カンジャン ケジャン 京都。 韓国のソウルフード、ケジャンを食べたい!でも寄生虫は大丈夫?

韓国料理のカンジャンケジャンはどんな味?辛い?ツウな食べ方も紹介

カンジャン ケジャン 京都

韓国料理のカンジャンケジャンって辛いの?味や特徴もチェック まずは カンジャンケジャンの味や特徴などについて見ていきましょう。 カンジャンケジャンとはワタリガニを醤油ダレに漬け込んだもの カンジャンケジャンは、 新鮮なワタリガニを醤油ダレに漬け込んで熟成させた料理のことを指します。 ワタリガニはカニの種類の中でも大きく、日本でも昔から食べられてきました。 タラバガニと比べるとリーズナブルにも関わらず、味は美味しいと人気です。 生のワタリガニを使用するため、海水汚染度が引く地域で漁獲されたものを、鮮度が落ちない内に調理しなければいけません。 そのため 生臭さはまったくなく、 ワタリガニ本来の甘みとニンニクやショウガがたっぷり効いた 醤油ダレとの相性を、存分に堪能することができる味です。 韓国では西海岸がワタリガニの主な産地として有名で、 毎年3月~4月くらいに漁獲されたものが一番美味しいと言われています。 韓国で美味しいカンジャンケジャンを食べるなら、春先に行きましょう! カンジャンケジャンは辛くない 韓国料理と聞くと辛さをイメージする人が多いかもしれません。 しかし カンジャンケジャンは辛くないです。 辛いのが苦手な人でも安心して食べることができますよ。 実はカンジャンケジャンには辛いバージョンがあり、 ヤンニョムケジャンと呼ばれています。 ヤンニョムケジャンはワタリガニを、 唐辛子が入った真っ赤なタレに漬けこんで作られる料理。 見た目通りの辛さで、韓国人は大好きです。 カンジャンケジャンと違ってヤンニョムケジャンは一般的に独立メニューとして注文するものではなく、 メイン料理のおかずの一つとして提供されます。 カンジャンケジャンの歴史や由来 カンジャンケジャンはどのように韓国で誕生したのでしょうか? 正確な歴史や由来は分かっていませんが、 1670年頃の書物にはカンジャンケジャンの原型であろう料理が記されています。 料理の名前は「 薬ケジョッ」。 ワタリガニを醤油とショウガ、コショウ、ゴマ油、山椒からできた調味料に漬け込んで作られたものです。 この 薬ケジョッが現在のカンジャンケジャンに発展したのでしょう。 カンジャンケジャンのツウな食べ方 カンジャンケジャンの ツウな食べ方を見ていきましょう。 食べ方に特に決まりはありませんが、おすすめなのが カニ味噌ご飯にして食べる方法です。 まずは甲羅の奥に詰まっている カニ味噌をかき集めましょう。 カニ味噌が集まったら、 少量のご飯を甲羅に入れて混ぜます。 さらに 醤油ダレを少し足して、混ぜ混ぜしてください。 そのまま食べても美味しいですが、 韓国ノリやエゴマの葉に巻いて食べるのが、まるかんのイチオシです。 韓国ノリやエゴマの葉の香りが、濃厚でコクのあるカンジャンケジャンご飯とよく合いますよ。 カニ味噌を 石焼ピビンパに入れるのもツウな食べ方です。 まるかんイチオシ!韓国ソウルにある美味しいカンジャンケジャンのお店 最後に ソウルにある美味しいカンジャンケジャンのお店を紹介します。 世宗カンジャンケジャン 「 世宗カンジャンケジャン」は繁華街の 明洞にあるお店です。 朝6時~夜22時まで営業しているので、朝食からちょっと遅めの夕食まで利用することができます。 店内は木の温もりが感じられる雰囲気で、アットホーム。 スタッフが親切に世話をしてくれますよ。 カンジャンケジャンは店主が市場で直接目利きをしたものなので、大きさと味は保証済みです。 身はしっかりと引き締まっており、一口噛むとカニの甘みが広がっていきます。 カニ味噌もたっぷり入っているので、ぜひ前述したツウな食べ方で味わってくださいね。 カンジャンケジャンを注文すると、 16種類ものおかずがサービスされるので驚きです。 しかも 全て手作りで、 化学調味料は使われていません。 スルメキムチやナムル、チャンジャなど色とりどりのおかずがテーブルに並びます。 <行き方> 地下鉄4号線明洞駅10番出口から すぐです <住所> ソウル特別市 中区 忠武路2街 61-3 <カカオタクシー> 目的地に「 서울특별시 중구 충무로2가 61-3」と入力 まとめ 韓国料理の カンジャンケジャンとは、 生のワタリガニを醤油ダレに漬け込んだものです。 新鮮なカニしか使用していないので臭みはなく、カニ本来の甘みを堪能することができます。 ニンニクやショウガが効いた醤油ダレとの相性もバッチリです。 ご飯ドロボウと言われているのも納得で、白いご飯が面白いほど進みますよ。 せひ一度試してみてくださいね。 カニ味噌はご飯と混ぜてから、韓国ノリやエゴマの葉に巻いて食べるのをお忘れなく。

