り、さらに上を目指したのである。 だが、実際には当選よりも落選することが多く、一連の政治的地位をことごとく逃していったのだった。 やがて、でナブーを代表する議員がに乗った正体不明の狙撃犯によって暗殺されると、30歳のパルパティーンは彼の後継者として立候補した。 このとき、ナブーの人々は、彼をナブーとの他の35の提携惑星を代表するセクター議員に選んだのだった。 この暗殺事件にパルパティーン、プレイガス、あるいは他の仲間が関わっていたかどうかは不明である。 しかし、この事件で利益を得たのはパルパティーンだけだった。 多くの腐敗した議員が数々の不正を行い私腹を肥やしているなか、パルパティーンはコルサントの元老院を蝕むあらゆる疑惑や汚職から一線を画していた。 彼は物静かで口数も少なく、野心や狡猾さとは無縁の政治家だったのだ。 彼の有益な助言や聡明な政策はときとして政敵たちをも懐柔し、やがて彼自身も議会で一目置かれる存在となったのである。 の33年前、シディアスの影の同盟者副総督は、彼の故郷で開催されたで、シディアスの画策したの虐殺に加担した。 このサミットを主導するを襲撃した海賊もパルパティーンが黒幕であり、その結果、が連合のとして権力を得たのだった。 その直後に、パルパティーンはによってから盗まれたとされる700万を秘密裏に動かし、の口座へと送金した。 同時に、パルパティーンの補佐官は、この不正な金の動きが議長の政敵によって暴かれるよう手配する。 そして、議員がでこの事実を暴露し、これによってヴァローラムの権力は極めて不安定な状態へと陥ったのだった。 その1年後、シディアスは通商連合のの幹部たちに、元老院決議案BR-0371、すなわち主要な辺境の交易ルートに対する関税法案への抗議行動として、ナブーの封鎖を行うよう指示した。 シディアスはニモイディアンたちに自分がパルパティーンであることを隠していたが、自らがシス卿であること、そして元老院に対してある程度の影響力を持っていることを明かしていたのである。 ナブー危機 ダース・シディアス 数年後、パルパティーンはナブーの元首という難敵に直面した。 両者に政治的合意はほとんどなく、彼はヴェルーナに対し、外交により積極的になるよう説得していた。 結局、これは外交政策における危険な懸念を生じさせ、ついにはヴェルーナの失脚を招くことになる。 パルパティーンはヴェルーナの後継者が彼の有益な助言を熱心に聞いてくれると感じ、喜んだ。 彼が初めてアミダラと対面したのは彼女の戴冠式のときである。 その後、アミダラが銀河元老院に嘆願するためコルサントを訪れるまで、2人は一度も直接顔を合わせていなかった。 扱いやすい君主を得たパルパティーンは、予定通りに計画を実行に移した。 通商連合は憤り、恐怖し、その弱い心を彼に操られていた。 ヴァローラム最高議長も実質的に彼の影響下にあり、これも優位な点だった。 パルパティーンは状況のあらゆる側面を掌握していたのである。 ゲームは次の一手を打つべきときを迎えた。 このは他のあらゆる計画の交差点であり、共和国に最初の大きな一撃を与えることになる。 関税問題に端を発する通商連合のナブー封鎖事件は、パルパティーンを銀河政治の主役に抜擢することになる。 元老院にはナブーの悲劇に対する同情だけでなく、腐敗しきった共和国を変えることができるのは彼だけだという期待感もあった。 その一方で、元老院が調停のためジェダイの特使、とをナブーへ派遣すると、シディアスはニモイディアンたちに彼らの抹殺を命令する。 しかし、ニモイディアンはこれに失敗し、ナブーでもアミダラ女王を取り逃がすという失態を演じたのだった。 シディアスは弟子のダース・モールを投入してアミダラの捜索を行うが、彼女は元老院で故郷の惨状を訴えるべくコルサントへと逃れ、皮肉にもパルパティーンとの対面を果たすことになる。 このとき彼は、アミダラの一行が途中で立ち寄ったタトゥイーンで、フォースから生まれたアナキン・スカイウォーカーを発見したことに驚きを隠せなかった。 パルパティーン議員 ナブー問題について協議する特別議会の最中、パルパティーンはアミダラ女王に、リーダーシップを失ったヴァローラム最高議長の不信任案を動議するよう勧めた。 議会は満場一致で動議を受け入れ、続く選挙にはパルパティーンの他、の、のが候補者として選出された。 だが、状況は悲劇の主役となったパルパティーンが圧倒的に優勢であり、彼はついに最高権力の座を手に入れる。 議長となったパルパティーンは、共和国にはびこる不正を一掃し、銀河系に正義と秩序をもたらすと公約した。 そしてこのときは、誰もがそのとおりになると信じていたのである。 