勉強 ストップ ウォッチ。 集中力対決!「ストップウォッチ」VS「キッチンタイマー」

無料で使えるPC版ストップウォッチ6選!【特徴を解説】

勉強 ストップ ウォッチ

イメージはこんな感じです。 グラデーション設定も奥が深そうなのでまた別の機会に勉強します。 後気になったのはフォントサイズ!! これ自動で調整してくれる設定がないんですねぇ~ javaソースの方でその辺も調整できるみたいなのでこれも後日調べていきたいと思います。 ストップウォッチの時間計算方法は、スタートが押された時間を保持します。 定期的に時間を確認するメソッドを用意する。 定期的に呼ばれるメソッド内の処理で現在時刻と、スタート時刻の差を計算して 結果を表示するようにします。 System. currentTimeMillis で現在時刻を数値で取得できます。 表示フォーマットはまず取得したミリ秒をDateクラスに変換してやります。 currentTimeMillis ; 後はdateをSimpleDateFormatに渡します。 SimpleDateFormat は、日付のフォーマットと解析を、同時できるクラスです。 では全体ソースを下記に記述します package com. example. stopwatch; import java. text. SimpleDateFormat; import java. util. Calendar; import java. util. Date; import android. text. format. format new Date myNowTime. で作成したクラスをベースに改造します。 ActivityクラスのTextViewなどを別のクラスで操作したい場合はContextを渡して使うのが一般的です。 よってコンストラクタの引数にContextとタイマー管理クラスを指定しています。 ループで呼ばれるpublic void run 関数はUIスレッドとは別スレッドで動くため UIのコントロールを操作する際にはきちんとハンドラ経由でしましょう public void run の中でtimeCtrl. getDispString ;を呼んで 時間の文字列を取得してテキストビューにセットしています。 下記がソースです package com. example. stopwatch; import java. util. TimerTask; import android. app. Activity; import android. content. Context; import android. Handler; import android. widget. findViewById R. java)を実装すれば完成です!! メイン処理は次回に説明します タイムゾーンについて ストップウォッチ MainActivity. javaの実装をしていこうと思ったのですが、 前回作ったタイマー処理クラスの動作を確認していると、どうしても時間計算をした結果が +9時間になってしまい、うまく表示できませんでした。 orz ちょっと調べてみようと思いググってみると タイムゾーンという概念があって、それを考慮しないといけないみたいです。 おバカな私は全く知らなかったため、ちょっと勉強してみようと思います。 標準時は、イギリスのグリニッジ天文台における基準時刻との差で表す。 日本は、韓国やインドネシア東部と同じタイムゾーンにあり、標準時は+9時間になるとのこと。 まあ日本にいるので当然ですね。。。 次にSystem. setTimeZone TimeZone. getTimeZone "GMT" ; 以下修正後ソース package com. example. stopwatch; import java. text. SimpleDateFormat; import java. util. Date; import java. util. Locale; import java. util. TimeZone; import android. util. d TAG,Locale. getDefault. toString ; sdf. setTimeZone TimeZone. format new Date myNowTime. java実装 ストップウォッチ MainActivity. javaの実装をしていきます。 まずは全体のソースから package com. example. stopwatch; import java. util. Timer; import android. Bundle; import android. Handler; import android. app. Activity; import android. view. Menu; import android. view. View; import android. view. View. OnClickListener; import android. widget. Button; import android. widget. onCreate savedInstanceState ; setContentView R. layout. setEnabled true ; stopButton. setEnabled false ; resetButton. startButton. setOnClickListener this ; this. stopButton. setOnClickListener this ; this. resetButton. setEnabled false ; stopButton. setEnabled true ; resetButton. setEnabled true ; stopButton. setEnabled false ; resetButton. setEnabled true ; stopButton. setEnabled false ; resetButton. setEnabled false ; this. timerCountText. 各ボタンのコントロールを取得して、各ボタンのクリックイベントを実装しています。 後はTimerControllerを操作して時間の計算をしています。 これを少し改造して、一度ストアーに登録して反応をみてみようかなぁー 笑 カテゴリー• Android Staduo• 画面のライフサイクルについて• 画面遷移について• リストビュー ListView• 画面タッチイベント ThouchEvent• 画像表示• OptionsMenu• 効果音関連• カレンダーソフト作成• AndroidManifest. xml• AlertDialog• Timerについて• WebViewについて• キーボード• ファイル操作• ストップウォッチアプリ作成• パーミッションについて• スレッド• 訪問者数: Copyright c All Rights Reserved. by :.

