アンドロイド プロセス エラー。 Android「問題が発生したため終了します」の解決方法! アプリが繰り返し落ちる原因を対策しよう

問題が発生したため、プロセス「search.applylikeapro.com」を終了します。完全解決!

アンドロイド プロセス エラー

タグ updraft 川越市 富士通 デル 東京都 さいたま市 川島町 坂戸市 鶴ヶ島市 日高市 狭山市 所沢市 三芳町 ふじみ野市 富士見市 寄居町 志木市 ネットワーク Surface Go 電子メモパッド Windows7 電子メモ ZOOMミーティング ビジネス書 キーボード eset ウイルス フィッシング フィッシングメール Windows8 リテラシー Password Manager 吉見町 HHKB リアルフォース ヘッドセット Apple マイナンバーカード iPhone プリンター Galaxy Note8 東秩父村 滑川町 嵐山町 小川町 東松山市 和光市 鴻巣市 北本市 桶川市 上尾市 ときがわ町 鳩山町 越生町 毛呂山町 飯能市 入間市 戸田市 朝霞市 新座市 Galaxy Gear スマホ依存 I5 Plus scansnapix500 スピーチノート システミックノート Y! mobile Windows10 Wi2 300 vivotab note8 Venue 8 Pro 5855 ubuntu thinkpad8 TeamViewer Surface PRO3 SH-07D onenote outlook MR03LN Kindle google keep GENYMOTION EMULATOR Galaxy Tabs 8. 埼玉県ふじみ野市のITサポートの関口です。 以前、Androidスマホの『プロセス「System」は応答していません」エラーのブログを書きましたが、最近になり、同じような不具合で悩まれている方からのお問い合わせを多くいただいております。 問い合わせの内容から、ドコモの「dtab」系で多く発生しているように感じます。 なかには、Androidが再起動を繰り返して、使い物にならないという現象もあるようです。 『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできませんが、Androidのセーフモードをつかえば、対処できる可能性がありますので、その方法をご紹介します。 とあるアプリをインストール後、プロセスエラーが表示された 今まで普通に使えていたのに、あるときから急に「Systemエラー」が表示されるようになるのは、以下の理由が考えられます。 最近アプリをインストールした• インストールされているアプリを更新した• AndroidのOSを更新した ドコモの「dtab」系でエラーの問い合わせが多い理由は、恐らく、ドコモ系アプリとAndroid間でエラーが発生しているからと思われます。 また、「Systemエラー」で、Androidが再起動を繰り返すのは、Androidの起動プロセスで常駐アプリがエラーになるからだと思います。 「Systemエラー」は、Androidとアプリ間のエラーです。 よって、Androidにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」が発生するリスクは高まります。 スマホには、不要なアプリをインストールしないこと、スマホ内のデータをバックアップしておくことが、「Systemエラー」に対する備えになります。 ドコモの「dtab」系をお使いの方は、ドコモショップのサポートを受けた方が確実かと思います。 あくまでも参考情報としてお読みください。 「Systemエラー」が表示されるようになった原因を以下と仮定したとき、• 最近アプリをインストールした• インストールされているアプリを更新した• AndroidのOSを更新した その問題を解決するには以下の対処が必要になります。 最近インストールしたアプリを削除する• 最近更新したアプリを止める、更新を削除する• Androidを初期化する(工場出荷状態) ただ、「Systemエラー」が表示されお困りの方は「Androidがまともに操作できない」「再起動を繰り返す」という状況のようですので、その場合は「Androidをセーフモードで起動する」ことで、本体の操作ができるようになると思います。 セーフモードとは、Androidを必要最低限の機能に絞って起動させる方法です。 Androidをセーフモードで起動したあとは、以下の手順で復旧を試みます。 Androidをセーフモードで起動• 必要データをSDカード等にバックアップ• 最近インストールしたアプリ・不要アプリの削除• 最近更新したアプリの更新データの削除• Androidのを初期化(工場出荷状態に戻す) ひとつずつ解説します。 1.Androidをセーフモードで起動する セーフモードで起動すると、メイン画面に設定されていたウェイジェットが初期化される可能性があります。 多くのAndroidスマホの場合は「電源キー」を長押し、表示されたメニューの「電源オフ」・「再起動」のどちらかを長押しすることで「セーフモード」メニューが表示されるようです。 セーフモードを終了するには、Androidの再起動をします。 ちなみに、ドコモの「dtab」のセーフモード起動方法は、dtabの取り扱い説明書の118ページに記載されています。 ご参考まで、マニュアルから抜粋しておきます。 端末動作が不安定 ご購入後に端末へインストールしたアプリケーションが原因の可能性があります。 セーフモードで起動して症状が改善される場合には、インストールしたアプリケーションをアンインストールすることで改善される場合があります。 ・必要なデータを事前にバックアップした上でセーフモードをご利用ください。 ・お客様ご自身で作成されたウィジェットが消える場合があります。 ・セーフモードは通常の起動状態ではないため、通常ご利用になる場合には、セーフモードを終了させてからご利用ください。 ~ドコモ dtabマニュアルより引用~ 2.必要データをSDカード等にバックアップ セーフモードで起動でき、操作可能になったら、スマホ・タブレット本体内に保存されている写真等の必要データを、SDカードにバックアップします。 セーフモードでは、LINE等のアプリが利用できないため、アプリのバックアップはできません。 3.最近インストールしたアプリの削除 アプリをインストールしたあと「Sysyemエラー」が表示されるようになった場合、最近インストールしたアプリに原因がある可能性が高いです。 4.最近更新したアプリの更新データの削除 次に、最近更新したアプリの更新データを削除します。 手順3と4を行った後に、Androidを再起動してください。 再起動後、Androidが正常起動できた場合、手順3と4で対処したアプリに原因があったことになります。 今後に備えて、LINE等のアプリバックアップもとってください。 Android再起動をしても、エラーが解消されない場合は、スマホ・タブレットの初期化(工場出荷状態に戻す)をします。 5.Androidを初期化(工場出荷状態に戻す) まとめ 何度も繰り返しになりますが、『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできません。 今回ご紹介した方法は、ひとつの参考例として、最終的にはご自身の判断と責任でお願いします。 ただ、ひとつだけ言えることは、スマホやタブレットにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」になるリスクが高くなるということです。 ドコモ・au・ソフトバンクから発売されている、スマホやタブレットには、プリインストールアプリが満載されていますので、dtab系で問い合わせが多いのも、それが理由と思います。 Androidは定期的にバージョンアップしていきます。 その際に不要なアプリが多いと、バージョンアップができない、バージョンアップ後にエラーがでるなどのリスクが高まります。 もし、これからスマホやタブレットの購入をする際は、不要なプリインストールアプリが入っていない、シンプルなSIMフリースマホやタブレットをオススメしています。 お困りの方のご参考になれば幸いです。