シディアスはその後のでダース・モールを失うが、この一連の計画での最大の目的は達成されていた。 シディアスの真の目的はヴァローラム元老院議長を失脚させ、銀河元老院の新議長の座を手に入れることにあったのだ。 彼にとってはモールも通商連合も、そのための道具に過ぎなかった。 このときジェダイ・オーダーはシディアスの正体はおろか、その存在に関する手掛かりさえ何一つとして掴んでいなかったのである。 パルパティーン政権下の共和国 ヤヴィンの戦いの28年前、パルパティーンが官邸での任期を終えると、通常通りが行われることになった。 しかし、彼の改革に向けた最善の努力が妨害されているという事実(もちろんこれは彼自身が画策したことである)、彼自身による陰謀、そしてより優れた資質を持つ有力な対立候補がいなかったこともあり、パルパティーンは難なく再選を果たす。 同時に、これは共和国の歴史における最後の議長選挙となった。 4年後に行われるはずだった次の選挙の直前に、彼はの改定を断行し、自身の任期を無期限に延長したのである。 新たなる弟子の捜索 シディアスとの会合 モールを失った後、シディアスは早急に新しい弟子を探す必要性に迫られた。 共和国を分裂させ、征服するための計画を続けるには、必要な準備を行い、共和国の加盟惑星に紛争の種をまくことのできる弟子が必要だった。 モールには明らかにこのような政治的手腕が欠けており、狡猾で雄弁な話術も持ち合わせていなかった。 理想としては、シディアスの要求に沿ったフォース感知力の高い若者を見つけ出すことだったが、それは不可能だった。 辺境の惑星出身の議員だった当時は、ダース・モールを幼少時代から鍛え上げる時間があったが、議長として多忙を極めているときに同じようなことはできなかった。 シスとしての使命のために政治家としてのキャリアを危険に晒すわけにはいかず、かといって政治的キャリアのためにシスの使命を犠牲にするわけにもいかなかったのだ。 しかし、運命は彼に完璧な候補者をもたらした。 共和国とに不満を持つジェダイ・マスター、である。 シディアスの望みどおり、このジェダイは既にフォースの道を十分に熟知しており、モールのような獰猛さはないものの、剣士としても完成された腕を持っていた。 さらに、彼は忍耐強く、知性に溢れ、カリスマ性をも持ち合わせていた。 これらはすべてシディアスが計画の次の一手を打つために必要としていたものだったのだ。 そして最も重要なことは、シディアスが彼をシスとして利用するための内面の弱さを持っていたことである。 一方で、パルパティーンは同時に他にも数人のシスの候補者を訓練していた。 その1人がである。 彼女はパルパティーンの計画と誇大妄想に気づいたとき、彼を殺害しようとした。 しかし、彼女は失敗し、銀河系から逃亡したのである。 ドゥークーはジェダイ評議会に対し、シスの脅威が想像以上に深刻であると説いていた。 シスは常に2人で行動している。 1人はナブーで死んだが、ジェダイはもう1人の捜索になかなか乗り出そうとしなかった。 ドゥークーには彼らの先見性の無さを受け入れることができず、もはや意見の一致を求める必要性さえ失っていた。 彼はかつての弟子だったクワイ=ガン・ジンによって見出されたスカイウォーカー少年よりむしろ、自分こそがなのではないかと信じるほど傲慢になっていたのである。 ドゥークーは自ら謎のシスの捜索を開始したが、先に彼に接近してきたのはシディアスの方だった。 ドゥークーは明らかにシスに魅了されており、少なくともジェダイにシスの脅威から銀河系を救う力はないと信じていた。 長い議論の末、シディアスは共和国が内部から腐敗しており、それを食い止めるには新しい秩序が必要であるとドゥークーを説得したのだった。 ドゥークーは自分たちの分離主義思想による改革案が同一のものであると確信し、ほどなくしてシディアスの申し出を受け入れた。 ドゥークーの助力と引き換えに、シディアスは彼にダークサイドの知識を与え、彼はそれを自分たちの描く理想の実現のために利用することになる。 ドゥークーは自分とシディアスはパートナーであると信じていた。 しかし実際には、初期から主導権を握っていたのはシディアスである。 シディアスにとって、ドゥークーはモールと同様に必要な道具に過ぎなかった。 彼は自分と対等のパートナーなど必要としておらず、求めてもいなかった。 これはシスの手法ではなく、特に彼の手法ではなかった。 彼にとってドゥークーは、アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに転向する準備が整うまでの便利な代替物でしかなかったのだ。 