次の

韓国料理のカンジャンケジャンはどんな味?辛い?ツウな食べ方も紹介

カンジャン ケジャン 京都

カンジャンケジャンとは? カンジャンケジャンとは、生のワタリガニを醤油ベースのタレに漬け込んで熟成させる韓国料理の1つです。 近いものに、赤くて辛いタレに生のワタリガニを漬け込んで熟成させたヤンニョムケジャンがあります。 ケジャンを食べるとご飯が進みすぎることから「ご飯泥棒(パットドゥッ)」とも呼ばれます。 出来るだけ海が綺麗なところで取れたものが良いです。 この写真のように透明なふんどしが生きていて新鮮なワタリガニの証拠です。 また、基本的にメスのワタリガニが使われます。 しかし、もし夏であれば、旬のオスを使うというのもありです。 夏はメスの身がスカスカで、オスの方が美味しいものができます。 今回は、オスのタイワンガザミを使いました。 水揚げされたばりの新鮮なものを、大島美の浜漁協朝一にて購入しました。 5匹で1300円と、かなりのお買い得でした。 作り方 まずは、ワタリガニの処理をします。 ワタリガニは、もし生きていれば絞めてから使うことも一つの方法です。 足と足の間や口の隙間から金属の棒を入れグリグリとすると締まります。 まずは、甲羅の裏側や足の付け根に汚れがあるので、しっかりとたわしなどでこすって綺麗にしておきましょう。 次に甲羅の先や足の先などカニの尖っている部分を切ります。 これで、カニの下処理は完了です。 次にタレを仕込みます。 冷めたら、玉ねぎ・長ネギ・にんにく・生姜を入れます。 これで、タレも完成です! そしたら、タレとワタリガニをタッパーや壺などに入れます。 そして、よく浸透するようにキッチンペーパーなどを載せておきます。 これを冷蔵庫で4日間熟成させて… 完成です!とても美味しそうな香りが漂っています。 カンジャンケジャンの食べ方 さて、出来上がったカンジャンケジャンですが、食べ方にコツがあります。 まずは、分解します。 本体の白い部分を指で押さえると身が出てきます。 これを、そのまま口にほうばりましょう! では、いただきます! モグモグ(・〜・) うっメェえええええ!口の中に広がる醤油ベースのカニの旨味が最高すぎます。 食感もとろりとしています。 これは、ご飯泥棒というよりビール泥棒かもしれません。 そして、甲羅にはご飯を入れて、身を少し入れて、かき混ぜて食べます。 いや、もうこれは、食べる前から美味しいことが予想できます。 では、いただきます! モグモグ(・〜・) うっメェえええええ!(2回目)。 もうこれは言う事ありませんね。 ご飯泥棒は正しかったです。 醤油の味の濃さとカニの旨味のおかげで、ご飯と劇的にあってしまいます。 これは、もはや(食べすぎて)危険な食べものと言っても良いでしょう。 と言う事で、あっという間に全部を食べてしまいました。 ごちそうさまでした。 まとめ 今回は、簡単にできるワタリガニのカンジャンケジャンの作り方と食べ方を紹介しました。 お店で食べるとお高いカンジャンケジャンですが、家で作ればとても美味しいものが安くできてしまいます。 食べ方についても、今回紹介したもの以外にも様々なアレンジもできます。 もし新鮮なワタリガニが手に入ったら、ぜひカンジャンケジャンを家で作って食べてみてください。