次の

Androidの勉強ページ

勉強 ストップ ウォッチ

毎月の支払いで頭を抱えている…。 今ある借金を何とかしたい…。 給料とは別に20~30万円ほしい…。 もし、1つでもあてはまるものがあるならば…。 無料公開している3ステップシステムで、その 悩みを解決して毎月30万円を安定して稼げるようになるかもしれません。 お好きな時に1クリックで解除も簡単にできますので、まずは、 完全無料で、内容をご確認ください。 この 「ストップウォッチWeb」の特徴ですが、シンプルで数字が大きくて見やすいということです。 そのため、複雑な機能はいらないけど、とりあえずストップウォッチ機能だけあれば大丈夫という場合なら、使いやすくてオススメなサイトとなっています。 この「ストップウォッチ」の特徴は、• 特定の時間で知らせてくれる• 「秒」表示と「時分秒」表示を切り替えられる• 小さいウィンドウで開くことができる ということです。 1:特定の時間で知らせてくれる 上記画像のフォームの部分に 「5」秒など入力して、「開始」ボタンをクリックしましょう。 すると設定した「5」秒をすぎると、 画面上に時間が経過したことを知らせてくれるのです。 2:「秒」表示と「時分秒」表示を切り替えられる この「ストップウォッチ」では、表示時間を「秒」表示と「時分秒」表示を切り替えることができるのです。 「秒」表示! 「時分秒」表示! 3:小さいウィンドウで開くことができる 「開始」ボタンのすぐ上にあります、 「小さなウィンドウで開く」をクリックしてみてください。 すると、別画面の小さい画面でサイトが開くのです。 これであれば、勉強や作業をしているときでも、小さく画面を表示できるので便利ですよね。 オンラインストップウォッチの 特徴は、「スプリットタイム&ラップタイム」を同時に計測できることです。 スプリットタイムとラップタイムとは、• スプリットタイム:「スタートからクリックした時間までの合計の経過時間のこと」• ラップタイム:「スタートから1回目をクリックした時間と、2回目にクリックするまで一定時間の経過時間のこと」 つまり スプリットタイムは、スタートからクリックまでの合計経過時間が出ますが、 ラップタイムは前回クリックしたときから次クリックするまでの経過時間が表示されるというわけです。 そのため、このスプリットタイムとラップタイムを計測したい場合にはオススメです。 ストップウォッチWEBアプリの 特徴は、「シンプルで見やすい」ということです。 1つ目にお伝えしました、「ストップウォッチWeb」とは異なり、秒数が見やすく表示されるようになっています。 そのため、 難しい機能はなくていいから、とにかくシンプルなものを使いたい! という場合でしたら、使いやすいサイトとなっています。 ストップウォッチ(計算サイト)の 特徴は、ラップタイムを計測できることです。 ちなみにですが、このラップタイムとはスタートからクリックまでの合計経過時間がでる、「スプリットタイム」となっています。 そのため、スプリットタイムのみ計測したい場合ならオススメのサイトです。 アラーム&クロックの 特徴は、Windows10に最初から入っているツールとなっていため、オフラインで使うことができるということです。 さらに、「数字を大きく」表示をしたり、「スプリットタイム&ラップタイム」も計測することができるのです。 それでは、アラーム&クロックの使い方について見ていきましょう。 