梅雨明け予想 東京。 気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨明け予想 東京

今年は、九州北部や中国、四国、近畿地方で、1951年の統計開始以来、最も遅い梅雨入りになったこともあり、この先の梅雨はどうなるのか、気になる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 また、今年は5月以降、九州の広い範囲で、降水量が平年より少なくなっていたので、この後の雨の降り方も気になるかと思います。 気象庁が、27日木曜日に発表した1か月予報によりますと、6月29日~7月28日は、本州付近で梅雨前線の活動が活発になる時期があるでしょう。 そのため、前線や湿った空気の影響で、向こう1か月降水量は、東日本、西日本の日本海側で「多い」予想です。 北日本、西日本の太平洋側では「平年並みか多い」でしょう。 九州から東北にかけては、この先1か月は、ちょうど梅雨末期にあたる所が多く、「梅雨末期の大雨」に注意が必要です。 ちなみに、梅雨前線は南北に移動しますが、北海道まではあまり移動しないため、北海道には梅雨はありません 年によっては梅雨前線が北海道付近まで近づくことがあり、「えぞ梅雨」と呼ばれる梅雨のような雨が続くこともあります。 ただ、梅雨のない北海道でも、この先1か月は、曇りや雨の日が多いでしょう。 極端な暑さは どこで? 週ごとに詳しく見てみますと、6月29日~7月5日は、夏の太平洋高気圧が、沖縄・奄美付近に張り出すでしょう。 沖縄・奄美では、梅雨明けを迎える可能性があります。 平年の梅雨明けは、沖縄で6月23日ごろ、奄美では6月29日ごろですので、平年並みか遅いタイミングで、雨の季節が終わりそうです。 一方、本州付近では、梅雨前線の活動が活発になるでしょう。 さらに、オホーツク海高気圧が出現して、冷たく湿った空気が流れ込みそうです。 西・東・北日本では、いつもの年よりも曇りや雨の日が多いでしょう。 洗濯に困ってしまう1週間となりそうですので、洗濯物は溜め込まずに、部屋干しか乾燥機を使って、こまめに片づけて下さい。 7月6日~12日 日本海側で 大雨の恐れ 7月13日~26日は、季節がまた一歩進むでしょう。 梅雨前線は北上して、日本海から東北地方付近にかかることが多くなりそうです。 そのため、西日本の太平洋側では、平年と同様に晴れる日が多く、梅雨明けの可能性があります。 ちなみに、平年の梅雨明けは、九州南部では7月14日ごろ、九州北部では7月19日ごろ、四国では7月18日ごろ、中国地方と近畿は7月21日ごろです。 平年より極端に早い梅雨明けではなさそうですが、「梅雨の期間が、記録的に短くなりそう」なのがポイント。 九州北部や中国、四国、近畿では、統計開始以来、最も遅い梅雨入りだったので、梅雨の始まりが遅かった分、梅雨の期間が短くなりそうです。 梅雨の期間が短いのに、この先1か月の降水量が、平年並みか多く予想されているということは、極端な大雨の日があったり、大雨の日が集中することも考えられます。 雨の降り方に、十分ご注意下さい。

次の

東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期はいつ?雨の日の割合も

梅雨明け予想 東京

東京は都市機能が発達している為、公共交通機関も発達していますが、その分天気の影響を受けやすいです。 梅雨の時期になれば、日常生活に何らかの影響を受けることもあるので、梅雨時期は注意が必要です。 東京の梅雨入りは梅雨明けに関しては、気象庁の関東甲信地域データーを参考にしたいと思います。 なので関東甲信地域の気象庁の最新データーやこれまで平年との比較し、平年の梅雨入り梅雨明けの期間を参考に東京の梅雨状況を予想・速報としてまとめてみたいと思います。 ぜひ、この時期の何か予定を決める際の参考にしていただければと思います。 この記事では…。 まとめ について書いています。 【速報】追記6月11日 関東甲信越、東京も6月11日に梅雨入りしました。 【関東甲信地方などが梅雨入り】 今日6月11日 木 11時、九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました。 九州北部や関東甲信では平年より遅く、北陸や東北南部では平年より早い梅雨入りです。 追記6月10日 【速報】中国・近畿・東海地方が梅雨入りしました 梅雨前線は日本付近を停滞し、西日本で大雨のおそれがあります。 雨の備えを万全に行っていきましょう。

次の

東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期はいつ?雨の日の割合も

梅雨明け予想 東京

今年は、九州北部や中国、四国、近畿地方で、1951年の統計開始以来、最も遅い梅雨入りになったこともあり、この先の梅雨はどうなるのか、気になる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 また、今年は5月以降、九州の広い範囲で、降水量が平年より少なくなっていたので、この後の雨の降り方も気になるかと思います。 気象庁が、27日木曜日に発表した1か月予報によりますと、6月29日~7月28日は、本州付近で梅雨前線の活動が活発になる時期があるでしょう。 そのため、前線や湿った空気の影響で、向こう1か月降水量は、東日本、西日本の日本海側で「多い」予想です。 北日本、西日本の太平洋側では「平年並みか多い」でしょう。 九州から東北にかけては、この先1か月は、ちょうど梅雨末期にあたる所が多く、「梅雨末期の大雨」に注意が必要です。 ちなみに、梅雨前線は南北に移動しますが、北海道まではあまり移動しないため、北海道には梅雨はありません 年によっては梅雨前線が北海道付近まで近づくことがあり、「えぞ梅雨」と呼ばれる梅雨のような雨が続くこともあります。 ただ、梅雨のない北海道でも、この先1か月は、曇りや雨の日が多いでしょう。 極端な暑さは どこで? 週ごとに詳しく見てみますと、6月29日~7月5日は、夏の太平洋高気圧が、沖縄・奄美付近に張り出すでしょう。 沖縄・奄美では、梅雨明けを迎える可能性があります。 平年の梅雨明けは、沖縄で6月23日ごろ、奄美では6月29日ごろですので、平年並みか遅いタイミングで、雨の季節が終わりそうです。 一方、本州付近では、梅雨前線の活動が活発になるでしょう。 さらに、オホーツク海高気圧が出現して、冷たく湿った空気が流れ込みそうです。 西・東・北日本では、いつもの年よりも曇りや雨の日が多いでしょう。 洗濯に困ってしまう1週間となりそうですので、洗濯物は溜め込まずに、部屋干しか乾燥機を使って、こまめに片づけて下さい。 7月6日~12日 日本海側で 大雨の恐れ 7月13日~26日は、季節がまた一歩進むでしょう。 梅雨前線は北上して、日本海から東北地方付近にかかることが多くなりそうです。 そのため、西日本の太平洋側では、平年と同様に晴れる日が多く、梅雨明けの可能性があります。 ちなみに、平年の梅雨明けは、九州南部では7月14日ごろ、九州北部では7月19日ごろ、四国では7月18日ごろ、中国地方と近畿は7月21日ごろです。 平年より極端に早い梅雨明けではなさそうですが、「梅雨の期間が、記録的に短くなりそう」なのがポイント。 九州北部や中国、四国、近畿では、統計開始以来、最も遅い梅雨入りだったので、梅雨の始まりが遅かった分、梅雨の期間が短くなりそうです。 梅雨の期間が短いのに、この先1か月の降水量が、平年並みか多く予想されているということは、極端な大雨の日があったり、大雨の日が集中することも考えられます。 雨の降り方に、十分ご注意下さい。

次の