次の

一味 カンジャンケジャン(人形町/韓国料理)<ネット予約可>

カンジャン ケジャン 京都

ケジャンってどんな食べ物? 新鮮な生のワタリガニ(韓国語で「コッケ」)をタレに漬け込んで熟成させたものです。 カンジャンケジャンとヤンニョムケジャンの2種類があります。 「 カンジャンケジャン」はしょうゆ味。 ニンニク、しょうが、玉ねぎ、ニラ、糸唐辛子、ゴマなどをカニにたっぷりまぶし、その上から熱した醤油を注いで作ります。 「ヤンニョムケジャン」はしょうゆ、ニンニク、しょうが、粉末唐辛子、砂糖、水飴、胡麻油などを混ぜ合わせたたれのもの。 こちらはかなり辛いです。 ワタリガニが最も一般的ですが、ケガニ、イシガニなど季節や地域により色々なカニを使用します。 5~6月はカニが一番獲れ、しかも美味しい時期。 韓国では誰もが食べるソウルフードです。 専門店で食べると、大体1人前10,000~20,000ウォン(約1,000~2,000円)です。 食べ方ですが、殻をつけたまま口に入れ、身を吸い出すようにして食べます。 甲羅の部分にごはんを乗せ、カニ味噌と混ぜながら食べるのが特に絶品です。 韓国では「ご飯泥棒(パットドゥッ)」と呼ばれるほどなのだとか。 寄生虫の問題がある? 言ってみればキムチのカニ版といった感じの料理ですが、寄生虫の問題があるのでは、と日本では心配されています。 これはある事件の報道が発端でした。 中国四川省で、 男性の頭の中からカニの寄生虫が発見されたのです。 この男性は酒の中に生のカニを入れたものを飲むとリューマチが治る、という民間療法を信じ、飲み続けていたのだそうです。 ある日めまいと寒気を覚え、口内が乾くようになったため病院へ。 そこで彼の様子がおかしい、と脳神経外科で調べたところ、なんと脳内に数十匹の寄生虫が発見されたのです。 その寄生虫はカニやエビに寄生している種類のもので、どうやら酒に漬けこんでいたカニの寄生虫がアルコールでは死なず、脳内に行ってしまったようです。 ウェステルマン肺吸虫と呼ばれる寄生虫がカニやイノシシ肉の中に生息していることが知られています。 この寄生虫は腹膜炎や発熱、血痰といった症状が出ることが多いのですが、脳に入った場合頭痛、嘔吐、てんかんなどの症状を経て死亡する場合があります。 中国・四川省の男性の病気はこの寄生虫が原因だった可能性が高いです。 スポンサーリンク また、2009年の日本呼吸器学会誌に掲載された文章によると、日本でも同様のことが起きています。 大阪で1年前にケジャンを食べて以来血痰が出るようになった男性を精査したところ、肺吸虫症と診断されたのです。 一緒に食べた友人は1ヵ月後には発症していたとのこと。 九州南部でもよくウェステルマン肺吸虫症に感染した人が見つかります。 原因の7割がイノシシ肉を食べたことに起因するとされています。 肺吸虫は東南アジアに多く、日本、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、インドなどに多いとされています。 原因はカニの生食が多いのですが、たとえ食べなくても、素手で触ってその手から感染することもあります。 現在日本の韓国料理専門店で食べられるケジャンは、多くがワタリガニを韓国から輸入し、急速冷凍されてから作られています。 そのため、冷凍処理が適切であれば全く問題はないと言えるでしょう。 ただし、大阪で感染した例もあるように、ずさんな処理をされた場合は感染する危険性があります。 信頼できるお店で食べるようにしましょう。 【食の安全に関する記事】 YouTube:シンサドン カンジャンケジャン路地.

次の