「ここに入力して検索」をクリックする• 「アラーム」と入力する• 「アラーム&クロック」をクリックする• 「ストップウォッチ」をクリックする• 「スタートボタン」をクリックする• 「旗のマーク」をクリックする• 「拡大ボタン」をクリックする それでは1つ1つ見ていきましょう。 step 1「ここに入力して検索」をクリックする まずは、Windows10の画面左下にあります 「ここに入力して検索」をクリックしましょう。 step 2「アラーム」と入力する 「ここに入力して検索」をクリックしたら、 「アラーム」と入力しましょう。 step 3「アラーム&クロック」をクリックする 「アラーム」と入力したら、上にメニューが出てくるので、 「アラーム&クロック」をクリックしましょう。 step 4「ストップウォッチ」をクリックする 「アラーム&クロック」をクリックすると、アラーム&クロックが表示されるので、上のメニューにあります 「ストップウォッチ」をクリックしましょう。 step 5「スタートボタン」をクリックする するとストップウォッチの画面が出てくるので、 「スタートボタン」をクリックしたら時間が計測されます。 step 6「旗のマーク」をクリックする 「スタートボタン」をクリックした状態で、 「旗のマーク」をクリックすると画面右に「スプリットタイム&ラップタイム」が表示します。 step 7「拡大ボタン」をクリックする あとは、 「拡大ボタン」をクリックしましょう。 すると、秒数が拡大して見やすくなるのです。 パソコンに入っているストップウォッチのため、タスクバーに固定しておけば、いつでも1クリックで表示できますので、試しに使われてみて下さい。 無料で使えるPC版ストップウォッチ6選!【特徴を解説】のまとめ まとめますと、• 1つ目:「ストップウォッチWeb」• 2つ目:「ストップウォッチ」• 3つ目:「オンラインストップウォッチ」• 4つ目:「ストップウォッチWEBアプリ」• 5つ目:「ストップウォッチ(計算サイト)」• 6つ目:「アラーム&クロック」 以上が、無料で使えるPC版ストップウォッチ6選!【特徴を解説】についてでした。 是非、意識してチャレンジしてみてください。 【無料】毎月30万円を「自動」で稼ぐ方法を公開中! あなたは、個人が「自動で稼ぐ」方法はご存知ですか? それは、 ブログとメールを使って仕組みを作ることです。 ちなみにですが、 自動で稼げるようになると下記のようなメリットがあります。 今の給料だけだと将来が不安• 自由に使えるお金があまり無い• 毎月の支払いで頭を抱えてしまう• やりたくもない仕事を我慢してやりたくない• 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい• 今の給料とは別に20~30万円毎月ほしい• 初心者でも稼げる方法を知りたい• 好きな時に家族と海外旅行に行けるようになりたい• 借金を返済してスッキリしたい• 脱サラして好きな事をして生活をしたい• 思ったよりも売上が上がらない• アクセスが増えずに悩んでいる• 収入が安定しない• ブログのネタが思い浮かばない• 具体的な稼ぎ方がわからない• 何をすれば稼げるのかがわからない 1つでも当てはまるのであれば、ぜひ無料でご覧ください。 過去に17種類以上のビジネスにチャレンジしたなかで、実績ゼロの初心者が小資金でリスクなく稼げてしまう唯一の方法をお伝えしています。 そして、 たった3ヶ月で月収124万円を自動で稼いだ方法まで無料で公開していきます。 今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、 試しに1通でも読まれてみてください。