クローン軍 として採用され、後にの部隊の中核となるの創設に関しては謎が多いが、一般にはジェダイ評議会の元メンバーで、ドゥークーの親友でもあったマスター・の発案であると考えられている。 他のジェダイたちに幻滅していたドゥークーは、サイフォ=ディアスにだけは多くを打ち明けていた。 しかし、ドゥークーの幻滅が深まるにつれ、サイフォ=ディアスの困惑は増していった。 彼は暗黒の時代の到来を予見していたが、ジェダイ評議会がそれに対してほとんど対策を講じていなかったのだ。 そこでサイフォ=ディアスはパルパティーンに、闇の到来によって共和国の運命が危機に瀕していること、そしてジェダイがその事実から目を背けていることを相談する。 彼らは混乱を避けるため、平和に慣れきった共和国に警笛を鳴らさぬよう、秘密裏に行動する必要があるという認識で一致した。 パルパティーンはジェダイに何も告げず、未来の共和国を守るべき大規模なクローン軍の開発を依頼するため、サイフォ=ディアスを遺伝子工学に長けたの元へ派遣したのである。 しかし、シディアスはサイフォ=ディアスが沈黙を守れるとは考えていなかった。 そのため、シディアスは彼を殺害させるためにドゥークーを送り込み、ドゥークーは一切躊躇することなくかつての親友を殺害したのだった。 これによって彼はシスが求める古代の契約を満たし、ダークサイドに祝福されたのである。 シディアスは彼にシスの名、ダース・ティラナスを与えた。 一方で、クローン計画はそのまま進んでおり、ティラナスがサイフォ=ディアスの役割を引き継ぐことになる。 計画の第一段階は成功し、ジェダイはそのことにまったく気づいていなかった。 サイフォ=ディアスは口を封じられるまで、誰にも計画のことを口外していなかったのだ。 この状態を保つため、ドゥークーは惑星の情報を、シディアスがシスにとって潜在的な価値があると判断した他の37の星系(やなど)と共に、ジェダイ公文書館から完全に消し去ったのだった。 ティラナスの次の任務はクローン軍のためのDNA提供者を探すことだった。 いずれはシスの敵と戦うことができるよう、彼らのテンプレートとなる人物には高い闘争本能と卓越した訓練、そして経験が必要だった。 シディアスは新しい弟子にこうした基準に沿う人物の捜索を命じ、多くの考察と厳しい試練の末、ティラナスは旧の最後の生き残りである完璧な候補者、を見出した。 フェットは莫大なクレジットに加え、彼のであり弟子となる自分の純粋なクローンの提供を条件に申し出を受け入れる。 ティラナスは同意し、パルパティーンのストームトルーパー部隊の前身が創設された。 この軍隊は共和国の崩壊後、パルパティーンの帝国の創設に役立つことになるのだ。 分離主義危機 ヤヴィンの戦いの24年前、パルパティーンの指示のもと、ドゥークー伯爵は通商連合を中心とするいくつかの巨大企業を統合した。 パルパティーンの議長としての権力を磐石のものとするための道具、が創設され、が始まったのだ。 これらの組織は自衛のために所有していた大規模な軍隊をドゥークーに提供することを約束していた。 共和国を転覆させる力を持つようになった連合は、元老院にとって脅威的な存在となったのである。 パルパティーンの任期の終わりに革命的政府が出現したことによって、元老院はこの年の銀河共和国議長選挙を中止し、分離主義危機への対抗策として彼の任期を無期限に延長することを決定する。 しかし、分離主義運動はパルパティーンの平和的交渉や、共和国の団結と理念を守ろうとするの設立といった試みに反して激しさを増していったのだった。 こうしたなか、共和国に防衛のための軍隊を求める意見が広がりはじめたが、軍隊設立法案への支持は元老院の多数を占めるには至らなかった。 しかし、その後2年の間に、マラステアのをはじめとする多くの議員が暗殺される。 これらの事件に犯行声明を出したテロリスト・グループは一切なく、パルパティーンの予想した通り、激しさを増す分離主義勢力に疑いの目が向けられることになる。 さらに、ジェダイもこの暴力の連鎖に対して後手に回ってしまい、エインリー・ティームは元老院でジェダイを痛烈に批判したのだった。 もはや結論は明らかであり、ジェダイと司法省に秩序を維持する力がないのであれば、軍隊にそれを求めるしかなかった。 人々は結論を決めかねていたが、パルパティーンだけはこの議論を楽しみながら見届けていたのである。 軍隊設立法案の採決の直前に、パルパティーンは再び共和国の多数の加盟惑星を訪問し、交渉による平和的解決を目指すと宣言した。 だが、それは完全な欺瞞であり、彼がしぶしぶながら元老院が法案に賛成することを期待しているのは明らかだった。

次の