次の

[対処法] search.applylikeapro.comが予期せず停止しました。

アンドロイド プロセス エラー

またしても、「. process. acore」エラーが発生。 実は、以前、このエラーに悩まされ、そのときの対策を実施しましたが、今回はNGでした。 様々な対策を実施した結果、今回、効果があったのは、 「セーフモードで再起動して電話帳を操作し、その後、通常モードで再起動」 この方法で、1日半悩んでいたことが、無事に解決しました。 今回の「. process. acore」エラーは、何らかのアプリを操作した時に表示されていました。 実施した対策から考えると、電話帳にアクセスするアプリが起動された時に、エラーが出ていた可能性があります。 そのため、 セーフモードで、いったん電話帳を操作することで、電話帳とアプリとのつながりがリセット(初期化)され、エラーが解除されたと予想しています。 電話帳には複数のアプリが関係しているので、アプリの更新時などに、なんらかの不具合で、今回のような「. process. acore」エラーが表示されるようになった可能性があります。 process. acore」エラー対策 (機種:SH-04F、 5. (注)上記で復旧しない場合に試したい、別な方法を、最後に[補足]としてまとめました。 購入後にインストールしたアプリは実行されません。 そのため、「. process. acore」のようなエラー表示も無い状態になります。 process. acore」エラー、たくさんのアプリが更新された後に発生しました。 エラー発生のタイミングも、何かのアプリを実行したり終了する場合で、多くのアプリからアクセスされる電話帳に関係するトラブルかもしれません。 なお、 「. process. acore」エラーが多発する場合には、下記の方法を試してみて下さい(以前、私が復旧した方法です)。 process. 必ず、現在の電話帳の内容で、ぜひとも復元したい内容は、ノートに記載してから実行してください。 データのバックアップ・復元にアプリを利用する方法もありますが、私の場合、この方法で失敗しました。 そのため、数時間半泣き状態でしたが、不思議なことに、「セーフモード」で再起動後、電話帳にアクセスし、しばらくしたら自動復旧しました。 多分、ドコモの・サービスで電話帳をバックアップしていたので、自動復旧したかもしれません。 そこで、連絡帳に関連するアプリのデータを消去します。 『コンタクト』と『アドレス帳』のデータ消去をした例がネットで紹介されて いますが、私の場合は、『コンタクト』が無かったので、『アドレス帳』の データのみを消去しました。 参考: エラー『プロセス「. process.