次の

SHOP GTO

勉強 ストップ ウォッチ

スポーツ競技のタイム計測には欠かせないガジェット「ストップウォッチ」。 最近では受験勉強などで使う人も増えてきましたよね。 スマホアプリで代用できるのでは、との声も聞こえそうですが、使ってみればその差は歴然、手放せなくなりますよ!ただ、一口にストップウォッチと言っても意外と製品バリエーションは豊富。 ラップタイム計測や積算計測、カウントダウン計測など、計測機能だけでも多くの種類があり、自分にベストな製品を見つけるのも一苦労です。 そこで今回は、シチズン・セイコー・カシオ・DRETECなどの人気メーカー商品をはじめとする、ネットで買えるストップウォッチを徹底リサーチ!選び方の説明をした上で、おすすめの製品をランキング10選にしてご紹介したいと思います。 PCでデータ管理ができるNFC搭載のストップウォッチもランクイン!ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 丈夫なのにリーズナブルなCASIOのストップウォッチ。 シンプルな計測機能のみ搭載しているので、一人でするトレーニングや勉強のタイムマネジメントに有用です!また、スタートスイッチの適度な硬さや、全体のグリップ感なども好感触。 最大10時間の計測が可能なので、長時間の試験勉強やマラソンにも活躍してくれます! ただ液晶画面が小さくバックライトも非搭載なため、暗闇での計測には少し難あり。 昼間や屋内施設での使用をおすすめします。 簡単操作で画面の数字も大きいので、はじめてのストップウォッチにもおすすめ。 Amazonでのほとんどの購入者が5つ星の評価を残すなど、性能と価格とのバランスも良好です! また46gと軽量なところも好ポイント。 ポケットやバッグに忍ばせて持ち運ぶのはもちろん、スポーツ時の首掛けにもストレスなく活躍してくれますよ。 通常計測はもちろん、1,2着計測、水泳やマラソンの途中経過時間が計れる「スプリットタイム計測」、カウントダウン計測まで搭載!また、時計・カレンダー・アラームなど、ストップウォッチ以外の機能も充実。 手のひらに収まるサイズ感や、クリック感のしっかりしたボタンも好評価です! Amazonではレビューが90件も寄せられ、平均評価も3. 受験勉強やプレゼン、トレーニングの時間配分にぴったり!カウントダウン計測に特化したストップウォッチです。 中央のつまみにより簡単にカウント調整ができ、ツマミ右上のボタンでカウントダウン・カウントアップが切り替えられるなど、アナログ感覚で操作できるところが魅力。 フルで充電すれば約24ヵ月バッテリー持続と、手間がかからないところもポイントです。 通常計測・ラップタイム計測・スプリットタイム計測が搭載されるなど機能も申し分なく、二段表示の液晶画面なので見やすさも良好。 特徴的なのはスプリットタイム、ラップタイム、トータルタイム又はランニングラップタイムの三段表示。 基本的なタイムを計りながらも、周回数など必要な情報がすべて表示されるので使い勝手抜群です!さらにID識別やタイムのメモリーもでき、複数人の計測にも大変役に立ちます。 Amazonレビューでは「同シリーズを30年愛用している」「性能、デザイン、使い勝手、全てにおいて最高!」など、軒並み高評価!スイミングマスターとの名前の通り完全防水(10気圧)で、濡れた手でも扱えるところもポイントです。 別売りのデータ通信用NFCリーダーの用意、そしてSEIKOホームページから専用アプリケーションをダウンロードする必要がありますが、ストップウォッチで記録したタイムをそのままCSVデータとして残すことができます。 計測データをパソコンに転送しての管理ができるので、手打ちで記録を転記する手間が省けて非常に便利です! また、通常計測・ラップタイム計測・スプリットタイム計測の3つを搭載するなど計測機能も充実。 電池不要のソーラー充電式のため、現場での電池切れの心配がないところも好ポイントです! サイズ 高さ72. 通常計測・積算計測・スプリットタイム計測の3つが揃うなど、計測機能も申し分なし。 その他の機能としても、カウントダウンタイマー・ペースカウント機能・カレンダー表示が付く充実ぶりです! また、ボディが「JIS防滴II型」と、降雨に対するある程度の耐性を備えているところもポイント。 プールサイドや雨の日の競技でもストレスなく使用できますよ。 もちろん時計とカウントダウン機能が付いているので、試験勉強対策にも有用。

次の