次の

スマホのエラー原因を特定できる上級者向けAndroidアプリがイカス!

アンドロイド プロセス エラー

アンドロイドのスマホを利用していて、問題が発生したため「android. process. media を終了します」が何度も表示されて、特定のアプリが起動しない現象にあったことはないでしょうか? 「android. process. 通常アプリから基盤のアンドロイドに、あらゆるプロセスを命令するのですが、この「android. process. media を終了します」という表示は、色々と調べた結果、アンドロイドOS側のエラーで、メディアストレージ内やSDカード内のファイルの破損などが原因でエラーを起こし、画像、動画、音楽などのメディアに関連するファイルやアプリとの連動がしっかりできていない場合に多いようです。 そのためアプリ側の故障要因ではないので注意しましょう。 もし「android. process. acore を終了します」という表示ならば以下の記事を参考にして欲しい。 SDカードを挿入していない場合は、システムアプリのデータの強制終了とデータの消去 SDカードが原因でない場合には、かなり深刻だと覚悟が必要です。 まず、操作ができる状況であれば、必ず今のうちにバックアップを取っておきましょう。 その上、以下の操作を試してみましょう。 メディアストレージとダウンロードマネージャーのリセット 上記でおそらく改善は出要ると思いますが、まだそれでも改善しない場合には、Androidシステムアプリの「メディアストレージ」と「ダウンロードマネージャー」のリセットを行ってみましょう。 なお、これらリセットをした後は、かならず 再起動を実施してください。 メディアストレージのリセット メディアストレージは、音楽や動画などのファイルをデーターベースにして管理をするアプリですので、実際には連絡先関連と関わりがなさそうにも考えられますが、回復をしたケースもあるので、念のためやってみましょう。 ダウンロードマネージャーのリセット ダウンロードマネージャーとは、アプリやファイルの等をダウンロードする際に使用するシステムアプリです。 ダウンロードする際に、なんらかの原因でエラーになってしまった場合には、一旦リセットすることで改善がされます。 何をしても改善しない場合の対処法 セーフモードで起動し、再起動する セーフモードという起動方法はあなたはご存知でしょうか? セーフモードの詳しい内容については以下の記事を参照ください。 通常のAndroidのスマートホンの場合はいくつか方法がありますが、大抵の機種では以下の方法でセーフモードとして再起動することができます。 セーフモードを起動することにより、プリインストールアプリ(はじめからインストールされているアプリ)以外のアプリとのシステム連携が外れるためか、この方法で改善できることが多いです。 1.電源ボタンを2秒ほど押す。 2.「電源を切る」「再起動する」などの表示を長押し。 3.セーフモードで起動と表示「OK」を押す。 4.再起動してセーフモードで起動。 5.「左下に」セーフモードと表示される。 画像は以下の通り。 電源ボタンを押した後以下の表示が出たら「電源を切る」もしくは「再起動」を長押しをする。 以下のセーフモードの表示が出たら「OK」を押す。 再起動した後に以下のように左下に「セーフモード」と表示が出る。 通常モードに起動する場合は、電源を切るを押し、通常通り起動すれば元に戻る。 改善できない場合には初期化をしてみよう 上記操作でも、改善されない場合には初期化が必要になります。 設定画面を開き「バックアップとリセット」などから、「データのリセット」や「データの初期化」などを選択すれば初期化が可能だ。 なお、初期化をする場合には必ずデータのバックアップを取っておくことをお勧めする。 初期化でも改善がされない場合には故障の可能性が大! 一時的な不具合であれば、上記内容で改善ができるばずだが、この操作をしても改善されない場合には故障の可能性が大きい。 残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。 キャリアの保証に加入している方は まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。 補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。 また、新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を受けられる可能性もある。 キャリアの保証がない方は 何かしらの補償に加入をしていない場合には、民間の修理業者に修理をお願いするか、中古などの買い替えが必要になるだろう。 中古買い替えはこちら 以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。 今後は、格安SIMの時代。 SIMフリーのスマホを一台持っておく事は、今後のスマホ生活でのリスク回避になるだろう。 以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。

次の